八城政基の名言

八城政基のプロフィール

八城政基、やしろ・まさもと。新生銀行会長。京都大学法学部および東京大学大学院卒業。エッソ石油に入社。社長まで勤め上げる。その後、シティバンク子会社などを経て新生銀行の役員となる。

八城政基の名言 一覧

アメリカの会社はとにかく人を育てるのに熱心でね。この男のいいところを引き出そうと、いろいろチャンスを与えられた。僕の経営者としての能力は、そこで完全に作られた。


日本の大企業は30代半ばまで誰もが平等に扱われるから、有能だった人も平均点になっちゃう。企業でも政治でも、リーダーなんて自然に出てきやしないよ。作らなくちゃ。その人が能力を発揮できる環境を作って、ダメなやつは落としていく。


老人はもう、黙っていればいいんだ。退職金をもらってさっさと辞める。それが一番大切だよ、日本再生には。


日本で高度成長が起きたのも、敗戦で古い世代の人がみんな辞めさせられて、経営者が一気に若くなったから。会社でも、30歳で候補を見つけて45歳で社長にするくらいのことが必要だよ。


日本企業は従業員経営ではなく、スローガン経営だと思います。従業員のために経営をしていると言いながら、業績を上げて、他社より高い給料を払うことはできない。それから、余剰人員をじっと抱えて、生産に貢献していない人たちの給料まで払わないといけないということは、一生懸命働いている人にとってはマイナスになります。しかし、それはあくまでも現象です。雇用の根本問題は労働の流動性がないことだと思います。


日本の企業形態そのものが根本の問題です。新卒後に就職した企業に定年まで勤め続ける人がほとんどのため、人材の流動性が見られません。そのため、新しいものの考え方や発想が出にくい。みんなが同じことを考え、同じことをしなければならない。チャレンジしても、その声は少数ゆえに消されてしまいます。


会社のためではなく、自分のために働かなければいけません。日本の社員はロイヤリティ(忠誠心)が高いと言われていますが、その社員を路頭に迷わせるような経営を企業はしているわけです。ですから、これまで日本型経営の優れた点とされてきたことを根本的に見直していく必要があると思います。


私は新入社員に4年ぐらい言い続けていることがあります。それは、この銀行に長くいる必要はないということです。ここにきて働く以上、毎日が自分にとってチャレンジであるようにと。新しいことを知り、知識を増やし、能力をつけなさい。その能力をもっと高く買ってくれるところがあたら、そこへ行ってもかまわないと。


秩序と安定を大切にした日本社会が、いかにして変化を再生に生かしていくかが重要になってきます。あくまでも変化を避けて通ってはいけません。むしろ、みずからが変化を起こすくらいの気概を持つべきだと考えています。


僕の人生は、みんなワイフが決めたようなものだね。アメリカの石油会社に就職したのも、大学院を卒業して子供が生まれて「大学の先生になれるか分からないから、働いたら」と。定年後にシティバンク、新生銀行に呼ばれたのも、ワイフのおかげだ。


八城政基の経歴・略歴

八城政基、やしろ・まさもと。新生銀行会長。京都大学法学部および東京大学大学院卒業。エッソ石油に入社。社長まで勤め上げる。その後、シティバンク子会社などを経て新生銀行の役員となる。

他の記事も読んでみる

藤井美保代

「やらないことを決めている」のが「できる人」の大きな特徴。人に任せても良い仕事を自ら抱え込んだり、重要性・必然性のない仕事を慣例だからと漫然と続けたりするのはやめましょう。


上村光弼

これまで何人も超一流のビジネスパーソンにお目にかかってきましたが、共通しているのは、夢を追いかけたというより、目の前の仕事に必死で取り組むことからキャリアを切り開いてきたという点です。


高城幸司

営業という言葉の定義は広い。途上国に数千億円のプラントを売るのも、飛び込みでシュレッダーを売るのも、同じ営業に括られる。それは「お客の接点になる」という点では共通だからだ。どんな会社でもモノを売るのは営業の仕事だ。


鎌田富久

成功する秘訣はただひとつ、成功するまで続けられるかどうかだと思っています。エンジェル投資家にとっても、起業家が途中で諦めるというのが一番のリスクです。成功するまで辛抱強く頑張る、というのは一番重要です。


北尾吉孝

小説を読んでも自分が主人公だったらどうするか、テレビを見ても自分だったらどうか、常に自分を主人公にする習慣を心掛けていました。この習慣によって僕の主体性がつくられていったのではないかと思います。そういうことをずっとやってきた。


尾崎元規

人材として困るのは、仕事の選り好みをしたり、自分の専門性に拘泥して、仕事の入り口を限定してしまう人です。


松本大

お金にうまく働いてもらうということは、有望な投資先に資金を投じるということ。


成尾友良

当社の50年の歴史とその間積み重ねた技術が、現在のシェアにつながっている。


柴田励司

「人間関係がキツイ」「労働環境がキツイ」「仕事そのものが困難である」という修羅場の中で、とにかくきっちりやって成果をあげることです。いくつも会社を変える20代の人がいますが、私には履歴書を汚しているとしか思えません。「石の上にも3年」「若いうちは雑巾がけ」というのはいまも変わらない教えだと思っています。


藤沢久美

経営者を見ていると、性格の違う家族を温かく見守って、いざというときは自ら行動する人が多いので。経営者に求められるものが、父性から母性へと移っているような気がするんです。


村上憲郎

日本DECで営業部長と人工知能技術センター長を務めていた私は、1986年に米国のDEC本社に赴任することになりました。折しもプラザ合意の直後のことです。アメリカに赴任したての自分は、その影響を生々しく体感することになりました。米国の給料は、プラザ合意以前の1ドル=235円程度のレートで計算して決められたものだったため、赴任した途端に円換算した場合の給料が激減してしまうことになったのです。それまでの私にとって、為替レートはニュースのトピックに過ぎませんでした。しかし、事が自分の給料ということになると感じ方が違ってきます。「なるほど、国境を超えてビジネスをするというのはこういうことなのか」と思い知りました。


東平豊三

経営はスピードが命。思いついたらすぐやる。やって失敗したら撤退する。次のプランを実行する。そのためには意思決定権を分けないほうがいい。


塚越寛

一般の会社だと、社員持ち株会などをつくって、株をわけたりします。そかし、それくらいのことでは、社員は会社を家庭だとは思いません。そこで、まずは情報を共有することにしました。当社では幹部だけが知っている数字などありません。製品をどれだけ売って、どれだけ儲かったかは社員なら誰でも知っています。また、リストラをやったことはないし、これからもしないつもりです。給料も地元では高い方です。社員旅行も、一年おきに海外へ出かけています。万が一、社員や家族の身に何か起きたら、私が完全に面倒を見ます。


出口治明

責任者という立場は、ストレスがあって当たり前です。リーダーはストレス耐性が強くなければ務まりません。だから、ストレスを解消する方法をきちんと自分で見つけておくことも大事です。


枡野俊明

世の中、思い通りに物事が進まない確率の方が高い。そうした現実に気づき、受け入れるには時間と経験が必要。


ページの先頭へ