名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

八郷隆弘の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

八郷隆弘のプロフィール

八郷隆弘、はちごう・たかひろ。日本の経営者。「本田技研工業」社長。東京出身。武蔵工業大学(のちの東京都市大学)卒業後、本田技研工業に入社。本田技術研究所執行役員、生産本部鈴鹿製作所長、ホンダR&Dヨーロッパ社長、中国生産統括責任者、常務執行役員、専務執行役員などを経て社長に就任。

八郷隆弘の名言 一覧

現地が一番分かりますから、能力の拡大についても、現地の判断でやってくれということで、今、話が進んでいます。


変化についていくために、他社とのコラボレーションも考えていきます。自分だけでできるなんて思っていませんから。


商品で新しい発見をする。そういう提案をホンダはしていかなければいけない。


創業から変わらないのは、現場の活力を大切にするという考え方だ。これからも変えるつもりはない。


ホンダはいつの時代も一般大衆に喜んでもらえる製品をつくってきた。競合メーカーの後追いではなく先発で出してきた。この原点はこれからも変わらない。


モノづくり全体においてはやはり現場、開発するチームが大切になる。開発責任者を中心としたチームが理想のモノづくりに、どれだけ徹していけるか。


変化の時代の中で、時代に即した「ホンダらしさ」をつくっていかなければならない。経営の手法も変えていく。ただし、忘れてはならないのはホンダらしさの原点だ。それは、人々の生活に役立ち、ライフスタイルを変えるプロダクツにある。


国内のすべての事業所を半年間で回り、社員とダイレクトコミュニケーションをとってきた。改めて、現場には個性豊かな人が多く、パワーのある人材が多いと感じた。現場の力を生かせば、まだまだホンダは伸びると感じた。


我々の持っているエンジンを人々の生活に役立ちたい、喜んでもらいたいということで手がけています。いろいろなところでお客様とのつながりもあるということで、それも我々の強みだと思っています。
【覚え書き|発電機、除雪機、芝刈り機などの製品について】


人はちょっと忙しく動いていると、何かやり甲斐が出ますけれども、少し販売が鈍ったり、経済が低迷すると、やはり気持ちがこう下向きになりがち。そういう違いがある中で、グローバルにみんなでモチベートするということが必要。


技術は必要だと思っています。技術は開発していきます。ただし、「完全(自動運転)」というのは社会の状況や顧客のニーズを考えながらやっていかなければならない。研究開発はしっかり進めておいて、ニーズを見ながら商品化をどうするか決めていきます。


我々の商品を消費者に認めてもらうためには、スケールメリットも含め、課題はまだまだたくさんあると感じています。どうやってホンダらしさを表現していくかということは常に考えています。


就任当時から、私は「調整型」の社長だと言われてきました。そういう意味では、話ができる環境は出来上がりつつあります。やはり何事も1人ではできませんから、役員の一体感というのは大事ですね。社員全員と話すのは無理なので、私が役員や部長、室長と思いをどう一緒にできるかが重要だと思っています。


自分の仕事をただ流すのではなくて、買って喜んでもらえるような仕事のやり方をしていこうよとか。人間尊重で、人の気持ちを大切にしていく。そういうことを日々感じながら仕事をする。そういうことが「ホンダらしさ」ということなので、それをもう一度、みんなでしっかりと共有していこうと思っています。


我々の基本理念というのは、大きくいうと、人間尊重と三つの喜びです。三つの喜びというのは、買って喜び、売って喜び、つくって喜ぶという、この三つの喜びを感じて仕事をしようよと。


何をしたいかを、まずみんなで共通認識として持つ。で、車をつくるときに、この車は何のために、誰に向けて、どういう事をやるのかを明確にする。例えば、お客様の生活を豊かにするということなら、こういう生活の助けにしたい、こういうことを便利にしてあげたいというのをみんなで共有する。それを共有できるかどうかが勝負。


