名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

八巻大介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

八巻大介のプロフィール

八巻大介、やまき・だいすけ。日本の経営者。「つくば食品」社長。高校卒業後、食品会社勤務を経て家業のつくば食品に入社。取締役などを経て社長に就任。

八巻大介の名言 一覧

人を大切にしない会社は、生き残れない。人に来てもらえなくなれば、会社を存続することはできない。


社員とは年2回、個別に面談する機会を設けていますが、この時は、私が何かを伝えるというよりも、社員が思っていることをこちらが聴く場だと考えています。


入社してくる社員たちは、みんな私より優秀な人ばかり。彼らの能力を活かし、専門性をいかに発揮してもらうのか、会社の盛衰はそこにかかっているといっても過言ではありません。


就職氷河期のときには大卒者も採用しました。大手が採用を控える今だからこそ、我々が採用すべきだ。この機会を逃せば、二度と大卒を採用するチャンスは訪れないかもしれないと。


いくらいい機械を入れても、それを動かすのは人間。人がいないと回らないのが、我々の会社。ですから、常に人を入れ続け、少しずつでもその人たちが成長していく必要がある。それが製造業の宿命。


技術力、営業力、価格競争力、どれを取っても大手には敵わない。では、当社が大手に対抗するためには、何ができるのか。そのことを追求していった結果、お客様の細かなご要望にまでお応えできる対応力というセールスポイントに行き着いた。


若い人は全体会議の場ではなかなか発言しづらいようですが、グループに分けると、途端に思ったことを言い始めるんです。しかも楽しそうに。我々が一方的に話すよりもずっと実のある経営計画発表会になると思いました。

【覚え書き|経営計画の発表が終わった後、グループ討論を行っていることについて】


自分が現場のことに直接判断を下すということは、極力しないように努めています。社員に対して何か言いたいことがあれば、幹部に言って幹部から伝えてもらうようにします。私が組織を飛び越えて誰彼かまわず意見するようになると、直属の上司と言うことが異なる場合も起こりうるからです。


例えば、みんなにとって「いい会社」とは何か、などを話し合ってもらうと、面白い発見があります。バブル期を経験したベテラン社員は、「保養施設がある」など、物質的豊かさを挙げる傾向があるのに対して、若い社員は「子育てがしやすい」「給料が安定している」など、働き方や就労環境に目が向いている。どちらがいい、悪いではなく、一人ひとり異なる「いい会社」像があるのだと知ることは、経営者にとってとても大事なことだと思いました。


「規模が大きくなること」と「会社が成長すること」は違う。売上が伸びて仕事は増えても、人は思うように育たず、仕事の質は高まらない。辞める社員が出ると、その「穴埋め」として中途採用をする。その繰り返しでした。そこで、地元の高校を卒業した人を新卒で採用し、しっかりと育てていく文化をつくりたいと考えました。新卒をイチから育てるのは、遠回りではあるけれども、長い目で見ればきっとプラスになるに違いないと。


創業経営者なら、自分の思いを発信することを中心にしてよいのかもしれません。でも、私は後継者。モットーにしているのは「共感と合意」です。社員が私の思いに「共感」してくれるところまで行けばベストですが、そこまで行かなくても、せめて「合意」だけはしてものごとを進めたい。それが社員のモチベーションを高め、彼らの能力を最大限に発揮することにつながり、結果的につくば食品が社会に貢献できる企業になる――そう信じています。


八巻大介の経歴・略歴

八巻大介、やまき・だいすけ。日本の経営者。「つくば食品」社長。高校卒業後、食品会社勤務を経て家業のつくば食品に入社。取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

ロバート・キヨサキ

他人に対して強欲であれば、他人からそれに見合った仕打ちを受けることになるだろう。強欲が原因でお金の問題で苦労していると思われる人に出会うと、私は、例えば慈善事業など自分が応援したい団体に、少額でいいからお金を寄付する習慣を身に付けてみてはどうかと助言している。本気で金持ちになりたいなら、「まず与える」ことができるようになろう。


松本幸夫

締め切りに遅れる癖は、完璧主義が原因になっていることがあります。アウトラインを示して代行してもらうこともときには必要です。仕事を「一人でやるもの」から「チームでやるもの」に発想を転換することが必要でしょう。


