八剱洋一郎の名言

八剱洋一郎のプロフィール

八剱洋一郎、やつるぎ・よういちろう。日本の経営者。「ウィルコム」「SAPジャパン」社長。東京工業大学理学部卒業。日本IBM・ネットワークサービス事業部長、AT&Tグローバル・サービス社長、日本テレコム(のちのソフトバンクテレコム)取締役執行役副社長、ウィルコム社長、SAPジャパン上級副社長・社長、ワークスアプリケーションズ最高顧問などを務めた。

八剱洋一郎の名言 一覧

あるプロジェクトを成功させたとしても、そのチームの一員であったというだけでは評価されない。


欧米の考えだからといって迎合するのではなく、異文化の価値観を融合しながら最適解を生み出していく、そのスタンスが重要。


いくつかの日本独自の業務プロセスがグローバルスタンダードとして導入されたという経験があります。海外から学ぶことは重要です。しかし、それを一方的、無条件に受け入れるのがグローバル化ではないと私は考えます。


日本という枠を取り払ったとき、あなたの市場価値を測る尺度は、所属している企業ブランドでもポジションでもなく「自分の力で何をしたか」という仕事の中での経験です。


海外と日本の事情が違う場合、なぜ日本では違うルールが存在するのか。むしろ海外ルールよりも日本ルールのほうが合理的ではないのか。相手とのこういった議論を重ねながら、合意点を見つけて、解決策を提示し、実行できる人材。それがグローバル人材だと思います。


八剱洋一郎の経歴・略歴

八剱洋一郎、やつるぎ・よういちろう。日本の経営者。「ウィルコム」「SAPジャパン」社長。東京工業大学理学部卒業。日本IBM・ネットワークサービス事業部長、AT&Tグローバル・サービス社長、日本テレコム(のちのソフトバンクテレコム)取締役執行役副社長、ウィルコム社長、SAPジャパン上級副社長・社長、ワークスアプリケーションズ最高顧問などを務めた。

他の記事も読んでみる

泉谷直木

相手と話が盛り上がらないのは、相手の土俵に乗って話していないことが最大の原因である。事前にしっかり準備をし、こちらの姿勢を低くして、目線を合わせ話していけば必ず相手はいろんなことを教えてくれる。


千田琢哉

「頑張る」という固定観念を捨ててください。人の体力、時間、キャパシティには限界があります。すべてに100%の力を注ごうとしても無理。力が分散化されて、どれも中途半端に終わります。だったら、全部をちゃんとやるのをやめて、どれか1つに集中投下したほうがはるかに成果は上がります。実際、私自身サラリーマン時代に会議に出るのをやめ、上司の言いなりをやめ、業務すべてをマジメにこなすのをやめました。そうしたら生産性は上がって、今では年収が7倍ですからね。


清水宏保

ものごとを始めるときは壁があると思います。まず最初にそれに慣れるのに何日もかかる。そこで耐えられずに駄目になる人は諦めるんです。俺には向いてないと。でも、僕は慣れるまでやります。


齋藤勇(齊藤勇)

表面的にいい人ぶる偽善者ではなく、良心を持って人と接すれば、必然的に好感度は上がります。さらに、人の良さをより効果的にビジネスの場で使うことで職場の雰囲気や業績アップを狙うこともできる。


柳井正

チャンスというのは、そのチャンスを本当に生かそうと思わないと、生きないと思うんですよね。生かそうと思ったら、具体的に考えて、具体的に行動して、生きる方向に持って行かなきゃいけないでしょう。自分としてこうありたいとか、自分の会社をこうしたいという、最高水準の夢というか、理想というか、そういったものは追求してもらいたいなと思うんですね。だから、希望だけは高く持ってもらいたいな、と思いますね。


小池龍之介(小池龍照)

人は常に強い刺激を求めます。しかし「快」の刺激を与えすぎると脳のレセプターに耐性がついて気持ちよくなくなります。快感を本当に味わいたければ、回数を減らして一回一回をもっとじっくり味わうほうがいい。単純でしょ(笑)。食べる量、ネットに接続する時間を「減らす」んです。とくにいまは快楽にたどり着くスピードが早い、情報過食気味なんだから情報断食するしかないんです。そして意識して五感を研ぎ澄ましてみましょう。静かな雨音、爽快な風、優しい夏の夕方の香り……。私たちが鈍感になっただけで、世の中には五感で得られる情報が溢れています。わざわざどこかから強い刺激を脳内に持ってくる必要などない。むしろ五感による能動的感覚を忘れたせいで、たとえば目の前の誰かが表情や声のトーンや気から発している「心地悪そうな感情」や「好意を抱いている様子」などを見逃すこともある。無くした集中力と相まって仕事がデキない人を作る元凶だったりもするんです。


小山昇

せっかく業務をIT化したのに、経理担当者は入金伝票・出金伝票・振替伝票を発行していました。「それはもうやめなさい」と何度となく注意しても、「不安だ」といって聞きませんでした。そこで私は一計を案じ、「わかった。そこまで言うのなら好きにして構わない。そのかわり、伝票を1枚発行するごとに10円払え」と言いました。次の瞬間、誰も伝票を発行しなくなりました。現金なものです。


箭内道彦

会社の中で優等生にしていると、周囲から引っ張りだこで都合よく使われ、自分が本当にやりたい面白い仕事にありつけなくなります。それはどうしても避けたかった。


諏訪内晶子

演奏ツアーの最中である今日のように、演奏会の時期に入れば、もう演奏会のみに集中することのできるような環境を事前につくっておきます。演奏会の直前までならば私は音楽のほかにもいろいろなことをやるけれど、ツアーが始まったら完全に演奏だけに集中しています。ツアーが終われば地に足の付いた生活に帰還するわけです。ツアーの時期は張りつめたハイテンションで過ごしているので、ずっとそのままの状態でもまたよくないのです。


水木しげる

若いときは怠けては駄目です!でも、中年を過ぎたら愉快に怠けるクセをつけるべきです。なんとか食えるようになってから、連載の本数を減らして、世界中の楽園や妖怪の棲み処(すみか)を訪ねる世界妖怪紀行を始めました。いままでに78回も世界中を旅していて、これが私の最大の怠け術です。ときどき怠けることは生きていくうえで大切なことです。そして、仕事でも役立つのです。


塚本勲

会社は株主や役員のためだけにあるわけではありません。現場の従業員が仕事をやりやすい「場」を得て、生き生きと働くことが大事なのです。


堀之内九一郎

浜松でホームレス生活を始めたときも楽しかった。客観的に見れば、どん底だったのでしょうが、私自身はすごく楽しかった。ホームレスの当時は、実際にお金がなかった。ご飯に味噌汁をかけて食べるのがご馳走だったし、銭湯に入るのもままならないときがあった。けれども苦にはならなかった。ホームレスをお金のないどん底生活としてとらえるのではなく、次への準備を兼ねた短期のキャンプ生活としてとらえたことで、私はホームレス生活を楽しく過ごし、起業へつなげることができた。


菅井敏之

不動産への投資で重要なのは、個別個別で物件を精査していくこと。同じエリアにある物件でも、その特性によって価値は大きく異なりますから、平均値で考えても意味がありません。そこが不動産投資の難しいところであり、奥深いところでもあります。


松永安左エ門

私は、過去というものは、前向きのためのものでない限り、嫌いである。「青年は明日を思い、老人は過去を憶(おも)う」とするなれば、私も青年のつもりである。


ジョージ・バーナード・ショー

うそつきの受ける罰は、人が信じてくれないというだけのことではなく、他の誰も信じられなくなるということにある。


ページの先頭へ