名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

八木原保の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

八木原保のプロフィール

八木原保、やぎはら・たもつ。日本の経営者。ニット専業メーカー「ジム」会長。埼玉県出身。高校卒業後、ニット製品卸売会社に入社。25歳で独立し、ジムを創業。そのほか、日本メンズファッション協会理事長、原宿神宮前商店会会長などを務めた。

八木原保の名言 一覧

私の人生は毎日が正面突破でした。


若者のひたむきな姿を見ると、応援せずにはいられなくなる。


いつの時代にも個性を持った若者がいて、彼らが活躍することで社会が元気づく。私はそうした若者の可能性を引き出してあげたい。


自分の力を過信せずに、堅実な経営を心掛け、地域社会にも、業界にも貢献できるようでなければならない。


うちの会社が残ってこられたのは、素材にこだわり、デザインにこだわり、クオリティの高い商品づくりに徹してきたから。


1回着たら終わりという商品ではなく、品質が高く、着心地も良いし、お客様にまた買ってみたいと思ってもらえる商品を作り続けてきたから生き残ってきたのではないかと思います。


25歳で独立してから、無我夢中でがむしゃらに突っ走ってきました。その時から思っているのは、業界でピカイチになるためには規模の大小ではなくて、小さくても特徴のある、キラリと光る会社でいたいということをスローガンに掲げてきました。


私が修業を積んだのは日本橋や浅草橋といった繊維問屋街でしたので、そうした場所で独立しても勝ち目がないと。それなら大手に巻き込まれるよりは、全く新しい場所で勝負してみようと考えた。
【覚え書き|ただの住宅街だった原宿で創業した当時を振り返っての発言】


八木原保の経歴・略歴

八木原保、やぎはら・たもつ。日本の経営者。ニット専業メーカー「ジム」会長。埼玉県出身。高校卒業後、ニット製品卸売会社に入社。25歳で独立し、ジムを創業。そのほか、日本メンズファッション協会理事長、原宿神宮前商店会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

藤田晋

時間をかけて新卒を教育するには、離職率を下げる必要がありました。家賃補助やリフレッシュ休暇などの福利厚生を充実させたり、懇親会や部活動で社内活性化を図るなど、日本的経営に範をとった施策を重ねた結果、離職率は目に見えて減っていきました。ネットバブル崩壊当時30%だった離職率が、現在では10%未満まで減少しています。


川野幸夫

今では、良い企業は「高収益」「顧客密着」といったエクセレントであるだけでは不十分です。尊敬される存在になることが欠かせない。


眞保智絵(鳥海智絵)

ターニングポイントは課長職に就いた頃、部下が辞めたこと。退職の理由を聞くと「他社の方が面白そうだから」。野村証券でもチャンスがあることを、伝えきれなかった。私はその頃、部下と業務以外の、例えばキャリアについて会話するのがあまり得意ではなかったので、部下が悩んでいたことに気づけなかったのです。マネジャーとしての自信を失いました。できることを自分でやってしまい、部下に任せてこなかったことも大きかった。部下に任せるよりも自分でやった方が、経験がある分、仕事が早く処理できるんですね。しかしそれでも、部下に意図的に任せるべきなのです。そうしないと、人は育ちません。この経験を機に、部下との関係を捉え直し、仕事のやり方を変えるように努めました。


村田昭治

社会に喜ばれる仕事を続けてゴーイングコンサーンとしての体制を維持している企業は、その骨法を身につけて、常に練磨を怠らないように思う。その強さを生み出しているのは、活気にあふれた社内コミュニケーションと、旺盛な学ぶ心の相互刺激だ。


飯島勲

同じ組織内の年齢差5歳以内は、潜在的ライバル意識が強く、小さなことが嫉妬の対象になりうる。人事の局面でも必ず邪魔者になってくるのは間違いない。愛想笑いは当然する必要があるにしても、机の下では蹴飛ばし合いをする覚悟が重要だ。自分にそのつもりはなくても、相手にとってみたら抹殺対象だったというのはよくあることなのだ。逆に5歳程度以上離れた先輩、後輩は努めて自分の味方にしなくてはいけない。先輩であれば自分を真っ先に引き上げてくれるかもしれない。後輩であれば退職後の再就職の世話をしてくれるのは実はこの世代なのだから、くれぐれも大事にしたいところだ。


菅野敬一

バイヤーから「ここに仕切りを増やしてほしい」とか「バッグをもう少し厚く」と頼まれるのですが、断っています。多く売れなくてもいい。それよりも自分が考えている良さが削がれる妥協のほうがよほど恐ろしい。


高嶌幸広

メリットだけの説明は、全体像がつかめないので、胡散臭く感じるものです。デメリットを隠したい気持ちを抑えて、両面を話すよう努めましょう。


細谷英二

機能する組織は「2:6:2」とよくいわれます。いわゆる優秀な社員が2割、普通の社員が6割、そのほか2割でも組織がちゃんと回りますよ、と。私は変革リーダーはそうたくさんいなくても組織が変わるとみています。いわゆる優秀な社員2割の中から2割のリーダーを選び出すのです。要は社員全体の4%に変革を志向する「鬼」がいれば、組織は絶対に変わると信じています。


ロバート・キヨサキ

パートナーの資産やリソースを活用するだけでは十分ではない。あなたの目標や価値観を共有できる適切なパートナーを選ぶことが重要だ。正しいパートナーを選択できるか否かが成功と失敗を分けるものになり得る。


工藤公康

科学的なトレーニングを積極的に取り入れていたので、まわりからは生意気なやつだと映ったかもしれません。でも、人とぶつかることを恐れて「なあなあ」で済ませていたら成長はない。もちろん自分だけがよければいいという考えはダメ。ダイエー時代、若い選手に一年でも長く選手生活を続けてほしくて、まわりにも厳しいことを散々言いました。正直、それでチームから浮いたこともあったかな。でも態度を改めるつもりはなかった。たとえ僕が嫌われても、チームが強くなればいいんですから。


浅井恵一

なぜ現状に満足してはならないのか。その真意を私自身が社員に伝えていくことも大事。そこで昨年1年をかけ、約600人の社員と直接顔を合わせる機会を持ちました。さらに中期経営計画などについて説明する従業員フォーラムも拠点ごとに13回開催しました。


羽鳥兼市

何十人、何百人といる同期と同じようなお金の使い方や貯金していたら、いつまでもほかより秀でられるはずがない。