八幡紕芦史の名言

八幡紕芦史のプロフィール

八幡紕芦史、やはた・ひろし。日本の経営コンサルタント、ビジネスコーチ(プレゼン)。「国際プレゼンテーション協会」理事長、「アクセス・ビジネス・コンサルティング」代表。著書に『パーフェクトプレゼンテーション』『プレゼンバイブル人を動かす50の黄金律』『ミーティング・マネジメント』『戦略的プレゼンテーションの技術』。

八幡紕芦史の名言 一覧

プレゼン力は自分で評価するものではない。聴き手が評価するものだ。


経営者のプレゼンが製品の売れ行きを左右する。


多様化し複雑化した環境において、組織力やブランド力だけでビジネスは成功しない。組織のリーダーである経営者個人が何を語るか、プレゼン力が問われる時代だ。


八幡紕芦史の経歴・略歴

八幡紕芦史、やはた・ひろし。日本の経営コンサルタント、ビジネスコーチ(プレゼン)。「国際プレゼンテーション協会」理事長、「アクセス・ビジネス・コンサルティング」代表。著書に『パーフェクトプレゼンテーション』『プレゼンバイブル人を動かす50の黄金律』『ミーティング・マネジメント』『戦略的プレゼンテーションの技術』。

他の記事も読んでみる

川多弘也

後輩のために究極の省エネ住宅を建ててあげようと情報収集、そしてスキルを駆使し辿り着いたのがパッシブ工法による住宅。北海道でパッシブを研究している天谷一男(のちに同社取締役)を紹介され話を聞いていくと、良いモノだが売れないという。彼独自のパッシブ建築にさらに付加価値を付ければ、売れると確信した。この後輩の住宅は約50坪あり、冬にはマイナス測度にもなる外気の中、そのシーズンの12月の全光熱費は1万4千円。これが口コミとなり開業1カ月半で8棟も受注した。うち3棟は投資用のアパートで税理士や銀行マンには大変驚かれた。


米倉誠一郎

日本の冷蔵庫は世界で最高品質かもしれないが、1日に何回も停電するインドでは、あまり役に立たない。むしろ数時間経っても食べ物が傷まない冷蔵庫が求められる。リアルな情報を知ることが不可欠だ。


吉越浩一郎

残業を減らすことでできた時間の使い道は、個人が考えることなので、会社が関与することではありません。ただ、第二の人生を歩きはじめた私の経験からいわせてもらえば、個人の趣味や家族のためにその時間を使った方がいいと思います。人生80年時代においては、仕事をしている時間よりも、それ以降の方が長いのですから、アフターファイブはそのための準備に費やしたほうが、より人生が豊かになるでしょう。


星野源

昔の自分が作ったものは認めないって、シャットアウトする人もいると思うんです。僕は、前の自分もすごく好きなんですよ。でも、もう1回当時のモードでやれって言われても無理なんです。今回のアルバムで個人的に気に入ってるポイントとしては、歌詞に1stアルバム(『ばかのうた』)に通ずるところがあって。後からそのことに気付いたんですが、過去を切り捨てたわけではないという証明ができたような気がして、嬉しかったんです。


佐藤綾子(心理学者)

仏頂面で威圧的な人は最初の1秒で大損をしています。顔で称賛や驚きの表情を示すことができず、良い人間関係ができないからです。部下に「キミを頼りにしている」「頑張ってくれよ」と言ってもまったく響きません。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

部下だって人間なんだ。部下と一緒にいい仕事をしようと思うなら、上下関係を振りかざす前に、一人の人間として接することが大切だ。そのためには、どんなことでも本気で、本質を、本心から、本音で語ること。それができてこそ上司は本物のリーダーになれるんだ。ナメられないことよりも、言いたいことを部下と言い合える関係を築くこと。それこそが有能な上司の条件なんだ。


高橋がなり

いかに我慢して、やりたくないことをやるか。人生も同じで、頭の悪い人間は、やりたいことがあったらそれと逆のことをすればいいんです。嫌なことをやった奴が勝てる。僕がアダルトビデオで当たったのは、そういうことだと思います。我慢していくうちに、それが我慢ではなくなる。


岡崎富夢

大切なのはやっぱりビジョンを語ることでしょうか。この事業で会社を変える、さらに住宅業界を変えるというビジョンを語り、リーダーがそれを本気で目指していることが伝わると、仲間も集まります。


宮下勝成

従来の経営理念はやや形骸化しており、ミッションも不明確でした。そこで、「笑顔で満たす世界と未来」をミッションに、社員・経営が「誠心誠意、共存共栄、驀直進前」から成り立つ当社のバリューを共有し、「世界に生きる」というビジョンに「未来を創る」を加えて、次世代のために事業を創ることを掲げました。
【覚え書き|驀直進前(まくじくしんぜん)=周到な準備を整えたら、信じるところを迷わずまっすぐに前進せよという意味の禅語】


豊田章男(モリゾウ)

自分が社長を何年やるかわかりません。でも、次の次の次の社長に会社をどういう状態で渡せるかを常に考えています。


中畑清

喜怒哀楽を素直に出す生き方の方が、人は楽に自分の能力を出すことができます。喜びだって涙だって、懸命に打ち込まなければ出てくるものではありません。


古森重隆

航海に例えるのなら、社長の役割は会社がこれから進むべき航路図を引くこと。航海には嵐がつきもの。船長は絶えず船外に目を配り、雨は降ってこないか、行く手に氷山はないか、積み荷は崩れていないかと監視しなければならない。


西村賢太

中途半端にやってもダメ。惚れて徹底的にやると何かが変わっていくんじゃないでしょうか。それこそ不思議な力が働いていって。


枝川義邦

目標に向かうための具体策が見えていなと、脳もエネルギーをムダに使わないとならないため、億劫に感じる原因となる。大目標だけでなく、中目標、小目標にまで落とし込むと、目標までの道筋が明らかになり、脳はすんなり受け入れてくれる。


熊谷正寿

思い返せば、06年から2年間は、人生最大の危機でした。会社が倒産寸前に陥ったのです。買収を受け入れれば、僕個人はお金も入り悠々自適に暮らせますよ。でも、理念を持って起業し、共鳴した仲間が命を削って毎日働いているわけです。そんな彼らを裏切るわけにはいかなかった。


ページの先頭へ