名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

八塩圭子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

八塩圭子のプロフィール

八塩圭子、やしお・けいこ。日本のアナウンサー。東京出身。上智大学法学部法律学科卒業後、テレビ東京に入社。報道局経済部記者を経て、アナウンス室に異動しアナウンサーとして数多くの番組に出演。その後テレビ東京を退社しフリーのアナウンサーとして活躍した。フリーアナウンサーの仕事をこなしつつ法政大学大学院社会科学研究科経営学専攻修士課程修了。関西学院大学商学部の助教授・准教授、学習院大学経済学部経営学科特別客員教授なども務めた。主な著書に『女性アナウンサーという生き方』『八塩式マーケティング思考術』『視聴者のテレビ視聴行動とテレビ局選好の仕組み』など。

八塩圭子の名言 一覧

時間をかければいいものができるかというと、そうではありません。むしろ、与えられた時間内で、いかに集中してアウトプットを出すかの方が、どれだけ準備に時間をかけるかよりも重要だと思います。


できるだけ時間を無駄にしないようにと、自分が意味がないと判断した仕事は、断ることも多いです。


やれば必ずいい経験になる。そう思って、あれもこれもと手を出しています。


私はひとつのことをじっくりやるより、いろんなことを同時にやるのが好きですね。ひとつのことに絞り込むと、それを失ったら突然、行き場がなくなってしまう怖さがありますけど、いくつかやるべきことを抱えていると、かえってバランスがとれている気がします。


私は何かを始めたら、結果にたどり着くことより、過程そのものが楽しいんです。大学院のときだって、いま思えば一緒に学んだ同士とのネットワークこそが、かけがえのないものだったし、日本酒の利き酒師や、ワインコーディネーターの資格も取りましたが、資格そのものより、新しい世界を経験したという気持ちが強かったです。


新しい話をいただいても、最初は「これ以上やりくりできるかな」「できっこないよな」と、恐る恐るの気分です。でも、最初はそろりそろりと抜き足差し足の状態だけど、いよいよ踏み込んだら、もうやらざるを得ない状況に陥って、ようやく集中モードに入るわけです。


イベントなどで、台本もできていないのに1か月も前から打ち合わせをしようとする人がいます。たしかに、ずいぶん前から打ち合わせをすると、準備している気分になって安心するんです。でも、台本もできてないのに打ち合わせしても、結局何も決まらないことが多い。それなら、もっと直前になって、集中して打ち合わせしたほうが、遥かに効率的です。だから、パッと集中して打ち合わせして、直前にやるだけ準備をやって、終わったら終わり。それくらいの気持ちの切り替えも大切だと思います。


直前に集中するスタイルがベストかどうかは、人それぞれだと思います。ただ私は、そうやってアウトプットの機会をつくって、そのタイミングに合わせて事前に準備するというスタイルが、最も自分に合っています。夏休みの最終日状態だからこそ、宿題がはかどるのと同じです。


仕事のパターンを固めておいて、その直前に集中して準備するというサイクルは、アナウンサーの経験から培ったものです。テレビの世界では、とくに生放送の現場は、究極の集中力の現場です。とにかく、その放送だけに集中して、終われば終わりの世界。準備はデッドラインまで集中してやって、温まった状態で、そのまま本番に突入する。本当に集中力の世界です。


いつ、どの仕事の、どの準備をしてというのは、常に自分の頭の中に入っています。ここでこれを考えてと、毎日の中でのルールづくりをしておくわけです。でも、ほとんどは本番の直前に準備です。そもそもアナウンサーの仕事は、直前の集中力が勝負です。


中途半端な時間にダラダラやるのではなく、あくまで集中して直前の2日間に準備する。それまで、大学の仕事にはフタをしています。こうやって集中して準備する方が、細切れ時間でちょくちょく積み重ねて準備するより、私の場合効率がいいんです。


週二日間、大学で教えるのにも、それなりの準備が必要なので、資料作成などは直前に集中して仕上げます。ダラダラやるのは、性に合わないんです。


毎日、いっぱいいっぱいです。いつも時間に追われています。決して時間管理が上手なわけではないんです。でも、直前に集中して、なんとか個々のアウトプットに帳尻は合わせています。


私の場合、結果より過程を大事にするので、スケジュール管理は、実はそれほど重要ではないんです。最初から結果を求める人は、そのためのスケジュールをきちんと組んで、それから段取りを用意して……とやるんだろうけど、私の場合は、時間のやりくりへの関心は正直あまりありません。