八郷隆弘の経歴・略歴

八郷隆弘、はちごう・たかひろ。日本の経営者。「本田技研工業」社長。東京出身。武蔵工業大学(のちの東京都市大学)卒業後、本田技研工業に入社。本田技術研究所執行役員、生産本部鈴鹿製作所長、ホンダR&Dヨーロッパ社長、中国生産統括責任者、常務執行役員、専務執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

宮内義彦

多様な事業ポートフォリオは金融危機時にも生きました。リーマンショックでは世界の資本市場が機能不全に陥りました。当社もコマーシャルペーパーや社債が一時的に発行できなくなり、資金調達で苦戦を強いられました。ただ、大波に翻弄されましたが、決して沈没することはなかった。事業ポートフォリオのバランスが取れていたからだと思います。


松井忠三

仕組みづくりのひとつの象徴が「MUJIGRAM」という13冊、2000ページというボリュームのマニュアルです。これを実行すれば、誰もが誰もがPDCAを100%回せるというものです。それまでの経験至上主義による暗黙知を、見える化・標準化したのです。これがあれば、店長のセンスによって店舗が変わることもありませんし、人が代わってもノウハウが失われてしまうことはありません。


岡田武史

本来サッカーとは、ピッチの中の選手が考え、判断するスポーツです。そうした個を持った選手でなければ、世界で戦うことができません。


数土文夫(數土文夫)

川崎製鉄とNKKの統合をしたとき、組織も工夫しました。製鉄所などの部長は全員、統合相手の会社にあった同様のポストへ異動させました。部長を全交換したのです。部長たちは相手側の組織の中にいきなり放り込まれるわけですから、当初は違和感も少なくなかったはずです。


貫啓二

「串カツ田中の成功の秘訣は何ですか」と聞かれることがよくあるんですが、一言でいえば、「不安経営」をしてきた点にあると思います。おかげさまで今、順調に事業が拡大していますが、ちょっとでもあぐらをかいたら、お客様や社会から、「こんな会社はもういらないよ」と言われかねないと常に思っています。そもそも、串カツ田中が倒産の危機の中で生まれた業態だからです。


ピーター・ドラッカー

チャンスは一念専心によって、かろうじて得ることが出来る。


水谷佑毅

当社は元気な営業の会社というイメージが強いですが、実はバックヤードを支えている人材に優秀な人間を揃えているのが特長です。特に技術者は優秀で、当社のマーケティングには新たに開発されたAIプログラムが組み込まれています。業界内でも進んでいると自負するこの技術を活用し、顧客のニーズに的確かつ迅速に応えることで、受注数も扱い額も右肩上がりで増えています。


笹宏行

事業環境が急激に変わっていることを踏まえ、将来的な成長の方向性を医療事業に定めました。映像などほかの事業領域については絞り込み、経営資源を集中させます。当たり前のことを実直にやっていけば、必ず復活できると確信しています。


すはらひろこ

大切なのは、モノを減らすことで自分にとって重要なものを発見すること。誰かが「捨てなくてはならない」とプレッシャーをかけているわけではないので、実現できそうなことから気軽に取り組めばいい思います。


斎藤祐馬

数字には2種類あります。動かせるものと、動かせないものです。動かせる数字は、他人によく見せるために操作されたもの。企業が自社の実力を対外的にアピールするときなどに使うことが多い。操作する側も嘘をついているわけではないのですが、惑わされると判断を誤ることがある。


小路明善

私は自分自身にも、そして社内に対しても、「前例は自分でつくれ」と言い聞かせています。弊社に入社する社員は、ほとんどがアサヒスーパードライのファンですから、心のどこかに「いまのスーパードライを変えたくない」という気持ちがある。だから、姉妹商品をつくるなんて発想がなかなか出てこない。そこで私は社内に向けて「向う傷は問わない」ともいっています。


高橋洋(経営者)

一番大切なのは、ご利用者と心を通わせること。地域との関係づくりに注力し、順調にご利用者の紹介の輪が広がっています。