名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

入江慎也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

入江慎也のプロフィール

入江慎也、いりえ・しんや。日本のお笑い芸人。東京出身。矢部太郎とともにお笑いコンビ「カラテカ」を結成。著書に『後輩力 凡人の僕が、友だち5000人になれた秘けつ』『使える!人脈力』。

入江慎也の名言 一覧

相手の役に立てる武器がたくさんあるほど、人に好かれ、人脈が勝手に広がっていく。


僕にできることは限られていますが、その中でできるだけ他人を喜ばせられないかと工夫しています。


怖がってやらないよりも、やって失敗して怒られよう。


同じ後輩でも、先輩から声をかけられやすいタイプっていますよね。そういう人は、先輩にかわいがられるだけでなく、人を紹介してもらえたり、仕事を振ってもらえたりする。競争が激しい世界では、独力で大舞台に上がるのは難しい。だけど、後輩力があれば、チャンスのきっかけがつかめます。もちろん、舞台に上がってからは、自分の力が試されますが。


正直な話をすると、相方の方が売れていた時期に焦ったのが始まりです。「消えていく怖さ」を痛烈に感じたんです。何としてでもお笑い芸人としてやっていきたい。だったら、この世界で生きていくために自分ができることは何か、そもそも自分が好きなことは何か……。そう突き詰めて考えていった先にあったのが「人が好き」ということでした。人と話すことが好きで、人が何を求めているのかを考えて、その人のために先回りをして行動することが大好きでした。そして、それが僕の強みだということにも気づいたんです。


意外な出会いがきっかけで新事業が生まれるケースは、僕の周りにもたくさんあります。こうした縁と運は、ちょっとした不義理で簡単に途切れてしまうもの。人として守るべき道を、誠実に守る。そして、相手の役に立とうと精いっぱい頑張る。そうすれば、独立成功にグッと近づけるのではないでしょうか。


人に喜んでもらおうとするサービス精神は、人脈を広げるために不可欠です。そして、サービス精神の源になるのが「人への愛」だと思います。好きになった人のためなら、どんなことだってしてあけたくなるもの。人脈を広げたいなら、好きな人を見つけ、その人と一緒に仕事をすることですね。


たまにいるのが、偉い人の近くで仕事をするようになったことで、自分も偉くなったと勘違いするタイプ。急に横柄になり、電話が鳴っても「この人なら出なくてもいいか」と無視してしまう。一方、地位が上がっても態度が変わらず、誰にでも謙虚に接する人もいます。こういう人は誰からも好かれ、どんどん上に行くと思いますね。


入江慎也の経歴・略歴

入江慎也、いりえ・しんや。日本のお笑い芸人。東京出身。矢部太郎とともにお笑いコンビ「カラテカ」を結成。著書に『後輩力 凡人の僕が、友だち5000人になれた秘けつ』『使える!人脈力』。

他の記事も読んでみる

井阪隆一

人間は、自分のためにはそれほど頑張れなくても、他人のためには頑張れたりするもの。その方が、厳しい仕事に耐えられることもある。


本間宗久

急に下げ、急に上がる相場は天井底の日限定まらず、見計らいを取りて仕舞うべし。


泉谷しげる

俺たちの世代は、メチャクチャな情報の中で育ってますからね(笑)。「うさぎ跳びは体にいい」だの、「マラソンの時は水を飲むな」だの……。正しいかどうかっていうより、情報がそれしかないから必死でうさぎ跳びして、水飲まないで走ってさ。今思えば間違っていたことも、ちゃんとやり切ってた。すると今度は「こんなことができたんだから、俺は強いのかもしれない」と思っちゃうの。「ギターを弾いたら、スターになれるんじゃないか」とかね。もう、すごく単純。このバカさ加減というか、「無知の強さ」が、この世代のエネルギーなんだよね。


ウォーレン・バフェット

株価が50%下落してもパニックに陥らないこと。そういうときにこそ、ありがたく買うこと。


山本多聞

経営者は「お金を回す」という感覚を持っています。借金があっても資金が回転していれば問題はありませんし、逆に、帳簿上は黒字でも売掛金を回収できず倒産するケースもあります。だから、借金しても資金の循環を円滑にしようとするのです。


海老一宏

転職の第一歩は「自分で自分を知る」こと。自分を知らなければ応募先も決まらず、履歴書類も効果的に書けません。


飯島彰己

イノベーションに対応し、多様性あるグローバル化に順応できる企業が生き残っていく。


石井知祥

わかりやすいサービスと私たちならではのアイデアで、お客様を幸せへといざなう旅の扉になりたい。


鶴野充茂

プレゼンや会議の場で人が退屈するケースは3つあります。ひとつは、新しい情報が出てこないとき。もうひとつは、話が理解できないとき。最後は、話の内容が自分に関係ないときです。これらの要素が重なると、人は不快になって話を聞き続けることができなくなるのです。


小路明善

今年の上半期は「スーパードライ」が好調でした。昨年からブランド資産の最大化に、私たちは取り組んでいて、それが奏功したと思います。


松岡浩(経営者)

20数年前から「タニサケ塾」といって経営者のための勉強会を開いています。毎月1回、無料で全国から18名の中小企業経営者を受け入れ、トイレ掃除を中心とした1泊2日の体験研修を主宰しています。これは自分の体験や取り組みを紹介することで、少しでも中小企業の経営者の参考になればと志したことなのです。経営者自らがトイレ掃除をすることによって、身体ごと奉仕するという精神を伝えています。あとは宿舎に向かうバスの中で約1時間、成長や進化することの重要性を伝え、社員が知恵を出したら人生も会社も良くなるということをお話ししています。


有森裕子

私は高校、大学と大きな実績を残していません。エリート選手ではなく、「追いかけられる」立場になったことはほぼなかったので、比較対象は「対自分」でした。常に挑戦者の立場だったので諦めるという概念があまりなかったのです。