八郷隆弘の名言

八郷隆弘のプロフィール

八郷隆弘、はちごう・たかひろ。日本の経営者。「本田技研工業」社長。東京出身。武蔵工業大学(のちの東京都市大学)卒業後、本田技研工業に入社。本田技術研究所執行役員、生産本部鈴鹿製作所長、ホンダR&Dヨーロッパ社長、中国生産統括責任者、常務執行役員、専務執行役員などを経て社長に就任。

八郷隆弘の名言 一覧

現地が一番分かりますから、能力の拡大についても、現地の判断でやってくれということで、今、話が進んでいます。


変化についていくために、他社とのコラボレーションも考えていきます。自分だけでできるなんて思っていませんから。


商品で新しい発見をする。そういう提案をホンダはしていかなければいけない。


創業から変わらないのは、現場の活力を大切にするという考え方だ。これからも変えるつもりはない。


ホンダはいつの時代も一般大衆に喜んでもらえる製品をつくってきた。競合メーカーの後追いではなく先発で出してきた。この原点はこれからも変わらない。


モノづくり全体においてはやはり現場、開発するチームが大切になる。開発責任者を中心としたチームが理想のモノづくりに、どれだけ徹していけるか。


変化の時代の中で、時代に即した「ホンダらしさ」をつくっていかなければならない。経営の手法も変えていく。ただし、忘れてはならないのはホンダらしさの原点だ。それは、人々の生活に役立ち、ライフスタイルを変えるプロダクツにある。


国内のすべての事業所を半年間で回り、社員とダイレクトコミュニケーションをとってきた。改めて、現場には個性豊かな人が多く、パワーのある人材が多いと感じた。現場の力を生かせば、まだまだホンダは伸びると感じた。


我々の持っているエンジンを人々の生活に役立ちたい、喜んでもらいたいということで手がけています。いろいろなところでお客様とのつながりもあるということで、それも我々の強みだと思っています。
【覚え書き|発電機、除雪機、芝刈り機などの製品について】


人はちょっと忙しく動いていると、何かやり甲斐が出ますけれども、少し販売が鈍ったり、経済が低迷すると、やはり気持ちがこう下向きになりがち。そういう違いがある中で、グローバルにみんなでモチベートするということが必要。


技術は必要だと思っています。技術は開発していきます。ただし、「完全(自動運転)」というのは社会の状況や顧客のニーズを考えながらやっていかなければならない。研究開発はしっかり進めておいて、ニーズを見ながら商品化をどうするか決めていきます。


我々の商品を消費者に認めてもらうためには、スケールメリットも含め、課題はまだまだたくさんあると感じています。どうやってホンダらしさを表現していくかということは常に考えています。


就任当時から、私は「調整型」の社長だと言われてきました。そういう意味では、話ができる環境は出来上がりつつあります。やはり何事も1人ではできませんから、役員の一体感というのは大事ですね。社員全員と話すのは無理なので、私が役員や部長、室長と思いをどう一緒にできるかが重要だと思っています。


自分の仕事をただ流すのではなくて、買って喜んでもらえるような仕事のやり方をしていこうよとか。人間尊重で、人の気持ちを大切にしていく。そういうことを日々感じながら仕事をする。そういうことが「ホンダらしさ」ということなので、それをもう一度、みんなでしっかりと共有していこうと思っています。


我々の基本理念というのは、大きくいうと、人間尊重と三つの喜びです。三つの喜びというのは、買って喜び、売って喜び、つくって喜ぶという、この三つの喜びを感じて仕事をしようよと。


何をしたいかを、まずみんなで共通認識として持つ。で、車をつくるときに、この車は何のために、誰に向けて、どういう事をやるのかを明確にする。例えば、お客様の生活を豊かにするということなら、こういう生活の助けにしたい、こういうことを便利にしてあげたいというのをみんなで共有する。それを共有できるかどうかが勝負。


八郷隆弘の経歴・略歴

八郷隆弘、はちごう・たかひろ。日本の経営者。「本田技研工業」社長。東京出身。武蔵工業大学(のちの東京都市大学)卒業後、本田技研工業に入社。本田技術研究所執行役員、生産本部鈴鹿製作所長、ホンダR&Dヨーロッパ社長、中国生産統括責任者、常務執行役員、専務執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

古賀稔彦

前襟の合わせ、帯の結び、こうしたことは、柔道が強い、弱いにかかわらず、誰でも心がけしだいで、きちんとできるものです。でもやっぱり見渡すと、上達していく人というのは道衣をしっかりと身につけています。柔道というのは、ある意味、人前で自分を表現するスポーツですから、意識の高い選手は、もっときれいに、もっと完璧に、と自然に細部まで気を配るようになるんです。「これくらいでいいだろう」という気持ちの選手は、往々にして技も見た目も締まりがありません。


