名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

八田進二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

八田進二のプロフィール

八田進二、はった・しんじ。日本の会計学者。「青山学院大学」教授。愛知県出身。慶應義塾大学経済学部卒業、早稲田大学大学院商学研究科修士課程修了、慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程単位取得退学。駿河台大学経済学部助教授、青山学院大学経営学部教授、同大学大学院会計プロフェッション研究科教授を務めた。

八田進二の名言 一覧

家庭でもそうですが、子供は親の背中を見て育ちます。従業員はトップの背中を見ているわけです。だからトップが内と外で違うこと言っていたら、社員も「自分たちもそれでいいではないか」となってしまいます。やはりトップの軸がブレずにいけば、下のものはそれに必ず従ってきます。範を垂れる、率先垂範。これが一番重要なことだと思います。


昔の政治家はよく「法的責任は問われないが、道義的にはうんぬん」などと言っていましたが、そんな呑気な話ではありません。企業において倫理にもとる行為があった場合、必ずやその企業価値は大きく毀損するのです。倫理違反、倫理の欠如は高くつくということだと思います。


口では言っても、変わらないのが意識と組織です。一朝一夕に変わりません。ここはやはり、トップに立つ方が、内部統制が守ってくれているのは自分自身なのだ、ということを理解することが必要です。これは理論的にもそう言われていることなのです。


組織全体の研修教育の中で、トップが正しい方向性を示す必要があります。内部統制の中の一番の重要な要素に「統制環境」という言葉があります。これを象徴する言葉が「トーン・アット・ザ・トップ」、つまりトップの意向、経営上層部の考え方、言ってみれば経営者の姿勢です。これがしっかりしてなかったらダメだということです。この考え方を組織全体に浸透させることが重要です。


今はSNSやチャットなどのITチャネルがあるので、社員はそこでつぶやきます。そういうことをトップが理解していないといけません。それがいいかどうかは別として、「内々で」とか「ここだけの話」というのは今の時代、通用しないということです。そのことを理解していないと、不祥事が発覚した時の初期対応を誤るし、二次被害が起きます。こういうことに対しては、上に立つ人の意識の変革が必要ですし、組織も変えなくてはいけない。


経営者の場合、ご自分がトップに立って、その組織を引っ張っていく役割を担う、そのとき当然、効果的・効率的に運営すること、そして法令遵守をしていくことが結果的に、自分の身を守るわけです。そのための一連の仕組みが内部統制なのです。経営者の足を引っ張るのではなくて、経営者の身を守るシステムです。薬でいうと、特効薬ではないけれど、漢方薬のようなもの、ということですね。


八田進二の経歴・略歴

八田進二、はった・しんじ。日本の会計学者。「青山学院大学」教授。愛知県出身。慶應義塾大学経済学部卒業、早稲田大学大学院商学研究科修士課程修了、慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程単位取得退学。駿河台大学経済学部助教授、青山学院大学経営学部教授、同大学大学院会計プロフェッション研究科教授を務めた。

他の記事も読んでみる

村口和孝

失敗は避けるものではなくて、失敗こそ学習する重要なプロセス。


田﨑史郎(田崎史郎)

(『小沢一郎との訣別』を書いたときに)一番厳しい対応だったのが会社です。懲戒免職の次に重い罰の「2週間の出勤停止処分」。復帰後も、まったく仕事のない時期が3年ぐらいあって、その後は整理部に移って8年ほど冷や飯を食らいましたよ。でもいい勉強になりました。組織というのは、過去にどれだけ実績があっても、一つのミスでバサッと切るもんなんだと。


河野英太郎

メールには、一斉同報ができること、資料として残せること、時間が拘束されないなどのメリットがあります。しかしこれらの利点を活かす必要がないときは、直接、対面で話すべきです。


樋口武男

現場の社員とのコミュニケーションを密にするために設けたのが、社内のイントラネットを通じて、会社の問題点や営業のアイデアなどを私に直接意見できる「提案BOX」です。社員に実名での投稿を求める代わりに、提案者の秘密は厳守しました。そこで挙がったアイデアを、その後の経営に生かしていったのです。


佐々木常夫

他人の良いところは認め、自分の悪いところを反省できる人には、上司も真剣にアドバイスをしたくなるものです。


牛島信

日ごろから株主との信頼関係を築いておくことは、いわば買収防衛策の王道です。


生田正治

新入社員には「失敗しろ」といっています。ただし、同じミスを二度繰り返しているようではプロになれません。「ミスは恐れるな。ただし隠すな、繰り返すな」これがポイントです。


笹氣健治

断る際には、まず自分を頼ってくれたことに感謝する気持ちが大切です。そのうえで、相手がこちらの事情を理解してくれるような展開にもっていくのが理想でしょう。


柳井正

日本で一番心配なのは「ゆでがえる状態」だということです。株価が上昇しているだけで、景気は決してよくありません。今は金余りで投機に向かっていますが、その資金が実事業に向かうようになった時が本当の景気回復だと思います。


三浦惺

過去に痛い目にあったから、国際事業は関心がない、消極的になるというわけではありません。日本企業はほとんど海外に進出し、新しい市場を開拓しています。私どもも日本企業のグローバル化に対応する必要があると思っています。


鍵山秀三郎

効率と非効率は陽と陰のようなものだと私は考える。どちらがいいか悪いかではない。陰陽のバランスが崩れれば世の中が乱れる。効率を追求するあまり、バランスが崩れているのが今の社会だ。


ロバート・シラー

既にコンピューターはチェスを人間よりもうまくプレーできるようになっている。人間とコンピューターが対決すれば、必ずコンピューターが勝つ。しかし、コンピューターと人間がチームを組んだ方がコンピューターよりも強いという報告があった。それを知った時には興奮したよ。チェスにもまだ人が果たせることは残っているのだと。人間の判断にはコンピューターがまねし切れないものがある。人間の頭脳には他に置換できないものが基本的にあるのだと勇気づけられた。