八代英輝の名言

八代英輝のプロフィール

八代英輝、やしろ・ひでき。弁護士、タレント、コメンテーター。「八代国際法律事務所」代表。東京出身。慶應義塾大学法学部卒業、米国コロンビア大学ロー・スクール修了。司法試験に合格し、裁判官を経て弁護士登録。

八代英輝の名言 一覧

問題が大きくなる前に、早い段階で芽を摘む、という意識を持つことが重要。


コンプライアンス違反をしないためには、「常識から外れていないか」と自分で考える習慣が大切。


仕事に充実感があれば忙しいことは苦にならない。


運動しないと、メンタル面まで崩れる気がするんですよ。ストレスフリーでリラックスした状態に近づけるには、心身ともに健やかであることが肝心だと思います。


忙しくて家で残業するときも、家族でごはんを食べたり子供と遊ぶ時間は確保します。おもちゃの電車を走らせるために線路のレイアウトを真剣に考える子供の表情を見ていると、それだけでほほ笑ましい気持ちになるものです。


家族と外食してたわいもないことを話して笑う。そんなささいなことが、たまったストレスをすべて洗い流すパワーを持っています。スポーツジムで体を動かすのは、精神の安定を図るためにも不可欠です。


ビジネスマンがとくに気をつけたいのが「社会的に影響の大きいコンプライアンス違反」。食品偽装や個人情報の流出などは一般の消費者に直接関係することですから、メディアでも大きくクローズアップされやすい。社会的影響の大きいコンプライアンス違反は、会社のイメージダウンになり、業績にも影響を与える。最悪、倒産してしまうことも。だから会社にとっては重要な問題。


八代英輝の経歴・略歴

八代英輝、やしろ・ひでき。弁護士、タレント、コメンテーター。「八代国際法律事務所」代表。東京出身。慶應義塾大学法学部卒業、米国コロンビア大学ロー・スクール修了。司法試験に合格し、裁判官を経て弁護士登録。

他の記事も読んでみる

古田英明

20代後半で手柄を急ぐ必要はないのです。勝負のときは、これからの人生でいくらでもあります。それに、信頼関係を養う作業を続けていれば、仕事の成果はいつの間にか出ているものです。また、そうした人材には「35歳転職限界説」など、決して関係ありません。


丸谷智保

小売りの神髄は細部にあり。


上野和典

失敗したくない、と思って自分を押さえ込むのは禁物です。アイデアを何百も絞り出し、世に問い、失敗したらそのつど原因を考え、知識として蓄えればいい。


加瀬豊

海外の取引先の優秀な人材は、母国語という軸を持ちつつ、英語や他の外国語を武器として使いこなしています。我々も日本人としてのアイデンティティをしっかり持ちながら、外国語を習得し、世界へ漕ぎ出す時代だと思います。


籠屋邦夫

どんなにカリスマ的な創業経営者であっても、一人に与えられている時間は24時間。企業の中の活動をすべて把握することは不可能で、知らない情報が必ずあります。意思決定のための叩き台づくりを担うプロジェクトメンバーには、その課題に関係するさまざまな部署から計5?10人が集まるのが一番いいでしょう。


小堺一機

部下、後輩に接するのって難しいですよね。見栄を張るし、いい格好もしたい。でもたぶん大事なのは、素直に向き合うことだと思います。


堤幸彦

作品には毎回毎回、新鮮な気持ちで向かっています。その都度、気持ちをリセットして、初期化して、素材に真摯に付き合う。逆にいうと、天才でも芸術家でもない僕が生きる道は、それしかないんです。何かがヒットしたからといって、浮かれだしたら、そこで潰れてしまう。


粟田貴也

経営の話でいえば、イメージトレーニングで数字を頭にインプットするんです。「前年比何パーセント」といった複雑な数字ではなく、何年後に年商いくら、という単純な数字をつねにイメージしておく。それを自分に言い聞かせる。それだけでは何も生まれませんが、心をポジティブに転じさせるには十分です。


団野村

交渉で一番大事なもの。それは誠実さ。


齋藤薫

編集者だった頃から、読者にとっておもしろくてタメになるものじゃないと本当の美容記事にはならないと思っていたんです。そうやって仕事をしていると、なぜ仕事の相手が求めていることしかやらないの、と批判されるときもありましたが、そう言われたら、かえって「自分は仕事を必要とされてナンボと考えているのだな」と自分のスタンスがよくわかりました。


小笹芳央

夢は持たなくてもいいし、叶わなくても構わないもの。そして、叶ったからといって、そこで立ち止まっていいものでもない。ただ、人は未来が開かれていると思うことで、今を生きる意欲が湧いてくる。


坂本孝

最近は、新しいことに挑戦しようとしても、失敗を許容しない組織も多いようです。失敗は会社にとってリスクだと捉えるのか、それとも将来への投資だと捉えるのか。前者のような考え方をする組織では、残念ながら失敗のリスクを取った挑戦は難しいかもしれません。新たなことに挑戦するためには、乱暴な言い方かもしれませんが、そのような組織とは決別し、失敗を許容する会社へ転職するか、独立して自分で事業を興すのがいいでしょう。


澤田秀雄

私の企業家人生は失敗の連続。失敗したときほど明るく元気に振舞い、原因を突きとめて、教訓にすれば、必ず成功します。


下元朗

重要なのが、メンツを捨て去ることです。メンツにこだわらなければ、部下との間に壁ができず、腹を割って本音で話せます。意思疎通がスムーズなので、部下の強みや弱みをきちんと把握したうえで、的確な指導が行えます。そうしたことで信頼関係が生まれ、部下に思い切って仕事を任せられるようになるのです。


孫正義

どんな高級な料理でも、飽きてしまっては食欲がわかないものだ。


ページの先頭へ