名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

入江優(銀行家)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

入江優(銀行家)のプロフィール

入江優、いりえ・まさる。日本の銀行家。「東京スター銀行」頭取・CEO(最高経営責任者)。東京都出身。東京大学経済学部卒業後、住友銀行を経て東京スター銀行に入行。取締役、常務取締役、代表執行役専務などを経てCEOに就任。

入江優(銀行家)の名言 一覧

安定感、信頼感を得るには継続的な収益力が大事。改善の余地はたくさんある。


部門間の協働で収益を改善できることがたくさんある。地味な作業だが、必ず実を結ぶ。


入江優(銀行家)の経歴・略歴

入江優、いりえ・まさる。日本の銀行家。「東京スター銀行」頭取・CEO(最高経営責任者)。東京都出身。東京大学経済学部卒業後、住友銀行を経て東京スター銀行に入行。取締役、常務取締役、代表執行役専務などを経てCEOに就任。

他の記事も読んでみる

冨田智夫

現場での経験から心に留めるようになったのが、「ポジションが人を育てる」ということです。例えば、営業成績では平均レベルのとある社員が、マネジャーに抜擢された途端に強力なリーダーシップを発揮し、想像以上の成果を上げた、そんな出来事が印象に強く残っています。


渋井真帆

数字や決算書を読むというのは、分析するということです。分析するには比較が大前提です。数字が読めない人は、比較のやり方がわからないんです。数字を見ただけでは分析できないのに、ただひとつの数字をジーっと見て「わかりません」となってしまうのです。


青木孝憲(カーデザイナー)

カーデザイナーを目指したきっかけはとても単純なんです。僕は子供のころ劣等生で、勉強もできないし、スポーツもできない、大勢でワイワイ遊ぶのも苦手。自分の内面に閉じこもる癖のある少年だったのです。でもそのためか、自分が何を好きなのかは、よくわかっていました。高校の卒業が近づき、進路を選択しなければならない際には、「クルマと美術が好き。だから、クルマのデザインをする人になろう!」と迷うことなく、カーデザインの専門学校への進学を決めました。


小山昇

私が社長に就いた当初、武蔵野はやる気のない社員だらけでした。真面目に仕事に取り組まず、いかにサボるかを考えてばかり。環境整備は彼らがきちんと仕事をして、私がチェックするための仕組みとして始めました。ただの掃除は社員が自発的に動くのを待つボランティアだけど、環境整備は仕事の一環として給料を払い、イヤでも社員に強制させるものです。


石原一裕

会社には、いい時も悪い時もあります。経営状況などによって、働きがいが左右されるようではダメです。目標を明確化でき、悪い時も頑張ろうと皆が思えるようでなければ、本物ではないのです。


桜井正光

商品を評価する視線の厳しさは、日本人に共通するものです。そうした厳しい国内マーケットからの要望に対して、我々は改良を加えるなどして応え、新たな商品を提供していく。それによって前工程の技術開発は強くなる。


大塚周一

このビジネスは簡単ではない。そんな簡単なビジネスだったら、何も私が飛び込んできて、「日本の産業を何とかしなければいけない」という熱い想いを持ってやることではない。


義家弘介(ヤンキー先生)

いまは子供ときちんと向き合えない大人が多すぎます。どれだけ子供に手をかけるかという意味での意識格差が広がっていると思います。


窪山哲雄

ホスピタリティーを「心のこもったサービス」と定義することもありますが、その神髄は「相手に合わせる」ことにあります。たとえば、ディズニーランドでは小さな子供の目線に合わせるように話しかけたり、対応したりします。決してサービスする側の都合や思惑で対応しない。どんな相手であろうと、相手が心地よく思うところまで自分を変形させていく姿勢こそが、ホスピタリティーの本質です。


ジョン・カビラ

J-WAVEの朝の番組では、政権が交代したばかりのホワイトハウスに電話をかける、というとんでもない企画もありました。電話、かかるんですね、ちゃんと。それも発見だったんですが、交換手に質問を畳みかけたら、広報のラジオ担当者に回してくれた。担当者は、何を聞いても徹頭徹尾、「生でのラジオインタビューは受け付けていません」という答えでしたが、チャレンジしたかいがありました。とにかく諦めず、くじけず、コミュニケーションを取ろうとする姿勢が大事なんです。


小嶋淳司

人口減少の問題は、何千店と全国展開しているナショナルブランドの商売なら、とらえないといけない問題です。でも、我々みたいな小さいスケールの商売には何の支障もありません。まずは自分たちが提供する商品を一生懸命磨いていき、それをお客様に認めてもらうこと。日本経済全体の話とは次元が違います。そこは間違ってはいけないところだと思います。


宇野郁夫

私は若いころから本を読むことが一番の楽しみで、いまでも多くの本を読んでいます。本を読むことが役に立つことかどうかは、ある程度まではわからないものですが、ある一線を越えると急に世界が違って見えるような気がしました。