八木啓太の名言

八木啓太のプロフィール

八木啓太、やぎ・けいた。日本のデザインエンジニア。ビーサイズ社長。大阪大学大学院(電子工学専攻)修了後、富士フイルムに入社。医療機器の機械設計に従事。その後、独自デザインの製品を製造販売するビーサイズを創業。

八木啓太の名言 一覧

プロダクトは体験から逆算して生まれるもの。


大手とベンチャーでは役割が違う。私たちの役割は“モルモット”と呼ばれた昔のソニーのように、市場を開拓していくことだと思っています。


重視しているのは良いハードウェアをつくることではなく、それを使うことでどんな体験を得られるかです。このライトも、デスクライトというハードウェアではなく、最高の光を提供するものです。


最初は自宅の一室を組み立て工場にし、部品を発注して部屋に集め、注文が入るごとに私が組み立て出荷していました。


いま、高い技術を持った技術者が海外に流出せず、独立して起業する選択肢が生まれている。ベンチャーから多様な価値観が提示されることで、大手の活性化にもつながればいいと思っている。


大手企業だと社内のリソースをいかに使うかを考えるが、当社にはその制約がない。コンセプトや設計などコアな部分はこだわりつつ、その製品をつくるのに最も効率的なチームを組むことができる。


休みの日に製品設計を進め、メドが立った段階で独立した。しかし、富士フィルム時代に付き合いのあった工場も、小規模では試作を受けてくれなかったり、見積もりが高かったりと、苦労の連続。コストがかからないように設計をやり直してようやく製品化が実現した。


八木啓太の経歴・略歴

八木啓太、やぎ・けいた。日本のデザインエンジニア。ビーサイズ社長。大阪大学大学院(電子工学専攻)修了後、富士フイルムに入社。医療機器の機械設計に従事。その後、独自デザインの製品を製造販売するビーサイズを創業。

他の記事も読んでみる

小堺桂悦郎

経営というものは常に順風満帆というわけにはいかず、逆境で会社を支えるために、ときには泥水をすするようなこともしなければなりません。そのとき、トップに立つ人間に清濁併せ呑む度量がないと、従業員も心細いのではないでしょうか。


小林一雅(小林製薬)

現場の社員一人ひとりがきちんと理解しなければ、制度は経営者や経営企画の独り善がりになってしまいます。そのためには、トップ自らが社員に向かって手本を示し、広めて浸透させていかなければなりません。


永守重信

午前中は頭脳の働きが冴えているので、稟議書などの書類を読み込んだり、難しい文書を作成したりという仕事にあてています。集中力が落ちてくる午後には、人と会って刺激を受けます。それが4時半までです。5時を過ぎると再び集中力が高まってくるので、またデスクワークに専念します。退社時間は、20代のころは夜12時と決めていましたが、60代のいまは8時に切り上げています。


小笹芳央

大量の仕事をこなすコツは緩急をつけることです。10の仕事のうち緊張度、重要度の高いものは何か考え、エネルギーの配分を考える習慣をつければ、こなし方が見えてきます。


鈴木秀明(資格勉強コンサルタント)

管理職やリーダーは、「経営学」「経済学」「知財リテラシー」「メンタル管理力」「モチベーション管理力」の勉強をお勧めします。上に立つ人材になるには、マクロな視点に立った知識・教養やチームを運営する能力の習得が不可欠だからです。


後田良輔

人前で褒めることは効果大です。その場にいる人たちも同様に「へえ、すごいね」と思ってくれるので、喜びは2倍、3倍となるでしょう。


鑄方貞了(鋳方貞了)

「築城三年、落城一日」という諺がありますね。城を築くには長い時間がかかるけれども、落城する時はあっという間だという意味ですが、会社経営も同じです。お客様に信頼されるには長い年月を要しますが、信頼をなくすのはほんの一瞬です。そして、一度なくした信頼を取り戻すには、気が遠くなるほどの月日がかかります。このことを肝に銘じて、お客様の信頼を得るように努力し続けなければなりません。


安岡正篤

学問というものは現実から遊離したものは駄目であって、どうしても自分の身につけて、足が地を離れぬように、その学問、その思想をもって自分の性格をつくり、これを自分の環境に及ぼしてゆくという実践性がなければ活学ではない。


経沢香保子

よくありがちなのは、「なんとなくやってみたら失敗した」というケースです。事前に仮説設定に基づくシミュレーションを行っていないので、失敗の要因がどこにあるのか、戦略ミスなのか、手法が悪かったのかといったことを検証することができません。しかも、失敗の原因を分析しないまま、またいちからやり直そうとするから、同じ失敗を繰り返してしまうのです。


浜田宏一

日本の教育では、あまり競争させませんが、競争しないと自分の能力を発見できない。


大薗誠司

家業を継いで最初に取り組んだのは人事評価です。銀行にいた頃、私も通信簿の様に5段階評価で評価されていました。しかし、評価をされても実際に自分がどうしたらお客さんの為になるか全然分かりませんでした。そこでお客さんに喜ばれる社員の基準を調査するために具体的に皆の行動を観察して広く意見を聞きました。それを元に1人あたり約300の評価項目を作りました。従業員の能力が向上して、お客様が喜んで利益が上がり、その利益をみんなの給料に充てられる。この好循環を創ることから始めたのです。


坪田信貴

ラベリング(レッテル貼り)にこだわる日本社会の風土を変えたい。


松井忠三

会社は色んな部署が集まって仕事をしています。この道一筋の人は会社の経営を客観的に見ることができないので業務が進化しません。


島本理生

現実の方がどんどん不安定になっていく今、それを書き写して人を絶望させるよりも、それでも生きていく力を書くのが小説の役割かなと思っています。


なだいなだ

私は、病気は、人間にとって偶然おちかかってくる事故のようなものだと思っている。それを、どのように受けとめるかは、一人ひとりの人間のすることで、病気が逆に、ある人間にとっては、時がたつうちに、しあわせな事件であったということになるのだ。


ページの先頭へ