名言DB

9412 人 / 110637 名言

八塩圭子の名言

twitter Facebook はてブ

八塩圭子のプロフィール

八塩圭子、やしお・けいこ。日本のアナウンサー。東京出身。上智大学法学部法律学科卒業後、テレビ東京に入社。報道局経済部記者を経て、アナウンス室に異動しアナウンサーとして数多くの番組に出演。その後テレビ東京を退社しフリーのアナウンサーとして活躍した。フリーアナウンサーの仕事をこなしつつ法政大学大学院社会科学研究科経営学専攻修士課程修了。関西学院大学商学部の助教授・准教授、学習院大学経済学部経営学科特別客員教授なども務めた。主な著書に『女性アナウンサーという生き方』『八塩式マーケティング思考術』『視聴者のテレビ視聴行動とテレビ局選好の仕組み』など。

八塩圭子の名言 一覧

時間をかければいいものができるかというと、そうではありません。むしろ、与えられた時間内で、いかに集中してアウトプットを出すかの方が、どれだけ準備に時間をかけるかよりも重要だと思います。


できるだけ時間を無駄にしないようにと、自分が意味がないと判断した仕事は、断ることも多いです。


やれば必ずいい経験になる。そう思って、あれもこれもと手を出しています。


私はひとつのことをじっくりやるより、いろんなことを同時にやるのが好きですね。ひとつのことに絞り込むと、それを失ったら突然、行き場がなくなってしまう怖さがありますけど、いくつかやるべきことを抱えていると、かえってバランスがとれている気がします。


私は何かを始めたら、結果にたどり着くことより、過程そのものが楽しいんです。大学院のときだって、いま思えば一緒に学んだ同士とのネットワークこそが、かけがえのないものだったし、日本酒の利き酒師や、ワインコーディネーターの資格も取りましたが、資格そのものより、新しい世界を経験したという気持ちが強かったです。


新しい話をいただいても、最初は「これ以上やりくりできるかな」「できっこないよな」と、恐る恐るの気分です。でも、最初はそろりそろりと抜き足差し足の状態だけど、いよいよ踏み込んだら、もうやらざるを得ない状況に陥って、ようやく集中モードに入るわけです。


イベントなどで、台本もできていないのに1か月も前から打ち合わせをしようとする人がいます。たしかに、ずいぶん前から打ち合わせをすると、準備している気分になって安心するんです。でも、台本もできてないのに打ち合わせしても、結局何も決まらないことが多い。それなら、もっと直前になって、集中して打ち合わせしたほうが、遥かに効率的です。だから、パッと集中して打ち合わせして、直前にやるだけ準備をやって、終わったら終わり。それくらいの気持ちの切り替えも大切だと思います。


直前に集中するスタイルがベストかどうかは、人それぞれだと思います。ただ私は、そうやってアウトプットの機会をつくって、そのタイミングに合わせて事前に準備するというスタイルが、最も自分に合っています。夏休みの最終日状態だからこそ、宿題がはかどるのと同じです。


仕事のパターンを固めておいて、その直前に集中して準備するというサイクルは、アナウンサーの経験から培ったものです。テレビの世界では、とくに生放送の現場は、究極の集中力の現場です。とにかく、その放送だけに集中して、終われば終わりの世界。準備はデッドラインまで集中してやって、温まった状態で、そのまま本番に突入する。本当に集中力の世界です。


いつ、どの仕事の、どの準備をしてというのは、常に自分の頭の中に入っています。ここでこれを考えてと、毎日の中でのルールづくりをしておくわけです。でも、ほとんどは本番の直前に準備です。そもそもアナウンサーの仕事は、直前の集中力が勝負です。


中途半端な時間にダラダラやるのではなく、あくまで集中して直前の2日間に準備する。それまで、大学の仕事にはフタをしています。こうやって集中して準備する方が、細切れ時間でちょくちょく積み重ねて準備するより、私の場合効率がいいんです。


週二日間、大学で教えるのにも、それなりの準備が必要なので、資料作成などは直前に集中して仕上げます。ダラダラやるのは、性に合わないんです。


毎日、いっぱいいっぱいです。いつも時間に追われています。決して時間管理が上手なわけではないんです。でも、直前に集中して、なんとか個々のアウトプットに帳尻は合わせています。


私の場合、結果より過程を大事にするので、スケジュール管理は、実はそれほど重要ではないんです。最初から結果を求める人は、そのためのスケジュールをきちんと組んで、それから段取りを用意して……とやるんだろうけど、私の場合は、時間のやりくりへの関心は正直あまりありません。


八塩圭子の経歴・略歴

八塩圭子、やしお・けいこ。日本のアナウンサー。東京出身。上智大学法学部法律学科卒業後、テレビ東京に入社。報道局経済部記者を経て、アナウンス室に異動しアナウンサーとして数多くの番組に出演。その後テレビ東京を退社しフリーのアナウンサーとして活躍した。フリーアナウンサーの仕事をこなしつつ法政大学大学院社会科学研究科経営学専攻修士課程修了。関西学院大学商学部の助教授・准教授、学習院大学経済学部経営学科特別客員教授なども務めた。主な著書に『女性アナウンサーという生き方』『八塩式マーケティング思考術』『視聴者のテレビ視聴行動とテレビ局選好の仕組み』など。

