名言DB

9412 人 / 110637 名言

八田進二の名言

twitter Facebook はてブ

八田進二のプロフィール

八田進二、はった・しんじ。日本の会計学者。「青山学院大学」教授。愛知県出身。慶應義塾大学経済学部卒業、早稲田大学大学院商学研究科修士課程修了、慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程単位取得退学。駿河台大学経済学部助教授、青山学院大学経営学部教授、同大学大学院会計プロフェッション研究科教授を務めた。

八田進二の名言 一覧

家庭でもそうですが、子供は親の背中を見て育ちます。従業員はトップの背中を見ているわけです。だからトップが内と外で違うこと言っていたら、社員も「自分たちもそれでいいではないか」となってしまいます。やはりトップの軸がブレずにいけば、下のものはそれに必ず従ってきます。範を垂れる、率先垂範。これが一番重要なことだと思います。


昔の政治家はよく「法的責任は問われないが、道義的にはうんぬん」などと言っていましたが、そんな呑気な話ではありません。企業において倫理にもとる行為があった場合、必ずやその企業価値は大きく毀損するのです。倫理違反、倫理の欠如は高くつくということだと思います。


口では言っても、変わらないのが意識と組織です。一朝一夕に変わりません。ここはやはり、トップに立つ方が、内部統制が守ってくれているのは自分自身なのだ、ということを理解することが必要です。これは理論的にもそう言われていることなのです。


組織全体の研修教育の中で、トップが正しい方向性を示す必要があります。内部統制の中の一番の重要な要素に「統制環境」という言葉があります。これを象徴する言葉が「トーン・アット・ザ・トップ」、つまりトップの意向、経営上層部の考え方、言ってみれば経営者の姿勢です。これがしっかりしてなかったらダメだということです。この考え方を組織全体に浸透させることが重要です。


今はSNSやチャットなどのITチャネルがあるので、社員はそこでつぶやきます。そういうことをトップが理解していないといけません。それがいいかどうかは別として、「内々で」とか「ここだけの話」というのは今の時代、通用しないということです。そのことを理解していないと、不祥事が発覚した時の初期対応を誤るし、二次被害が起きます。こういうことに対しては、上に立つ人の意識の変革が必要ですし、組織も変えなくてはいけない。


経営者の場合、ご自分がトップに立って、その組織を引っ張っていく役割を担う、そのとき当然、効果的・効率的に運営すること、そして法令遵守をしていくことが結果的に、自分の身を守るわけです。そのための一連の仕組みが内部統制なのです。経営者の足を引っ張るのではなくて、経営者の身を守るシステムです。薬でいうと、特効薬ではないけれど、漢方薬のようなもの、ということですね。


八田進二の経歴・略歴

八田進二、はった・しんじ。日本の会計学者。「青山学院大学」教授。愛知県出身。慶應義塾大学経済学部卒業、早稲田大学大学院商学研究科修士課程修了、慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程単位取得退学。駿河台大学経済学部助教授、青山学院大学経営学部教授、同大学大学院会計プロフェッション研究科教授を務めた。

他の記事も読んでみる

新井豪一郎

転機とは、辛い体験と一緒にやってくるもの。


生月誠

成功というと、とてつもなく大きな成功を想像してしまうのですが、「少しうまくいった経験」や、「なんとか逃げ切った経験」、それらも成功体験です。常にプラス思考で、前向きな人というのは、小さな成功体験を細かく思い出すことができ、日々の「うまくいった」経験を、自分を誉めるくらいに喜ぶことができる。その経験が、自信となり、何を始めるにも「次も大丈夫!」と積極的に取り組むことができているのです。


藤原秀次郎

経営者は新しいことに挑戦する覚悟ができるかどうか。それに尽きる。


箱田忠昭

勉強する目的は、一生分のお金を稼いでセミリタイアしたいでも、外資系企業のカッコイイオフィスで働きたいでも何でも構いません。大切なのは、そうなりたいと心の底から思えるものであることです。


榊彰一

当社は廃棄物処理会社ではなく、古いものに魂を吹き込んで再生することが仕事。


藤田晋

「任せて伸ばす」ことを大事にしていますが、何かを大きく変える時は自分が先頭に立たないといけない。


内山幸樹

社長自らが成長するには、様々な自己研鑽が必要。より高いレベルの方々とのお付き合いも大切。


二宮清純

無駄を積み重ねることでしか、プロとしての眼力は磨かれないのもまた事実なのです。
【覚書き|試合が行われている場所に必ず行くようにしているという氏の発言に対し、「予想通りの展開になったら行っても無駄になるのでは?」と問われての発言】


小川賢太郎

ゼンショーホールディングスでは、イレギュラーな事項について「1時間以内報告」を義務付けています。その趣旨は「1時間」という時間が問題なのではありません。即刻という意味です。綺麗に整えられた報告書を作成してから情報を届けたのでは遅すぎます。そこでゼンショーでは「こういう問題が起きました」と即刻に報告するルールなり、仕組みになっているのです。しかしそれでも正直に申し上げて、報告が遅れたりすることがあるわけです。ですから、言うは易しで、実際に、全組織に徹底することは難しいものなのです。


小堀秀毅

集団体制の経営は平常時はプラスでも、決断が中庸になりがちで、危機時は後手に回ってしまう。


野坂英吾

自分の考えはどんどん変わっていくが、時系列で書いておけば、いつ、どの出来事にどう影響されたのか確認できる。特に起業前は1歩進んで2歩後退する、という繰り返しだったので、決断で迷った時にノートが非常に役立った。


グレッグ・ピーターズ

日本人は価値のあるものには対価を払う人たちだと確信している。だから我々は、提供するコンテンツが価値あるものだと皆さんに伝える必要がある。ネットフリックスでしか観られない、しかしどうしても観たいと思ってもらえるコンテンツを我々は提供できる。


桜井正光

前工程は間違いなく国内でしっかりできる。なぜかというと、日本は世界で一番厳しい市場だからです。日本ほど新しいもの好きの国民は、世界中を見渡しても他にいません。日本国民の厳しい視線が、日本製品の品質を鍛え、世界に冠するものに仕立て上げているのです。


ルー大柴

外国の人は年をとっても、結構派手な洋服を上手く着こなして、それが実にカッコいいじゃないですか。あの心意気ですよ。「これはインポッシブル」とか「トゥーマッチじゃないか」とか、臆病にならずに、まずはトライすることです。それを続けていけば、いずれは慣れて着こなしていけるようになるんです。


野坂英吾

上場を目指して出店を急いだ時期に会社が危機に陥ったので、「これはプライベートを変えて、目標を達成する習慣をつけよう」と思ったのです。そこで前から興味のあったフルマラソンを始めました。自分自身を戒めて次のステージへ会社も自分も成長させたい。だからこそ、プライベートでも今までやったことのないことに挑戦しようと考えました。