名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

八谷和彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

八谷和彦のプロフィール

八谷和彦、はちや・かずひこ。日本のメディアアーティスト。「ペットワークス」社長。佐賀県出身。九州芸術工科大学画像設計学科卒業。コンサルティング会社勤務を経て、「ペットワークス」を設立。愛玩メールソフト「ポストペット」、ジェットエンジン付きスケートボード「エアボード」、『風の谷のナウシカ』に登場する架空の一人乗り飛行機メーヴェをモデルにした一人乗りジェット機「M-02J」などを開発。また、東京芸術大学美術学部准教授を務めた。

八谷和彦の名言 一覧

弊社は、「みんなが欲しいと思っているけど、まだ世の中にないもの」を作る会社。


約1億円の開発費がかかりましたし、トラブルもたくさん発生しましたが、完成できたのは、焦らず柔軟に対応してきた結果ですね。

【覚え書き|「風の谷のナウシカ」に出てくるメーヴェをモデルにした一人乗り飛行機をつくったときを振り返って】


確実に飛ぶことが最初から分かっていて、コストや性能で競争するのなら私たちがやる意味はありません。2次元の世界の中の飛行機という、普通は実現不可能じゃないかと思う機体をつくることに、手がける面白さ、意義がある、というわけです。


企業の新規プロジェクトでは「時間が最優先」で臨むことが多いけれど、それだけが成功への道ではない。お金も人も限られているなら、恐竜の足元で賢く生き延びた小さな祖先たちのように、「小型の生き物だけが生存できる環境を見つける」「どうしてもダメなら冬眠してやり過ごす」くらいに開き直ることも必要でしょう。


このプロジェクト(オープンスカイプロジェクト)の書籍に「ナウシカ」の名称を使う許可をいただくために、宮崎監督にお願いして、承諾してくださったメモの最後に「死なないでください」とありました。もともと臆病で、とにかく安全には気を使って進めてきたつもりですが、支援して下さる多くの方々のためにも、あらためて「生きねば」と決意を新たにしました。


小型軽量機の設計を専門とする会社「オリンポス」と組んで、模型を作って飛ばすところから開始しましたが、操縦方法からして分かりません。誰も責任を取れませんから、操縦者はプロジェクトの発案者である自分がやるしかない。慎重に、体力作りから始めました。会社も、一気に完成させる資金力はとてもないので、もうかった年は予算を増やし、厳しい年は減らし、と状況に合わせて進めました。今思えば、それがよかったと思います。「夢を追う」とは聞こえがいいですが、飛行機の開発で「無理」や「無茶」は禁物です。会社が倒産したり、自分が死んでしまっては何にもなりません。


八谷和彦の経歴・略歴

八谷和彦、はちや・かずひこ。日本のメディアアーティスト。「ペットワークス」社長。佐賀県出身。九州芸術工科大学画像設計学科卒業。コンサルティング会社勤務を経て、「ペットワークス」を設立。愛玩メールソフト「ポストペット」、ジェットエンジン付きスケートボード「エアボード」、『風の谷のナウシカ』に登場する架空の一人乗り飛行機メーヴェをモデルにした一人乗りジェット機「M-02J」などを開発。また、東京芸術大学美術学部准教授を務めた。

他の記事も読んでみる

大前研一

モノがあふれかえっている時代に育ったいまの若い世代に物欲がないのは当たり前で、草食系だなんだと称しているが、要は環境に適応してしまったのである。貧しさや飢えを経験している我々世代は競い合ってモノを欲しがってきたが、いまの若い世代は「モノは必要なときに使えばいいじゃん」と考える。シェアリングの方が合理的なのだ。


木村尚敬

採算性の低い事業を大胆に見直し、自社の強みに変える。IoTを活用して、顧客囲い込み型の新しい事業モデルをつくり出す。今は、そのような課題に、短い時間軸の中で対応しなければならない時代。それがうまくいっているのは、ミドルがよく機能している会社。


ゲーテ

我々が不幸または自分の誤りによって陥る心の悩みを、知性はまったく癒すことができない。理性もほとんどできない。時間がかなり癒してくれる。これにひきかえ、固い決意の活動は一切を癒すことができる。


高原真由美(髙原真由美)

片づけの目的はあくまで、自分にとって快適な環境を作り、仕事の効率をアップすること。「片づける」と決意した直後、大半の方は頑張りすぎる傾向がありますが、あまり厳しいルールを課すと、実行できなかったときにかえってストレスを抱えることになります。


堺屋太一

副業、二つ目の仕事を認める利点のひとつは、二つ目の仕事を通じて別業態・別組織の人々と触れ合うことで、本人の知識も組織の情報も拡大すること。時にはそんな人脈が役立つこともある。


藤岡頼光

若い人なら欲張ってぜんぶやるのもいいけど、40代は無理。中高年は何を捨てるのかを決めることが英語上達の近道。


中野信子

不安は危険を知らせるアラート。だから、不安で仕方がないならムリに挑戦する必要はないと思います。要はアナタの危険察知能力が作動している。不安にギリギリ耐えられるくらいの挑戦がベストです。


是川銀蔵

人間には一生のうち二度や三度のチャンスはある。それを生かすか殺すかの決断のために、日常の努力と精進、そして真面目といった理論と実践とを通 じて日夜思考の訓練を重ねることが成功への確率を増進する。そのために数多くの真剣勝負を経験し、勝負勘を養うことだ。「勘」とは、経験の集積から湧き出 る真実的総合判断なのである。


本田健

世界有数の資産家、ウォーレン・バフェットは、「成功するのに最も必要なことは?」の質問に「誰と結婚するかだ」と答えています。心から信頼し、支え合える伴侶の存在は、仕事の原動力となり、また安らぎや楽しさを与えてくれるものです。良好なパートナーシップは、人生そのものを成功と幸せに導くカギなのです。


永守重信

最近は我が社にも一流大学卒の人がたくさん入社しますが、さっぱり新製品が出てこない。偏差値なんか無視した大学を新しくつくって、そこから人材を採ろうかという笑い話が出ているくらいです。本当に頭のいい人は別として、子供の頃からガンガン受験勉強させられ、大学に入る頃にはエネルギーを使い切っている人より、田舎でのんびり育った人のほうが、まだ潜在能力が残っていますよ。


杉田浩章

デジタル化でコスト構造がガラリと変わり、過去の蓄積で競合に勝つことはできません。レガシーなアセット(資産)を積み上げても、意味がなくなっているんです。かつて、大企業にとってはレガシーこそが強みになっていたわけですが、今はまさにジレンマに陥っています。


松本洋(コンサルタント)

過去の成功体験や失敗体験の呪縛が行動を起こすことを阻んでいることがあります。リスクを負うよりも現状維持をしたがります。変化への恐れ、不安、抵抗の感情のために慣れ親しんだ方法に固執します。しかし、新しい挑戦をしなければ生き残れません。行動の欠如は乗り越えなければならない課題です。そのために必要なのは動機づけです。