名言DB

9413 人 / 110706 名言

八木原保の名言

twitter Facebook はてブ

八木原保のプロフィール

八木原保、やぎはら・たもつ。日本の経営者。ニット専業メーカー「ジム」会長。埼玉県出身。高校卒業後、ニット製品卸売会社に入社。25歳で独立し、ジムを創業。そのほか、日本メンズファッション協会理事長、原宿神宮前商店会会長などを務めた。

八木原保の名言 一覧

私の人生は毎日が正面突破でした。


若者のひたむきな姿を見ると、応援せずにはいられなくなる。


いつの時代にも個性を持った若者がいて、彼らが活躍することで社会が元気づく。私はそうした若者の可能性を引き出してあげたい。


自分の力を過信せずに、堅実な経営を心掛け、地域社会にも、業界にも貢献できるようでなければならない。


うちの会社が残ってこられたのは、素材にこだわり、デザインにこだわり、クオリティの高い商品づくりに徹してきたから。


1回着たら終わりという商品ではなく、品質が高く、着心地も良いし、お客様にまた買ってみたいと思ってもらえる商品を作り続けてきたから生き残ってきたのではないかと思います。


25歳で独立してから、無我夢中でがむしゃらに突っ走ってきました。その時から思っているのは、業界でピカイチになるためには規模の大小ではなくて、小さくても特徴のある、キラリと光る会社でいたいということをスローガンに掲げてきました。


私が修業を積んだのは日本橋や浅草橋といった繊維問屋街でしたので、そうした場所で独立しても勝ち目がないと。それなら大手に巻き込まれるよりは、全く新しい場所で勝負してみようと考えた。
【覚え書き|ただの住宅街だった原宿で創業した当時を振り返っての発言】


八木原保の経歴・略歴

八木原保、やぎはら・たもつ。日本の経営者。ニット専業メーカー「ジム」会長。埼玉県出身。高校卒業後、ニット製品卸売会社に入社。25歳で独立し、ジムを創業。そのほか、日本メンズファッション協会理事長、原宿神宮前商店会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

青木均一

信長を研究することによって信長の偉さを知った。私は秀吉びいきであり、いまでも変わらないが、信長がなかったら秀吉は出なかっただろう。しかし秀吉はなくても、信長は出ていた。稀代の大器であり、天才児である。信長を知ったことは、私にとっても得るところが多かった。
【覚書き|日本陶管高浜工場長時代を振り返っての発言。同工場は桶狭間に近く、青木氏は古戦場を直接見に行ったことをきっかけに信長を研究することになった】


坂根正弘

今回の円安で、日本企業は恐らく自信を取り戻すのだろう。ただ、企業内の負け組事業まで一息ついたということではダメだ。この機会に負け組は整理して勝ち組にシフトすべきだ。そのためには、経営者自身も変わることが必要不可欠。


坂根正弘

日本企業の間接部門の生産性が低いという議論がありますが、それは個人の能力の問題ではなく、例えば経理にしても、日本では自前のソフトウェアを作り、きめ細かくやっており、人が入れ替わると仕事にならない。一方、アメリカはERP(統合型ソフトウェア)を導入して多くの会社が業務を共通化し労働移動を容易にしている。


ひろゆき(西村博之)

知らないものに名前を付けて、価値のあるものにしてしまおうとするのは、企業側がそれで儲かるから。わからない人が騙されてお金を取られるというのは、象牙の印鑑から羽毛布団まで、昔からあることです。最近はIT関連の言葉の方が、モノを売りつけるのに好都合なのかもしれません。


ドナルド・トランプ

私のやり方は単純明快だ。狙いを高く定め、求めるものを手に入れるまで、押して、押して、押しまくる。


山本忠人

社長就任の翌年、主力の複写機は国内市場で頭打ちが鮮明で、成長性や収益性が低下していました。そこにリーマンショックも襲ってきた。普通のやり方ではダメだ。事業構造そのものを変えないといけない。そう心から思った。


おちまさと

マラソン大会に出場するときは、事前のトレーニングが欠かせません。ところが企画書を書けと言われるとすぐ机に向かってしまう人が多い。これは練習しないまま大会に出場してしまうのと同じです。


高田明(ジャパネットたかた)

ジャパネットの社長を退いて、もうすぐ3年。会社も大きく変わりましたよ。100年続く会社にしていこうとしたら、創業の精神だけでは、思い切った改革はできないでしょうから。不易流行の、不易――変えてはいけない「人の幸せに貢献する」という会社のミッション、使命さえ変えなければ、流行――時代に合わせてどんどん変えていけばいい。


林雄司

期待感を持たせるには、見せ方も結構重要。たとえばサイトの月間ページビュー数を上司に伝えるのなら、ただ月別に数字を並べるのではなく、数字を積み重ね式にしてグラフにする。これならどうやっても右肩上がりになります(笑)。


遠山正道

最も大切なのが、「やりたい」という強い想いです。スープストックトーキョーでも、「スープを軸に共感を広げる」というビジネスモデルをひらめき、それに自分自身がのめり込めたからこそ、走り出せました。


久夛良木健

好奇心を持ってさまざまな領域にチャレンジし、そこから得られるエッセンスをいかに自らの血肉として吸収できるかどうかが重要。


吉田忠裕

設立が早い海外拠点では、何十年も当社で働くベテランの現地従業員がいます。場合によっては親子3代がYKK社員というところもあります。そこに何も知らない若手が赴任しても同等には働けません。「現地採用した社員が成長してくれればいい」という考え方もありますが、あくまでYKKの総本山は日本にあります。そこからやってくる人材が、現地従業員の足元にも及ばないようではグローバルで企業の力が落ちてしまうでしょう。


王陽明

志がないことは舵のない船に乗るようなもの。


長沼毅

重い荷物を背負って、立ちのぼる有毒ガスと水蒸気のスキマをかいくぐりながら活火山を登る。息を吸えば肺が凍りつきそうな北極圏まで行って、ガリガリと氷河を削り取る……。1年の半分はこんな冒険のような日々を過ごして、辺境生物を探し回ってます。面白そう? いえいえ、実際は成果が出るかどうか、常にプレッシャーとの闘いですよ。費用と時間をかけてはるばる探しに行ったのに生物がいなかったら、ムダ足になる。連戦連敗ですよ。勝つまで負ける。そこが楽しい。


定保英弥

私どものホテルの場合は、おかげさまで古くからご利用いただいているお客様に大変ご支援をいただいております。その方々は私どものサービスを期待されて、お泊まりいただいたり、食事をしていただいたりしております。料金が上がるどうのこうのというよりも、サービスへの期待度が非常に高いわけですから、我々としては従来通りにサービスを維持、さらに向上させて、きちんとおもてなしできていれば、お客様の心理としては数%の増税はそんなに大きくないと思います。いままでも何度か消費税が上がるタイミングがありましたが、数字的に大きな影響はありませんでした。