公孫丑の名言

公孫丑のプロフィール

公孫丑、こうそんちゅう。孟子の弟子。孟子の思想を文章化した孟子14巻中の2冊(公孫丑章句上・下)の編纂を担当。

公孫丑の名言 一覧

智恵ありといえども、勢いに乗ずるにしかず。(どんなに智恵があっても、時の勢いに乗る者には敵わない)


公孫丑の経歴・略歴

公孫丑、こうそんちゅう。孟子の弟子。孟子の思想を文章化した孟子14巻中の2冊(公孫丑章句上・下)の編纂を担当。

他の記事も読んでみる

福田俊夫

エネルギーの一番の無駄遣いは、即断即決です。考えに漏れがあり、誤った決断を下すことが多く、それをカバーするために、結果的には大いなる時間の無駄が生じてしまいます。代表になったいま、失敗は許されません。重要な案件は、決断を一晩寝かせ、翌朝になっても考えが変わらなければ意思決定しています。


秋田正紀

新しいことにチャレンジした人を評価するように人事の評価システムを変えましたが、今後、その新しい制度を社員に浸透させていかなければいけない。いくら制度をつくっても、社員に理解してもらえなければ何の意味もありませんからね。


辻野晃一郎

仕事はその場でリアクションすることを心がけて、ペンディング(未決、保留)を減らしていく。それを意識的に続けていけば、次第に行動のスピードが上がっていくはずです。たとえば、メールを読んだ後返信を後回しにする習慣はすぐやめる。読み終えた瞬間に返信する。スケジュールにしても、決定したらすぐにグーグルカレンダーに入力するなり、手帳に書くなりするのです。


豊田章男(モリゾウ)

自分たちが「なんでこんなことをやるのかな」と疑問に思うことは全部やらなくていい。「こうやったら、面白いのにな」と思うことをやりなさい。


トマス・ホッブズ

人は他人にとってはオオカミである。


浜田広

会社は全社員が力を合わせて作りこんでいく壮大な作品だ。


吉越浩一郎

私は社長時代、毎朝8時半からの早朝会談、残業ゼロ、すべての仕事に締切を設けるなど、過激な施策をいろいろ打ち出しました。どうやって社員を納得させたのか? じつはちょっとしたコツがあるんです。それはユーモア。たとえば同じ「やれ」と言うのにも、「絶対にやれよバカヤロー!」では反発を招き、たとえ無理やり説得できても決していい成果にはつながらないでしょう。でもその場を笑わせながら「まあいいじゃないの」などと頼めば、みんなはブツブツ文句を言いつつも「しょうがないなー」という感じで受け入れてくれます。だから人目を気にして言いたいことが言えない人も、笑いを交えれば、角が立ちそうなこともけっこう言えちゃいますよ。ユーモアの力は想像以上に大きいのです。


筒井道隆

役に強いイメージを持つことが必ずしもよいことではありません。昔は台本を読めば、自分として絶対こうだとイメージを持って臨んだことがありました。自分の演技で歴史に残るものをつくるんだと臨んでいたのですけど、やっぱりそれだけではいけないと感じました。


黒川博昭

企業にとって必要なイノベーションとは、技術のイノベーションではなく、社会の変化に応じて事業内容を変えていくイノベーションなのです。


豊田圭一

人と接する機会もできるだけ多く持ちましょう。手本にするなら「失敗もするけれどトライし続ける人」や「様々な経験をしている人」にしましょう。そういう人は例外なく魅力的ですし、多くの知恵を持っているからです。


古森重隆

世の中は、いい意味でも悪い意味でも、みな戦いである。競争相手との戦いから自分の弱さとの戦い、眼前に立ちはだかる壁との戦い、因習との戦いまで、ちょっとやそっとの努力では乗り越えることができないものばかりだ。


伊藤豊(経営者)

ネットの発達で情報の伝播力が高まったことで「大義を掲げた起業」が世間の支持を得やすくなった。


山西健一郎

地道な取り組みが三菱電機の強さ。競合に先駆けて「集中と選択」したことに注目されますが、強さのベースは改善活動です。


高岡浩三

なぜ作業を抱え込む管理職がいるのかといえば、楽なんですよね。考えなくていいから。何か仕事をしている気にもなれる。だけど、それでは本来の管理職の役割を果たしていない。面談などで注意をしても改まらないとすれば、替えるしかない。


嶋浩一郎

手間を惜しまずに、相手のことをきちんと調べれば、話す内容が変わる。これだけでも、プレゼンが通る確率は、グンと上がる。


ページの先頭へ