名言DB

9412 人 / 110637 名言

八城政基の名言

twitter Facebook はてブ

八城政基のプロフィール

八城政基、やしろ・まさもと。新生銀行会長。京都大学法学部および東京大学大学院卒業。エッソ石油に入社。社長まで勤め上げる。その後、シティバンク子会社などを経て新生銀行の役員となる。

八城政基の名言 一覧

アメリカの会社はとにかく人を育てるのに熱心でね。この男のいいところを引き出そうと、いろいろチャンスを与えられた。僕の経営者としての能力は、そこで完全に作られた。


日本の大企業は30代半ばまで誰もが平等に扱われるから、有能だった人も平均点になっちゃう。企業でも政治でも、リーダーなんて自然に出てきやしないよ。作らなくちゃ。その人が能力を発揮できる環境を作って、ダメなやつは落としていく。


老人はもう、黙っていればいいんだ。退職金をもらってさっさと辞める。それが一番大切だよ、日本再生には。


日本で高度成長が起きたのも、敗戦で古い世代の人がみんな辞めさせられて、経営者が一気に若くなったから。会社でも、30歳で候補を見つけて45歳で社長にするくらいのことが必要だよ。


日本企業は従業員経営ではなく、スローガン経営だと思います。従業員のために経営をしていると言いながら、業績を上げて、他社より高い給料を払うことはできない。それから、余剰人員をじっと抱えて、生産に貢献していない人たちの給料まで払わないといけないということは、一生懸命働いている人にとってはマイナスになります。しかし、それはあくまでも現象です。雇用の根本問題は労働の流動性がないことだと思います。


日本の企業形態そのものが根本の問題です。新卒後に就職した企業に定年まで勤め続ける人がほとんどのため、人材の流動性が見られません。そのため、新しいものの考え方や発想が出にくい。みんなが同じことを考え、同じことをしなければならない。チャレンジしても、その声は少数ゆえに消されてしまいます。


会社のためではなく、自分のために働かなければいけません。日本の社員はロイヤリティ(忠誠心)が高いと言われていますが、その社員を路頭に迷わせるような経営を企業はしているわけです。ですから、これまで日本型経営の優れた点とされてきたことを根本的に見直していく必要があると思います。


私は新入社員に4年ぐらい言い続けていることがあります。それは、この銀行に長くいる必要はないということです。ここにきて働く以上、毎日が自分にとってチャレンジであるようにと。新しいことを知り、知識を増やし、能力をつけなさい。その能力をもっと高く買ってくれるところがあたら、そこへ行ってもかまわないと。


秩序と安定を大切にした日本社会が、いかにして変化を再生に生かしていくかが重要になってきます。あくまでも変化を避けて通ってはいけません。むしろ、みずからが変化を起こすくらいの気概を持つべきだと考えています。


僕の人生は、みんなワイフが決めたようなものだね。アメリカの石油会社に就職したのも、大学院を卒業して子供が生まれて「大学の先生になれるか分からないから、働いたら」と。定年後にシティバンク、新生銀行に呼ばれたのも、ワイフのおかげだ。


八城政基の経歴・略歴

八城政基、やしろ・まさもと。新生銀行会長。京都大学法学部および東京大学大学院卒業。エッソ石油に入社。社長まで勤め上げる。その後、シティバンク子会社などを経て新生銀行の役員となる。

他の記事も読んでみる

籠屋邦夫

話し始めると、聞き手が怪訝そうな表情をしていることがあります。これは、あなたが的外れな話をしているサイン。外国人だと「私の聞きたい話はそういう話ではない」とはっきりと言いますが、日本人はなかなか言いませんし、顔に出さない人もいます。だから、こちらから「ここまで聞いていかがですか?」と尋ねるわけです。こうやって方向性を確認しながら話していくと、聞く耳を持ってもらえます。


松野小百合

新興国は日本人が思う以上に速く変化している。途中の技術革新を飛ばして、何もないところに最先端が現れる。日本人は、新興国は日本と同じように何十年もかけて発展していくだろうと考えているが、その感覚ではすべてに後れを取ってしまう。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

お金の管理はテクニックの問題と考える人は多いですが、私は、7~8割方は心の問題だと思っています。自分の心をコントロールできるかどうかが、お金に困らない人になれるかどうかの境目なのです。