浅野純次

西洋人にとっては「ユーモアがある」ということは道徳や道理をわきまえていることを意味し、「ユーモアがない」と言われれば人間的欠陥を指摘されるも同然の厳しさらしい。


上山信一

改革というものは、ハイテク産業であれ畜産であれ、プロセスは同じです。ただし、最低限の基礎知識は必要です。それがないと、仮説の精度も高まらないし、第一相手はその道のプロです。いくらこっちが改革の専門家だといったって、業界のことも知らない人間の話なんか誰も聞いてくれません。それでその都度、猛勉強です。


加藤智治

勝負にこだわるからこそ、負けることでも多くを学ぶ。


李健煕(イ・ゴンヒ)

父は経営の一線にいつも私を同伴し、多くのことを私に直接やってみろと注文した。しかし、どんなことにも、詳細な説明はなかった。


石井一久

やるべき準備をし、自信を持って臨む。集中力を研ぎ澄ませたピッチングをすれば、必ずイメージ通りに勝てると信じていました。「必ずできる」と自分を評価してあげることが大事。


吉澤準特

その作業が部下のキャリアアップにどのように寄与するのかを説明してあげてください。単純なデータ入力でも、中身を理解し、知識を蓄積しようという意識で入力していくと、その分野に関しては、その部下が一番詳しくなります。詳しい分野が増えれば増えるほど、周囲からの信頼も高まり、部下も仕事が楽しくなるはずです。


樋口裕一

書き出しに妙に凝ろうとするあまり、メールひとつもなかなか打てない人がいます。しかし、これは愚かなことです。小説なら、書き出しに凝る必要もあるでしょうが、ビジネス文書は決まりきった書き出しで全然かまいません。書き出しで悩むより、書く内容にこそ心を配るべきです。


西室泰三

本来なら、成績を出した人にボーナスの代わりに(ストックオプションではなく)実株を与えればいいのです。自分の財産を増やしたいと思えば、株の価値を高めるべく仕事に励みます。逆に株価が下がれば、株主と一緒に自分の財産も減るのです。ただ、これは法律上できません。給与は現金で払うことになっているからです。


成毛眞

私はマイクロソフト日本社長時代、新入社員に「入社して3年は365日、24時間働け」と言っていました。私自身、最初に入ったメーカーでがむしゃらに働いた経験が30代で活きました。たとえば、毎日英文テレックスを1時間くらいかけて打つのですが、これが英語の契約書を読む能力につながった。だからこそ30代で「手を抜くところは抜く」ことができたし、同じことを若手にも伝えたかったのです。


堀場雅夫

中近東では海水を淡水にしているでしょう。真水ができるのはいいけれど、それをつくるには塩分濃度がめちゃくちゃ高い排水を廃棄しないといけない。今度はその濃縮塩水で海の環境が変わって問題になっている。それをタンカー輸送費だけ払ってもらったら、日本が引き取ればいい。相手に感謝され、資源も手に入る。海の水には塩分以外にマグネシウム、カルシウム、カリウム、金、銀、レアアースも入っている。海水から取ったら割が合わないけれど、濃縮塩水からとれば割が合う。うまいことやったら、日本が資源国になれるかもしれない。こんな風に商売の種はごまんとある。


酒巻久

「キヤノン中興の祖」と言われた賀来(かく)龍三郎氏も、毎日3時間は勉強すると言っていましたし、私も50歳までは第一線の能力を保ち続けていたと自負していますが、それこそ40代は寝る間も惜しんで勉強していました。


泉谷直木

最近では進出している国が増えてきたので、M&Aをした現地企業に一年間出向してもらい、肌で現場を体験してもらっています。出向先ではお客さん扱いをされて、仕事を与えてもらえないことがよくあります。そこで、「自分はこういうことができます!」とアピールし、自分で仕事を生み出していかなくてはなりません。こうした厳しい環境に身を置くことで、変化の激しい時代に国際的に通用する人材を育成できると考えています。


田村潤

アイデアは生まれてくるものではない。考えても思い浮かばない。人と会って情報を交換していると、あるときアイデアとして返ってくる。


富田浩安

このビジネススクールで学んだことが後に日本で事業をやる上で、自分の血となり肉となっていきました。今でも覚えているのは、先生が出題した「もし、あなたが経営者で、自分の会社の工場で火事が起きた場合にはどうしますか?」というケーススタディです。その先生はこう言われました。「現場にすぐに飛んでいくという経営者は二流ですよ」と。現場に飛んでいかないで、まずはいま何をすべきかを考え、消防署や警察に連絡をする。最優先事項を全てやり終わった後、最後に現場に行くのが経営者だと。未だに身になっています。こういった本質を突いた課題解決策を学ぶことができました。机上の空論ではなく、実業に役立つことを学ばせてもらったわけです。ビジネススクールでは、私たちが社会に出て実業の世界に身を置き、経営者になったり、管理者の立場になったときに方向性を間違えず、成功するための考え方を教えていただいたと思っています。


ページの先頭へ