八巻大介の名言

八巻大介のプロフィール

八巻大介、やまき・だいすけ。日本の経営者。「つくば食品」社長。高校卒業後、食品会社勤務を経て家業のつくば食品に入社。取締役などを経て社長に就任。

八巻大介の名言 一覧

人を大切にしない会社は、生き残れない。人に来てもらえなくなれば、会社を存続することはできない。


社員とは年2回、個別に面談する機会を設けていますが、この時は、私が何かを伝えるというよりも、社員が思っていることをこちらが聴く場だと考えています。


入社してくる社員たちは、みんな私より優秀な人ばかり。彼らの能力を活かし、専門性をいかに発揮してもらうのか、会社の盛衰はそこにかかっているといっても過言ではありません。


就職氷河期のときには大卒者も採用しました。大手が採用を控える今だからこそ、我々が採用すべきだ。この機会を逃せば、二度と大卒を採用するチャンスは訪れないかもしれないと。


いくらいい機械を入れても、それを動かすのは人間。人がいないと回らないのが、我々の会社。ですから、常に人を入れ続け、少しずつでもその人たちが成長していく必要がある。それが製造業の宿命。


技術力、営業力、価格競争力、どれを取っても大手には敵わない。では、当社が大手に対抗するためには、何ができるのか。そのことを追求していった結果、お客様の細かなご要望にまでお応えできる対応力というセールスポイントに行き着いた。


若い人は全体会議の場ではなかなか発言しづらいようですが、グループに分けると、途端に思ったことを言い始めるんです。しかも楽しそうに。我々が一方的に話すよりもずっと実のある経営計画発表会になると思いました。

【覚え書き|経営計画の発表が終わった後、グループ討論を行っていることについて】


自分が現場のことに直接判断を下すということは、極力しないように努めています。社員に対して何か言いたいことがあれば、幹部に言って幹部から伝えてもらうようにします。私が組織を飛び越えて誰彼かまわず意見するようになると、直属の上司と言うことが異なる場合も起こりうるからです。


例えば、みんなにとって「いい会社」とは何か、などを話し合ってもらうと、面白い発見があります。バブル期を経験したベテラン社員は、「保養施設がある」など、物質的豊かさを挙げる傾向があるのに対して、若い社員は「子育てがしやすい」「給料が安定している」など、働き方や就労環境に目が向いている。どちらがいい、悪いではなく、一人ひとり異なる「いい会社」像があるのだと知ることは、経営者にとってとても大事なことだと思いました。


「規模が大きくなること」と「会社が成長すること」は違う。売上が伸びて仕事は増えても、人は思うように育たず、仕事の質は高まらない。辞める社員が出ると、その「穴埋め」として中途採用をする。その繰り返しでした。そこで、地元の高校を卒業した人を新卒で採用し、しっかりと育てていく文化をつくりたいと考えました。新卒をイチから育てるのは、遠回りではあるけれども、長い目で見ればきっとプラスになるに違いないと。


創業経営者なら、自分の思いを発信することを中心にしてよいのかもしれません。でも、私は後継者。モットーにしているのは「共感と合意」です。社員が私の思いに「共感」してくれるところまで行けばベストですが、そこまで行かなくても、せめて「合意」だけはしてものごとを進めたい。それが社員のモチベーションを高め、彼らの能力を最大限に発揮することにつながり、結果的につくば食品が社会に貢献できる企業になる――そう信じています。


八巻大介の経歴・略歴

八巻大介、やまき・だいすけ。日本の経営者。「つくば食品」社長。高校卒業後、食品会社勤務を経て家業のつくば食品に入社。取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

中村貞裕

雑誌、書籍、テレビの情報番組、そしてインターネットを通じて、ライフスタイルや流行などについて手当たり次第に情報を仕入れています。海外でも地方でも時間を作っては出掛けて、現地の人気飲食店などの情報を集めています。息を吸うような感覚で、時間があれば情報を集めたり、人に会ったりしています。


武藤真祐

専門職に加え、高い総合力を身につけることで、医師としての可能性を花開かせたいと強く思いました。そこで、自ら2年限定と課して、医療界を離れ、マネジメントを学ぶことを決めました。医療専門職の私に欠けているスキルだと考えたのです。根が単純ですから、当初は海外のMBAスクールに行こうと思いました。しかし、経験者にお話をうかがったところ、「大切なのは実践だ」とアドバイスをいただいた。そこで、世界のトップコンサルティングファームといわれるマッキンゼー・アンド・カンパニーを第2の道として選びました。それまで積み重ねてきた医師という専門性とは全く異なる軸で勝負するわけですが、世界最高峰のコンサルティングファームと言われるところでもやれたことは、自信になりました。


佐々木繁範

仕事を任せるときに重要なのが仕上がりのイメージを伝えること。最終形を部下と共有しておけば、細かい指示は不要になります。部下としてもやり方は任せてもらえた、とやる気も出る。


村上和徳

「年間売上5千万円」といった結果へのコミットか、「1日100件電話する」といった行動へのフォーカスのどちらかを目標とすることで、無理せず自分を乗せていくことができる。


マルクス・アウレリウス・アントニヌス

名声を追う者は、他人の行動に己自身の善を置く。快楽を追う者は、善を己の官能に置く。賢者は己の行いに善を置く。


山本ケイイチ

運動を取り込んだライフスタイルを組み立てることが現代のビジネスマンには求められている。


前川孝雄

上司の良いところを見つけましょう。上司に対してイライラするのは、嫌なところばかり見ているからです。良いところを見つけて、それを言葉で伝えることは、上司との距離を縮める近道になります。


ダライ・ラマ14世

非常に複雑な現実のありようというものを正しく把握しようと思ったら、ひとつの角度からだけその問題をとらえてはいけません。全体的な視野、様々な角度から問題に光を当てる必要があります。


大河正明

Bリーグにもバスケットボール界をより発展させ、より良い未来を築くという使命がありますし、Bリーグは誰のためにあるのかという基本的な考え方はJリーグと同じだと思います。我々はもっともっとバスケットボールをメジャーにしたい。そして、スポーツを通じて、子供からお年寄りまですべての人々が楽しみ、元気になることで日本の活性化に貢献していきたいと考えています。


フロイト

偉大なるレオナルドは生涯を通じて、実のところ子供のままでいたようだ。大人になっても遊ぶことをやめなかった。それで同時代の人たちからは、彼は不思議な、理解しがたい人間に思われたのだ。


田原総一朗

健康の秘訣があるとしたら、脳天気なとこですね。好きなことをやっているだけという気持ちが強いから、悩まない。昔からストレスとは無縁なんです。


鈴木貴子(経営者)

エステーは鈴木喬会長のリーダーシップが強い会社でした。今後は社員一人ひとりがより主体的にならなくてはいけません。これから社員たちと一緒にエステーつくっていきます。


鍵山秀三郎

いくら経済や金融のシステムを発展させても、システムそのものは根本的な問題を解決してくれません。要はシステムを利用する人間の問題です。


森正文(経営者)

人間は話したいし、理解されたい生き物だと思います。相手の話を聞いてあげれば、相手は気持ちよくなる。自分の周りを見ても、好かれる人、一目置かれる人は皆聞き上手です。


定保英弥

解決策が見えないときは、1人で抱え込まずに、周囲の力を借りればいい。


ページの先頭へ