名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

八城政基の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

八城政基のプロフィール

八城政基、やしろ・まさもと。新生銀行会長。京都大学法学部および東京大学大学院卒業。エッソ石油に入社。社長まで勤め上げる。その後、シティバンク子会社などを経て新生銀行の役員となる。

八城政基の名言 一覧

アメリカの会社はとにかく人を育てるのに熱心でね。この男のいいところを引き出そうと、いろいろチャンスを与えられた。僕の経営者としての能力は、そこで完全に作られた。


日本の大企業は30代半ばまで誰もが平等に扱われるから、有能だった人も平均点になっちゃう。企業でも政治でも、リーダーなんて自然に出てきやしないよ。作らなくちゃ。その人が能力を発揮できる環境を作って、ダメなやつは落としていく。


老人はもう、黙っていればいいんだ。退職金をもらってさっさと辞める。それが一番大切だよ、日本再生には。


日本で高度成長が起きたのも、敗戦で古い世代の人がみんな辞めさせられて、経営者が一気に若くなったから。会社でも、30歳で候補を見つけて45歳で社長にするくらいのことが必要だよ。


日本企業は従業員経営ではなく、スローガン経営だと思います。従業員のために経営をしていると言いながら、業績を上げて、他社より高い給料を払うことはできない。それから、余剰人員をじっと抱えて、生産に貢献していない人たちの給料まで払わないといけないということは、一生懸命働いている人にとってはマイナスになります。しかし、それはあくまでも現象です。雇用の根本問題は労働の流動性がないことだと思います。


日本の企業形態そのものが根本の問題です。新卒後に就職した企業に定年まで勤め続ける人がほとんどのため、人材の流動性が見られません。そのため、新しいものの考え方や発想が出にくい。みんなが同じことを考え、同じことをしなければならない。チャレンジしても、その声は少数ゆえに消されてしまいます。


会社のためではなく、自分のために働かなければいけません。日本の社員はロイヤリティ(忠誠心)が高いと言われていますが、その社員を路頭に迷わせるような経営を企業はしているわけです。ですから、これまで日本型経営の優れた点とされてきたことを根本的に見直していく必要があると思います。


私は新入社員に4年ぐらい言い続けていることがあります。それは、この銀行に長くいる必要はないということです。ここにきて働く以上、毎日が自分にとってチャレンジであるようにと。新しいことを知り、知識を増やし、能力をつけなさい。その能力をもっと高く買ってくれるところがあたら、そこへ行ってもかまわないと。


秩序と安定を大切にした日本社会が、いかにして変化を再生に生かしていくかが重要になってきます。あくまでも変化を避けて通ってはいけません。むしろ、みずからが変化を起こすくらいの気概を持つべきだと考えています。


僕の人生は、みんなワイフが決めたようなものだね。アメリカの石油会社に就職したのも、大学院を卒業して子供が生まれて「大学の先生になれるか分からないから、働いたら」と。定年後にシティバンク、新生銀行に呼ばれたのも、ワイフのおかげだ。


八城政基の経歴・略歴

八城政基、やしろ・まさもと。新生銀行会長。京都大学法学部および東京大学大学院卒業。エッソ石油に入社。社長まで勤め上げる。その後、シティバンク子会社などを経て新生銀行の役員となる。

他の記事も読んでみる

大山健太郎

19歳の時からオーナーとして当社を経営してきて、モノ作り、営業、管理……と、私は常に会社全体を見てきました。だから、「全体最適化」がまず先にあり、その前提で「部分最適化」を考える癖がついています。


鎌田實

人と歩調を合わせることも大事だが、それだけでは一人前になれない。自分にしかできないこと、本当にしたいことを見つけ、行動することが大切。何も見つからないなら、人とは違う色のスーツを選ぶなど、外見から変えていくといい。


正垣泰彦

世の中ってどんどん変わっていくんですよ。変化することが大事なんです。放射能の問題も変化するきっかけだと捉えています。農業はもちろん、畜産も漁業も絶対、これを機にいままでのやり方から進化すべきですよね。


大西洋

新宿の伊勢丹は、元々は駅から遠かった。駅から遠いので、とにかく自分たちのお店にしかないもの、他と違う商品開発をするというDNAが歴史的にある。


田中優子(江戸文化研究者)

社会的自己肯定力とは、主に競争に勝つことで得られるものです。そのため、初めは勝てても競争が別の次元に移ると、勝てなくなる場合があります。AI時代への移行などは、その典型でしょう。そのため、社会的自己肯定力は相対的に揺らぎやすいもので、それだけでは不十分です。むしろ重要なのは、基本的自己肯定力です。それは、自分にはできる、という自信のことですから、小さな頃から育てられます。また、小さな頃に育て損なったとしても、大きくなってからも身に付けられます。そのためにも、我々のような大学も、そうした力を育むことに力を入れなくてはなりません。


亀井忠夫

日建設計は近年、「ライフサイクルデザイン」という戦略を掲げています。設計だけでなく、川上である事業計画の立案や、建築後のメンテナンス、改修計画まで仕事の範囲を広ける取り組みです。


己之上潤二

我々は、常に技術面で先行し、お客様の競争力に貢献することを願っています。たとえば、取引先企業の研究開発部とは、素材、熱処理、加工できめ細かい意志疎通を図っています。


今給黎勝

チームの要件とは「全員が実現すべき目標を共有していること、その実現のためにそれぞれが役割を分担していること、さらにはその分担を超えて目標実現のために尽くす連帯責任を持っている」こと。


山崎将志

一度、やっていることの習慣を見直して、やるべきことに優先順位をつけて、あとは実践する。それだけで「できない自分」が「できる自分」に生まれ変わる。


草間三郎

断る経験は誰もしていますが、何かを断ったり、断られたりする場合は、だいたい断られる側にも不備があると考えたほうがいいでしょう。商売は個人対個人です。相手の立場に立って、断ることが相手にとっていいことだという信念と確信があれば、断られた方も納得してくれます。


小杉俊哉

日本語で「運」というと、思いがけず天から降ってきたもののように、受け身で捉えがちです。「運がいい」というのは、偶然が重なったにすぎない。そのよし悪しは不可抗力で、自分から働きかけてどうにかなるものではない、との捉え方が一般的でしょう。では、英語で「運」を意味する「luck」はどうでしょうか。「luck」は、日本語の「運」と異なり、いいも悪いもない中立的な意味が第一義になっています。中立ですから、問題はどう能動的に働きかけるかです。つまり、「luck」を生かすも殺すも、それは自分次第であり「自分の働きかけによって手にすることができるもの」と捉えられているのです。


本田健

お金持ちになりやすいのはお金に縁のない家庭で育った子供です。普通のサラリーマンの家庭で育った子供は、お金持ちにはなりにくいです。お金について何も考えずに育った人は不利です。