名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

八田進二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

八田進二のプロフィール

八田進二、はった・しんじ。日本の会計学者。「青山学院大学」教授。愛知県出身。慶應義塾大学経済学部卒業、早稲田大学大学院商学研究科修士課程修了、慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程単位取得退学。駿河台大学経済学部助教授、青山学院大学経営学部教授、同大学大学院会計プロフェッション研究科教授を務めた。

八田進二の名言 一覧

家庭でもそうですが、子供は親の背中を見て育ちます。従業員はトップの背中を見ているわけです。だからトップが内と外で違うこと言っていたら、社員も「自分たちもそれでいいではないか」となってしまいます。やはりトップの軸がブレずにいけば、下のものはそれに必ず従ってきます。範を垂れる、率先垂範。これが一番重要なことだと思います。


昔の政治家はよく「法的責任は問われないが、道義的にはうんぬん」などと言っていましたが、そんな呑気な話ではありません。企業において倫理にもとる行為があった場合、必ずやその企業価値は大きく毀損するのです。倫理違反、倫理の欠如は高くつくということだと思います。


口では言っても、変わらないのが意識と組織です。一朝一夕に変わりません。ここはやはり、トップに立つ方が、内部統制が守ってくれているのは自分自身なのだ、ということを理解することが必要です。これは理論的にもそう言われていることなのです。


組織全体の研修教育の中で、トップが正しい方向性を示す必要があります。内部統制の中の一番の重要な要素に「統制環境」という言葉があります。これを象徴する言葉が「トーン・アット・ザ・トップ」、つまりトップの意向、経営上層部の考え方、言ってみれば経営者の姿勢です。これがしっかりしてなかったらダメだということです。この考え方を組織全体に浸透させることが重要です。


今はSNSやチャットなどのITチャネルがあるので、社員はそこでつぶやきます。そういうことをトップが理解していないといけません。それがいいかどうかは別として、「内々で」とか「ここだけの話」というのは今の時代、通用しないということです。そのことを理解していないと、不祥事が発覚した時の初期対応を誤るし、二次被害が起きます。こういうことに対しては、上に立つ人の意識の変革が必要ですし、組織も変えなくてはいけない。


経営者の場合、ご自分がトップに立って、その組織を引っ張っていく役割を担う、そのとき当然、効果的・効率的に運営すること、そして法令遵守をしていくことが結果的に、自分の身を守るわけです。そのための一連の仕組みが内部統制なのです。経営者の足を引っ張るのではなくて、経営者の身を守るシステムです。薬でいうと、特効薬ではないけれど、漢方薬のようなもの、ということですね。


八田進二の経歴・略歴

八田進二、はった・しんじ。日本の会計学者。「青山学院大学」教授。愛知県出身。慶應義塾大学経済学部卒業、早稲田大学大学院商学研究科修士課程修了、慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程単位取得退学。駿河台大学経済学部助教授、青山学院大学経営学部教授、同大学大学院会計プロフェッション研究科教授を務めた。

他の記事も読んでみる

倉田真由美

本たちとの出合いの原点は実家の本棚です。そこには、流行りの本ではなく、文芸作品としては評価されないような娯楽色の強いものも多くあって、まさに私の本の嗜好の原型。そこにあるものをはじめ、派生した本もよく読みました。本棚には、その人の嗜好や価値観、生き方などが表われ、改めて自分のことを発見できると思います。


ニック・バーリー

大切なのは「英語が上手かどうか」ではなく、「相手に思いが伝わるか」どうか。英語を母国語としないあなたが英語で話そうとしてくれただけで、相手はその努力を認めてくれるし、感謝もしてくれるはずです。


齋藤孝(教育学者)

肝心なのは、師を間違わないということ。


齋藤孝(教育学者)

準備を怠らない人は、自然に「融通力」が身に付きます。準備をすることというのは、こんな状況のときにはこうしようというシミュレーションをすること。それが「融通力」につながる。誰でも融通の利く人と仕事をしたいと願います。たとえば打ち合わせの時に、何かこちらから提示したときにいちいち「社に持ち帰って検討します」なんて言われたら、「子供の使いか?」って思ってしまう。そんなときに、「最終確認は社に戻って取りますが、仮に対応ができた場合は、こういう風に進めることができると思います。最悪ノーとなった場合はこんな展開になると思います」というように、ケースに分けてシミュレーションをされたらどうでしょう。もっと早い人はその場で携帯で社に電話をかけて確認を取ってしまう。


池上彰

建前を中心に話をせざるを得ない場合は、本音を少し差し挟んで話すと、好感度は往々にしてあがります。フォーマルな席で、少しカジュアルな雰囲気が出ると、聞いている側はその人の人間性を垣間見ることができ、親しみを持てるようになるからです。


徳岡邦夫

上が新しいことに取り組みはじめると、ほかの従業員からも徐々に新しい提案が出てくるようになりました。これまでは先輩の顔色をうかがい、とにかくミスをしないことだけを考えていた若い社員たちに、「どうすればお客様に喜んでもらえるのか」という意識が芽生えてきたのです。


柳井正

最初からそこそこでいいなんて甘い考えでいたら、箸にも棒にもかからない程度の水準でしか生きていけない。それだと将来的に食えなくなる。


小池龍之介(小池龍照)

人はつい、より高級なもの、言うなれば、分不相応なものに手を伸ばしてしまいます。たとえば住宅の場合、3000万円の家なら自己資金と無理のないローンで買えるのに、背伸びして4000万円の家を買ってしまう。その結果、ローンの支払いが苦しくなったりします。もちろん、4000万円の家のほうが設備が整っていたり、交通の便がよかったりということがあるでしょう。しかし、つい背仰びをしてしまう心の内では往々にして、そのも自体がどうしても欲しいというよりも、そうした高級なものを手に入れることで「自分のグレードを上げたい、自分の価値を高めたい」との欲望が働いている場合が多いのです。これもまた「慢(自分の評価への執着)」の煩悩のなせる業です。


安田弘

安田学園では他の学校でもやっているように、外国人の教師による英語教育や、3か月~6か月間、海外の提携校で勉強するといった取り組みをしているだけでなく、先進国におけるマナー、エチケットの教育を行っています。欧米人と日本人には習慣に大きな違いがあるからです。


似鳥昭雄

会長になりましたから、細々した決裁事項から解放された。自分の好きなモノづくりとか、海外案件とか、そういうことに専念できる。


橋本孝之

営業の工夫の仕方はいくらでもあります。これが感性なんです。感性を磨く努力を怠ると成長しません。


佐藤達郎

案を練って説明・提案するだけでなく、実施する時にどんなリスクがあるか調べたり、その企画が通った時、相手にどんなメリットがあるか予想することも含めて、提案だと考えてください。