名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

八代尚宏の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

八代尚宏のプロフィール

八代尚宏、やしろ・なおひろ。日本の経済学者。「昭和女子大学」グローバルビジネス学部長・特命教授。国際基督教大学教養学部卒業、東京大学経済学部卒業、メリーランド大学大学院(米国)で経済学博士号を取得。経済企画庁勤務、OECD(経済協力開発機構)シニアエコノミスト、日本経済研究センター主任研究員、上智大学国際関係研究所教授、日本経済研究センター理事長、国際基督教大学教養学部社会科学科教授などを経て昭和女子大学グローバルビジネス学部長・特命教授。

八代尚宏の名言 一覧

残業しなければ終わらないというのは単なる思い込み。最初から残業を前提に、間延びした仕事の仕方をしている可能性が高い。


慢性的な長時間労働は、働く人の健康を損ねて過労死のリスクを高めることはもちろん、労働の質の低下を招く。


同じ仕事量を残業なしで行えば、時間当たりの密度は当然高くなり、ひと息入れる間もなく働かざるを得ない。そういう働き方は1日9時間が限度。10時間以上も働けるということは、余力を残しながらやっているということ。ムダ取りの余地は必ずあるはず。


八代尚宏の経歴・略歴

八代尚宏、やしろ・なおひろ。日本の経済学者。「昭和女子大学」グローバルビジネス学部長・特命教授。国際基督教大学教養学部卒業、東京大学経済学部卒業、メリーランド大学大学院(米国)で経済学博士号を取得。経済企画庁勤務、OECD(経済協力開発機構)シニアエコノミスト、日本経済研究センター主任研究員、上智大学国際関係研究所教授、日本経済研究センター理事長、国際基督教大学教養学部社会科学科教授などを経て昭和女子大学グローバルビジネス学部長・特命教授。

他の記事も読んでみる

柳井正

僕はどちらかと言えば、内向的で人づき合いが下手です。つまり商売には向いていない。しかも商売を始めたのは炭鉱町の駅前商店街です。今でも本社の最寄り駅は無人駅。キツネとタヌキが出るようなところです。そんな僕の境遇と比べると今の人は恵まれています。インターネットを使えば誰もがあらゆる情報にアクセスできるオープンな世界が広がっている。それなのに、すべてが海外に流れ出て日本が終わるかのように嘆く人がいる。恵まれすぎて、今以上の生活を望まなくなったことが一番の問題でしょう。要するに、みんなが「坊ちゃん」「嬢ちゃん」になってしまった。


山本憲明

人は1日に平均して10分間、探し物をしている。探し物をしなくて済むよう、モノを減らすことをつねに意識しています。そうしないと、モノは自然に増えてしまう。


梶本修身

運動疲れや眼精疲労、心労など疲れには様々ありますが、どれも脳の疲れが原因。脳を疲れさせないためには、自律神経への負荷を減らすことが大切。回復させるには、質の良い睡眠が唯一の手段。


小林一雅(小林製薬)

小林製薬には、ユニークな社内制度がいくつもあることで知られていますが、その多くは社員の士気を高めるためのものです。たとえば「ホメホメメール」。会社に貢献した社員に、私や社長などトップが直々にメールする制度です。


木村成一

今は不採算店の整理など企業を「筋肉質」にすることが最優先ですが、次の飛躍に向けた種はまいておく必要がある。


柳弘之

弊社に入社してくる人材は、そもそも乗り物が好きで、しかもユーティリティー(実用)よりもプレジャーやレジャーで使う乗り物を作りたいという人が多いのです。社員の意識調査をやると、「会社が大好き」という社員が圧倒的に多いのですが、自分が好きなジャンルで、面白い商品を開発したり販売したりすることにチャレンジできるからではないでしょうか。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

「自分の身を修めてから、人びとを教化せよ」これは、中国の思想家である孔子の道徳的政治思想の根本的な原則です。状況の圧力を受けて、狂乱的な不安に陥ったり、怒りや敵意を露わにして暴走するような人には、人を率いて、責任のある任務をおこなうだけの能力が備わっていません。


藤原健嗣

自分の人生の目的と会社の目的が合致しないと、お互いが不幸です。


西水美恵子

いまの金融を駄目にしているのは、お金の動きだけを見て、お金が何をつくっているのか、何を育てているかまで吟味しないことです。ファイナンスと実経済のリアル、この裏と表をしっかり見ておかないと、いい仕事はできません。


リチャード・カールソン

怒りを感じたら、まず深呼吸しながら心の中でひとつと言う。次に息を吐きながら全身をリラックス。ふたつ、みっつと続けてすくなくとも十まで繰り返す(ものすごく腹が立っている時は25まで)。深呼吸しながら数えると気持ちが穏やかになって、しまいには怒っていることも忘れるほどだ。これが身につくと、怒りの方から遠ざかってくれる


林望

習慣化しているものには、必ず無駄がこびりついています。そこに切り込んでいく気概を持ってほしい。


澤田道隆

失敗に思えたものでも、いつかは次の糧になります。失敗を恐れずによきものづくりに全社員が挑戦していける環境を整え、ひとつでも多く成功体験を味わってもらえるようにしたい。