名言DB

9490 人 / 112001 名言

入沢元の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

入沢元のプロフィール

入沢元、いりざわ・はじめ。日本の経営者。ラーメンチェーン「博多一幸舎」を展開する「ウインズジャパン」社長。福岡県出身。

入沢元の名言 一覧

切羽詰まった局面にぶつかるから、アイデアが浮かぶし成長する。


18歳の時から、30歳で社長になると決めていた。だからいつも、自分が社長だったらどうするかと考えながら社長を見てきました。


私は従業員の未来を考えて、ラーメン屋ではなく飲食企業にせねばいかん、夢と希望を持たせなければいかんと考えるようになりました。それで海外に進出することにしたんです。


味はレシピで再現できても、精神は真似できない。会社が本物になるためには、数を増やすだけじゃなく、どれだけ本物をつくる人を世界に広められるか。それが一幸舎のブランド戦略です。


尊敬に値する親父が店にいる。その下で働く者が親父の精神を継いで新しい店をつくる。本物をつくる人が街の中に少しずつ増え、そんな姿を見た若者たちが自分も一幸舎の親父になりたいと思う。それを20年、30年と続けていけば、誰にも真似されない本物の企業になれる。


ラーメン屋の社長は、店舗数が増えて羽振りがよくなると、外車に乗ったり芸能人のような格好をしたりする人もいる。でも、そういうのはダメだと思う。一幸舎を博多一のラーメン屋にするためには、ラーメン屋の親父が尊敬され、その親父こそが社長なんだというスタイルをつくり上げることだと思っています。


海外に進出する会社はタイのバンコク、ベトナムのホーチミンのように、その国の中心都市にまず1店舗を出して、そこから広げていこうとします。それは国の担当を何人も置けるだけの体力があるからやれることで、うちくらいの小さなラーメン屋はそんなことはできません。まずは大石(インドネシア法人社長)がいるインドネシアで一番になってから、その評判を持ってシンガポール、ベトナムなどへ広げていく。中小企業はそういうやり方しかできません。


うちはインドネシア、中国、台湾、香港、シンガポール、ベトナムと次々と店を出していますけれど、うちの社員を現地に送ったわけではありません。一幸舎のラーメンが好きで、その国でトップになりたいという人間を現地の社長にしています。そこに我が社の若い社員を派遣する形にしています。


中学時代からの友人がジャカルタで会社をやっていました。彼も博多の人間なんで、ラーメンが食べたくなったら車で1時間30分、走って食べに行きよるんですよ(笑)。そこで訪ねていって、一緒に食べてみたんですが、大したラーメンじゃないんです。スープは豚骨でしたけれど、臭いがしておいしくない。ああ、このラーメンならうちの方が勝てると思った。


弟の友人がラーメン屋で働いていて、彼が職人気質の名人でした。そこで、彼に自分の夢をかけることにしました。僕ら博多生まれの人間にとってラーメンは特別なんです。金持ちになったら自分が食べたいラーメン屋をやりたい。しかも、ラーメンの行列店を作るのが夢だったんです。


入沢元の経歴・略歴

入沢元、いりざわ・はじめ。日本の経営者。ラーメンチェーン「博多一幸舎」を展開する「ウインズジャパン」社長。福岡県出身。

他の記事も読んでみる

和田裕美

今の世の中、「無礼溝」はないので、くれぐれもお酒に飲まれすぎないように気をつけましょう。


杉浦克典

創業40周年を迎えたのを機に、当時常務だった私は経営理念やビジョンを見直す仕事を任されました。わずかな言葉のニュアンスによって会社の方向性に影響を与えてしまう。プレッシャーを感じましたが、最終的に自分が考え抜いて出した答えに責任を持つという覚悟を学びました。


宮内義彦

すべての経営判断が正解だなんてことはありえない。問題は正解になる確率だ。


名越康文

心をコントロールするのにお勧めなのが、体を動かすこと。心と体は一体。心が乱れていたら、体のバランスも崩れる。体のバランスが崩れ、硬くなっていたら、心も柔軟でなくなり、視野が狭くなって集中力も落ちる、というふうに、心と体は常に連動しているのです。


岩田松雄

スタッフの前で、初めて社長就任演説をした際、MBAで学んだ「キャッシュフロー経営」や「企業価値向上」の重要性を伝えました。でも、それが全く響かなかった……。そこから、率先垂範を徹底することにしました。小さなことですが、会社の受付周りが汚かったんですね。社員に「きれいにしよう」と言うだけではなく、まず自分が雑巾を持って掃除する。そして、アトラスのリバイバルプランを作成し、不良在庫の一掃や子会社の整理などをしました。


増田紀彦

どこかに新規性があることが肝心です。いい方法は、ベンチマークする存在を見つけること。そこがやっていない方法を考え出せばいいのです。


伊藤隆行

テレビ関係者の中には、全ての番組はやり尽くされたと語る人もいます。でも、そんなことはないと思うんですよね。テレビは「時代を売る商売」。刻々と変わる社会に応じ、新しい番組を作っていけるはずなんです。


那須翔

日本の社会が次第に画一性を帯びていく中で、人々は横並びが安全であると思い始めた。すると今度は、みんなで渡れば怖くないといった空気が社会に充満してきて、横並びで手をつなぎながら追いつけ追い越せの目標に向かってぐいぐいとアクセルを踏んだのです。日本はこのようにして繁栄を手にしたわけで、成功すればするほど世の中は画一的になるという一つの公式が出来上がってきました。


山内雅喜

役職者は上からも評価されますし、同じ役職位の人間、要するに横の人間からも評価されます。しかし、評価のなかで一番重要なのは、部下からの評価ですね。完全な匿名で、誰がどんな評価をしているか絶対にわからない方法で行なっていることもありますが、部下は非常に正直に評価を下します。しかも、部下は上司が何を考え何をやっているかを非常によく観察していますから、信頼性が極めて高い。ゴマをすって上の人間をごまかすことはできても、部下の目をごまかすことはできません。


大塚隆一

優秀な技術者を何人そろえてもプロジェクトマネージャーがしっかりしなければ、大型の開発案件はうまくいかない。納期が遅れたり、無駄なコストがかかったり、そんなことばかりです。しかも優秀なプロジェクトマネージャーは滅多に見つからない。


日向野幹也

今、経営でも政治でも、様々なところで、上の人たちに任せておけないようなことが起きています。それを自分たちの力で解決するには、権限を必要としないリーダーシップが必要です。このベーシックなスキルを身につけた人が増えていけば、日本はかなり変わるのではないかと思います


河合薫

「ダイバーシティ」を掲げる企業も多いですが、本来の意味でのダイバーシティをしている企業は非常に少ない。国籍、年齢、採用形態などあらゆる属性の人と一緒に協働するという概念なのに、なぜか女性登用の話ばかりなのです。「なんの目的でダイバーシティをなさっているんですか?」といっても、答えられるリーダーはほとんどいません。これでは、いつまで経っても多様な人が能力を発揮できる職場にはならないでしょう。