名言DB

9419 人 / 110788 名言

入江慎也の名言

twitter Facebook はてブ

入江慎也のプロフィール

入江慎也、いりえ・しんや。日本のお笑い芸人。東京出身。矢部太郎とともにお笑いコンビ「カラテカ」を結成。著書に『後輩力 凡人の僕が、友だち5000人になれた秘けつ』『使える!人脈力』。

入江慎也の名言 一覧

相手の役に立てる武器がたくさんあるほど、人に好かれ、人脈が勝手に広がっていく。


僕にできることは限られていますが、その中でできるだけ他人を喜ばせられないかと工夫しています。


怖がってやらないよりも、やって失敗して怒られよう。


同じ後輩でも、先輩から声をかけられやすいタイプっていますよね。そういう人は、先輩にかわいがられるだけでなく、人を紹介してもらえたり、仕事を振ってもらえたりする。競争が激しい世界では、独力で大舞台に上がるのは難しい。だけど、後輩力があれば、チャンスのきっかけがつかめます。もちろん、舞台に上がってからは、自分の力が試されますが。


正直な話をすると、相方の方が売れていた時期に焦ったのが始まりです。「消えていく怖さ」を痛烈に感じたんです。何としてでもお笑い芸人としてやっていきたい。だったら、この世界で生きていくために自分ができることは何か、そもそも自分が好きなことは何か……。そう突き詰めて考えていった先にあったのが「人が好き」ということでした。人と話すことが好きで、人が何を求めているのかを考えて、その人のために先回りをして行動することが大好きでした。そして、それが僕の強みだということにも気づいたんです。


意外な出会いがきっかけで新事業が生まれるケースは、僕の周りにもたくさんあります。こうした縁と運は、ちょっとした不義理で簡単に途切れてしまうもの。人として守るべき道を、誠実に守る。そして、相手の役に立とうと精いっぱい頑張る。そうすれば、独立成功にグッと近づけるのではないでしょうか。


人に喜んでもらおうとするサービス精神は、人脈を広げるために不可欠です。そして、サービス精神の源になるのが「人への愛」だと思います。好きになった人のためなら、どんなことだってしてあけたくなるもの。人脈を広げたいなら、好きな人を見つけ、その人と一緒に仕事をすることですね。


たまにいるのが、偉い人の近くで仕事をするようになったことで、自分も偉くなったと勘違いするタイプ。急に横柄になり、電話が鳴っても「この人なら出なくてもいいか」と無視してしまう。一方、地位が上がっても態度が変わらず、誰にでも謙虚に接する人もいます。こういう人は誰からも好かれ、どんどん上に行くと思いますね。


入江慎也の経歴・略歴

入江慎也、いりえ・しんや。日本のお笑い芸人。東京出身。矢部太郎とともにお笑いコンビ「カラテカ」を結成。著書に『後輩力 凡人の僕が、友だち5000人になれた秘けつ』『使える!人脈力』。

他の記事も読んでみる

藤川太(ファイナンシャルプランナー)

自分の人生を長期的な視点から眺めると、自分の見通しの甘さに気づくはずです。


泉谷直木

手法を学んでも、それを使えなければ意味がありません。身につけた手法を自分の血肉とするには、何より経験を積むことが大切です。


ドナルド・トランプ

よく働いていれば新しいアイデアが引き寄せられてくる。反対に、怠け心と無気力さはネガティブな考えを引き寄せる。


城岡陽志

実家はみかん農家だったんですが、両親が入退院をくり返すなかでしだいに食えなくなり、「なんとかせなあかん」という状況になりました。ですが、こちらもサラリーマンの身。親に十分な援助ができません。そこで決意したのが、いつかは独立して親を楽にしようという考え。そのために、三十歳で課長になるという目標を定めました。もし課長になれたら、自分には非凡なものがあるはず。逆になれなければ平凡だという証しだから、諦めて一生サラリーマンをしようと思っていました。


城島健司

それぞれのピッチャーの個性に合わせる必要があるんです。自分の型にはめてしまえば1番簡単でラクだと思いますが、それではピッチャーの色は出てきませんからね。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

褒めるときのポイントは、「具体的なプロセスに着目する」「感想・気持ちを添えて伝える」「心持ちの部分を重要視する」の3つ。


永守重信

日本人はとかく物事のマイナス面に目を向けたがり、悲観主義に陥りがちだが、それでは意味がない。マイナス面はある。しかし、プラス面だってある。


越智仁

技術をもった上で、その技術に対して、マーケットがどう動くか、ニーズはどこにあるかを考えていく。ニーズに対応し、ソリューションを生み出していくことが重要になってくる。


石田宏樹

俯瞰してみれば、そもそも人類史とは、そのはじまりからずっとグローバル化の歴史であり、これが逆行したことはほとんどない。


竹内薫

ビジネスチャンスを掴むためには、書店でビジネス書のコーナーに行くよりも、科学書のコーナーに行くのがいいでしょう。ビジネス書に書かれていることは、すでに他のビジネスマンがやっていることだからです。