八木進午の名言

八木進午のプロフィール

八木進午、やぎ・しんご。日本のホテル経営者。「赤坂エクセルホテル東急」総支配人。

八木進午の名言 一覧

サービスがお客様の期待値以上のものであれば、お客様は必ずリピーターになってくださいます。


総支配人としての私のやるべき使命は、歴史を重ねたホテルであっても「常に新しい何かをやっている」と思っていただけるような仕掛けづくりをやり続けていくこと。


皆さんも初めてのホテルや旅館に足を踏み入れたときはワクワク感を抱くのではないでしょうか。見たことのないお店が軒を連ね、面白そうなイベントが毎日のように行われている。当ホテルは「東急」という看板の持つ安心感を基盤に、そういった取り組みを通じて街に賑わいをもたらす使命があります。


肝心なことはお客様をお迎えするスタッフです。私はスタッフに対し、「ホテルマン」ではなく「ホテリエ」としての心構えを説いています。何が違うのか。私なりの捉え方としては、ホテルマンは単にサービスを提供する人のことを指しますが、ホテリエはお客様のために何ができるかを自発的に考えて行動できる人だと思います。


八木進午の経歴・略歴

八木進午、やぎ・しんご。日本のホテル経営者。「赤坂エクセルホテル東急」総支配人。

他の記事も読んでみる

中村獅童(二代目)

いいときもあれば、悪いときもあるのが人生。それは、役者もビジネスパーソンも同じでしょう。


山下勝(経営学者)

従来の組織間理論では上司一人に対して部下は7から8人が適正とされていましたが、メールなどの情報ツールの発達で現在の管理職は10から20人の部下を抱えることも可能という意見もあります。しかし、この議論は大いに疑問です。確かに業務上の報告・連絡ならメールでも可能です。しかし本来、上司が部下に仕事を与えるときは、部下と話し、様子を観察して仕事を割り振る必要があります。メールではこの部分がフォローできません。報連相の相談の部分がスッポリ抜けてしまうのです。


堀威夫

マナーの指導に関しては、厳しくしたり緩めてみたりと試行錯誤を繰り返しながら今に至っています。今のホリプロは服装一つとっても、現場で働く社員たちは、創業当初と比べて非常にカジュアルになりました。ただ、服装こそ変わりましたが、真面目で「少々お堅い」仕事のスタイルは、創業当初と大きく変わっていません。「適度なお堅さ」のおかげで、他業種の方々とも、いい関係でお仕事をさせていただいていると思っています。


長谷川滋利

頭に血が上っていた状態では、いくら弁明してもこじれてしまう。誤解を解くには互いに冷静になること、誤解を受けた側が真摯に言葉を尽くすことが大事。


マーシャル・ゴールドスミス

人に対して「間違っている」と証明することよりも、「正しいことを学ぶ」ように手助けすることのほうが生産的である。


依田宣夫

一昔前は、奥さんが家計簿をつけて、決まった収入の中でいかに上手く切り盛りするか、という発想でもよかったんです。しかし、経済の発展に伴い、銀行のローンや生保といった金融サービス・商品、株取引などをはじめ、貯蓄・運用の形も大きく変わりました。その結果、家計も複雑になり、従来の家計簿では対応することが難しくなりました。そこで、企業で使われている複式簿記の考え方を家計で利用する方法として、家計決算書を提唱してきました。


稲垣公夫

映画では、最初に主人公が現れて状況説明がなされます。そしてトラブルが起き、主人公が苦しみ左がら乗り越えることで盛り上がるのが普通です。トヨタ式企画書は、背景の説明から始めて実行計画や結果検証で終わるというスタイルで、映画の定番ストーリーと似た構造。だから読み手が感情移入でき、頭に入りやすいのでしょう。


澤田秀雄

運気をあげるには正々堂堂と成長している企業、人間性が良くて、明るくて成功している人などとお付き合いすることです。運が悪い人ばかりが集まると不満ばかりが集まってきます。気のいい人は運気を呼び込むと思いますよ。それと気を読むことですね。いい時もあれば悪い時もあります。だけどできる限り運気を読み大切にすることだと思います。


前澤友作

失敗に関してはあまり叱りませんが、道理の通らない行動はガツンと叱ります。たとえば、自分のミスを誤魔化したり、人のせいにしたりといった正義感のない行動ですね。怒鳴ることはしませんが、ストレートに言います。割とキツイ言い方をするかな。


水越豊

物事のトレンドを最近の数字だけで判断するのもよくある落とし穴です。直近のトレンドが一過性のものかどうかを判断するには、スパンを長くとって見る必要があります。


平井伯昌

アスリートは調子がいい時ほど怪我をしやすい。体のキレがよくなるため、力を発揮しやすい状態になります。それに比例するかのようにメンタルも上向きになるので、オーバーワークになりやすい。気が張っている大きな大会の前ほど、慎重さが大事。


赤星憲広

自分が出演した情報番組やスポーツ番組は録画をして必ず見直すようにしていますね。生放送が多いんで、とっさの質問にきちんと答えられたか、後から振り返って反省したり、今度はこう言おうと考えたり(笑)。そんなふうにして、次の放送に生かしています。


三國清三

経営はずっと継続させることが大前提です。常に、未来を見据えて、一生学び続けなければならない。


笠井信輔

私が、小倉(智昭)さんに「わざと」反発する。これが番組(とくダネ!)を盛り上げ、高視聴率の要因ともなっています。小倉さんがズバッと言うのが好きな人と同じくらい、小倉さんに文句を言いたい人がいるからです。小倉さん賛成派と反対派の両方の心をつかむことで、こうして18年間も番組は好調に続いてきたのだと思います。


マツダミヒロ

反論や否定をする時は、「こうしなきゃダメだよ」と決めつけて選択肢を奪うのではなく、「私ならこうする」もしくは「私はこう思う」と言い換えると、相手を傷つけることもなく印象もソフトです。


ページの先頭へ