八幡滋行の名言

八幡滋行のプロフィール

八幡滋行、やわた・しげゆき。日本の経営者。「スミダコーポレーション」社長。ケントカンタベリー大学卒業後、スミダ電機に入社。取締役、専務、副社長などを経て社長に就任。

八幡滋行の名言 一覧

社外取締役は、いわば私の上司。自分より大きい会社の経営者だったりしますから。甘いことを言ったらバカにされる。


緊張関係の中でトップが堂々とやりたいことを実行することが、人間味のあるガバナンスを利かせることにつながる。


執行をする人が中途半端に監督を兼務しても、トップに何も物が言えない。私が創業家出身だからという背景もありますが、それを抜きにしても、執行と監督は分けるべきです。


10年以上、ガバナンスにこだわってきて分かったことは、執行側が取締役会に説明するのは、代表者が1人いれば十分だということ。そのため、7人の取締役のうち、私以外は全員が社外です。取締役会は監督に徹し、それ以上は口を出さない。


八幡滋行の経歴・略歴

八幡滋行、やわた・しげゆき。日本の経営者。「スミダコーポレーション」社長。ケントカンタベリー大学卒業後、スミダ電機に入社。取締役、専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

河野章宏

僕らのビジネスの根本は、「CDを売る」「曲を売る」じゃなくて、興行(ライブ)で利益を上げるのが基本なんで。曲は全部ダダであげてもいいかな、っていう発想に最近なってきてるんですけど、まだそこは様子を見ている感じですね。レンタルで聴いても、音楽が良ければライブには行くじゃないですか。そこに僕らは力を入れてるというか。そこに来てくれれば、売れなくても買わなくてもいいですよって。


森川陽太郎

サッカー選手時代、前の試合の失敗の記憶や、苦手意識を引きずって、試合前によく緊張していました。それより、マイナスなのは、緊張する自分に自己否定感を抱くことです。誰だって緊張しても成功した経験を持っているはずですから、そのときを思い出し、緊張してもいい結果は出せるんだと自己肯定感を抱けば、大丈夫ですよ。


小倉広

人に頼ってばかりいると、何も学べないまま年を重ねることになります。会社の中で年次が上なのに、何もできない人のままでいる。もう悲劇です。そんな人は自分が主体的にやっていないから、成功しても心の底から喜べないし、失敗したら人のせいにする。


池田輝彦

お客様との会話で出る「こんなことはできないか」というアイデアも疎かにできません。そこから業界に先駆けるプロダクトが生まれる可能性もあります。新しいものは現場から生まれるものです。


橋本努

価値観が多様化し、誰からも支持される意見などないのが、今の社会。そこで信頼を勝ち取るには、理論的に首尾一貫した意見を持つことが重要。「みんなに好かれたい」という日和見的な態度が一番嫌われる。


川田篤(経営者)

業務管理システムの分野では競争相手は多いですが、日本の産業界を長く支えてきた製造業や建設業、小売業ではなく、当社は広告業界やサービス産業など、割と近年、力をつけてきたようなお客様をターゲットにしていまして、ここを中心にやっている会社はまだ少ないです。


泉谷直木

上司から怒られてしまうと、部下はなかなかものを言わなくなってしまう。つい叱りたくなるような話でも、いきなり「おまえ何を言っているんだ!」とはやらず、「そんなことがあるのか」「私にはよくわからないが、いったいどういう話なんだ?」という具合に聞いてあげるほうがよい。我慢してオープンな気持ちで聞くことである。


草間三郎

断る経験は誰もしていますが、何かを断ったり、断られたりする場合は、だいたい断られる側にも不備があると考えたほうがいいでしょう。商売は個人対個人です。相手の立場に立って、断ることが相手にとっていいことだという信念と確信があれば、断られた方も納得してくれます。


澤田秀雄

成功に必要なものはやはり努力と継続力、それと好きなことを楽しんでやること、おごらない、投資しすぎない、やりすぎないというバランス感覚。それと人間、運だと思うんですよ。運を大切にすることですね。


薮崎敬祐(藪崎敬祐)

新規事業をやろう、世の中を変える組織をつくろうと思い、会社を立ち上げた。


田原総一朗

企業の経営者と会うときは、事前に必死に勉強します。手に入る限りの資料に目を通す。その人自身について書かれたものやインタビュー記事、企業や業界の現状などなど。質問する側のレベルが低ければ、話し手もそのレベルの話しかしてくれません。相手に「この人間ならこういうレベルまで話し合ってもいいかな」と感じさせる知識や情報を見せないと、深い話はなかなか出てこないものです。


平本清

企業のイノベーションを妨げているのは経営管理です。ほんとは社員も賢くて、きちんと自己管理できるものです。当社の人事破壊システムは、以前勤めた会社でピラミッド型組織のマイナスを嫌というほど体験したから可能となったんです。


甲田英毅

良い言葉ではないのですが、我々はいわば「武器商人」なんです。企業の競争の中で、お客さまに最適の武器を提供していくことが使命なんです。武器商人が最新の武器を知らないということがあってはいけません。


小泉進次郎

好きか嫌いかの問題ではありません。農家のみなさんが幸せになるんだったらそれでいい。好き嫌いの発想はどうでもいい。農家のみなさんがJA(農協)のみなさんありがとうと思っていたらそれでいいし、そう思っていなかったらまずい。単純にそこだけです。団体のことを好き嫌いという判断は僕にはありません。


渡辺捷昭

意見と意見がぶつかり合い、火花が散ることも珍しくありません。しかし、議論をしているうちに問題意識が次第に共有され、部署ごとの垣根を越えてチームとしてベストの選択をすることができるのです。これを私は「仲良く喧嘩する」と呼んでいます。役員も常日頃からこの「仲良く喧嘩する」をやっています。常務や専務が大部屋に集まって侃々諤々(かんかんがくがく)議論を展開するのです。


ページの先頭へ