入沢元の名言

入沢元のプロフィール

入沢元、いりざわ・はじめ。日本の経営者。ラーメンチェーン「博多一幸舎」を展開する「ウインズジャパン」社長。福岡県出身。

入沢元の名言 一覧

切羽詰まった局面にぶつかるから、アイデアが浮かぶし成長する。


18歳の時から、30歳で社長になると決めていた。だからいつも、自分が社長だったらどうするかと考えながら社長を見てきました。


私は従業員の未来を考えて、ラーメン屋ではなく飲食企業にせねばいかん、夢と希望を持たせなければいかんと考えるようになりました。それで海外に進出することにしたんです。


味はレシピで再現できても、精神は真似できない。会社が本物になるためには、数を増やすだけじゃなく、どれだけ本物をつくる人を世界に広められるか。それが一幸舎のブランド戦略です。


尊敬に値する親父が店にいる。その下で働く者が親父の精神を継いで新しい店をつくる。本物をつくる人が街の中に少しずつ増え、そんな姿を見た若者たちが自分も一幸舎の親父になりたいと思う。それを20年、30年と続けていけば、誰にも真似されない本物の企業になれる。


ラーメン屋の社長は、店舗数が増えて羽振りがよくなると、外車に乗ったり芸能人のような格好をしたりする人もいる。でも、そういうのはダメだと思う。一幸舎を博多一のラーメン屋にするためには、ラーメン屋の親父が尊敬され、その親父こそが社長なんだというスタイルをつくり上げることだと思っています。


海外に進出する会社はタイのバンコク、ベトナムのホーチミンのように、その国の中心都市にまず1店舗を出して、そこから広げていこうとします。それは国の担当を何人も置けるだけの体力があるからやれることで、うちくらいの小さなラーメン屋はそんなことはできません。まずは大石(インドネシア法人社長)がいるインドネシアで一番になってから、その評判を持ってシンガポール、ベトナムなどへ広げていく。中小企業はそういうやり方しかできません。


うちはインドネシア、中国、台湾、香港、シンガポール、ベトナムと次々と店を出していますけれど、うちの社員を現地に送ったわけではありません。一幸舎のラーメンが好きで、その国でトップになりたいという人間を現地の社長にしています。そこに我が社の若い社員を派遣する形にしています。


中学時代からの友人がジャカルタで会社をやっていました。彼も博多の人間なんで、ラーメンが食べたくなったら車で1時間30分、走って食べに行きよるんですよ(笑)。そこで訪ねていって、一緒に食べてみたんですが、大したラーメンじゃないんです。スープは豚骨でしたけれど、臭いがしておいしくない。ああ、このラーメンならうちの方が勝てると思った。


弟の友人がラーメン屋で働いていて、彼が職人気質の名人でした。そこで、彼に自分の夢をかけることにしました。僕ら博多生まれの人間にとってラーメンは特別なんです。金持ちになったら自分が食べたいラーメン屋をやりたい。しかも、ラーメンの行列店を作るのが夢だったんです。


入沢元の経歴・略歴

入沢元、いりざわ・はじめ。日本の経営者。ラーメンチェーン「博多一幸舎」を展開する「ウインズジャパン」社長。福岡県出身。

他の記事も読んでみる

山本遼(経営者)

不動産会社が高齢者を避けるのは慣習的なもの。変える余地はあります。孤独死に伴う空室や原状回復などのリスクがあるのは事実。でも大家さんが安心して物件を貸し出せるよう入居者の死亡事故を対象とした保険や保障の仕組み、事故を予防・早期発見する地域の見守りサービスとの連携を提案すれば、安心してもらえる。業界の慣習は捨てられるんです。


加藤丈夫

対話とは、たんに会って話をすればよいというものではありません。易しいことではないのです。なぜならきちんとした対話をするには、技術が必要だからです。プレゼンテーション能力、説得力はもちろん欠かせません。でも一番重要なのは、忍耐力でしょう。たとえば上司であれば部下の発言に最後まで耳を傾けるべきです。そうでなければ、信頼関係を築けません。


