名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

八木進午の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

八木進午のプロフィール

八木進午、やぎ・しんご。日本のホテル経営者。「赤坂エクセルホテル東急」総支配人。

八木進午の名言 一覧

サービスがお客様の期待値以上のものであれば、お客様は必ずリピーターになってくださいます。


総支配人としての私のやるべき使命は、歴史を重ねたホテルであっても「常に新しい何かをやっている」と思っていただけるような仕掛けづくりをやり続けていくこと。


皆さんも初めてのホテルや旅館に足を踏み入れたときはワクワク感を抱くのではないでしょうか。見たことのないお店が軒を連ね、面白そうなイベントが毎日のように行われている。当ホテルは「東急」という看板の持つ安心感を基盤に、そういった取り組みを通じて街に賑わいをもたらす使命があります。


肝心なことはお客様をお迎えするスタッフです。私はスタッフに対し、「ホテルマン」ではなく「ホテリエ」としての心構えを説いています。何が違うのか。私なりの捉え方としては、ホテルマンは単にサービスを提供する人のことを指しますが、ホテリエはお客様のために何ができるかを自発的に考えて行動できる人だと思います。


八木進午の経歴・略歴

八木進午、やぎ・しんご。日本のホテル経営者。「赤坂エクセルホテル東急」総支配人。

他の記事も読んでみる

辻範明

守りの姿勢では、じり貧になるだけ。攻めないところに感激は生まれません。


セオドア・ルーズベルト

閉じた口にはセミは飛びこまない。このフィリピンのことわざには、いつも感心させられる。


佐々木正悟

「仕事が予定通りに終わらない」最大の原因は、タスクを多く詰め込みすぎること。


山内溥

経営の世界は流動的であり、いつまでも成長し続ける保証はどこにもない。そして、予想しなかったことが起きても「私は関係がない」と経営者は言えない。だから、体質を強化してなにが起ころうとも社員や取引先がショックを受けない会社をつくる、それが私の仕事だ。


荒木壽一

買収した会社にリストラなどを押し付けなくても、共鳴できる事業コンセプトと業績を伸ばす仕組みがあればいいんです。アークの場合、それは開発支援の世界オンリーワンを目指すことであり、その現実の手立ては顧客情報と技術情報の共有です。各社が図面をコンピューター上の三次元データとして共有すれば、顧客の製品開発を総合的かつスピーディーに支援できるようになり、受注拡大に結び付く。共同購買によるコスト引き下げも可能です。その仕組みの中で自主的に経営してもらいます。


アラン(哲学者)

お辞儀をしたり微笑んだりする仕草は、まったく反対の動き、つまり激怒、不信、憂鬱を不可能にしてしまうという利点がある。


大倉忠司

社員はみな判断の際に「何が正しいか」とみずから問いかけており、善悪の判断に重きを置く社風ができています。結果論ですが、正しいことを追求すればするほど、会社の業績もよくなっていきました。


木川田一隆

事業に課せられた思い社会の負託に答えるためには、企業としては、常に長期的見通しの上に立って、効率経営に努め、直接的にも間接的にも生活福祉の向上に積極的に参加することである。すなわち企業の社会的責任を果たすことである。


武地実

他社のロボットは朝、目覚ましでピピピとアラームを鳴らしてユーザーを起こすと思います。便利さを求めるならそれでいい。でも「Gatebox」」は、かわいさにこだわっています。たとえばピピピの代わりに「起きてくれないとイタズラしちゃうぞ」といったり、それでも起きないと怒りだしたり。僕らはそういった人間らしさを追求している。そこが大きな違いです。


高原豪久

私は結果よりプロセスや行動を重視します。時には運よく結果が出る時がありますが、結果が出ない時は行動が間違っている。取引先への訪問が少ないとか、キーパーソンに会えていないとか。行動を問われるのは厳しいことですが、私自身も社長になってから行動を改善して結果を求めてきました。社員にも地道な作業を継続してもらっています。この真面目な企業文化を作った先輩方には、本当に感謝していますね。


佐藤可士和

なぜ事業がうまくいかないのか、商品が売れないのか、当事者だからこそ見えなくなります。ただクリエイターとして外部の視点だけになると、発注元と受注先という関係性になり、互いに間違いを指摘しづらくなります。また、自分がかかわるプロジェクトだけが成功すればいいという考えになりがちです。しかし、クライアントの立場になれば、その企業が大切にしているマインドや全体感も理解できます。


野村克也

勝負ごとというのは、覚悟ができるまで考えに考え抜く必要がある。腹をくくれているチームはだから強いんだ。「ここまでやったなら失敗してもしょうがない」という境地にまでいくわけだ。