名言DB

9,520 人 / 112,352 名言

八郷隆弘の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

八郷隆弘のプロフィール

八郷隆弘、はちごう・たかひろ。日本の経営者。「本田技研工業」社長。東京出身。武蔵工業大学(のちの東京都市大学)卒業後、本田技研工業に入社。本田技術研究所執行役員、生産本部鈴鹿製作所長、ホンダR&Dヨーロッパ社長、中国生産統括責任者、常務執行役員、専務執行役員などを経て社長に就任。

八郷隆弘の名言 一覧

現地が一番分かりますから、能力の拡大についても、現地の判断でやってくれということで、今、話が進んでいます。


変化についていくために、他社とのコラボレーションも考えていきます。自分だけでできるなんて思っていませんから。


商品で新しい発見をする。そういう提案をホンダはしていかなければいけない。


創業から変わらないのは、現場の活力を大切にするという考え方だ。これからも変えるつもりはない。


ホンダはいつの時代も一般大衆に喜んでもらえる製品をつくってきた。競合メーカーの後追いではなく先発で出してきた。この原点はこれからも変わらない。


モノづくり全体においてはやはり現場、開発するチームが大切になる。開発責任者を中心としたチームが理想のモノづくりに、どれだけ徹していけるか。


変化の時代の中で、時代に即した「ホンダらしさ」をつくっていかなければならない。経営の手法も変えていく。ただし、忘れてはならないのはホンダらしさの原点だ。それは、人々の生活に役立ち、ライフスタイルを変えるプロダクツにある。


国内のすべての事業所を半年間で回り、社員とダイレクトコミュニケーションをとってきた。改めて、現場には個性豊かな人が多く、パワーのある人材が多いと感じた。現場の力を生かせば、まだまだホンダは伸びると感じた。


我々の持っているエンジンを人々の生活に役立ちたい、喜んでもらいたいということで手がけています。いろいろなところでお客様とのつながりもあるということで、それも我々の強みだと思っています。
【覚え書き|発電機、除雪機、芝刈り機などの製品について】


人はちょっと忙しく動いていると、何かやり甲斐が出ますけれども、少し販売が鈍ったり、経済が低迷すると、やはり気持ちがこう下向きになりがち。そういう違いがある中で、グローバルにみんなでモチベートするということが必要。


技術は必要だと思っています。技術は開発していきます。ただし、「完全(自動運転)」というのは社会の状況や顧客のニーズを考えながらやっていかなければならない。研究開発はしっかり進めておいて、ニーズを見ながら商品化をどうするか決めていきます。


我々の商品を消費者に認めてもらうためには、スケールメリットも含め、課題はまだまだたくさんあると感じています。どうやってホンダらしさを表現していくかということは常に考えています。


就任当時から、私は「調整型」の社長だと言われてきました。そういう意味では、話ができる環境は出来上がりつつあります。やはり何事も1人ではできませんから、役員の一体感というのは大事ですね。社員全員と話すのは無理なので、私が役員や部長、室長と思いをどう一緒にできるかが重要だと思っています。


自分の仕事をただ流すのではなくて、買って喜んでもらえるような仕事のやり方をしていこうよとか。人間尊重で、人の気持ちを大切にしていく。そういうことを日々感じながら仕事をする。そういうことが「ホンダらしさ」ということなので、それをもう一度、みんなでしっかりと共有していこうと思っています。


我々の基本理念というのは、大きくいうと、人間尊重と三つの喜びです。三つの喜びというのは、買って喜び、売って喜び、つくって喜ぶという、この三つの喜びを感じて仕事をしようよと。


何をしたいかを、まずみんなで共通認識として持つ。で、車をつくるときに、この車は何のために、誰に向けて、どういう事をやるのかを明確にする。例えば、お客様の生活を豊かにするということなら、こういう生活の助けにしたい、こういうことを便利にしてあげたいというのをみんなで共有する。それを共有できるかどうかが勝負。


