名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

八木啓太の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

八木啓太のプロフィール

八木啓太、やぎ・けいた。日本のデザインエンジニア。ビーサイズ社長。大阪大学大学院(電子工学専攻)修了後、富士フイルムに入社。医療機器の機械設計に従事。その後、独自デザインの製品を製造販売するビーサイズを創業。

八木啓太の名言 一覧

プロダクトは体験から逆算して生まれるもの。


大手とベンチャーでは役割が違う。私たちの役割は“モルモット”と呼ばれた昔のソニーのように、市場を開拓していくことだと思っています。


重視しているのは良いハードウェアをつくることではなく、それを使うことでどんな体験を得られるかです。このライトも、デスクライトというハードウェアではなく、最高の光を提供するものです。


最初は自宅の一室を組み立て工場にし、部品を発注して部屋に集め、注文が入るごとに私が組み立て出荷していました。


いま、高い技術を持った技術者が海外に流出せず、独立して起業する選択肢が生まれている。ベンチャーから多様な価値観が提示されることで、大手の活性化にもつながればいいと思っている。


大手企業だと社内のリソースをいかに使うかを考えるが、当社にはその制約がない。コンセプトや設計などコアな部分はこだわりつつ、その製品をつくるのに最も効率的なチームを組むことができる。


休みの日に製品設計を進め、メドが立った段階で独立した。しかし、富士フィルム時代に付き合いのあった工場も、小規模では試作を受けてくれなかったり、見積もりが高かったりと、苦労の連続。コストがかからないように設計をやり直してようやく製品化が実現した。


八木啓太の経歴・略歴

八木啓太、やぎ・けいた。日本のデザインエンジニア。ビーサイズ社長。大阪大学大学院(電子工学専攻)修了後、富士フイルムに入社。医療機器の機械設計に従事。その後、独自デザインの製品を製造販売するビーサイズを創業。

他の記事も読んでみる

和田秀樹

認知的に成熟度が高い反応とは、もっともな学説を聞かされたときに、「本当にそうなの?」「ほかの説があるのではないか?」と自問できることだ。その発想があってこそ、より検証材料を得るためにたくさんの情報を集めようと工夫する。それが、常にニュートラルな思考でほかの方法を試すことへと繋がっていく。


田中和彦

会社の先行きに不安を感じたら、できることはふたつしかありません。ひとつは、会社の業績不振や不景気といった不安の原因をなくすために、自力で頑張ること。そしてもうひとつは、たとえいまの会社を離れたとしても、どこでも通用する人材になることです。


坂之上洋子

いまは社会全体を良くしようという「公」の精神を持つ人たちと時間を過ごしたいとはっきりと意識しています。それが私にとって一番わくわくして楽しく、また人の役に立つ取り組みができるかもしれないと考えるだけで、自分が幸せな気持ちになれるからです。


高岡正次

製品開発は、独創的であればあるほど一つの壁を乗り越えると、さらに高い壁が現れ厳しい状況になんども立たされた。そして技術がなんとか形になれば、次は社会や市場への挑戦が待っている。


小形真訓

私たちは誰しも、他人から信頼されるのは素晴らしいことだと思い、信頼される人間になりたいと願います。しかし聖書には、「みんなから信頼きれるような人間を目指しなさい」とは、一言も書いてありません。


ジェフ・ベゾス

現在、企業間の関係は複雑化しています。ある分野での顧客やパートナーでも、別の分野ではライバルになるということはよくあることです。


金子靖代

今の私がいるのは、育て、磨いてくれた方たちがいたから。本当に感謝していますし、私も人に対してそうでなければいけないと思っています。


村田昭治

思考の鋭さを失ったなと思うときが、ときどきあるだろう。それがあまり気にならなくなったり、いつのまにか、これでいいかと思ってしまう。それが風化なのだ。風化しない人はプロだ。


三森久実(三森久實)

大きな失敗をいくつかした後、反省して、立て直した吉祥寺店の現場に戻りました。これが非常に良かったですね。女性客の多さに気が付いて、女性が一人でも気軽に入れる定食屋として今の大戸屋を生み出すきっかけになったのです。そこからは比較的トントン拍子に進んでいけました。


和田裕美

自分の意見を100%正しいと思ったり、相手に強要しないことも大切です。意見が対立すると、こちらにとっては「正解」でも、相手にとっては「不正解」。一方が、自分を「正義の固まり」のように思い込むと、表現も「あなたは確実に間違っている」という言い方になりがちで、相手をさらに頑固にしかねません。ですから、いつでも「思い込みがあるのではないか」と、自分を客観視しながら伝えるように意識した方がいい。


松井正(経営者)

私が学生時代から大事にしている言葉は「正々堂々」という言葉です。誰からも後ろ指を指されたくない、何事も正々堂々とやりたいと思って過ごしてきました。そのためには、嘘をつかない、約束を守るということが重要になってきます。


布施孝之

「47都道府県一番搾り」ではコンセプトづくりから各支社に任せたため、社内も活性化しています。社員にとっても「自分たちのビール」であり、地域に寄り添う気持ちが高まり、仕事へのやる気が生まれています。