名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

入江優(銀行家)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

入江優(銀行家)のプロフィール

入江優、いりえ・まさる。日本の銀行家。「東京スター銀行」頭取・CEO(最高経営責任者)。東京都出身。東京大学経済学部卒業後、住友銀行を経て東京スター銀行に入行。取締役、常務取締役、代表執行役専務などを経てCEOに就任。

入江優(銀行家)の名言 一覧

安定感、信頼感を得るには継続的な収益力が大事。改善の余地はたくさんある。


部門間の協働で収益を改善できることがたくさんある。地味な作業だが、必ず実を結ぶ。


入江優(銀行家)の経歴・略歴

入江優、いりえ・まさる。日本の銀行家。「東京スター銀行」頭取・CEO(最高経営責任者)。東京都出身。東京大学経済学部卒業後、住友銀行を経て東京スター銀行に入行。取締役、常務取締役、代表執行役専務などを経てCEOに就任。

他の記事も読んでみる

世良公則

ロックが若い人の音楽だったのは昔の話。でも、それをいまだに引きずる感じもありますね。せっかくロックに世代が関係ない時代になったのに、なんで世代で分けちゃうのかと思う。


和田秀樹

最初のチャンスを待っているときから、それに続くチャンスもモノにできるように、十分に勉強や準備をして実力を磨いておかなければ、あきらめずに持っていることでチャンスは必ず訪れるし、そのチャンスを見事にモノにできるはずだ。


野儀健太郎

私たちはクリエイター、クライアントと同等のパートナーです。派遣をしてうまくいかない時もありますが、もっとヒアリングできていれば、もっと事前に説明ができていればよかったのではないかと、社員たちには常に自責型に考えてもらいたい。


長沼毅

成果を出さなければいけないという焦りから研究費用の獲得に躍起になり、学会だ、大学だ、論文だ……と睡眠時間1時間の生活を続けた。心も体もヘトヘトでした。そして、ある日限界が……。深夜、研究室から帰ったとたん、目の前が真っ白に。床に倒れ込みました。診断結果は過労。3か月の安静を言い渡されました。それが転機でしたね。研究もできない、大学にも行けない。ヒマだから、昔よく読んだ中原中也の詩集を読み返したんです。中也って青臭くて、焦って、悲しんでる。「こいつ、もっと肩の力を抜けばいいのに」そう心の中でつぶやいたその瞬間、「あ、これ俺だ……」って悟った。自分で自分を追い込んで、行き詰まってる。それに気づいたら、一気に視界が開けて、肩から力が抜けていきました。そして変わった。力みがなくなったんです。「おカネなんてなくても研究はできるさ」くらいの感じで、ラクに仕事と向き合えるようになった。それまでは成果、成果だったのに、楽しくやろうという気になったんです。


佐々木かをり

ネット社会では、会社も個人も24時間、他人に見られているようなもの。まっすぐに、良い仕事をしているのか。今も、それを常に問われていると思いながら仕事をしています。


梅澤高明

やる気のない「やらされ仕事」と、「これは面白い!」「この人と仕事がしたい!」といった想いがある仕事。生産性に決定的に差がつくのは当然。


小笹芳央

「人」に問題があるという視点から解決を目指すと、必ず抵抗にあいます。そこで「間」という見方に変えて、「わが社は営業部門と企画部門の“間”に問題があるのではないか」といえば、双方のトップも「確かに多少の問題があるのではないか」と素直に認めやすくなります。間の問題を認めてくれる人が増えてくればその間をどうつないでいけばよいのかという議論へ移れます。問題の存在を認めてくれるだけで、変革に向けて大きな一歩を踏み出せるのです。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

本物の強い精神に必要な要素は、「勇気」「自立」「誠意」「寛大さ」「思いやり」の5つの美徳です。これらがなければ、真の自由と喜びを知らない揺らいだ心のまま、人は、その場の状況によって姿かたちを変えられる粘土細工のような存在になってしまうでしょう。


稲葉善治

利益を出し続けるためには、競合他社よりも強くなければいけません。競合他社よりも強くあるためには、強い企業体質が必要です。開発、生産、販売、サービス、すべてが強くなければいけない。


松本晃(経営者)

早く帰れるようになると、人にもよりますが、変わる人間は大きく変わります。ビジネススキルを学ぶ人もいれば、教養を深める人もいる。メタボな人はジムに行って健康になるなど、それぞれが考えて行動し始めますよ。人間としての成長を考えれば、家族との団らんに時間を充てるのにも、大きな意味がある。朝はみんなバタバタしていて、家族でゆっくり食事をする時間なんてないのですから。おかげで弊社の「フルグラ」が売れているんですけどね(笑)。


野村克也

最も大切なのは1戦目だ。弱いチームの特徴は、出鼻をくじかれると見るも無残に倒れていくことだ。初戦で負けると「やはり俺たちはムリだ」「勝てるはずがないんだ」と勝手に思い込んで、いつも以上に力が発揮できなくなるからな。しかし、初戦で勝つと弱いチームほど逆に、勢いづく。「俺たちは強い!」「思ったほど相手は強くないぞ!」と強く思い込む。いつも以上に自信を持って戦えるんだ。


兼元謙任

失敗したら、こうすれば失敗するということが勉強できたので、それだけ目標に近づけたと思えばいいのです。