八郷隆弘の経歴・略歴

八郷隆弘、はちごう・たかひろ。日本の経営者。「本田技研工業」社長。東京出身。武蔵工業大学(のちの東京都市大学)卒業後、本田技研工業に入社。本田技術研究所執行役員、生産本部鈴鹿製作所長、ホンダR&Dヨーロッパ社長、中国生産統括責任者、常務執行役員、専務執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

相原孝夫

日頃から身近な人を気遣い、支援をしている人は周囲との関係が良くなります。すると日々のモチベーションを高く維持でき、困ったときに助けてもらえたりして仕事の生産性も上がり、成果が出やすくなるという好循環が生まれます。そうすることでチームの雰囲気が良くなり、自然と評判も評価も伴います。


北嶋一甫

要所は先輩が教えてくれます。しかし、教えられたことをやっているだけでは駄目です。一を教わったら、十のことを自分で考えながら、自分で学ばなければいけません。金属は変幻自在の生き物です。それなのに、作業に使うのは単純な道具だけ。一回の作業に今まで自分が培ってきたノウハウのすべてを凝縮させるわけですから、自分で考えなければ仕事なんてできません。失敗したり、上手くいかない時もある。


永持孝之進

努力を続ければ神様はついてくる。常に勉強していなければひらめきは出てきません。


竹田和平

あまり儲けられない人が勘違いする点なのですけど。夢を見て投資をしてはいけないのですよ。企業は、昨日も今日も存続しているのです。それを夢 と言って、投資する人が勝手な期待を膨らませて、目を曇らせるからいけないのです。冷静に、昨日の数字、今日の数字を見て判断する。そうして下がりきっ た割安株だけを買うようにする。そうすれば、投資で失敗する危険性は、とても少なくすることができるはずです。


大野直竹

オーナー(創業者・石橋信夫)は創業百周年で売り上げ10兆円という夢があった。そういう夢というのは、僕らに立ち止まってはいけないよということを教えていると思うんです。


橘玲

一番効率がいいのは、節約してできるだけ早い段階でまとまったお金をつくり、それを運用で増やす方法です。5%複利で運用すると15年で元金が2倍になると考えると、30代、40代で3000万円くらいアセット(資産)を持っていれば、15年後には6000万円になります。複利のパワーはかくも絶大。同じ時点から1万円ずつ貯金をスタートする人とでは、15年後の差はとてつもなく大きなものになります。


秋元康

アイデアとは、その人の日常のモノの見方を反映する。


村井史郎

今の人はとても現在に生きている。刻々と変わる周囲とともに価値観も変わっていきよる気がします。ブレが大きい。でも普遍的なものを求めない人ばかりなら、いくら「日本の素晴らしさ」とか言うても、信用ならんでしょう。


ポール・ヴァレリー

人間の本能は善である。なぜなら人間は忘れっぽく、怠け者で、軽々しく信じ、浅薄であるからである。


宗次徳二

経営者は事業活動で利益を上げ、共に働く人たちの生活を守ることこそが使命です。しかし、そうして集まったお金は、当人だけのものではありません。社会から一時預かりしている分を、いかに社会に役立たせるか。利益の上げ方と同様、「お金の使い方」もまた経営者に求められる素養だと思います。


大村禎史

PB(プライベートブランド)商品を育ててカテゴリー単位でシェアを拡大できれば、成長余地は十分にあると考えています。ベビー・子供用品市場で見ると、国内の大手メーカーはすでに圧倒的な国内シェアを持っているので、グローバル市場でシェアを取っていかないと成長できません。しかし小売りは事情が違います。国内のベビー・子供用品市場は2兆円程度だと見込んでいますが、我々はまだその5%程度しかシェアを持っていません。新規出店とPBの拡大で十分成長できますし、中途半端に海外にいってもうまくいかないでしょう。


ジョセフ・トリポディ

広告では、従来と違って他社ブランドとのタイアップにも力を注いでいます。ターゲットとする顧客が同じならば相乗効果が生まれ、認知度が高められるからです。