名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

八木原保の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

八木原保のプロフィール

八木原保、やぎはら・たもつ。日本の経営者。ニット専業メーカー「ジム」会長。埼玉県出身。高校卒業後、ニット製品卸売会社に入社。25歳で独立し、ジムを創業。そのほか、日本メンズファッション協会理事長、原宿神宮前商店会会長などを務めた。

八木原保の名言 一覧

私の人生は毎日が正面突破でした。


若者のひたむきな姿を見ると、応援せずにはいられなくなる。


いつの時代にも個性を持った若者がいて、彼らが活躍することで社会が元気づく。私はそうした若者の可能性を引き出してあげたい。


自分の力を過信せずに、堅実な経営を心掛け、地域社会にも、業界にも貢献できるようでなければならない。


うちの会社が残ってこられたのは、素材にこだわり、デザインにこだわり、クオリティの高い商品づくりに徹してきたから。


1回着たら終わりという商品ではなく、品質が高く、着心地も良いし、お客様にまた買ってみたいと思ってもらえる商品を作り続けてきたから生き残ってきたのではないかと思います。


25歳で独立してから、無我夢中でがむしゃらに突っ走ってきました。その時から思っているのは、業界でピカイチになるためには規模の大小ではなくて、小さくても特徴のある、キラリと光る会社でいたいということをスローガンに掲げてきました。


私が修業を積んだのは日本橋や浅草橋といった繊維問屋街でしたので、そうした場所で独立しても勝ち目がないと。それなら大手に巻き込まれるよりは、全く新しい場所で勝負してみようと考えた。
【覚え書き|ただの住宅街だった原宿で創業した当時を振り返っての発言】


八木原保の経歴・略歴

八木原保、やぎはら・たもつ。日本の経営者。ニット専業メーカー「ジム」会長。埼玉県出身。高校卒業後、ニット製品卸売会社に入社。25歳で独立し、ジムを創業。そのほか、日本メンズファッション協会理事長、原宿神宮前商店会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

樋口廣太郎

スーパードライが市場に出た時、業界の間では「あのつくり方は昔から理論的にはわかっていた」という声も聞かれました。しかし実際にやらなければ何の意味も持たない。スーパードライはまさしくコロンブスの卵だったわけです。前例がないから「やらない」のか、前例がないから「やる」のかここで大きな差が出たわけです。


坂岡洋子

人は誰しも、頭から否定されるのは嫌なもの。まして親子間のコミュニケーションはつい言葉がきつくなりがちです。「なんでこんなモノ取っておくの?」「全部捨てなよ!」と強い物言いをすると、相手も「私には全部必要なの!」と抵抗し、平行線に陥りがちです。


匠英一

心理学の観点から言うと、何かモノを食べたり飲んだりという行為は、一連の体験の中ですること。これを「状況的認知」と言います。ですから味の部分だけをテストしてもあまり意味がない。飲むシチュエーション、企業ブランド、ビンの形……。すべての要素がミックスされた体験を重視しないといけないんです。


ミシェル・オバマ

恐れないで、目的意識を持って、決然とした姿勢で、自立し、模範を示してください。希望を持って、決して恐れずに。


水野泰三(経営者)

元プロ選手を積極的に雇っているのは「専門的な販売員」を持とうという一環です。ウチほどやっているところはないんじゃないかな。元プロともなると説得力が違うし、子供なんかはその人を目当てに来店しますしね。そういう差別化はどんどんしていきたいと思います。


ウィリアム・エックハート

カウンタートレードの誘惑と僕が呼んでいるものがある。刷りこまれた認識と情緒の要素が、人を自動的に潜在的な新しい市場トレンドを認識させないようにしてしまうんだ。安く買って高く売りたい、そのこと自体が市場の流れに逆らう行動だからね。人は、正常価格と思われているレベルから価格が動いたら、異常だとみなす傾向がある。この見方が人に、新しいトレンドとは逆の行動を起こさせ、つま価格はそのつい正常にもどるという想定の元に取引をさせてしまう。そしれそれは大損への道につながっているのさ。


若林正恭

想いに苦しめられるとき、脳は味方だろうか? 敵だと思う。脳に人差し指を当てて「お前には負けない」と言うべきだ。


服部利光

京都大学には研究成果や知的財産が豊富にあります。これをビジネス視点から見つめ直し、特許を絞り込んでビジネスに使えるものに変えていきます。それにより、商品を市場に上市することが可能になり、新たな価値を社会に提供できると考えています。


中山マコト

不思議なものでネタ帳をアトランダムにパラパラ見返すと、一見、関係のないネタ同士から企画が生まれることがあります。それは、時代の空気を吸ったネタ同士が引き起こす化学反応のようなもの。個々のネタの感じ方や捉え方が深ければ深いほど、化学反応が起きる確率は高まります。逆に数カ月しても何の反応も起こさないネタは、破り捨ててしまえばよい。躊躇する必要はありません。よいネタなら脳が必ず覚えているはずです。


柴田英寿

副業を始める際には、目先の収入だけでなく、将来的な収入アップを視野に入れた戦略的な視点を持つべきです。


松井順一

自分がついやってしまうミスのポイントを見える化し、自覚することが必要。さらに、個人のミスの経験を職場で共有し、チーム全体で再発防止に役立てることも重要。


細谷功

一見関係がないように見えるものでも、「要するになんなの?」と単純化して考えることで、意外な共通点が見えてくるものです。