名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

八郷隆弘の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

八郷隆弘のプロフィール

八郷隆弘、はちごう・たかひろ。日本の経営者。「本田技研工業」社長。東京出身。武蔵工業大学(のちの東京都市大学)卒業後、本田技研工業に入社。本田技術研究所執行役員、生産本部鈴鹿製作所長、ホンダR&Dヨーロッパ社長、中国生産統括責任者、常務執行役員、専務執行役員などを経て社長に就任。

八郷隆弘の名言 一覧

現地が一番分かりますから、能力の拡大についても、現地の判断でやってくれということで、今、話が進んでいます。


変化についていくために、他社とのコラボレーションも考えていきます。自分だけでできるなんて思っていませんから。


商品で新しい発見をする。そういう提案をホンダはしていかなければいけない。


創業から変わらないのは、現場の活力を大切にするという考え方だ。これからも変えるつもりはない。


ホンダはいつの時代も一般大衆に喜んでもらえる製品をつくってきた。競合メーカーの後追いではなく先発で出してきた。この原点はこれからも変わらない。


モノづくり全体においてはやはり現場、開発するチームが大切になる。開発責任者を中心としたチームが理想のモノづくりに、どれだけ徹していけるか。


変化の時代の中で、時代に即した「ホンダらしさ」をつくっていかなければならない。経営の手法も変えていく。ただし、忘れてはならないのはホンダらしさの原点だ。それは、人々の生活に役立ち、ライフスタイルを変えるプロダクツにある。


国内のすべての事業所を半年間で回り、社員とダイレクトコミュニケーションをとってきた。改めて、現場には個性豊かな人が多く、パワーのある人材が多いと感じた。現場の力を生かせば、まだまだホンダは伸びると感じた。


我々の持っているエンジンを人々の生活に役立ちたい、喜んでもらいたいということで手がけています。いろいろなところでお客様とのつながりもあるということで、それも我々の強みだと思っています。
【覚え書き|発電機、除雪機、芝刈り機などの製品について】


人はちょっと忙しく動いていると、何かやり甲斐が出ますけれども、少し販売が鈍ったり、経済が低迷すると、やはり気持ちがこう下向きになりがち。そういう違いがある中で、グローバルにみんなでモチベートするということが必要。


技術は必要だと思っています。技術は開発していきます。ただし、「完全(自動運転)」というのは社会の状況や顧客のニーズを考えながらやっていかなければならない。研究開発はしっかり進めておいて、ニーズを見ながら商品化をどうするか決めていきます。


我々の商品を消費者に認めてもらうためには、スケールメリットも含め、課題はまだまだたくさんあると感じています。どうやってホンダらしさを表現していくかということは常に考えています。


就任当時から、私は「調整型」の社長だと言われてきました。そういう意味では、話ができる環境は出来上がりつつあります。やはり何事も1人ではできませんから、役員の一体感というのは大事ですね。社員全員と話すのは無理なので、私が役員や部長、室長と思いをどう一緒にできるかが重要だと思っています。


自分の仕事をただ流すのではなくて、買って喜んでもらえるような仕事のやり方をしていこうよとか。人間尊重で、人の気持ちを大切にしていく。そういうことを日々感じながら仕事をする。そういうことが「ホンダらしさ」ということなので、それをもう一度、みんなでしっかりと共有していこうと思っています。


我々の基本理念というのは、大きくいうと、人間尊重と三つの喜びです。三つの喜びというのは、買って喜び、売って喜び、つくって喜ぶという、この三つの喜びを感じて仕事をしようよと。


何をしたいかを、まずみんなで共通認識として持つ。で、車をつくるときに、この車は何のために、誰に向けて、どういう事をやるのかを明確にする。例えば、お客様の生活を豊かにするということなら、こういう生活の助けにしたい、こういうことを便利にしてあげたいというのをみんなで共有する。それを共有できるかどうかが勝負。


八郷隆弘の経歴・略歴

八郷隆弘、はちごう・たかひろ。日本の経営者。「本田技研工業」社長。東京出身。武蔵工業大学(のちの東京都市大学)卒業後、本田技研工業に入社。本田技術研究所執行役員、生産本部鈴鹿製作所長、ホンダR&Dヨーロッパ社長、中国生産統括責任者、常務執行役員、専務執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

諏訪貴子

社員自身に意図を感じてもらうことが大切。自分で理解するからこそ、やる気にもつながりますし、本人も成長します。


井上高志

情報が行き渡る状態で自由に物件を選択できるインフラを作りたかったんです。そのためには国内の不動産情報を100%データベース化することが必要。それを24時間誰もが見られる状態にすれば、良心的な不動産会社は支持され、悪徳業者は淘汰される。結果的にクリーンな業界になっていく。


又吉直樹

必要なことが全部書いてあれば、連絡事項としては伝わる。ただ、それが100%ではない。全部言っちゃうとかえって伝わらないようなところがある。


臼井由妃

人間は出会ってからわずか数秒で、「この人は信頼できそうか」「仲良くなれそうか」などを判断します。最初の印象が悪ければ、その後でいくら自分のことを話しても、相手が真剣に耳を傾けてくれることはないでしょう。


羽生善治

先のことを考えるのは、楽しいといえば楽しいものです。でも、だいたいは、考えてもそのとおりにならない。いろんな人がいろんなことを予想していますが、まずそのとおりにはなりませんよね。あまり予想なんかしても仕方がないとさえ思います。


木村博紀(経営者)

成長市場の医療保険や介護保険など第3分野商品に、早くから取り組んできました。5年、10年先を見据えてニーズが拡大する分野にさらに注力していきます。


大前研一

「危機感」を醸成することで、多くの人材を輩出している企業もある。たとえばリクルート。創業からすでに50年以上経過しているというのに、サイバー系の分野で新規事業を次々と生み出し続け、いつの間にか出版事業が半分以下になっている。その理由の一つがいわゆる「38歳定年制」だった。多くの人はそこで退職金を手にして事業を起こす。逆に言えば、15年で外部に放り出されても起業できるだけの力をつけなければならない。当然、入社後の働き方も変わってくるというものだ。この仕組みを考え出した江副(浩正)氏の先見性には、舌を巻くほかない。


川口和英

世田谷という場所はいわゆる「クリエイティブクラス」の人が多い場所でもあります。こうした人たちは既成のものに満足しない傾向があります。どんな暮らしをしたいかの多様性は確実に広がっていると思います。


田島弓子

スケジューリングや整理とは、仕事の効率を上げるためだけでなく、オンオフをコントロールすることで心のストレスを軽減しながら、休息の質を高めるためにも大事だと思います。


出口治明

最も大事なのが熱意。「これができないなら、僕は辞めます」くらいの熱意で語れば、反対している人もたいてい「そこまで言うなら一回やらせてみようか」という気になる。


長谷山彰

必ず物事には二面性、場合によっては多面性がある。一つの側面だけ見て、この歴史はこうなっていると思ったら絶対だめだ。必ず人物にしろ、国にしろ、事件にしろ、多面性があるので、こちら側から、あちら側から見たりしないと、なかなか歴史の真相は分からない。


佐渡島庸平

よく「スパイは公開情報から重要な情報を得る」と言うように、ほとんどの情報はオープンになっているもの。たとえば企業のホームページには営業マンとして相手先の企業に対してどのように振る舞えばいいのか、企業理念や事業計画という形で答えが書いてあるのです。最近では、商談相手がフェイスブックなどで自分の情報を公開していることも多いでしょう。このように公開されている相手の情報をちゃんと調べ、活かすことが大切です。