名言DB

9425 人 / 110833 名言

入江襄の名言

twitter Facebook はてブ

入江襄のプロフィール

入江襄、いりえ・たかし。日本の経営者。新日本証券(のちの新光証券)社長。著書に『証券業務』。

入江襄の名言 一覧

リーダーは有言実行で行くべきでしょう。だからといって、独断はいけません。いまの社会は複雑で、一人では何をするにも限界がある。そこで、組織力や人間関係をうまく活用し、よく議論したうえでの決定事項は公表して必ず実行することです。


入江襄の経歴・略歴

入江襄、いりえ・たかし。日本の経営者。新日本証券(のちの新光証券)社長。著書に『証券業務』。

他の記事も読んでみる

村上憲郎

ビジネスパーソンとして生きていくうえで最も基本となる知識は、「会社のしくみ」「財務・簿記の知識」「経済学」などです。どんな仕事をするにせよ、これらの知識を持っているか否かの差は大きい。


辰巳渚

「きれいに片づいていること」がゴールではありません。重要なのは「思い通りに仕事がこなせているかどうか」。極端な話、仕事で成果が出ているなら、片づける必要はありません。


加藤俊徳

飽きっぽいというのは、自分で楽しみやワクワクする気持ちを見つけられない状態。自分から動くのが面倒臭いと、他人への依頼心が強くなってくる。重症になると、レジャーの計画を他人がお膳立てしてくれても、「それ、面白くないよ」などと言うようになります。


井上康生

勝負の世界は非情。腹を決め、覚悟を持たなければ苦しい日々の連続に打ち勝てない。


俣野成敏

日本経済全体が伸びている時代は、誰がやってもそれなりに勝つことができたといえます。アマチュアの手を借りたいほど市場が拡大していたからです。それがいまや、大企業に入っても定年というゴールを迎えられる保証はどこにもないのです。ところが、時代が変わっても「企業はヒトで成り立っている」という事実は絶対に変わらない。サラリーマン受難の時代になることによって、プロフェッショナルの必要性はますます高まっているのです。


町田典子(経営者)

逆境の中にあっても立ち向かう。悲惨な戦争を体験し満州から9歳のときに、九死に一生を得て帰国。焦土からの日本を生き抜いてきたパイオニア精神があるからこそ、厳しい状況でも耐えることができました。


藤原和博

ある分野で100分の1(100人に1人の人材)になったら、次は営業ならマーケティング、経理なら財務というように、隣り合う分野にシフトして100分の1を目指す。2つの分野で100分の1の人材は、100分の一×100分の1=1万分の1の希少性を持つ。このかけ算が重要なのだ。ひとつの分野で1万分の1の人材になろうとすると、9999人に勝たなければいけない。そのための努力は、とても1万時間では足りない。しかしかけ算を利用するなら、隣り合う分野に再度、1万時間を投入すればいい。


今西頼久

これまでの街づくりは、言うまでもなく行政が中心となって行われてきました。しかし、自分たちがビジネス拠点としている地域の街づくりは、一番詳しい我々が中心となって行うべきだと考え「御堂筋まちづくりネットワーク」が16年前に立ち上げられました。以来、意欲的に御堂筋エリアの活性化に取り組み、今年7月に一般社団法人として認証を受けることになりました。


茂木友三郎

経済人の役割は、事業の創造。とにかく事業を作り出し、付加価値を高めること。


内藤忍

会食などをしたときに帰り際に、「今日は来て良かったな」とか「お土産をもらったな」と相手に感じてもらうのが理想です。お土産というのは、何も折詰に入ったお菓子を用意することではありません。相手が欲しい情報を提供したり、人を紹介したりすることが、本当に喜ばれるお土産になります。あるいは、食べることが好きな相手なら、食通なら誰もが「おいしい!」と絶賛する店に連れて行きます。それだけで相手は、「この人とつき合っていれば良いことがありそうだ」と思うはずです。あまり打算的になっては逆効果ですが、相手を手ぶらで帰さずに、「得たものがあった」と感じてもらうように努力することが、次に会うチャンスへとつながっていくのです。