八田進二の名言

八田進二のプロフィール

八田進二、はった・しんじ。日本の会計学者。「青山学院大学」教授。愛知県出身。慶應義塾大学経済学部卒業、早稲田大学大学院商学研究科修士課程修了、慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程単位取得退学。駿河台大学経済学部助教授、青山学院大学経営学部教授、同大学大学院会計プロフェッション研究科教授を務めた。

八田進二の名言 一覧

家庭でもそうですが、子供は親の背中を見て育ちます。従業員はトップの背中を見ているわけです。だからトップが内と外で違うこと言っていたら、社員も「自分たちもそれでいいではないか」となってしまいます。やはりトップの軸がブレずにいけば、下のものはそれに必ず従ってきます。範を垂れる、率先垂範。これが一番重要なことだと思います。


昔の政治家はよく「法的責任は問われないが、道義的にはうんぬん」などと言っていましたが、そんな呑気な話ではありません。企業において倫理にもとる行為があった場合、必ずやその企業価値は大きく毀損するのです。倫理違反、倫理の欠如は高くつくということだと思います。


口では言っても、変わらないのが意識と組織です。一朝一夕に変わりません。ここはやはり、トップに立つ方が、内部統制が守ってくれているのは自分自身なのだ、ということを理解することが必要です。これは理論的にもそう言われていることなのです。


組織全体の研修教育の中で、トップが正しい方向性を示す必要があります。内部統制の中の一番の重要な要素に「統制環境」という言葉があります。これを象徴する言葉が「トーン・アット・ザ・トップ」、つまりトップの意向、経営上層部の考え方、言ってみれば経営者の姿勢です。これがしっかりしてなかったらダメだということです。この考え方を組織全体に浸透させることが重要です。


今はSNSやチャットなどのITチャネルがあるので、社員はそこでつぶやきます。そういうことをトップが理解していないといけません。それがいいかどうかは別として、「内々で」とか「ここだけの話」というのは今の時代、通用しないということです。そのことを理解していないと、不祥事が発覚した時の初期対応を誤るし、二次被害が起きます。こういうことに対しては、上に立つ人の意識の変革が必要ですし、組織も変えなくてはいけない。


経営者の場合、ご自分がトップに立って、その組織を引っ張っていく役割を担う、そのとき当然、効果的・効率的に運営すること、そして法令遵守をしていくことが結果的に、自分の身を守るわけです。そのための一連の仕組みが内部統制なのです。経営者の足を引っ張るのではなくて、経営者の身を守るシステムです。薬でいうと、特効薬ではないけれど、漢方薬のようなもの、ということですね。


八田進二の経歴・略歴

八田進二、はった・しんじ。日本の会計学者。「青山学院大学」教授。愛知県出身。慶應義塾大学経済学部卒業、早稲田大学大学院商学研究科修士課程修了、慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程単位取得退学。駿河台大学経済学部助教授、青山学院大学経営学部教授、同大学大学院会計プロフェッション研究科教授を務めた。

ページの先頭へ