名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

八田進二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

八田進二のプロフィール

八田進二、はった・しんじ。日本の会計学者。「青山学院大学」教授。愛知県出身。慶應義塾大学経済学部卒業、早稲田大学大学院商学研究科修士課程修了、慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程単位取得退学。駿河台大学経済学部助教授、青山学院大学経営学部教授、同大学大学院会計プロフェッション研究科教授を務めた。

八田進二の名言 一覧

家庭でもそうですが、子供は親の背中を見て育ちます。従業員はトップの背中を見ているわけです。だからトップが内と外で違うこと言っていたら、社員も「自分たちもそれでいいではないか」となってしまいます。やはりトップの軸がブレずにいけば、下のものはそれに必ず従ってきます。範を垂れる、率先垂範。これが一番重要なことだと思います。


昔の政治家はよく「法的責任は問われないが、道義的にはうんぬん」などと言っていましたが、そんな呑気な話ではありません。企業において倫理にもとる行為があった場合、必ずやその企業価値は大きく毀損するのです。倫理違反、倫理の欠如は高くつくということだと思います。


口では言っても、変わらないのが意識と組織です。一朝一夕に変わりません。ここはやはり、トップに立つ方が、内部統制が守ってくれているのは自分自身なのだ、ということを理解することが必要です。これは理論的にもそう言われていることなのです。


組織全体の研修教育の中で、トップが正しい方向性を示す必要があります。内部統制の中の一番の重要な要素に「統制環境」という言葉があります。これを象徴する言葉が「トーン・アット・ザ・トップ」、つまりトップの意向、経営上層部の考え方、言ってみれば経営者の姿勢です。これがしっかりしてなかったらダメだということです。この考え方を組織全体に浸透させることが重要です。


今はSNSやチャットなどのITチャネルがあるので、社員はそこでつぶやきます。そういうことをトップが理解していないといけません。それがいいかどうかは別として、「内々で」とか「ここだけの話」というのは今の時代、通用しないということです。そのことを理解していないと、不祥事が発覚した時の初期対応を誤るし、二次被害が起きます。こういうことに対しては、上に立つ人の意識の変革が必要ですし、組織も変えなくてはいけない。


経営者の場合、ご自分がトップに立って、その組織を引っ張っていく役割を担う、そのとき当然、効果的・効率的に運営すること、そして法令遵守をしていくことが結果的に、自分の身を守るわけです。そのための一連の仕組みが内部統制なのです。経営者の足を引っ張るのではなくて、経営者の身を守るシステムです。薬でいうと、特効薬ではないけれど、漢方薬のようなもの、ということですね。


八田進二の経歴・略歴

八田進二、はった・しんじ。日本の会計学者。「青山学院大学」教授。愛知県出身。慶應義塾大学経済学部卒業、早稲田大学大学院商学研究科修士課程修了、慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程単位取得退学。駿河台大学経済学部助教授、青山学院大学経営学部教授、同大学大学院会計プロフェッション研究科教授を務めた。

他の記事も読んでみる

午堂登紀雄

感動は脳のごちそう。そしてその感動は必ず相手にも伝わるし、そもそもごちそうを与えてくれた人には尽くしたくなるもの。実は私の周りでも、偉くなった人や人脈の多い人は、プレゼント魔が多い。


高橋弘(経営者)

当社は、ある特定の製品に特化して事業を展開しているのではありません。お客さまが抱えている問題を全体から見て、どの分野から着手すればコストカットにつながるのか、きちんと分析してコンサルティングし、提案を行っています。


野津基弘

真の欲求を究めて、ホンモノをカタチにする。


中田誠司

全部好き勝手やりなさいと言っているわけではなく、やはり上場企業である以上、収支予算や中期経営計画というのも、当然、会社全体として追っています。その中で支店は、収支、資産導入、安定収益という目標を持っています。ただ、その目標に向かって、どういう中身で進めるかについては自分達で考えてやりなさい、という形に切り替えています。


大江英樹

事実を自分のいいように解釈する心理。これは投資のときにも働き、失敗を招く。


柏木英一

当行には、いちはやくモバイルをメインチャンネルとする銀行として自ら切り拓き、様々なサービスを開発してきました。たとえば、電話が携帯電話からスマートフォンに移り変わり始めた時期には、すでにスマートフォン向けサービスのベースが完成しており、次のサービスに向けた技術や金融商品の開発にもいち早く着手できました。また、事業を通じて蓄積してきたノウハウもあります。


小野澤一成

政府が掲げる地方創生が間違いだとは思いませんが、机上で考えた政策と現場とでは隔たりがあるのも事実です。例えば、魚沼では第二創業に関心を持った若い経営者が増えていて、政府の施策ではそうした部分への支援が手薄です。そこで私どもでは若手経営者のための経営塾を開いたり、破綻した個人を救済したり、地域経済を底辺から支えたいという思いで、私たちなりの地方別生に取り組んでいます。


植田統

日本人が決断が遅いのは、目標への判断基準をひとつに絞り切れていないからでしょう。これでは何を基準に判断すれば良いのかわかりません。


稀音家義丸(二代目)

300年以上の歴史のある長唄は、大変奥深いもので何歳になっても発見があります。私はこれまで「勧進帳」を千回以上唄ってきましたが、未だに「なぜ今まで気付かなかったのか」と感じることがあります。


佐々木常夫

経営に行き詰っていた繊維商社へ出向した経験は貴重でした。人は何のために働くかが明確になったからです。もちろん第一は生活のため。しかし、それ以上に自分を磨くことが重要なのだと実感しました。それからは、できるだけ困難な仕事に挑戦したいと考え始めました。


ダライ・ラマ14世

悲劇や悲運は、必ず私たちの前にやってきます。そのときこそ、叡智と自信を持って、困難に立ち向かわなければなりません。悲劇はより一層の情熱に、力に、決意に転換されなければならないのです。


楠木建

企業がなぜ儲かるかというと、顧客に何らかの価値を提供するからです。その本質的な顧客価値の定義を意味しているものがコンセプトです。「本当のところ、誰に何を売っているのか」という問いに答えることといってもいいでしょう。そうした外側の理屈であるコンセプトと、内側の理屈である競争優位がそろって初めて、ゴールネットを揺らすシュートが放てるのです。