名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

八幡紕芦史の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

八幡紕芦史のプロフィール

八幡紕芦史、やはた・ひろし。日本の経営コンサルタント、ビジネスコーチ(プレゼン)。「国際プレゼンテーション協会」理事長、「アクセス・ビジネス・コンサルティング」代表。著書に『パーフェクトプレゼンテーション』『プレゼンバイブル人を動かす50の黄金律』『ミーティング・マネジメント』『戦略的プレゼンテーションの技術』。

八幡紕芦史の名言 一覧

プレゼン力は自分で評価するものではない。聴き手が評価するものだ。


経営者のプレゼンが製品の売れ行きを左右する。


多様化し複雑化した環境において、組織力やブランド力だけでビジネスは成功しない。組織のリーダーである経営者個人が何を語るか、プレゼン力が問われる時代だ。


八幡紕芦史の経歴・略歴

八幡紕芦史、やはた・ひろし。日本の経営コンサルタント、ビジネスコーチ(プレゼン)。「国際プレゼンテーション協会」理事長、「アクセス・ビジネス・コンサルティング」代表。著書に『パーフェクトプレゼンテーション』『プレゼンバイブル人を動かす50の黄金律』『ミーティング・マネジメント』『戦略的プレゼンテーションの技術』。

他の記事も読んでみる

山口周

すぐに役立つ情報は、すぐに陳腐化する。知的生産に必要なのは、すぐ役に立つとは限らないが、なぜか自分の心にさざ波が立った情報。そうした情報が何かの瞬間に化学反応を起こして、新しい発想が生まれる。


国枝慎吾

僕はプロなので、結果がすべてという気持ちは常にある。


吉村英毅

元々は旅キャピタルという会社を創業し、オンライン旅行事業をスタートしました。その後、海外でシステム開発を行うITオフショア事業を開始し、「旅行に限定することがない社名にしよう」ということで現社名に変更をしました。


吉田洸二

部員全員が同じ目標に向かって進み、一人一人が自分の持ち味と能力を発揮しなければ、チームは強くなりません。


小田禎彦

形どおりのセリフがマニュアルの欠点として指摘されているわけですけれども、積み上げてきたものを伝えていくときには60、70%の決め事は伝えていかなければならない。しかし、100まで網羅しようとするとマニュアルの欠陥が出るので、この上は個人で自分のよさを努力して表現していきなさい。こういうところが加賀屋の流儀の良さなんです。


鈴木喬(経営者)

商品やネーミングを会議で決めるのではなく、本当は常識外れの柔軟な発想力を持っている者が、独裁的に決定すべきです。


金丸恭文

当然、チャンスを与えれば、一定の失敗と一定の成功が出てきます。でも失敗したとしても、最初なら小さな失敗で済ませることができます。そして成功すれば、次にもっと大きなチャンスを与える。そうやって、今の実力以上の仕事を任せることで、個人のスキルやノウハウがストレッチされていく。その繰り返しです。


孫正義

僕は、本業がM&Aなのではありません。ただ戦いにたとえれば、ある会社と無理に戦って勝ったとしても、多くの血を流しては上策とは言えないわけです。外航船で陣地を広げるやり方があってもいい。刃を交えて勝つのは中くらいの策でしょう。まして戦って負けるのでは話にならない。


柴山政行

数年前、私は「たい焼きが焼ける会計士」という風変わりな肩書を持っていた。会計士として独立すべく、5年間務めた監査法人を退職。しかし経営者の実体験を積まないままの独立には自分自身、万全ではないという思いがあった。帳簿を見て判断する会計士の仕事はできても、事業についての体系的な経験がないため、どこか腰が据わっていない。単なる帳簿屋にはなりたくないという思いが強かった。また、撤退の経験もしておきたかった。そこでたい焼き屋を開業した。


荻野勲(経営者)

世界の人々の健康をサポートするには、まずは自身が健康でなければならない。


山中勧

高級珍味を買われる方は、ただ美味しいだけでなく、それを手に入れることによって得られる驚きや喜びを大切にされます。「モノ」以上に「コト(=体験)」を重視して消費者心理に働きかける「コトPOP」は、珍味を販売するうえで重要な武器となります。


吉田洋一郎

ミスが出たときに、多くの人は、身体の動きだけに原因を探します。が、実は心の状態を悪くし、それが身体の動きを悪くするという、メンタルのミスも往々にしてあるのです。これに気付いていないと、いつまでもラウンドで実力を出し切れないことになってしまいます。