名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

八代英輝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

八代英輝のプロフィール

八代英輝、やしろ・ひでき。弁護士、タレント、コメンテーター。「八代国際法律事務所」代表。東京出身。慶應義塾大学法学部卒業、米国コロンビア大学ロー・スクール修了。司法試験に合格し、裁判官を経て弁護士登録。

八代英輝の名言 一覧

問題が大きくなる前に、早い段階で芽を摘む、という意識を持つことが重要。


コンプライアンス違反をしないためには、「常識から外れていないか」と自分で考える習慣が大切。


仕事に充実感があれば忙しいことは苦にならない。


運動しないと、メンタル面まで崩れる気がするんですよ。ストレスフリーでリラックスした状態に近づけるには、心身ともに健やかであることが肝心だと思います。


忙しくて家で残業するときも、家族でごはんを食べたり子供と遊ぶ時間は確保します。おもちゃの電車を走らせるために線路のレイアウトを真剣に考える子供の表情を見ていると、それだけでほほ笑ましい気持ちになるものです。


家族と外食してたわいもないことを話して笑う。そんなささいなことが、たまったストレスをすべて洗い流すパワーを持っています。スポーツジムで体を動かすのは、精神の安定を図るためにも不可欠です。


ビジネスマンがとくに気をつけたいのが「社会的に影響の大きいコンプライアンス違反」。食品偽装や個人情報の流出などは一般の消費者に直接関係することですから、メディアでも大きくクローズアップされやすい。社会的影響の大きいコンプライアンス違反は、会社のイメージダウンになり、業績にも影響を与える。最悪、倒産してしまうことも。だから会社にとっては重要な問題。


八代英輝の経歴・略歴

八代英輝、やしろ・ひでき。弁護士、タレント、コメンテーター。「八代国際法律事務所」代表。東京出身。慶應義塾大学法学部卒業、米国コロンビア大学ロー・スクール修了。司法試験に合格し、裁判官を経て弁護士登録。

他の記事も読んでみる

ジェイ・エイブラハム

本を読むことも大切ですが、優秀な人との生の会話ほどためになるものはない。


江上治

どんなことでも、一流になるまでには最低でも10年は必要だといいます。逆に言えば10年間コツコツと続ければ、誰でも一流になれる可能性があるということです。地道な継続の末にブレイクスルーを経験できるかどうかが、稼ぐ人と稼げない人の分かれ目だといえるでしょう。


山本良一(経営者)

持続的な成長を目指すには、経営そのものの枠組みを見直す必要がある。コーポレートガバナンス・コードは、そう気付かせてくれました。これは改革のテコに使えるぞと。


ドナルド・トランプ

どんな業界であろうと、誰にでもターゲット市場というものがあり、対象がどんな層かは重要である。


澤上篤人

長期投資ってすごいもので、将来の不安などこれっぽっちも感じなくなるよ。長期投資を続けていると、自分の財産がじっくりと積み上がっていくのを実感できる。きちんと長期投資していけば、少し時間がかかってもお金はしっかり増えていく。


吉越浩一郎

「時間」を限定することで、人は「効率」を上げる手段の試行錯誤をしていく。要は、自分を追い込む状況を作る。デッドライン(締め切り)を作ってしまえば、限られた時間のなかで効率的に終える方法を自ら考え、実践していくしかない。それを繰り返すことで成長していく。それがデッドラインのすごさなのです。


和田浩子

P&Gでは全員が納得するまで十分に時間をかけてディスカッションし、提案の内容が全員の目的と理解されてはじめて、そのプランが実際のアクションに移されます。


池上彰

自分の発言を相手がどう受け止めるのかを推し量ることが、伝える力の一番のポイントです。


萩本欽一

ほとんどの人は「損をしたくない」と思って生きてますよね。だけど、そういう生き方をしていると、自分でも気がつかないうちにずるくなったり、意地悪になったりしやすいと思うの。幸せになりたいと思うなら、進んで損をしたほうがいいの。人とつき合うときは、率先して損な役回りをすると、だれかが幸運を持ってきてくれます。自分のために損をしてくれた人がいたら、うれしくなるでしょ。だから人間関係が円滑になるし、一緒に仕事をするときも信頼関係が早く結べるんです。


木村惠司(木村恵司)

いまの状況(不況期)は、人材の養成に適しています。縮小均衡でただ座って待つということではなく、足元を固めながら次の時代の課題にチャレンジしていくのです。そのためには意思決定を速くしたり、決済の権限をなるべく下に降ろしていくことも必要でしょう。チャレンジするから新しい発想・技術も生まれ、人材も育ってくると思います。


金子源

「晩杯屋」が単なる居酒屋ではなく「コンビニエンスストア」と捉えています。「晩杯屋」の客単価1300円と言うのは、一般的なサラリーマンが仕事帰りにコンビニに立ち寄って、ビールとつまみ類を買って家で食べるのと、大して変わらない金額です。「わざわざコンビニに行かなくても、コンビニ感覚でふらっと立ち寄って飲んで帰る」というのが「晩杯屋」であり、月に数回利用する居酒屋とは基本的なコンセプトが異なるのです。こういうお店であれば、それこそ駅ごとにあっても構わないと、私は考えています。


木暮太一

いざという時に助けてもらうには、「交流会」で名刺を交換しても無意味。結局、自分の実力を上げて人の役に立つことが大切、ということになると思います。