名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

八木宏一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

八木宏一郎のプロフィール

八木宏一郎、やぎ・こういちろう。日本の経営者、ビジネスプロデューサー。「ゼロイチフィクサーズ」社長、「日本唐揚協会」専務理事。愛知県出身。京都産業大学卒業後、IT機器販売会社課長、Web制作会社経営などを経て日本唐揚協会設立に参画。その後、様々な団体のプロデュースを行った。

八木宏一郎の名言 一覧

ビジネスとして成立させるには、自分だけが得をするのではなく、「みんなが得すること」を見つけるのが重要なカギ。それには業界全体を俯瞰し、足りないピースを見つけて埋めるのが早道。唐揚協会は、唐揚げ業界にとって足りないピースでした。


ただなんとなく話が進んだわけでは決してないんです。最初に「唐揚げの地位向上」というゴールを定め、「そのためにはコンビニ唐揚げの監修をする」→「そのためには企業とスポンサー契約を結ぶ」→「そのためにはマスコミに注目してもらう」→「そのためには唐揚げ好きの注目を集める」という風に、ゴールから逆算をしてやるべきステップをひとつひとつ実行しました。何かを実行したら、効果を検証し、修正を加えてみる。その繰り返しでした。


八木宏一郎の経歴・略歴

八木宏一郎、やぎ・こういちろう。日本の経営者、ビジネスプロデューサー。「ゼロイチフィクサーズ」社長、「日本唐揚協会」専務理事。愛知県出身。京都産業大学卒業後、IT機器販売会社課長、Web制作会社経営などを経て日本唐揚協会設立に参画。その後、様々な団体のプロデュースを行った。

他の記事も読んでみる

佐野章二

私たちは、ビジネスの手法で活動を続けると決めていました。ホームレスを支援するボランティアは多数存在しますが、その多くが夜回りや炊き出しなどの緊急支援です。一方、『ビッグイシュー』は、自ら稼ぎ、明日へのチャンスを自らつくる自立支援。言ってみれば、ホームレスという被害的当事者自身が、我々のビジネスパートナーとなることで、問題解決の担い手にもなるのです。


ロバート・キヨサキ

多額のお金を稼いでいる人には毎日のように会うが、彼らのお金は、個人の「財務諸表」の「収入欄」から「支出欄」に直行する。ちょっと儲かると、すぐに買い物をする。さらに大きなマイホームや新車を買うものだから、借金にどっぷり浸かってしまい、ますます猛烈に働かなければやっていけなくなる。「資産欄」には何も入っていない。お金をたくさん持っているだけの人の典型的なパターンだ。


伊藤傳三

返品やできそこないのソーセージをリヤカーにうず高く積んで、真夜中に葦合区の生田川じりへ20貫、30貫と捨てた。運びながらこらえきれなくなって涙がポロポロ出た。
【覚書き:魚肉ソーセージをデパートに納入し、一時的な成功を得たものの、製品に保存性などの問題があり大量返品が来てしまう。その時を振り返っての言葉。このあと、研究に没頭し伊藤ハムの主力商品であるプレスハムの開発に成功した】


朝倉千恵子

人間ですから勘違いもする、迷いもある。違うんじゃないかと気づいたら、潔く撤退するのも経営者の大事な責任でしょうね。


藤田晋

他人を見て想像する時は、きっとこうだろうと決めつけないこと。「○○かもしれないし、××かもしれない」と、様々な視点で考える習慣をつけると、ビジネスの場においても的外れな決めつけが防げる。


福沢諭吉

説明の一番いい方法は、自ら実例を示すことです。百回の説明も、一回の実例を示すことに及びません。


家入一真

極論かもしれませんが、僕にとってのリスクはただひとつ、「死ぬこと」だけです。そのリスクさえなければ、何でもできる。たとえ起業して経営に失敗したとしても、自ら命を絶たないかぎりは死ぬことはない。そう考えると、新しくビジネスを始める際も、別に不安にはなりません。


本多均

高まったモチベーションを維持する工夫もしています。役職はローテーション制で、多くの社員にチャンスを与える仕組みです。また、そのために机の並びは役職に関係なく全員同列です。同時に、社員のモチベーションを下げる要因を知ることも大切です。社員が不安視している要因を一つずつ取り除き、下地を作ることで初めて、モチベーションは上がるからです。


中島孝志

そもそも日本をはじめ世界の経営者も、最初は小さな商売から始まっています。だから、会社を大きくするの過程で、どうしてもお金や人脈などサポートが必要。他人の力があってこそ、発展できたのです。そして、彼らは大きな借りに報いようとすることで事業を拡大できたといえます。


心屋仁之助

私はずっと、職場や家庭での人間関係で悩んできました。だから、心理学の勉強にも一生懸命取り組んだし、人間関係の問題を乗り越える方法も知っています。心を悩ませた分、実体験を通じて「生きたノウハウ」を身につけられました。このように、悩みは強みに変えられるのです。


河森正治

劇場『マクロス』が終わった後に中国大陸に取材に行って、一人であちこち回ったんだけど、そのころ、もう中国でジャパニメーションブームが起きていたんだよ。ジャングル大帝の歌を、日本語で歌っている中国人の歌が流れたり、ラジオでDJが日本語交じりで話していたりして。ところが日本に帰ってくると、みんなが英語交じりの歌を歌っていてさ。いや本当にシャレになんないなぁと思った。カルチャーショックネタでマクロス作ったはずなのに、自分の方が集団催眠にはまってたのか、みたいなさ。そのショックは言葉ではうまく伝えられないけど。


黒川雅之

近代化は、分業化の時代でもありました。個人が持っていた職能はばらばらに分断され、人間の存在感も切り刻まれて、最後は「一番効率のいい稼ぎ方は、カネでカネを増やすこと」になった。今の閉塞感は組織化・分業化が限界に来た表れで、そろそろ逆の動きが起きる頃合いでしょう。個人への揺り戻しです。