八幡滋行の名言

八幡滋行のプロフィール

八幡滋行、やわた・しげゆき。日本の経営者。「スミダコーポレーション」社長。ケントカンタベリー大学卒業後、スミダ電機に入社。取締役、専務、副社長などを経て社長に就任。

八幡滋行の名言 一覧

社外取締役は、いわば私の上司。自分より大きい会社の経営者だったりしますから。甘いことを言ったらバカにされる。

緊張関係の中でトップが堂々とやりたいことを実行することが、人間味のあるガバナンスを利かせることにつながる。

執行をする人が中途半端に監督を兼務しても、トップに何も物が言えない。私が創業家出身だからという背景もありますが、それを抜きにしても、執行と監督は分けるべきです。

10年以上、ガバナンスにこだわってきて分かったことは、執行側が取締役会に説明するのは、代表者が1人いれば十分だということ。そのため、7人の取締役のうち、私以外は全員が社外です。取締役会は監督に徹し、それ以上は口を出さない。

八幡滋行の経歴・略歴

八幡滋行、やわた・しげゆき。日本の経営者。「スミダコーポレーション」社長。ケントカンタベリー大学卒業後、スミダ電機に入社。取締役、専務、副社長などを経て社長に就任。

ページの先頭へ