名言DB

9413 人 / 110706 名言

八剱洋一郎の名言

twitter Facebook はてブ

八剱洋一郎のプロフィール

八剱洋一郎、やつるぎ・よういちろう。日本の経営者。「ウィルコム」「SAPジャパン」社長。東京工業大学理学部卒業。日本IBM・ネットワークサービス事業部長、AT&Tグローバル・サービス社長、日本テレコム(のちのソフトバンクテレコム)取締役執行役副社長、ウィルコム社長、SAPジャパン上級副社長・社長、ワークスアプリケーションズ最高顧問などを務めた。

八剱洋一郎の名言 一覧

あるプロジェクトを成功させたとしても、そのチームの一員であったというだけでは評価されない。


欧米の考えだからといって迎合するのではなく、異文化の価値観を融合しながら最適解を生み出していく、そのスタンスが重要。


海外と日本の事情が違う場合、なぜ日本では違うルールが存在するのか。むしろ海外ルールよりも日本ルールのほうが合理的ではないのか。相手とのこういった議論を重ねながら、合意点を見つけて、解決策を提示し、実行できる人材。それがグローバル人材だと思います。


いくつかの日本独自の業務プロセスがグローバルスタンダードとして導入されたという経験があります。海外から学ぶことは重要です。しかし、それを一方的、無条件に受け入れるのがグローバル化ではないと私は考えます。


日本という枠を取り払ったとき、あなたの市場価値を測る尺度は、所属している企業ブランドでもポジションでもなく「自分の力で何をしたか」という仕事の中での経験です。


八剱洋一郎の経歴・略歴

八剱洋一郎、やつるぎ・よういちろう。日本の経営者。「ウィルコム」「SAPジャパン」社長。東京工業大学理学部卒業。日本IBM・ネットワークサービス事業部長、AT&Tグローバル・サービス社長、日本テレコム(のちのソフトバンクテレコム)取締役執行役副社長、ウィルコム社長、SAPジャパン上級副社長・社長、ワークスアプリケーションズ最高顧問などを務めた。

他の記事も読んでみる

中村俊輔

自分が輝くためには、まず周りを輝かせなければならない。


森川陽太郎

よくモチベーションを上げたいと聞きますが、無理やり上げられるものではありません。モチベーションは時間をかけて育てるものです。行動を起こすきっかけに必要な短期的なやる気はテンションです。テンションをモチベーションに育てればいい。そのためには自分が確実にできることをこなして成功体験を重ね、モチベーションを高めていけば効果的です。


桜井博志

私が家業を継いだとき、経営状況は惨憺たるありさまで「圧倒的な負け組」でした。子供の寝顔を見ながら、死亡保険金目当てに自殺しようかと思い詰めた時期もありました。「死ぬ前に、やれることはすべてやってみよう。目の前の常識を疑い、新しい挑戦をしてみよう」。そう発想を転換しました。そして小さな酒蔵という強みをどう活かせるか真剣に考えました。


渡邉幸義

私は何事も自分の眼で見てからでないと判断しない。


麻生渡

産業を興す以上、どんな小さな自治体でも世界で通用することを頭に入れておかねばならない。地元でしか通用しない、内向きではダメ。


ベンジャミン・フランクリン

自己投資は、一番高い利子をあなたに支払う。


津川雅彦(マキノ雅彦)

30歳のときにデヴィ夫人とのスキャンダルが勃発し、週刊誌に4週連続で叩かれ、とうとう仕事が一本もなくなった。そんな最中に仲良くしていた朝日放送のディレクターが「えらい宣伝になっとるやないか。喫茶店に入ったら、みんながお前の噂しとる。広告費にしたら何十億円、いや浸透度から言えば何百億や!」。で、「せっかくみんなに嫌われとんのや! そのエネルギーをプラスにせえ」と、『必殺仕置人』に悪役で出させてもらった。これが大好評でね。以降、仇役のオファーがどんどん来るようになった。


青木均一

私の経営の重点は、ひと口に言えば技術の尊重であり、科学的経営でもあるということに尽きる。


松村真宏

仕掛けはマーケティングにも使える。私の研究室がパン屋と共同で実証実験を行った。常連客が大半を占めるこのパン屋では、試食を用意しても客がなかなか手を伸ばさず、売り上げ増につながっていなかった。試食をためらう一因は、「試食したら買わなければならないのでは」とプレッシャーを感じることにある。これは、他人から何らかの施しを受けた場合にお返しをしなければならないと感じる「返報性」によるものと考えられる。通常、試食のお返しとなる行動は商品を買うことしかない。そこで魅力的なお返し行動の選択肢を増やす仕掛けとして考えたのが「投票」だ。2種類の味を提供し、試食に使ったつまようじを気に入った方に投票してもらう。客は投票に参加した満足感が得られるわけだ。この仕掛けを1か所設けただけで、試食をする人は1割増えた。


大田正文

週末に勉強会を主宰するとなると、平日の緊張感が違ってきます。土日に持ち越せないため、仕事を計画的にこなすようになりました。


了徳寺健二

これまでの人生、いろいろな人に出会い、ここまで来ることができました。幾多の困難に遭遇しましたが、それも今となってはいい勉強です。もっとも、人は生きている限り一生勉強だと思います。これからも自分なりの努力を果たしていきたい。


花上哲太郎

国際競争に勝つためには、業態間の溝を埋めて、新しいニーズを生み出していくことが必要。


真藤恒

初めて米国へ行った時、大変なショックを受けました。米国の生産性は、我が国より数倍も高いのです。当時、我が国の労働者より数倍の人件費を払っているにもかかわらず、製品はかえって安いという理由がわかりました。高い生産性の秘密は、大学卒の技術者が一般の労働者と一緒になって働いていることでした。生産現場の知恵というのは現場で手を汚し、汗を流して初めて本物になってくる。研究所でいくら優れた研究をやろうとしても、手を汚さなければだめです。


福井威夫

結果として販売台数が一番になれば、それに越したことはないんですけれど、それを最初に考えちゃいかんのです。まずは中身です。会社の中には販売の現場など、数を追う人がもちろん必要ですが、企業のトップから従業員の一人一人まで全員が数を追っては駄目だということです。


冨田哲郎

欧州に事務所を開設したのは、欧州の優れた鉄道技術を取り入れることと同時に、逆に我々がもっている素晴らしい技術をどんどん欧州に普及させることが目的です。日本が特に秀でているのは、安全・正確かつ高頻度に列車を動かせるオペレーション力、設備や車両のメンテナンスカです。バンコク、ジャカルタの事例と同様、車両や信号設備だけでなく、オペレーションやメンテナンスといった総合技術力もパッケージにして欧州への輸出を目指します。