名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

八木沼純子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

八木沼純子のプロフィール

八木沼純子、やぎぬま・じゅんこ。日本のフィギュアスケート選手、スポーツキャスター。東京出身。早稲田大学教育学部卒。5歳でスケートを開始。日本人初の世界ジュニア2位入賞、14歳でカルガリーオリンピック出場、アジアカップ優勝など、輝かしい成績をおさめたのち、アマチュアからプロに転向。アイスショーに出演するかたわら、スポーツキャスターとして活躍した。

八木沼純子の名言 一覧

スケートと出合ったことにも、職業にしたことにも、少しも後悔はありません。いまあるリンクをなんとか維持しながら、たくさんの人にスケートと触れ合ってもらえる機会をつくっていきたいですね。この先も、何らかのかたちでスケートには関わりたいし、アイスショーも続ける予定です。表現の道に終わりなし。これからもまだまだ勉強です。


私自身、スケート選手には終わりはないのではないか、と考えています。現役時代は、どちらかというと難易度の高いジャンプをいかに飛んで、プログラムを構成していくかの戦い。しかしプロは、アマ以上にスケートを魅せなければならない。そして年齢を重ねていけば、それだけ技術を維持していくのも難しくなりますが、その年齢にしか出せない表現というものもあります。私にしかできない表現力を活かすかたちで、プロのスケーターとして、観客に喜んでもらえるスケートができるように、これからも頑張っていきたいですね。


リンクの上から去るときは、いつかくると思っています。でもそれは、いまではないかも……。まだやらなければならないことが、たくさんありますから。日本にフィギュアスケートを根づかせたいのです。荒川(静香)さんや(浅田)真央ちゃんのおかげで人気が急上昇したとはいえ、まだまだこれからだと思っています。リンクは次から次へと閉鎖されており、環境的には厳しい状態が続いていますし、バンクーバー五輪以降を担える選手の育成も、急務になっています。


八木沼純子の経歴・略歴

八木沼純子、やぎぬま・じゅんこ。日本のフィギュアスケート選手、スポーツキャスター。東京出身。早稲田大学教育学部卒。5歳でスケートを開始。日本人初の世界ジュニア2位入賞、14歳でカルガリーオリンピック出場、アジアカップ優勝など、輝かしい成績をおさめたのち、アマチュアからプロに転向。アイスショーに出演するかたわら、スポーツキャスターとして活躍した。

他の記事も読んでみる

五十嵐一弘

新型車両は開発・設計部門だけで作ることはできません。既存車両の状態や出来不出来を知り抜いたメンテナンス担当が、改善点を的確に指摘できるかどうかが重要。


柴田昌治(コンサルタント)

私が経営のお手伝いをする際、その会社の役員に「あなたのミッションはなんですか」と聞くことがあるのですが、専務・常務クラスでも、自分の担当部門の目標を自分のミッションとして答えるケースがほとんどです。役員とはまずは会社全体のことを考える役割であって、担当部門のことを考えるのは部長クラスの仕事。そこで、「あなたが話しているのは、事業部のミッションですよね」と指摘しても、一瞬何を言われているのかわからない、という顔をします。役員がこれでは、中間管理職が部門最適から抜け出せないのも無理はありません。


織田裕二

一生懸命にやった結果、失敗したのなら、それ以上やりようはないんだから、一杯飲んでパッと忘れて、「よし頑張ろう」って切り替えられますね。


渋谷昌三

注意が必要なのは知らず知らずのうちに「怒り筋」を鍛えてしまっている人。怒ってばかりいる人は、怒っていないときでもとつつきにくい印象を与えるようになってしまうのです。なんとなく自分が悪い印象を与えてしまっていると自覚している人は、普段自分がどんな表情をしているか、振り返ってみるといいかもしれません。


樽見茂

一般消費者としての思考回路で考え抜くことが重要です。たとえば、最先端技術を搭載しても、なかなか売れない高機能カメラがあるでしょう。それと同じです。いくら、つくり手が最先端の技術を駆使しても、消費者が望むのは、もっと地味な「手ブレ補正機能」だったりするのです。


西澤敬二

重要なのは、まず生産性を上げること。ものすごい量のビジネスインテリジェンスツールが世の中に出てきているので、すべての業務プロセスを見直し、最先端技術をどんどん現場に取り込むように本社内の各部署に指示を出していきます。これは現場というよりは本社の役割ですね。


森田直行(経営者)

経理は会社の財産を守るのが仕事。


程近智

いまは文字どおり下克上。しかもそれが世界規模で起きている。小さい会社にもチャンスがある、ということ。


中村獅童(二代目)

「がむしゃらな30代」があったからこそ、様々な出会いに恵まれ、今の獅童らしさを追求する土台になった。失敗もあったけれど、悔いはない。


吉野浩行

国によってお客様が求めるものが違います。アメリカではサイズが大きくてゆったりと快適で、しかも丈夫でないといけない。日本だと一年間で1万キロも乗ったら大したものですが、アメリカでは2万キロ以上乗ります。一方、日本のお客様はよりファッション性があり、小回りがきくものを求めます。基本部分はもちろん共通ですが、サイズだとか細かな味付けの部分を国によって作り変えているんです。


井筒和幸(映画監督)

自分の器以上のものを見せたら、すぐに嘘やとバレるやん。見抜かれるやんか。だから有り体にしていたらいいんじゃないでしょうか。


野村与曽市

人は石垣であり城であるという。和親協力の真価である。まことに人こそすべてである。人間尊重は私の本願である。