名言DB

9419 人 / 110788 名言

入沢元の名言

twitter Facebook はてブ

入沢元のプロフィール

入沢元、いりざわ・はじめ。日本の経営者。ラーメンチェーン「博多一幸舎」を展開する「ウインズジャパン」社長。福岡県出身。

入沢元の名言 一覧

切羽詰まった局面にぶつかるから、アイデアが浮かぶし成長する。


18歳の時から、30歳で社長になると決めていた。だからいつも、自分が社長だったらどうするかと考えながら社長を見てきました。


私は従業員の未来を考えて、ラーメン屋ではなく飲食企業にせねばいかん、夢と希望を持たせなければいかんと考えるようになりました。それで海外に進出することにしたんです。


味はレシピで再現できても、精神は真似できない。会社が本物になるためには、数を増やすだけじゃなく、どれだけ本物をつくる人を世界に広められるか。それが一幸舎のブランド戦略です。


尊敬に値する親父が店にいる。その下で働く者が親父の精神を継いで新しい店をつくる。本物をつくる人が街の中に少しずつ増え、そんな姿を見た若者たちが自分も一幸舎の親父になりたいと思う。それを20年、30年と続けていけば、誰にも真似されない本物の企業になれる。


ラーメン屋の社長は、店舗数が増えて羽振りがよくなると、外車に乗ったり芸能人のような格好をしたりする人もいる。でも、そういうのはダメだと思う。一幸舎を博多一のラーメン屋にするためには、ラーメン屋の親父が尊敬され、その親父こそが社長なんだというスタイルをつくり上げることだと思っています。


海外に進出する会社はタイのバンコク、ベトナムのホーチミンのように、その国の中心都市にまず1店舗を出して、そこから広げていこうとします。それは国の担当を何人も置けるだけの体力があるからやれることで、うちくらいの小さなラーメン屋はそんなことはできません。まずは大石(インドネシア法人社長)がいるインドネシアで一番になってから、その評判を持ってシンガポール、ベトナムなどへ広げていく。中小企業はそういうやり方しかできません。


うちはインドネシア、中国、台湾、香港、シンガポール、ベトナムと次々と店を出していますけれど、うちの社員を現地に送ったわけではありません。一幸舎のラーメンが好きで、その国でトップになりたいという人間を現地の社長にしています。そこに我が社の若い社員を派遣する形にしています。


中学時代からの友人がジャカルタで会社をやっていました。彼も博多の人間なんで、ラーメンが食べたくなったら車で1時間30分、走って食べに行きよるんですよ(笑)。そこで訪ねていって、一緒に食べてみたんですが、大したラーメンじゃないんです。スープは豚骨でしたけれど、臭いがしておいしくない。ああ、このラーメンならうちの方が勝てると思った。


弟の友人がラーメン屋で働いていて、彼が職人気質の名人でした。そこで、彼に自分の夢をかけることにしました。僕ら博多生まれの人間にとってラーメンは特別なんです。金持ちになったら自分が食べたいラーメン屋をやりたい。しかも、ラーメンの行列店を作るのが夢だったんです。


入沢元の経歴・略歴

入沢元、いりざわ・はじめ。日本の経営者。ラーメンチェーン「博多一幸舎」を展開する「ウインズジャパン」社長。福岡県出身。

他の記事も読んでみる

石坂典子

周りの方から「女性だからできるんだよ」と言われることは多いです。


山田昇(ヤマダ電機)

当社と自動車メーカーとでは、明らかに切り口が違います。我々の切り口はあくまでも生活であり、住まいです。住まいという切り口一つをとっても、ハードを配送して設置するというだけでなく、商品を販売した後にも継続的にお客様とつながっていけるような新しいビジネスモデルをつくりたいと。ましてやEVや自動運転のように全く新しいビジネスが生まれようとしているわけですから、生活インフラをベースとした新しいビジネスモデルを是非ともつくっていきたいと考えています。


坂根正弘

小刻みにリストラをするのは最悪です。最後に、全体でダメになってしまうからです。私は1度だけ大手術をしました。世界で1位、2位になれそうにないものはすべてやめることを明言し、国内2万人の従業員に手紙を書き、希望退職を募りました。結果、従業員数は一時1万8500人まで減りましたが、今は国内投資も増え、会社全体の収益性も大幅に改善し、2万人台を回復しました。


羽生善治

失敗覚悟でトライする必要があります。実戦でトライすることで、その戦型の可能性や修正点、あるいは「こういう手もあるんじゃないか」という新しい発想が生まれてくる源にもなります。失敗が自分を成長させるための糧となるんです。ですから、頭の中であれこれ考えるよりは、まず試してみることが大切です。


鑄方貞了(鋳方貞了)

人間は誰でも長所と短所を50対50で持っています。何事にも表と裏があるように、長所だけの人間も短所だけの人間もいません。後継者の育成にあたっても、本人の長所や特技などを見つけ、それを活かすように褒めて育てることが基本。


大塚寿

社会の成熟が進んだことで、諸先輩のやり方を踏襲するのでは成果が出なくなった。そこで、新しいやり方を試行錯誤しなければならなくなった。その新しいやり方を発想する力が重要になった。


臼井由妃

他人の悪口の場にいるのは、自分が不快に感じるだけではなく、自分も一緒になって悪口に加担しているように周りから見えることが問題です。そういう場合はトイレに立つとか、のどが渇いたからお茶をいれに行くとか、携帯が鳴ったふりをして席を外すのがいいのではないでしょうか。それによって空気が変わりますから、戻る頃には話題が変わっているはずです。


出口治明

私の友人に、かってイギリスの駐日大使を務めた英国人がいます。彼は大使時代、英国の人たちから「日本人ってどんな連中なんだ?」と質問されると、いつも「我々と同じで、いい人もいれば嫌な人もいるし、立派な人もいれば駄目な人もいるよ」と答えていたそうです。世代論も同じ。血な型占いのようなものです。メディアで言われるように、世代による違いの原因が就職に苦労したのか、楽勝だったのかという程度のことなのであれば、それがその世代の人たちの物の考え方にそれほど大きな影響を与えたとは、私には思えません。それより、それぞれの人が育ってきた環境や受けてきた教育の違いの影響のほうが、ずっと大きいでしょう。


窪山哲雄

ホスピタリティーを「心のこもったサービス」と定義することもありますが、その神髄は「相手に合わせる」ことにあります。たとえば、ディズニーランドでは小さな子供の目線に合わせるように話しかけたり、対応したりします。決してサービスする側の都合や思惑で対応しない。どんな相手であろうと、相手が心地よく思うところまで自分を変形させていく姿勢こそが、ホスピタリティーの本質です。


吉山勇樹

打ち合わせや会議などのアポイントはスケジュールに記載するものの、会議資料の準備や報告書作成にとりかかる時間をまったく考慮していない人が意外に多いものです。「会議当日までにやればいい」と考えていると、結局、会議前日に徹夜で作成することになります。そうならないためにも、具体的なひとつひとつの作業について「いつやるのか」を明確にスケジュールに組み込んでいくことが段取り上手の基本です。