古屋大貴

私は日頃から、「流行しているけれど商品化されていないモノ」や「人がたくさん集まっている場所やコト」に目をつけています。ツイッターなどで話題になったネタはいち早く追いかけますし、街を歩いて新商品のヒントを探すことも多いですね。電車内でも、常にあたりをキョロキョロ見ています(笑)。


坂根正弘

日本が陥りやすい欠点は「技術を持っているから何でもできる」と自前主義になってしまうことです。当社は自前の部分は主にハードのモノづくり技術に限定していて、ICT(情報通信技術)の部分は日本だけではなく米国、ロシアなどから様々な最先端技術を結集しています。


徳光正子

私が女将を継ぐとき、心の糧にしたことは、伊助(創業者)が身をもって示した「誠実」でした。いかに歴史を背負っているとはいえ、私には、自分の能力以上のことはできません。立派なことを言ったところで、メッキは剥がれます。そうなるともう、ただ「誠実」にやっていくということしかない。結局、そこに戻ってくるんです。


大平喜信

いい大学を出た人間は、おおむねプライドが高い。社会に出て、そのプライドの高さを、能力を伸ばす方向に使ってくれればいいのですが、難関大学に入ったことが人生の頂点になっているようでは駄目です。自分はまだまだ向上する存在だと思っていなければなりません。


ダグ・ハマーショルド

大衆を救うために勤勉に働くより、一人の人のために全身全霊を捧げる方が気高い。


箱田忠昭

話を聞くときに効果的なリアクションは5つ。「うなずく」「相づちを打つ」「話している相手を見る」「質問をする」「メモを取る」。メモは大きめの手帳に書く方が真剣さも伝わります。また「すごいですね」「驚きました」「素晴らしいですね」これらを繰り返すだけでも、相手は気持ちよく話せます。


諸井虔

改革はボトムアップでは絶対に成功しません。トップダウンでやるしかない。トップみずからが腹を切る覚悟でやるしかありません。


大澤孝征

職場の上司や部下、家族に対して、「相手の気持ちがわからない」と悩むことがあると思います。でもそれは、自分の価値観で周波数を固定したまま、ラジオのダイヤルを回そうとしていないからではないでしょうか。失敗しながらでいいから、微調整を繰り返して、「この人の声はここが一番よく聞こえる」という周波数を手探りで見つけていくことが大事です。相手を知りたいと思う相手本位の姿勢を心がければ、他人の本音を知る技術が少しずつ身についていくはずです。


伊藤肇

創業者は常に乱世に輩出する。乱世では組織とか機構とかいう表面的な問題は無視され、人の魅力とか、迫力とかが一番ものをいう。それだけに乱世ほど人間像がくっきりうかびあがる時代はないし、善にも悪にも極めて個性の強い独立不羈(どくりつふき)の人物が続々と生まれてくる。


吉越浩一郎

私の信念は、「人は、同じ情報を共有していれば、必ず同じ結論にいたる」という考えだ。どんな問題にもベストの答えがあり、それは情報を共有することで見いだせる。もし、結論にいたらなければ、一部の人だけが情報を持っていたり、お互いに持っている情報が違っているからである。


山元賢治

毎朝、部下を見ていると、変化にも気づきやすい。ちょっと調子が悪そうな部下には1対1で話します。部下がしっかり成果を出すためにも、リーダーは思いやりや優しさがないといけない。こうしたコンパッショネイト(思いやりのある)リーダーになるには、人に対する興味関心や、コミュニケーション力が不可欠。


東村アキコ

いろいろな不安もあるとは思うんですが、とにかく「決めろ!」っていう感じですかね。時間をどう使うかを決めて、邁進するしかないんですから。決めたら、具体的に動いて、成功だろうと失敗だろうと具体的な結果を出す。


宮田孝一

生煮えでもいいのです。お客様に関する情報が、より早く、そのまま上がってくることが大事であり、誤解を恐れずに言えば、悪い情報が飛び交う職場こそ健全で正しいのです。


ページの先頭へ