名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

八木原保の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

八木原保のプロフィール

八木原保、やぎはら・たもつ。日本の経営者。ニット専業メーカー「ジム」会長。埼玉県出身。高校卒業後、ニット製品卸売会社に入社。25歳で独立し、ジムを創業。そのほか、日本メンズファッション協会理事長、原宿神宮前商店会会長などを務めた。

八木原保の名言 一覧

私の人生は毎日が正面突破でした。


若者のひたむきな姿を見ると、応援せずにはいられなくなる。


いつの時代にも個性を持った若者がいて、彼らが活躍することで社会が元気づく。私はそうした若者の可能性を引き出してあげたい。


自分の力を過信せずに、堅実な経営を心掛け、地域社会にも、業界にも貢献できるようでなければならない。


うちの会社が残ってこられたのは、素材にこだわり、デザインにこだわり、クオリティの高い商品づくりに徹してきたから。


1回着たら終わりという商品ではなく、品質が高く、着心地も良いし、お客様にまた買ってみたいと思ってもらえる商品を作り続けてきたから生き残ってきたのではないかと思います。


25歳で独立してから、無我夢中でがむしゃらに突っ走ってきました。その時から思っているのは、業界でピカイチになるためには規模の大小ではなくて、小さくても特徴のある、キラリと光る会社でいたいということをスローガンに掲げてきました。


私が修業を積んだのは日本橋や浅草橋といった繊維問屋街でしたので、そうした場所で独立しても勝ち目がないと。それなら大手に巻き込まれるよりは、全く新しい場所で勝負してみようと考えた。
【覚え書き|ただの住宅街だった原宿で創業した当時を振り返っての発言】


八木原保の経歴・略歴

八木原保、やぎはら・たもつ。日本の経営者。ニット専業メーカー「ジム」会長。埼玉県出身。高校卒業後、ニット製品卸売会社に入社。25歳で独立し、ジムを創業。そのほか、日本メンズファッション協会理事長、原宿神宮前商店会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

包行均

子供の頃、家の手伝いで草刈りをやらされるのが嫌で嫌で、ゴーカートに乗って走り回っているうちに草が刈れたらいいなと思っていたんですよ。


三森裕

成功の反対は失敗ではなく妥協なのです。200軒、300軒と飛び込み頑張ることができるか。そこに成果や成長がかかっていると思います。


やすひさてっぺい(安久鉄兵)

基盤を固めるため、今年、「全国唐揚協会会長総選挙」を実施します。各都道府県に、協会を立ち上げるための会長を選出する選挙です。既に昨年、静岡唐揚協会が発足しましたが、これからの世の中、各地域が盛り上がることで全体が動く。地方分権化すれば、地元の唐揚げ店とコラボしながら、町おこしイベントなどもやりやすくなります。


永野毅

学生時代、水泳部で学んだことは、ひとかきひとかきしないと、絶対前へ進まないということ。小さなひとかきですが、しかし、そのひとかきが確実にゴールに近づく。これは社会と一緒。日々の小さなひとかきが大事。それをみんな愚直に全員でやり続けることが会社の成長につながる。


加島禎二(加島禎二)

経験を積むには時間がかかる。だから有望な人材を若いうちから発掘し、チャレンジングな経験を積ませる必要がある。


柳井正

サラリーマン経営者でも創業者のように、「この会社は何のためにあるのか」を突き詰めて考えるべきではないでしょうか。業績を株主に報告する仕事を、サラリーマン的にバトンタッチしていくという感覚では、会社はおかしくなる。ガバナンスについても、経営者自身が考えを改めずに、社外取締役を入れたり委員会設置会社に移行したりしても、ダメですよ。


阿部祐二

同じレッスンを受けるにしても、受動的に授業を受けているのと、自分の課題を意識して能動的に受けるのとでは、得られるものがまったく違ってくる。


木下彰二

チェック時間を多めに余裕を持って取ることが大前提。時間がない中でチェックするとどうしても焦ってしまい、間違いを見逃してしまう。自分の体調や精神状態、作業環境に問題がないか、注意を払うことも大切。


高島宏平(髙島宏平)

食品の安全に対する消費者の意識は、もはやブームではなくなり、当たり前になりました。だからこそ安心・安全をうたうオイシックスは、安全性を犠牲にして価格を下げることは絶対にできません。オイシックスの存在価値とズレない戦略を描いて、いまのお客様に役立つことをしたい。食の安全性をお客様が気にしなくてもよくなるような、期待されるインフラ企業。これがオイシックスの目指す姿です。


江崎利一

専門家の不可能というものを、可能にしてみせようと張り切った。それに、小さい子供の口に入るからには、口当たりや舌触りの良いものでなければならないと考え抜いた末、ハート形の型抜きに成功した。世界でも初めてだと聞いている。
【覚書き|グリコの形について菓子製造の専門家に聞きにいったところ、利一氏のアイデアを否定されたことについて語った言葉】


谷繁元信

「真面目に取り組まなければ、プロとしてはやっていけない。24時間野球のことを考えよう」。そう気づけた時期に、自分が現役時代の活躍をよく知る名捕手(大矢明彦コーチ)から、試合の前、試合の後、キャンプとみっちりしごいてもらえた。出会いとタイミングが重なったのは、本当にラッキーなことだった思います。


中原淳

部下の能力を上げるためには、少し背伸びが必要で挑戦しがいのある仕事を与えモチベーションを維持し、指導やアドバイスのフィードバックを繰り返すことが大切です。