太田昭宏

川については堤防、ダム、遊水池などハード面はもちろんいろんな方法があるけれど、そもそも日本は無理矢理制御するような河川工学ではないんですよ、日本は川をなだめる、という考え方なんです。力づくで制御するのではなく、色んな手法を組み合わせながら川をなだめるということです。


ピーター(池畑慎之介)

17歳でデビューした当時は、夜な夜な六本木で遊んでいました。でも役者の世界に入った頃からか、ずっと同じでは成長がないし、そんな生き方はつまらないと思うようになりました。今の私は早寝早起き。お酒もほとんど飲みません。おかげさまで、来秋で芸能生活50年目を迎えます。


加藤俊徳

寝ぼけた状態で勉強や仕事をしても、脳が覚醒していなければ、なかなかはかどりません。仕事の効率を上げるためには、まずは脳覚醒を上げること。軽い筋トレやラジオ体操も効果的。脳覚醒がアップすることでもやもやした悩みが消えやすくなるのです。


大坪勇二

いまのような時代に頭ひとつ抜け出したかったら、大量行動しかありません。しかも、大量行動を習慣づけることが大事。継続することで、結果がついてくる。


今井登茂子

会話の糸口を見つけ、互いの距離を縮めるのに最も効果的なことは、相手の会社に関する時事ネタです。それもホットな、プラスの話に触れることが肝心です。相手の会社の創業記念日や社長の叙勲、担当者の栄転など、先方のお祝いごとは事前に調べて必ずチェックしておくこと。相手は、「うちにこれほど関心を持ってくれている」と嬉しい気持ちになるでしょう。それが好感度アップの第一歩です。仕事ができる人というのは、こうしたプラスアルファのひと言がさらりと言えるのです。


辻野晃一郎

時代のうねりを嗅ぎ分けるのに、どんな仕事でも重要なのは「現場」です。いつの時代でもアンテナを張るうえで現場は重要なところです。現在のような変化の激しい環境ではますます重要性が高まっています。


大久保尚武(積水化学工業)

経営者の大事な役割は、時代の流れを見誤らないことです。情報収集というと新聞やテレビ、インターネットといった情報源が思い浮かぶかもしれません。しかし、もっと重要なものは顧客の声や職場の雰囲気といった現場で得られる情報です。もちろん、そうした情報収集のためには自ら現場におもむくことが欠かせません。


竹中宣雄

一流と呼ばれる3割打者と、2割8分で終わってしまう平凡な選手が1カ月間に打つヒットの本数は、何本くらい違うと思いますか。たったの2本しか違わないのです。つまり、2週間に1本余計に打つか打たないかで、一流とそれ以外に評価が分かれてしまうわけです。私は住宅メーカーの営業マンに限らず、ビジネスマンの評価というものはこれとまったく同じだと思うのです。評価が分かれるポイントは「ほんのわずかな違い」でしかない。そのことを明確に意識して、わずか2本の差を埋めようと努力するかどうか。それだけで、一流のビジネスマンになれるかどうかが決まってしまうわけです。


豊川竜也

私は大きなプロジェクトの責任者を務めたことで生まれ変わりました。いいシステムをつくりたいという一心で、現場の人たち一人ひとりに意見を聞いて回り、みんなの知恵を一つに結集して完成させることができた。思いを持ってみんなのために動くということを、この仕事で経験させていただきました。「衆知を集める」ことの大切さを初めて知ることができたと思っています。


小池龍之介(小池龍照)

自分の気持ちをより客観化しやすくいたしますために、心のなかで繰り返し、たとえば怒っていますならば「怒っている、怒っている、怒っている……」と念じ続けるのが有効でしょう。認めてもらいたいという自己愛が出ているのなら「自己愛が出ている、自己愛が出ている、自己愛が出ている……」と念じ続けてみてください。いかなる感情も、気づいてすぐに客観化して切り離してしまえば、早いうちに消えてしまいます。ですから、自分の感情を見張る時間を長くして、間をおかずにその火を消し止める。そういうクセをつけますと、心が整理しやすくなり、気持ちがずいぶん落ち着くはずです。