八木龍平の名言

八木龍平のプロフィール

八木龍平、やぎ・りゅうへい。日本の社会心理学者。同志社大学経済学部卒業、北陸先端科学技術大学院大学修了。日本電信電話(NTT)、富士通研究所シニアリサーチャー、北陸先端科学技術大学院大学・客員准教授などを経て独立。著書に『成功している人は、なぜ神社に行くのか?』。

八木龍平の名言 一覧

相手に「褒めるところがない」と思ってしまうのは、自分の「褒めるキャパシティ」が狭いということ。キャパシティを広げるためには、自分がどんな価値観の人間なのか知ることが必要。


自分は何を大事にしているのか把握できていれば、普段自分が褒めやすい人や行動がわかり、反対に、自分がどういう人や行動、発言を褒めないのかもわかる。そうして、これまで価値を感じなかった部分も褒められるようになる。


まず褒めることが承認行動だと理解することから始めましょう。挨拶をする。フルネームで呼ぶ。ちょっとした変化に気づいて声をかける。これらはすべて相手を「認める」行動で、褒めることと同じ意味を持っています。外回りから戻った部下に「おつかれさん、どうだった」と声をかけるだけでも、「ねぎらい」の意味を持ちます。まずは、相手を認めることから始めることで、褒め上手を目指しましょう。


仕事では、職場で増えてほしい行動を褒めることが大切になります。そのためには、部下の伸びしろを考えること。たとえば、遅刻しがちな部下に、今後遅刻を減らしてほしい場合、叱責するより「褒める」ことに目を向けます。もし30分の遅刻が20分になったのであれば、そこを褒める。すると遅刻が改善されていく、と期待できます。結果だけ見ると褒めるところがなくても、「結果がよくなるプロセス」を褒めること。そうすれば、行動が改善されていくというわけです。


八木龍平の経歴・略歴

八木龍平、やぎ・りゅうへい。日本の社会心理学者。同志社大学経済学部卒業、北陸先端科学技術大学院大学修了。日本電信電話(NTT)、富士通研究所シニアリサーチャー、北陸先端科学技術大学院大学・客員准教授などを経て独立。著書に『成功している人は、なぜ神社に行くのか?』。

他の記事も読んでみる

小島希世子

いま農家を継ぐ人が少ないのは、価格が安すぎることも一因です。農作物は人間の体をつくるものなので、もうちょっと関心を持たれるべきだし、ありがたいことに関心を持ってくださる方は10円、20円高くても、買ってくださいます。


鳥飼玖美子

アポロ11号の月面着陸で同時通訳をした時にはまだ大学4年生でしたし、かなり緊張しましたね。数ヶ月前から勉強を重ね、月に存在しているかもしれない岩石の種類は暗記していたけど、いざ本番の中継で聞こえてきた音のまま「玄武岩がありました」と訳したら、地球物理学の専門家が「ええ、玄武岩ですか!玄武岩がねえ……」と非常に興奮しました。うわ、誤訳だったらどうしようと気が気ではありませんでした。結果的には合っていたのでよかったのですが、翌朝の新聞がとても怖かったです。


横田雅俊

トップセールスはロイヤルカスタマーをどうやって獲得したのか。それはヒット商品があったからでも、値引きして気を引いたからでもない。継続的にアプローチを続けてきたからこそ、不況でも揺るがない強固な信頼関係を築くことができたのだ。


伊藤友則

よい会社には、強い経営者がおり、そうした会社の株価パフォーマンスは明らかにいい。強い経営者は今、変化を求め、グローバル競争に勝とうとする日本企業にとって、必須の条件になりつつあるのだ。


渡部陽一

戦場の子供の笑顔と出会うと、ほっとすると同時に胸が締め付けられます。子供たちの笑顔。これからも取材の一つの柱にしていきたい。一瞬一瞬の表情が懸命で、深みがあるだけに。


林文子

売れない営業マンの多くは「どんなおクルマをお探しですか?」と、いきなり売らんかなで入ってしまいます。これでは警戒されて、お客様は心を開いてくれません。もちろん、最終的には売らなくては営業になりませんから、頭のなかではどういうシナリオで契約までもっていくかを冷静に考えています。でもその一方で、「とにかくこの時間を楽しんでもらいたい」という熱い気持ちをもった自分もいる。営業はそのバランスが非常に重要ですね。


岡本正善

意識と潜在意識は、正反対に働く関係性にあります。例えば、「ミスしないように集中しよう」と意識しすぎると、潜在意識で「焦ると失敗するぞ。きっと失敗する」と、ミスをする方向にスイッチが入る。そうなると、ミスが起きやすくなる。


井口尊仁

人間って、相手の態度によって自分の態度も変わる。相手がしかめっ面でいると、自分もオープンに話そうと思わない。


テリー伊藤

自分が持っているものを捨てる。そうすることによって、はじめて新しいものを手に入れる。手にしたものを捨てられない人は、新しいものには出会えない。新しい女性に出会うためには、前の恋人と別れなければいけないのと同じように、昨日の自分を捨てなければならない。


イチロー(鈴木一朗)

雨の日に買い物したら、買ったものにビニールをかけてくれたんですよ。いやぁ、久しぶりに思い出しましたね、日本はそうだったって(笑)。急いでいるから早くっていう鬱陶しさもあったりするんですけど、それでもああいうことをド丁寧に、時間をかけてやるんですから、すごいですよ。仕事に対する意識の高さとか控えめな態度とか、そういうところで感じるものなんですよね。


柳井正

あらゆることは原点に返って、目的は何なのか、結果としてどういうものが必要なのかということを、よく考えないといけない。


福田健(話し方)

経営者を目指すような本当に高い目標がある人間は、基本的に謙虚で、どんな上司からもよい点を吸収しようとする。中途半端に仕事かできて、そのことをアピールしたい人間に限ってエラそうに謝り、相手の気持ちを逆なでするのだ。


樋口廣太郎

私が社長に就任した当時は、ギョッとするような報告もいろいろありました。当時はお客様に自信を持って売れる商品がなく、その悪循環から販売店では在庫がたまって仕方がなかった。だから「お宅のビールは古すぎる」とよく怒られたものです。でもその声に謙虚に耳を傾け、正直に対応することが大切なのです。【覚書き|この苦情で賞味期限内でもビールの味が落ちることを自覚することができ、ビール業界初の3ヶ月間売れなかったものは即回収という損切り経営の原点となった】


苦瓜達郎

私の場合にはそんなに、絶対水準が高すぎとか、あまりそのへんは考えてないからいいんですけど……。逆にプロになったからそういう方向に舵を切ったというべきかな。もし(株価の絶対水準が)高い安いが「分かる」という考え方があるとすれば、そういう人はなかなかプロとしてやっていくのは大変ですよね。だから、私の場合はそれは捨てたんですよ。プロとしてやっていくにあたって。あくまでも銘柄選択は相対感でやろうということで。


武田双雲

人に期待するのをやめたら、いいことしか起こらなかった。人に期待していないと、些細な親切でも「おお!」となって、「ありがとう」と言える。期待って概念を捨てると、感謝が増えていく。


ページの先頭へ