名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

入沢元の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

入沢元のプロフィール

入沢元、いりざわ・はじめ。日本の経営者。ラーメンチェーン「博多一幸舎」を展開する「ウインズジャパン」社長。福岡県出身。

入沢元の名言 一覧

切羽詰まった局面にぶつかるから、アイデアが浮かぶし成長する。


18歳の時から、30歳で社長になると決めていた。だからいつも、自分が社長だったらどうするかと考えながら社長を見てきました。


私は従業員の未来を考えて、ラーメン屋ではなく飲食企業にせねばいかん、夢と希望を持たせなければいかんと考えるようになりました。それで海外に進出することにしたんです。


味はレシピで再現できても、精神は真似できない。会社が本物になるためには、数を増やすだけじゃなく、どれだけ本物をつくる人を世界に広められるか。それが一幸舎のブランド戦略です。


尊敬に値する親父が店にいる。その下で働く者が親父の精神を継いで新しい店をつくる。本物をつくる人が街の中に少しずつ増え、そんな姿を見た若者たちが自分も一幸舎の親父になりたいと思う。それを20年、30年と続けていけば、誰にも真似されない本物の企業になれる。


ラーメン屋の社長は、店舗数が増えて羽振りがよくなると、外車に乗ったり芸能人のような格好をしたりする人もいる。でも、そういうのはダメだと思う。一幸舎を博多一のラーメン屋にするためには、ラーメン屋の親父が尊敬され、その親父こそが社長なんだというスタイルをつくり上げることだと思っています。


海外に進出する会社はタイのバンコク、ベトナムのホーチミンのように、その国の中心都市にまず1店舗を出して、そこから広げていこうとします。それは国の担当を何人も置けるだけの体力があるからやれることで、うちくらいの小さなラーメン屋はそんなことはできません。まずは大石(インドネシア法人社長)がいるインドネシアで一番になってから、その評判を持ってシンガポール、ベトナムなどへ広げていく。中小企業はそういうやり方しかできません。


うちはインドネシア、中国、台湾、香港、シンガポール、ベトナムと次々と店を出していますけれど、うちの社員を現地に送ったわけではありません。一幸舎のラーメンが好きで、その国でトップになりたいという人間を現地の社長にしています。そこに我が社の若い社員を派遣する形にしています。


中学時代からの友人がジャカルタで会社をやっていました。彼も博多の人間なんで、ラーメンが食べたくなったら車で1時間30分、走って食べに行きよるんですよ(笑)。そこで訪ねていって、一緒に食べてみたんですが、大したラーメンじゃないんです。スープは豚骨でしたけれど、臭いがしておいしくない。ああ、このラーメンならうちの方が勝てると思った。


弟の友人がラーメン屋で働いていて、彼が職人気質の名人でした。そこで、彼に自分の夢をかけることにしました。僕ら博多生まれの人間にとってラーメンは特別なんです。金持ちになったら自分が食べたいラーメン屋をやりたい。しかも、ラーメンの行列店を作るのが夢だったんです。


入沢元の経歴・略歴

入沢元、いりざわ・はじめ。日本の経営者。ラーメンチェーン「博多一幸舎」を展開する「ウインズジャパン」社長。福岡県出身。

他の記事も読んでみる

新条正恵

多くの人は、「せっかく覚えた単語もすっかり忘れてしまったから、自分は英語を話せない」と思っています。しかし、英語に触れる時間が増すにつれ、次第に思い出してくるものです。これは文法に関しても同じです。学生時代に学んだ英語は完全に忘れ去られたのではなく、記憶のどこかに残っているのだと考えられます。そうであれば、英語を学び直すにあたって、単語や文法を改めて覚える必要はありません。もともと知っている英語を思い出すだけでいいのです。そう考えれば、英語学習へのハードルはかなり下がりそうです。


清水康一朗(清水康一郎)

「セミナーズ」開設当初、セミナー主催者に対して手数料を無料にしたんです。主催者には嬉しいことですから、サイト掲載依頼が増えていきました。すると、セミナーを求めるサイト訪問者も増え、主催者のセミナーに流れます。以後、有料化しても、一度いい思いをした主催者は離れない。私たちは何もせずに、主催者、参加者がサイトに集い、お金を落としてくれるわけです。


相武紗季

実は私、コンプレックスがたくさんあって、そのひとつが歌が下手なことなんです。ところが、この前、レコーディングを経験することになってしまって。お話をいただいてからも嫌で嫌で「どうしよう……」と。でも、不思議なもので、いざ飛び込むとできるようになるんですよ。とくに仕事として環境を整えてもらったら、余計に。性格もあるのか、ちょっと褒められると突然うまくなったりもして(笑)。


三木雄信

たとえ小さなことであっても、できることが増えれば、選択肢が広がり、やる気も高まります。そういった好循環を生み出すことが、モチベーションを維持するための秘訣です。


一圓克彦

SNSは人とつながるツールなので、売り込みに使うのはNG。商売の話ばかりをしていると、「また売り込みだ」と周囲をうんざりさせます。ネットだと相手の顔が見えず、ついずうずうしく振るまいがちなので注意が必要です。


クリストフ・ウェバー

リーダーシップの本質は、部下を納得させ、「この仕事をぜひやりたい」と動機づけることにあると思う。そのため、私は意識してよきリスナーとなり、チームの話に耳を傾ける協調的なスタイルを第一に考える。


藤井孝一

せっかく本を読んでも、明日の仕事にすぐ役立つようなものばかりでは意味がありません。将来のことを考えるなら、間口は狭めないほうがいいでしょう。


豊田章一郎

神谷(正太郎)さんに一番よく言われたのは、お客様を大事にしろということでしょうか。つまり、販売店をよくまわれと。国内はもちろん、海外についてもできる限り販売店まわりをしろと。


松本晃(経営者)

いい人と会って、いい話を聞くことで学ぶことも多くあります。そのために積極的にアプローチすることもありますし、講演会に行くこともあります。


松本晃(経営者)

米国のフリトレーでは担当者が朝6時ぐらいに自家用車で商品搭載済みのトラックまで直接向かいます。そこで乗り換えたら、スーパーやコンビニエンスストアなどに配送して回りながら注文を取ってきます。私が午前11時に彼らに会えば、「今日は既に客先を7~8軒回った」なんて言うのです。日本の社員なら、昼前はまだお客さんに会ってもいない時間帯かもしれません。


阿部寛

映画やテレビで主役の話が来たりして、軌道に乗り始めたなと思っても、苦しかった時代を忘れず、とにかく全力投球することを心がけています。


三戸政和

もし中小企業を買収するのであれば、まずは自分がこれまでやってきた事業か、あるいは、そこに隣接する領域で勝負してください。メーカーや銀行に勤めてきた人が、「夢だから」とそば屋などの飲食店を始めるのはおすすめできません。飲食業はあらゆる産業のなかで最も難しいビジネスの一つ。市場規模は約25兆円と大きいですが、最大手のゼンショーグループで売上高は約5400億円。たった2.2%しかシェアがないのです。競争や出入りが激しく失敗するリスクが高い分野に飛び込む必要はないのです。