名言DB

9412 人 / 110637 名言

八代元行の名言

twitter Facebook はてブ

八代元行のプロフィール

八代元行、やしろ・もとゆき。日本の経営者。第一成和事務所社長、全国保険代理業協同組合連合会会長。千葉県出身。青山学院大学卒業後、千葉銀行に入行。同行に7年間勤務したのち退社し、岳父が創業した保険代理店の第一成和事務所に入社。岳父の死去に伴い社長に就任。また、全国保険代理業協同組合連合会会長を務めた。

八代元行の名言 一覧

首都圏直下地震も想定されるなか、東京だけに情報を集約しておくことは危険です。そこで当社では、もし東京の本社が被災したときには、すぐに代行できる第二次拠点を京都に設置し、マネジメントの維持や情報の発信ができるような体制を整えています。データの管理についても、バックアップのサーバーを九州に置いて、データの消失・破損といったリスクを最小限に抑えています。これは、当社の強みというよりも、むしろ業界の使命として、全体的にレベルアップしていくべき事項だと思います。


銀行時代は、主に融資を担当していました。昨今の銀行では、社長に会うこともなく、財務諸表や月次決算の数字をパソコンに打ち込むと、すぐに数値が出て融資の可否が決まってしまうといいますが、当時は、中小企業の経営者と面談をして、考え方を伺ったり、その人柄を感じ取ったり、また事務所の雰囲気や従業員の対応なども参考にしながら融資の可否を決めていました。まだ20代半ばでしたが、相応の裁量も与えられ、日々成長とやりがいを感じながら仕事ができたことは、とても幸運だったと思います。


アメリカの保険代理店を訪れたとき、デスクに2台のモニターがあって、一人が同時に2つの画面を開いて仕事をしていたのです。こうすると、ひとつの画面を開いたまま、もうひとつの画面で別の仕事をしたり必要なことを調べたりできます。これは便利だということで、帰ってからすぐに「デュアル画面」を導入しました。


お客様にも分かるような指標とは何かを考えたとき、やはり説得力があるのは第三者による評価です。そこで目をつけたのが、「ISO9001」と「プライバシーマーク」でした。ISO9001取得によって、当社の顧客サービスの品質の高さ、透明性、および公平性が国際基準で認められたことになります。ちょうどそのころ、個人情報保護法が施行され、顧客情報の管理が企業に厳しく問われる時勢になりました。保険代理店は、すべての情報が個人情報と言ってもいいくらいです。それを、「社員全員、漏れないようにちゃんと管理しています」と口で言うだけでは、お客様に証明することにはなりません。そこで、これも第三者機関に証明してもらう形で「プライバシーマーク」を取得したのです。保険専業代理店で、ISOとPマークの両方を取得しているところは、まだほとんどないのではないでしょうか。


東日本大震災が起きた数か月後、震災の現地に足を運び、被害の深刻さに大きな衝撃を受けました。と同時に、こういうときのためにこそ、我々の仕事があるんだという、職業的な使命感がふつふつとわき上がってきたのを覚えています。


八代元行の経歴・略歴

八代元行、やしろ・もとゆき。日本の経営者。第一成和事務所社長、全国保険代理業協同組合連合会会長。千葉県出身。青山学院大学卒業後、千葉銀行に入行。同行に7年間勤務したのち退社し、岳父が創業した保険代理店の第一成和事務所に入社。岳父の死去に伴い社長に就任。また、全国保険代理業協同組合連合会会長を務めた。

他の記事も読んでみる

中村比呂志

最初は購入、サブリース、運営委託の3つのパターンで話し合いを持ちました。我々として一番望んでいたのは、リスクの少ない運営委託でしたが、世の中はそれほど甘くなく、ホテルオーナーの希望は、安定的に収入が得られるサブリース、もしくは売却でした。結果、多くのホテルを購入していくこととなりました。


小宮一慶

新聞はとにかく全体をざっと見渡せることが大きい。自分に関心のない情報も、目に飛び込んできます。


西田厚聰

商品開発に営業の人たちが最初から関わることで、顧客の声が商品に反映します。


橋下徹

大阪市民の皆さんの(大阪都構想に対する)住民投票の判断を僕は大変、重く受け止めています。政治家ですから、負けは負けと潔く認めます。相手を叩き潰すつもりで戦争を仕掛けて、逆に叩き潰されたわけです。反対派とも徹底的に議論した結論です。これが民主主義というもの。住民投票を通じて、民主主義の素晴らしさを感じることができました。


岡本欣也

時代を変えた商品のコピーには、ニュース性をストレートに表現したものが多い。


ジェイ・エイブラハム

多くの人は新規顧客を獲得することに躍起になりすぎている。いままで一度も購入したことのない人に初めて購入してもらうよりも、以前買ったことのある人に再購入をしていただくほうが、より簡単だということを決して忘れてはならない。


村口和孝

20代は思い切り多種大量に経営者に会い、その社会の経済構造に体験的に触れておくことは、とても貴重である。


宇佐美典也

(独立直後の上手くいかなかった時期は)思えば僕は肩書きを捨てても無駄なメンツを捨てていなかったんでしょうね。土下座して仕事を取るとか、どんな小さいチャンスでもつかみ取るみたいな「がむしゃら感」がありませんでした。でもそこからはメンツも捨てて、おごってもらえるものはおごってもらったり(笑)、できないものはできないと受け入れたり。


森英恵

世界では、自分のルーツがしっかりしていないと戦えません。


小笹芳央

アウトプットを意識しないインプットは歩留まりが悪い。研修を受ける時どれだけの目的意識を持って向き合うのか。それが自分の中になければ、研修を受けてもムダ。


大倉忠司

コストを下げるかどうかの判断基準は、「お客様にとっていいか悪いか」。コストだけを考えると、鶏肉を冷凍や輸入物にしたり、セントラルキッチンでいっせいに串打ちするなどの方法もありますが、それらはすべて味を犠牲にします。焼鳥専門店で焼鳥に自信が持てなかったら、どうやってお客様の支持を得るのでしょうか。烏貴族では、味や品質を落とすことにつながるものは採用しません。


藤沢久美

経営者を見ていると、性格の違う家族を温かく見守って、いざというときは自ら行動する人が多いので。経営者に求められるものが、父性から母性へと移っているような気がするんです。


和田秀樹

「自分は運が悪い」と思っていては、メリットはひとつもありません。能力が高い、努力をしている割にいい結果が出ない。そんなとき、運が悪いからだと思う人は多いですが、それは違います。最初から幸運な人と不運な人がいるわけではありません。自分は運がいいと思える人は幸運に、運が悪いと思う人は不運になってしまうものなのです。


エウリピデス

自制心は、神々の最高で高貴な贈り物である。


塩田武士

15年間あたためていた題材を使い、作家人生を懸けた作品が『罪の声』でした。ここまで本が売れるという経験をしたのも初めてでしたし、「塩田は社会派小説を書いていく」という意志を示すこともできた。その後で何を出すかは、ものすごく大事だと思うんです。一人の小説家に与えられるチャンスって何回もはないはずで、ここで外したらあかん。しかも、次の本(『騙し絵の牙』)が自分にとって10作目だったんですよ。