名言DB

9413 人 / 110706 名言

八木沼純子の名言

twitter Facebook はてブ

八木沼純子のプロフィール

八木沼純子、やぎぬま・じゅんこ。日本のフィギュアスケート選手、スポーツキャスター。東京出身。早稲田大学教育学部卒。5歳でスケートを開始。日本人初の世界ジュニア2位入賞、14歳でカルガリーオリンピック出場、アジアカップ優勝など、輝かしい成績をおさめたのち、アマチュアからプロに転向。アイスショーに出演するかたわら、スポーツキャスターとして活躍した。

八木沼純子の名言 一覧

スケートと出合ったことにも、職業にしたことにも、少しも後悔はありません。いまあるリンクをなんとか維持しながら、たくさんの人にスケートと触れ合ってもらえる機会をつくっていきたいですね。この先も、何らかのかたちでスケートには関わりたいし、アイスショーも続ける予定です。表現の道に終わりなし。これからもまだまだ勉強です。


私自身、スケート選手には終わりはないのではないか、と考えています。現役時代は、どちらかというと難易度の高いジャンプをいかに飛んで、プログラムを構成していくかの戦い。しかしプロは、アマ以上にスケートを魅せなければならない。そして年齢を重ねていけば、それだけ技術を維持していくのも難しくなりますが、その年齢にしか出せない表現というものもあります。私にしかできない表現力を活かすかたちで、プロのスケーターとして、観客に喜んでもらえるスケートができるように、これからも頑張っていきたいですね。


リンクの上から去るときは、いつかくると思っています。でもそれは、いまではないかも……。まだやらなければならないことが、たくさんありますから。日本にフィギュアスケートを根づかせたいのです。荒川(静香)さんや(浅田)真央ちゃんのおかげで人気が急上昇したとはいえ、まだまだこれからだと思っています。リンクは次から次へと閉鎖されており、環境的には厳しい状態が続いていますし、バンクーバー五輪以降を担える選手の育成も、急務になっています。


八木沼純子の経歴・略歴

八木沼純子、やぎぬま・じゅんこ。日本のフィギュアスケート選手、スポーツキャスター。東京出身。早稲田大学教育学部卒。5歳でスケートを開始。日本人初の世界ジュニア2位入賞、14歳でカルガリーオリンピック出場、アジアカップ優勝など、輝かしい成績をおさめたのち、アマチュアからプロに転向。アイスショーに出演するかたわら、スポーツキャスターとして活躍した。

他の記事も読んでみる

佐藤優

いまの30代、40代は、ある意味、賢く現実的で無茶をしない。でもそれだけに、自分の力はこんなものと過小評価している人が意外と多い。一度、等身大の自分を見つめ直してみることで、きっと変わってくるはず。


野坂英吾

継続して結果を出し続けるためには、本質的なことが重要。深く考えずに表面的な理解で判断・行動している場合がありますが、もっと問題の本質を掘り下げていたら失敗せずに済んだであろうという経験が私自身にも有りましたし、他社のケースでも見受けられました。


速水浩平

いま、太陽光発電や風力発電がエコで注目されていますが、私はそれだけではまだ足りないと思っているんです。日照時間や設置に関わる諸問題が大きな障害になっている。なので、第三の存在として振動力発電が、社会に貢献できると考えているんです。高速道路に敷設するといった方法で大きな成果は上がると思いますが、いきなりは難しい。最初はトンネル内の照明やETCゲートの電源など、できることから着実に実行し、環境問題に貢献していきたい。


久世由美子

勝って驕らず、負けて腐らず。


大高弘之

不況で研修に経費がかけられない、という企業には「こんな時代だからこそ、いま投資して、ますます売れなくなる時代に備えるべきです」と説きます。一歩先を見通すことで、お客様も商品の必要性に気づいてくれる。


吉村久夫

多数決がすべて正しいわけではないように、「衆知」がすべて正しいとは限りません。ネット社会でも、足を使った事実の確認が必要であり、少数でも真実を究明する意見の提示が必要です。


水戸岡鋭治

鉄道が高級リゾートに勝る、などと考えるのは常識外れに思われるかもしれません。ですが、私は「勝てるのではないかと思いました。なぜなら、どんなにすごいホテルであれ、部屋から見える景色はひとつです。それに対して鉄道なら刻一刻と景色が変わっていきますよね。窓に目をやるだけで、映画を観ているように移り変わる風景を楽しむことができる。列車なら雨が降ろうが雪が降ろうが風が吹こうが、最悪の状況すら楽しむこともできます。列車という限られた空間の密度と質を上げるなかで、サービスや食事のレベルを高めることができれば、必ず他のリゾートに勝てると思うようになりました。
【覚え書き|日本初のクルーズトレイン「ななつ星in九州」のデザインをしたときを振り返っての発言】


糸山英太郎

少子化に歯止めを掛けるためには、家庭を築いて、子供を育てていくという責任ある喜びや楽しさを若い世代に教えるべきだ。


山田真哉

「数字力のある人」と聞くと、多くの人は「会計に強い人」というイメージを思い浮かべるはずです。たしかにいま、会計に関する本は数多く売れています。でも仕事に役立つ「数字力」とは、決して会計リテラシーだけではありません。冒頭で例に出したような「表現としての数字」を扱う能力も、ビジネスパーソンには必要な数字のスキルです。ここでいう「表現としての数字」とは、たんに「事実」を意味する数字ではありません。あえていえば、何らかの「意図」を詰め込んだ数字が、「表現としての数字」といえるでしょう。


眞鍋政義

日本の選手と相手国の選手を見比べてみると、1対1では負ける。でもチームが結束すれば勝機が見えてくる。個人では負けても、チームが一丸となれば勝てるという確信が、最後に勝利をもたらしてくれました。


橘玲

マスメディアやインターネットが発達した現代はまさに欲望と誘惑があふれていて、自分の意志を貫くことが難しい社会と言えます。問題なのは、「自分はなんて意志が弱いのか」と必要以上に自分を責めること。多少は流されてもいい、という鷹揚さも必要なのではないでしょう。


家田美智雄

経営者は会社の恥部を見つけて歩くことが仕事なんだ。普通のゴミなら誰でも見つけられるけれど、小さなゴミは僕にしか見つけられない。


岩城賢

社内でライフプランナー憲章を作成しました。ソニー生命の使命と、社員が果たす役割とは何か。お客様の要望をつかみ、それを販売するために社内でどんな協力が必要か。社員が皆で意見を出し合って本にまとめたのです。あえて活字にまとめたのは、私たちが目指す理想像をはっきりさせるためです。そうすれば現状を認識し、理想との差はどこにあるかもわかりやすくなります。理想と現実の距離がわかれば、そこに努力が生まれるのです。


石川康晴

「関係の質」は、「結果の質」につながる。「関係の質」とは、「コミュニケーションの良し悪し」。


村石久二

思い切って分社して良かったと思います。彼らが想像以上に力をつけたことで、1事業部だったころには考えられないほどの力強さで各社が成長してきていますし、持ち株会社としてのスターツコーポレーションは、10年先、30年先のことも考えられるようになっています。