他の記事も読んでみる

樋口泰行

BtoBソリューションの起点となるのはお客様です。そのお困りごとを解決するためにあらゆる当社資源を組み合わせ、時には他社製品をも含めることで、お客様が本当に求めるものを仕立てていく。


デービッド・アトキンソン

日本のアナリストが書いた本の多くは、キャッチフレーズを並べているだけで、データ分析が足りません。私も執筆中、常識だと思って書いたことが、後にデータと照らし合わせると、結果がまったく違ったことが何度かありました。それほどデータは大切なのに、なぜか日本ではそれを指摘する声が少ない。


福地茂雄

風任せ、潮任せの経営をするわけにはいきません。もし計画なしにNHK丸を出港させれば、3年後にはとんでもない港に着いているかもしれません。そこで、3年先にどこの港に船を着けるのかという目的地を中期計画ではっきり示し、毎年の年次計画では、その航路から外れていないかどうかをチェックすることにしました。


西山昌彦

一番大切なのは、経営者自身が仕事を楽しむことです。そうでなければ、社員が楽しめるはずがありませんから。


岡田武史

最初のうちは、いろいろなところで夢を語って歩いているだけで、お金や人がどんどん集まってくるという感じでした。ところが、実際に経営を始めてみると、すぐに現実の厳しさに打ちのめされました。正直、経営がこんなに大変だとは思いもしませんでした。もちろんサッカーの監督にもプレッシャーはあります。ただ、その質が全然違うのです。一番苦しいのは、途中でやめられないこと。個人で戦っている選手や監督は、結果が出なければ自分が辞めるのみです。ただ、経営者の両肩には従業員とその家族の生活が乗っていて、自分だけ逃げ出すわけにはいかない。60名におよぶ選手やスタッフたちに、何があっても月末には給料を払わなければならない。プレッシャーで寝られないなんて日本代表監督時代すらなかったのに、オーナーになってからは資金繰りが気になって、夜中に何度も目が覚めるのです。これまで経営者向けに講演をすることもあったのですが、いかに自分が何も知らずに語っていたかに気づかされました。


山本真司

考える前の心構えも大事です。思考はとてもハードな作業なので、目標を高くしないと耐えられない。「この企画では絶対に他人に負けない」「みんながびっくりするようなものを出す!」と心を決める。適当に考えても、ろくなものはできません。


伊藤雅俊(味の素)

最近の若い世代は海外勤務を熱烈に希望する社員が少なくありません。それだけ開拓者精神が浸透している証拠でしょう。実際、当社の管理職の3分の1、取締役以上の役員の3分の2は海外勤務経験者です。いわば開拓者精神が会社を支えているのです。


鈴木喬(経営者)

反対意見が多いことほど、実行する価値がある。


小倉昌男

悪い環境から脱するには、全然別の場所に移り、まったく新しいところで仕事をしたらどうかと考えた。
【覚書き|ヤマト運輸が工場と店舗間の商業輸送から、個人間の宅急便に業態を変化させた理由について語った言葉】


柳井正

安全に階段を上がっていくような世界は、ビジネスではあり得ない。


伊庭正康

できる人の多くは「○○さんにメールする」「手土産を買う」といった、小さなTODOを予定欄に書いている。小さなTODOといっても、頭の中で記憶していると、つい気になって、目の前の仕事に集中できなくなるものです。しかし、書き込んでしまえば、記憶する必要がなくなるので、大事なことに意識を集中できるのです。


嶋津良智

人間には所属の欲求があります。まわりから必要とされてこそ、自分の存在価値が実感できます。職場であれ、社会であれ、自分の強みを活かすステージを見つけることが、稼ぐ以上に自分の人生を豊かに楽しむポイントだと思います。


出口治明

読書法について言えば、私が一番嫌いなのは速読です。速く読めて時間の有効活用だと思っている人がいるかもしれませんが、速読は時間のムダでしかありません。思考を追体験するというのは、より具体的に言えば「どうしてこう考えたのか?」という思考のプロセスを追っていくことです。丁寧に読むからこそ、思考のプロセスを理解することができるのです。


川上量生

「着メロ」にせよ「ニコニコ動画」にせよ、経営者になってから作った新しいサービスの動機は何かというと、「このままだと(日本のコンテンツ業界は)本当にやばい」という危機感なんですね。危機感が僕に命令を与えたというか、もう義務感ですね。


及川光博

デビュー当時は、いまと違ってコンピューターで音をいじったりできませんでしたから、生のライブに来る100人のお客様を感動させられなければ、全国の1000人のリスナーを満足させることはできない。実力主義でしたよ。メジャー、インディーズなんていう定義もなく、客を集める実力のある人しかプロになれなかったんです。だからライブハウスでのファンの動員を増やすための努力はしましたね。