名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

入江襄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

入江襄のプロフィール

入江襄、いりえ・たかし。日本の経営者。新日本証券(のちの新光証券)社長。著書に『証券業務』。

入江襄の名言 一覧

リーダーは有言実行で行くべきでしょう。だからといって、独断はいけません。いまの社会は複雑で、一人では何をするにも限界がある。そこで、組織力や人間関係をうまく活用し、よく議論したうえでの決定事項は公表して必ず実行することです。


入江襄の経歴・略歴

入江襄、いりえ・たかし。日本の経営者。新日本証券(のちの新光証券)社長。著書に『証券業務』。

他の記事も読んでみる

藤田晋

短期勝負は結果がすべて。どれだけ入念に準備をしていても、負ければ批判されるし、窮地に立たされる。だからこそ、飢餓感にも似た強い思いが必要になる。


田中孝雄

お客様が儲かるという視点でビジネスをしないと、分け前が回ってこない。単なる製造ではもう利幅をとれない。でも、設備の稼働率を高めるようなサービスを提供すれば、結構、お金をかけてくれる。


大東隆行

弊社は本部主導ではなく、店舗主導型です。これは王将の創業からの特徴です。地域に応じたオリジナルメニューを各店長が工夫する。値段設定も販促も、すべて店長の裁量次第。だから、地域の方に愛される個性のある店ができるのです。最近、地域密着型ビジネスの時代とよくいわれますが、ここまで徹底してやっているところはそんなにないと思います。


岩切章太郎

知事さんには任期があるので坪刈りをしておられるような気がする。もしここに一人の男がいて、いつも地方の畑を立派に耕しておく。そしていつ知事さんが種をまかれてもいいようにしておく。まかれた種は大事に育てる。悪い苗は黙ってとって捨てる。こういうことをする男がいたら知事さん、便利だと思いませんか?私は田舎に帰ってそんな仕事がしてみたいのです。
【覚書き|大学生時代、有吉忠一神奈川県知事と会ったときの発言。これは岩切氏のその後の人生を貫く事業哲学となった】


ケリー・マクゴニガル

自由と柔軟性。仕事をどう進め、時間をどう使うかを、本人が柔軟に決められる状態を実現することが、働く人の生産性や仕事への取り組みを向上させ、健康につながる。


西川浩司

日本人というのは本当に優秀です。現場の人は同じことを二度とやりません。常に改善を考えている。当社の社員達も自分がいいなと思ったことを随時提案し、より良いものを早く組み付けができるように日々改善する努力が自然と身についています。


長谷川穂積

最後まで妥協せずに練習したというやり遂げた感も大事。「やることやったー」と区切りをつけて、あとは飯を食って試合をするだけという感覚がなんとも言えず、いい。これがもし、試合前の最後の練習だからといって途中で疲れてミット打ちを4ラウンドではなく2ラウンドでやめてしまったら、心にしこりが残るんです。たった6分の違いで、それまで数か月苦しい練習をしてきたことが無になってしまう。なんか中途半端やな……という感覚で試合に臨むことになるはず。つまり、最後の1日を頑張れないだけで、積み上げてきた練習を否定することになる。それは嫌やし、自分を納得させるためにも追い込むんです。


上西京一郎

東京ディズニーランドの場合、現場に立つキャスト(従業員)のほとんどは準社員、いわゆるアルバイトです。応募されるのは小さいときから来園され、ディズニーが大好きでキャストとして働いてみたいというインセンティブを持った方が非常に多い。入り口部分で意欲の高い方に集まっていただけるのは、開園以来26年間、我々が懸命に守り続けてきたディズニーのブランド力によるものでしょう。


大久保政彦

会話の場所はいつでも選べるわけではないし、担当者情報を仕入れるルートがあるとは限りません。そんなときに使える汎用性の高いネタを、すぐに覚えやすいようシンプルに絞り込んだ言葉があります。「きにしいたけ」がそれ。「き」は季節、「に」はニュース、「し」は趣味、「い」は衣装、「た」は食べ物、「け」は健康。この頭文字を6つ並べたものです。もっと長いのもありますが、覚えづらいので、まず「木に椎茸」と覚えてください。全部同じようにネタを持って話せなくとも、6つのうち1つ、2つ自分で得意分野を決めてもいいでしょう。


ジム・ローン

人生には無尽蔵に時間が供給されているわけではないんだ。90年の間に、90回の春を迎えることが出来る。ある人がこんなふうに言ったとしよう「あと20年もある」そんな人にはこういってやらなければならない。「違うよ、君にはあと20回しかチャンスがないんだ」


なかにし礼

何事も右か左かを選択するのは常に自分だ。


佐々木常夫

私は「働き方とは、生き方である」と考えています。本来はまず「自分が幸せになるにはどう生きるべきか」という人生設計があり、そのためにどう働くのかを考えるべきでしょう。ところが多くの人は、生き方を考えずに、働くことばかり考えている。それでは日本人の働き方が変わることはありません。