名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

八幡滋行の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

八幡滋行のプロフィール

八幡滋行、やわた・しげゆき。日本の経営者。「スミダコーポレーション」社長。ケントカンタベリー大学卒業後、スミダ電機に入社。取締役、専務、副社長などを経て社長に就任。

八幡滋行の名言 一覧

社外取締役は、いわば私の上司。自分より大きい会社の経営者だったりしますから。甘いことを言ったらバカにされる。


緊張関係の中でトップが堂々とやりたいことを実行することが、人間味のあるガバナンスを利かせることにつながる。


執行をする人が中途半端に監督を兼務しても、トップに何も物が言えない。私が創業家出身だからという背景もありますが、それを抜きにしても、執行と監督は分けるべきです。


10年以上、ガバナンスにこだわってきて分かったことは、執行側が取締役会に説明するのは、代表者が1人いれば十分だということ。そのため、7人の取締役のうち、私以外は全員が社外です。取締役会は監督に徹し、それ以上は口を出さない。


八幡滋行の経歴・略歴

八幡滋行、やわた・しげゆき。日本の経営者。「スミダコーポレーション」社長。ケントカンタベリー大学卒業後、スミダ電機に入社。取締役、専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

照屋華子

テーマや期待する反応が曖昧な文書は、読んで決まってイライラします。「書き手が言いたいことは何か」「何のためにこの文章を自分に読ませたのか」が、なかなか読み取れないからです。目的意識なく、思いつくままに綴れば、そうなるのは当たり前です。


道幸武久

人脈を広げたいなら、その人を仕事に利用しようという欲を捨てること。みんな順番が逆なんです。できない営業マンほど、パーティで名刺交換しただけの相手に商品を売ろうとする。まずは仕事を抜きにして、個人的な関係をしっかり築くことです。


山本晶(経済学者)

消費者に感情の起伏を引き起こさせるような情報は、クチコミの拡散につながりやすい。


村口和孝

私のところには、ベンチャー創業や、事業本格的展開したいとのサラリーマン、または出身者からの相談が多い。サラリーマン生活に数年でも慣れてしまった人がベンチャーを創業する場合‐なかなかサラリーマン感覚が抜けないという症状に悩む人が多いように思う。


宇治則孝

私は常に本流というより新たに展開する部署で仕事をしてきましたし、それをとてもありがたく思っています。


むらかみかずこ

「手書き文字に自信がない」という人も多いでしょうが、手書きメッセージの役割は「気持ちを伝える」ことですから、そこはあまり神経質にならなくて良いと思います。ただ、次の三つを押さえて書くと、読みやすい文字が書けます。一つは「大きく」、二つ目は「太く」、そして「青いインク」で書くことです。字に自信がない人は苦手意識から、小さく書く傾向にあります。しかし、小さい文字は読みづらく不親切です。読みやすい大きさの文字を書くには、「太い」ペンを使えばいいのです。標準的なボールペンの芯は0.5ミリですが、0.7や0.8ミリのものをお勧めします。太い芯を使えば自然と大きい文字になります。綺麗な字よりも読みやすい字を書くことこそ相手本意です。インクの色については、黒でももちろん良いのですが、あえて青を使用することで、「元気・爽やか・品の良さ・誠実さ」といった印象を与えられます。


武藤光一

運業界はこの10年ほどの間、荒波にもまれてきました。2000年代半ばは中国で「爆食経済」と呼ばれる、経済成長に伴う穀物や資源の急激な輸送需要の拡大がありました。当時は荷動きの伸びに船の供給が追い付かず、2008年秋のリーマンショックまで海運は非常な好況を博したわけです。ただ「好事魔多し」の通り、中国や韓国で造船設備の新設・増強が相次ぎ、リーマンショックと相まって2011年以降、船が余る状況が顕在化しました。2015、16年も新しい船が出てきてしまうので、荷動きが思うように伸びないと海上運賃の落ち込みは長引くでしょう。


竹増貞信

いつも心にあるのは、企業理念である「みんなと暮らすマチを幸せにします」ということ。


松尾利彦(経営者)

数年前にパッケージを真似て参入した企業はありましたが、既に市場から撤退しています。形だけ真似ても、チロルチョコが持つ楽しさや遊びの精神がなければ売れません。何より、味のバリエーションを増やすことは一朝一夕ではできないのです。豊富な資金力で設備投資したとしても、この単価(21円)では回収するのには相当な時間がかかります。


勝俣良介

出勤後の3時間については、特に2つのルールを設けています。1つは「自分に課題を与える」。もう1つは「中長期的なことを考える」。


品田英明

部門の垣根を越えた協力体制が、強い現場力と高い生産性を生む。


メンタリストDaiGo

宝くじの一等当選の確率から計算すると、当たるまで買い続けても、スズメの涙ほどのリターンにしかなりません。到底、投資額を回収できる儲け話ではない。ところが人は「自分は当たるかもしれない」と思い、当選確率を気にせず売り場の行列に並んでしまう。儲け話に編される人の根底にあるのは、この「自分は例外」と考える心理です。