八塩圭子の経歴・略歴

八塩圭子、やしお・けいこ。日本のアナウンサー。東京出身。上智大学法学部法律学科卒業後、テレビ東京に入社。報道局経済部記者を経て、アナウンス室に異動しアナウンサーとして数多くの番組に出演。その後テレビ東京を退社しフリーのアナウンサーとして活躍した。フリーアナウンサーの仕事をこなしつつ法政大学大学院社会科学研究科経営学専攻修士課程修了。関西学院大学商学部の助教授・准教授、学習院大学経済学部経営学科特別客員教授なども務めた。主な著書に『女性アナウンサーという生き方』『八塩式マーケティング思考術』『視聴者のテレビ視聴行動とテレビ局選好の仕組み』など。

他の記事も読んでみる

吉野彰

よく、ユーザーの声に耳を傾けるなんて聞きますけどあれはウソでね、旭化成にとってのユーザーはメーカーですが、彼らが本当に困っていることなんて、こちらが引き出そうとしなければ絶対に出てこないものでしょう。そもそも、メーカーの本当のニーズをつかむためには、こちらもそれなりのブツを持っていかないといけません。このリチウムイオン電池の開発にしても、まずはじめは紙のデータで、次にサンプルで、とメーカーに説明に出かけますよね。その時の反応がニーズのすべてなんです。「4.2ボルト……うわ、従来の倍以上ですか!」と、ユーザーの関心は尋常ではありませんでした。小型ビデオカメラを手がけるあるメーカーのそうした反応によって、やはり充電池こそが電気機器小型化の障害だったのだということに確信を持つことができた。


山田進太郎

日本でもフリマアプリには、ヤフー、楽天なども参入しているので、ライバルが多いのは日本と変わりません。ただ、米国勢が運用体制やカスタマーサポートなどを僕らほどうまく作り込めるというイメージは湧きませんね。米国勢が得意とする領域はメルカリとは違います。フェイスブックなら人と人のインタラクション、グーグルだったら検索をコアにしたアルゴリズムです。これまで日本や米国でCtoCのノウハウを培ってきた僕らに、一朝一夕に追い付けないでしょう。


柳井正

世界で甘い企業で成功している企業は一社もない。とくに労働集約的な産業で甘い企業で成功している企業は一社もないと思う。


石井裕(工学者)

会社の持っているリソースで何ができるか、社内でいいアイデアを思いついたら、「社長、これはどうでしょうか」と議論できる環境があれば、いろいろなことが可能になる。社内のコミュニケーションが取れない会社は、厳しい言い方かもしれないけど、この先、生き残るのは難しい。


上田彩子

相手に同調することが大切です。仕草や姿勢といった行動の同調、視線やうなずきといった表情の同調があります。同調すると、相手は自分に共感してくれていると感じ、好感度が上がります。例えば、ある人が会話の最中に顔を触るという仕草をした場合、同じように顔を触った人への好感度が、そうでない人に比べ上がることが、実験的にわかっています。


伊勢谷友介

個人も企業も、地球のために何かしなくてはいけないと気づき、活動しているケースはあります。ただ散発的で横のつながりが薄く、ビジネスではなくコストと捉えがちです。そうではなく、人類が地球のために活動することが仕事になる仕組みをつくれないか。そこがリバースプロジェクトの出発点になりました。


加藤進(住友商事)

彼らは泣いていました。私も思わず涙がこぼれました。事業は人であるということを、このときほど痛感したことはありませんでした。
【覚書き|アメリカのミシガン・スティール・プロセッシングに出向し経営再建を成し遂げ、住友商事に戻ることになったときを振り返っての発言】


池森賢二

単純に考えるということが、なぜか逆転の発想になるのです。世の中の人は複雑に考えすぎているのではないでしょうか。


成毛眞

リスニングやスピーキングの勉強をする時間があるなら、そのぶん英単語を覚えた方がいいでしょう。ラテン語などと違い、英語はそれほど複雑な言語ではないので、単語をつないでいくだけで自分の言いたいことはだいたい伝わりますよ。


水田正道

我々の社会に対する価値というのは、1つは多様性のある働き方をとことんサポートしていくこと、そしてミスマッチの極小化です。これからデジタル社会になりますと、非常に大きなミスマッチが予想されています。最近の報道でもメガバンクの人員削減が出ておりますが、特にホワイトカラーの一部の仕事は、おそらくAIなどに代替されていくことがわかっています。しかし、一方で、ものすごい人手不足です。そこを流動化させることによって生産性を上げていくことが、これからの日本の大きなテーマだと思います。


関根勤

もともとプロのお笑い芸人になるなんて思ってなかったんです。そんな素人がいきなりテレビという舞台に立たされる。もう毎日が公開修業みたいなもんでしたよ。街でちょっとケンカが強かったやつが、いきなりプロだらけのリングに上げられて、負け続けながら鍛え上げられて……という感じでしたよ。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

沈黙が金で雄弁が銀なら、私は迷わず銀を選ぶ。