名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

八城政基の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

八城政基のプロフィール

八城政基、やしろ・まさもと。新生銀行会長。京都大学法学部および東京大学大学院卒業。エッソ石油に入社。社長まで勤め上げる。その後、シティバンク子会社などを経て新生銀行の役員となる。

八城政基の名言 一覧

アメリカの会社はとにかく人を育てるのに熱心でね。この男のいいところを引き出そうと、いろいろチャンスを与えられた。僕の経営者としての能力は、そこで完全に作られた。


日本の大企業は30代半ばまで誰もが平等に扱われるから、有能だった人も平均点になっちゃう。企業でも政治でも、リーダーなんて自然に出てきやしないよ。作らなくちゃ。その人が能力を発揮できる環境を作って、ダメなやつは落としていく。


老人はもう、黙っていればいいんだ。退職金をもらってさっさと辞める。それが一番大切だよ、日本再生には。


日本で高度成長が起きたのも、敗戦で古い世代の人がみんな辞めさせられて、経営者が一気に若くなったから。会社でも、30歳で候補を見つけて45歳で社長にするくらいのことが必要だよ。


日本企業は従業員経営ではなく、スローガン経営だと思います。従業員のために経営をしていると言いながら、業績を上げて、他社より高い給料を払うことはできない。それから、余剰人員をじっと抱えて、生産に貢献していない人たちの給料まで払わないといけないということは、一生懸命働いている人にとってはマイナスになります。しかし、それはあくまでも現象です。雇用の根本問題は労働の流動性がないことだと思います。


日本の企業形態そのものが根本の問題です。新卒後に就職した企業に定年まで勤め続ける人がほとんどのため、人材の流動性が見られません。そのため、新しいものの考え方や発想が出にくい。みんなが同じことを考え、同じことをしなければならない。チャレンジしても、その声は少数ゆえに消されてしまいます。


会社のためではなく、自分のために働かなければいけません。日本の社員はロイヤリティ(忠誠心)が高いと言われていますが、その社員を路頭に迷わせるような経営を企業はしているわけです。ですから、これまで日本型経営の優れた点とされてきたことを根本的に見直していく必要があると思います。


私は新入社員に4年ぐらい言い続けていることがあります。それは、この銀行に長くいる必要はないということです。ここにきて働く以上、毎日が自分にとってチャレンジであるようにと。新しいことを知り、知識を増やし、能力をつけなさい。その能力をもっと高く買ってくれるところがあたら、そこへ行ってもかまわないと。


秩序と安定を大切にした日本社会が、いかにして変化を再生に生かしていくかが重要になってきます。あくまでも変化を避けて通ってはいけません。むしろ、みずからが変化を起こすくらいの気概を持つべきだと考えています。


僕の人生は、みんなワイフが決めたようなものだね。アメリカの石油会社に就職したのも、大学院を卒業して子供が生まれて「大学の先生になれるか分からないから、働いたら」と。定年後にシティバンク、新生銀行に呼ばれたのも、ワイフのおかげだ。


八城政基の経歴・略歴

八城政基、やしろ・まさもと。新生銀行会長。京都大学法学部および東京大学大学院卒業。エッソ石油に入社。社長まで勤め上げる。その後、シティバンク子会社などを経て新生銀行の役員となる。

他の記事も読んでみる

小飼弾

私は本の選び方にしても特別なノウハウを持っているわけではありません。良い本との出会いは人間同士の相性と同じで、自然と出会えるものです。


寺島進

やっぱり、壁にぶちあたったら、ぶち壊さなきゃ前に進めない。それなら壊れるまで叩くしかないと思うんです。たとえば、その壁は100回叩いたら壊れるとします。30回叩いて諦める人がいる。56回や88回、あるいは99回でやめた人もいたかもしない。誰にも、この壁は100回叩けば壊れるってわからないから。そこで、諦めないって気持ちで叩き続けてたら、目の前の壁が壊れる瞬間があるんじゃないかな。収入が減っても、失敗してもさ。気持ちだけは下げないで頑張ったらいいと思うよね。