岡野雅行(岡野工業)

技術は盗むもんだと思ってる。給料払ってるのはこっちなんだ。なんで、給料払う方が懇切丁寧に教えて差し上げなきゃならない?そんな間尺に合わないことはないじゃねえか。腕のいい職人の技術を盗んで一丁前になるには、なんていったってやる気だね。いまは俺が修業した時代とは違うし、褒めてやる気を出してくれるんなら、いくらだって俺は褒めるね。気前にゃ自信があるし、大盤振る舞いは得意なんだ。


竹内一郎

私はコミュニケーションの専門家として、化粧品、保険、不動産など、さまざまな分野のセールスのプロに講演をさせていただくことがよくあります。そこでいつも感じることですが、売っている人ほどしゃべらない。ペラペラしゃべるよりも、お客様をしっかり観察して、話を聞いて、何を求めているかを受信することのほうが大事だということを知っているからでしょう。


松下幸之助

一心不乱でやる、そうするとまわりもただ見てばかりはいないものです。一心不乱という本当に真剣な姿を見ていると、そこには必ず何か教えられるものが出てくる。まわりの人々は、いちいち言わんでも、手伝うし、働く。


寺田直行

創業以来、野菜を栽培する生産農家と契約栽培に取り組んできました。カゴメは加工用トマトと生食用トマトについて全国各地の農家と契約しており、カゴメの担当者が各契約農家の畑や施設菜園を巡回し、独自の栽培ノウハウを提供しているのです。栽培した野菜はカゴメが全量買い取るため、契約農家のやる気も出てきます。


津曲孝

調理とは調和、つまりバランスですから、いい材料といい組み合わせが重要です。その意味では我々パティシエは仲人、コーディネーターです。


野坂英吾

私自身もこれまで無意識に出来たと思っていたことも、よく考えてみると先輩経営者から教えてもらった話を自分流に取り入れたものだと気付きました。ですので、私たちよりも若い世代の人たちが、「野坂さんの事例を参考にして、会社が成長しました」と言って貰えたら幸いです。


辻口博啓

ストレス解消法はお菓子をつくることと、考えても仕方ないと思ったら眠ることです。


藤田晋

時間をかけて新卒を教育するには、離職率を下げる必要がありました。家賃補助やリフレッシュ休暇などの福利厚生を充実させたり、懇親会や部活動で社内活性化を図るなど、日本的経営に範をとった施策を重ねた結果、離職率は目に見えて減っていきました。ネットバブル崩壊当時30%だった離職率が、現在では10%未満まで減少しています。


高島徹治

資格試験の勉強で大切なのは、勉強を楽しむ意識に切り替えることです。試験勉強は受験以来、という人も多いでしょう。そして大半の人には、「勉強は辛いもの」という意識が染みついているはずです。まずはその思い込みを捨てることから始めましょう。たとえば、お気に入りのカフェや休日の図書館など、居心地のいい場所を見つけてそこで勉強すれば、気分よく進められます。また、そもそも社会人の勉強は、机の前で行なう必要すらありません。私は中小企業診断士の勉強をしていた際、資格スクールで授業を受けたあとに居酒屋に立ち寄り、一杯飲みながら復習することを楽しみにしていました。


平井伯昌

今、私たちができることとは何だろうか。君たちは日本を代表する競泳選手であり、私はコーチだ。私たちには水泳しかない。(東日本大震災からの)復興は長期戦になるかもしれない。だからこそ、私たちがまずやるべきことは目の前に迫った選考会できちんと結果を残すことではないのか。


後藤忠治

私自身は水泳を辞めてから事業を始めたわけですが、当時は「フィットネス」という言葉はありませんでした。それでもこのビジネスを始めようと思った最大の理由は五輪選手として出場した1964年の東京五輪でメダルを獲得できなかったからです。当時、私たちは期待をされていました。正直に言って、私自身も出場できればメダルは獲れるだろうと、どこかで思っていたのですが、現実には獲れませんでした。それ以来、メダルを獲れなかったことに対する忸怩たる思いはずっと持っていました。私がこの事業を始めた契機は、次世代を担う選手を育てたいという気持ちがあったからなのです。


高橋克徳

社員のやる気低下が業績不振を招く、辞める社員が増えて人材が流出するなど、社員のストレスは会社にとっても大きなダメージになりうるのです。