名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

八木龍平の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

八木龍平のプロフィール

八木龍平、やぎ・りゅうへい。日本の社会心理学者。同志社大学経済学部卒業、北陸先端科学技術大学院大学修了。日本電信電話(NTT)、富士通研究所シニアリサーチャー、北陸先端科学技術大学院大学・客員准教授などを経て独立。著書に『成功している人は、なぜ神社に行くのか?』。

八木龍平の名言 一覧

相手に「褒めるところがない」と思ってしまうのは、自分の「褒めるキャパシティ」が狭いということ。キャパシティを広げるためには、自分がどんな価値観の人間なのか知ることが必要。


自分は何を大事にしているのか把握できていれば、普段自分が褒めやすい人や行動がわかり、反対に、自分がどういう人や行動、発言を褒めないのかもわかる。そうして、これまで価値を感じなかった部分も褒められるようになる。


まず褒めることが承認行動だと理解することから始めましょう。挨拶をする。フルネームで呼ぶ。ちょっとした変化に気づいて声をかける。これらはすべて相手を「認める」行動で、褒めることと同じ意味を持っています。外回りから戻った部下に「おつかれさん、どうだった」と声をかけるだけでも、「ねぎらい」の意味を持ちます。まずは、相手を認めることから始めることで、褒め上手を目指しましょう。


仕事では、職場で増えてほしい行動を褒めることが大切になります。そのためには、部下の伸びしろを考えること。たとえば、遅刻しがちな部下に、今後遅刻を減らしてほしい場合、叱責するより「褒める」ことに目を向けます。もし30分の遅刻が20分になったのであれば、そこを褒める。すると遅刻が改善されていく、と期待できます。結果だけ見ると褒めるところがなくても、「結果がよくなるプロセス」を褒めること。そうすれば、行動が改善されていくというわけです。


八木龍平の経歴・略歴

八木龍平、やぎ・りゅうへい。日本の社会心理学者。同志社大学経済学部卒業、北陸先端科学技術大学院大学修了。日本電信電話(NTT)、富士通研究所シニアリサーチャー、北陸先端科学技術大学院大学・客員准教授などを経て独立。著書に『成功している人は、なぜ神社に行くのか?』。

他の記事も読んでみる

山本周嗣

私が作品をつくる際に大事にしていることに、「妥協しない」「言いたいことを言う」「摩擦を恐れない」といったことがあります。作品を出すといったん決めたら、完璧なものができるまで妥協せずにとことんやります。


小倉広

上司に意見を伝えるとき、コンテンツ(結論・メッセージ)だけでなく、コンテキスト(背景や経緯、文脈)も必ず伝えてください。「私はこのやり方がいいと思います」という結論を示したら、「なぜそう思うか」を伝えること。とくに「お客様からこんな意見をもらった」という顧客事例を伝えるのは有効です。上司は部下より現場を直接見る機会が少ない分、顧客の声を重視するので、納得してもらいやすいのです。


織田大蔵

事業家の本当の働きができるのは50代からだ。それまでは準備期間だ。健康で長生きしなければ大事業は完成しないものだ。早く死んでは事業家になれない。


武永修一

毎月少しずつ会員さんの増え方が大きくなって、開設から2年後頃から急カーブを描いて増え始めたんです。そこでようやく「何とかなりそうだ」と思えるようになりました。


井上高志

人と話すときに図解するのもひとつの手です。私は、訪問先によくサインペンと真っ白な紙を持参します。事業の展開について、箇条書きで説明するよりも、その場でフロー図を描いたほうが、よりダイレクトに伝わることがあるからです。議題が次々と変化する会議では、ホワイトボードを用いることで、問題点が明確になることもあります。


越智直正

良い商品を求めて、百貨店や専門店に足しげく通った時期がありました。どこそこに良い商品があると聞けば、飛んでいくのです。そして当時はガラスケースに収められていた商品を、店員さんにひとつひとつ出してもらい、実際に手にとり五感を総動員してその感触を確かめました。その商品の持つ風合いや繊維の復元力を確かめるには、体で覚えるのが一番です。


桜田厚(櫻田厚)

癌や交通事故で亡くなった旦那さんの跡を継いだ奥さんも少なくないのですが、女性オーナーに代わって失敗したケースはほとんどありません。これは私なりに考えていることなのですが、男性は事業がうまくいって2、3店舗持つオーナーになると「自分はできる」と勘違いしてしまうんですね。周りもおだてるものだから、他の事業に手を出したり豪邸を建てたり、本業と関係ない所でお金を使ってしまいます。結局、最後はそれで失敗してしまうんですよね。ところが女性はあまりそういうことがありません。岐阜のあるオーナーさんはお母さんから事業を承継されたんですが、それから本人が頑張って着実にお店を増やしていますよ。


藤原洋

企業家の役割は未来を創ること。未来への投資が出来なければ、企業家そのもののミッションも果たせなくなる。


山本悟(ITコンサルタント)

SNSでの交流には、独特の距離感が求められます。また、頻繁にブログやメルマガを更新するためには、それなりのコツが必要なのです。独立直後の多忙な時期、ネット活用にまごついていると、ビジネスで遅れを取る危険性が大。そこで、独立前からネットに触れ、思いどおり使えるようにしておきましょう。


ハロルド・ジェニーン

数字が示す周辺を掘りはじめたとき、その人は初めてビジネスの真髄に触れる。もし売上が不振なら、それは製品の設計上の欠点だろうか?コスト高が原因か?マーケティングに問題があるのか?流通、財務か?数字はその企業がいかに上手くいっているか、あるいは上手くいっていないかを反映するためにある。


魚谷雅彦

私は3年前からNTTドコモの特別顧問をしています。携帯電話も右肩上がりの時代が終わりました。地方の小さな町にもドコモショップをつくって、露出を増やして、売上を伸ばすというエクスポージャー(露出を増やす)戦略にも限界がきています。今後は契約台数の増減よりも、いかに携帯電話をもっと使ってもらうようにするかを考えなければなりません。


佐野眞一(ノンフィクション作家)

薄っぺらな言葉や思考から離れたいなら、自分だけの星座を見つけることだ。それには本を読み、人の言葉を聞くことだ。けれど本も人の言葉も、一つでは宇宙にならない。例えば宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』を読んで感動したら、宇宙に興味をもってガモフの宇宙物理に触れてみる。賢治が旅をした樺太の歴史を調べてもいい。それらをつなげると別の物語が浮かび上がる。点の星をつなげると、星座という物語が浮かぶようにね。この星座が自分だけのコード進行になり、オリジナルで真実に迫るモノの見方に繋がっていくんじゃないかな。