川村元気

(『超企画会議』を)読み返してみたら自分でも、今までで一番楽しそうに書いているなあと思いました(笑)。編集者からの最初の依頼は、こんな発想で映画を作っています、こんなふうにアイデアをひねり出しています……という企画術の本だったんですよ。でも、そういう本を書くことに抵抗があって。ビジネス書的に真面目に情報を羅列されても、読んでいて「あなたはそうかもしんないけどさ」と思っちゃうタイプなんですよね、僕自身が。自分の中に伝えたいことがあるなら、それを直接的に言うんじゃなく、ストーリーにして伝えるべきじゃないかと思ったんです。


古田新太

趣味はないですね。だから、オンとオフの切り替えとか気分転換も必要ないんです。一生懸命に役者として稽古や撮影をして、それ以外は飲むお金と時間があれば満足(笑)。


桑畑英紀

もう少しまとまった仕事を任せて欲しいなと感じている能力ある部下に、一方的に細かすぎる指示を出して従わせ、形式的な報告を求める。これでは部下の自主性は育ちません。


金柿秀幸

いまは4万作品以上を販売していますが、もともと絵本ナビは絵本の情報を提供するメディアサイトとしてスタートしました。後にユーザーの利便性を考えて、絵本が買えるようにしました。


植木義晴

仕事は好きになった者勝ち。


ロバート・キヨサキ

いますぐ始められる一番簡単な方法の一つは、「友を慎重に選ぶ」ことだ。お金に無頓精な人、お金を汚らわしいと思っている人、お金について「貧しい現実」しか知らない人と付き合っていても経済的自由は得られない。


冨永照子

昭和39年の東京オリンピックでテレビが普及して、日本人の娯楽が変わってしまったの。いつもにぎわっていた浅草の映画館街もさびれてしまって、町は荒れるし、どうにかして人を浅草に呼ばなきゃと最初に思いついたのがロンドンの2階建てバスを浅草で走らせるイベント。ロンドンも浅草も下町だから面白いと思いました。バスを買うお金がなくて、いろいろな企業を回って出資をお願いしたけど、当時は「おかみさん会」の知名度がなくて相手にしてもらえませんでした。それで、浅草の飲食店街への営業に力を入れていたサントリーの佐治敬三社長(当時)に「おかみさんたちの店でウイスキーを売るから」とかけあって、1500万円出してもらいました。でも、いろいろな規制があって、乗り合いバスとしては運行できないことがわかり、お客様から運賃をとってはいけないことになりました。そこで知恵を絞り、乗る際に「記念グッズ」を買っていただくということにして採算を合わせました。2階建てバスには、おかげさまで上野駅の朝のラッシュ並みにお客様が来てくださった。


田﨑史郎(田崎史郎)

相手に食い込むために、心がけたのは、とにかく誘われたら、絶対に断らないこと。それがゴルフだろうと、なんであろうと。「今夜、空いてるか?」と言われたら、すぐに「はい!」と言ってついて行く。女房に「その日は約束してたのに……」と言われるのは、もうしょっちゅうでしたよ。


山口周

チャートをつくる際には、「プレグナンツの法則」を知っておくといいでしょう。プレグナンツの法則には、「近接の要因」というものがあります。これは、近くにあるものは同じグループとして認識してしまう、というものです。スライドも、同じグループのものを近くに配置し、違うグループのものとのあいだに距離を開けることで、わかりやすくなります。


西本逸郎

サイバー攻撃の手法は急速に進化しています。それに追いつくためには研究開発を怠らず、最新の知識や高いスキルを持つ技術者を確保する必要もあります。当社の優秀な技術者を他社が引き抜くケースが増えており、人材争奪戦をどう勝ち抜くかが目下の経営課題です。現場で得たノウハウを基に最先端の研修プログラムを作り、人材の早期育成に力を入れていきます。