名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

入戸野宏の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

入戸野宏のプロフィール

入戸野宏、にっとの・ひろし。日本の心理学者。「大阪大学大学院人間科学研究科」教授、「技術心理学研究会」代表。神奈川県出身。大阪大学人間科学部人間科学科卒業、大阪大学大学院で人間科学博士号を取得。広島大学助手・准教授、国際心理生理学機構理事などを経て大阪大学大学院人間科学研究科教授。

入戸野宏の名言 一覧

人間は何かを見る時、通常は細部より全体に注意を向けます。ところが、かわいいものを見ると細部に注意を払うようになる。それが集中力につながり、その後、ルーティンのデスクワークに戻っても効果が持続するんです。動物や幼い子供、赤ちゃんがいいですね。それらの携帯画面を数十秒眺めるだけで、作業をスムーズにこなせる集中力を回復させてくれます。


手軽に集中力を取りもどす方法があります。それは「かわいい」ものを眺めることです。「かわいい」には、人を穏やかに覚醒させ、集中しやすい状態を作る力があります。実際、大学生96人を対象に、2つの実験(1つはピンセットを使って箱から小さな玩具をつまみ出す作業、もう1つは不規則な数列から指定された数字を目視で数え出す作業)をした結果でも明らかでした。作業の間に子犬や子猫等、「かわいい動物写真」を眺めたグループと「大人の動物写真」等を見たグループにわけたところ、子犬や子猫の写真を見たグループは、作業成績が15%ほどあがりました。


入戸野宏の経歴・略歴

入戸野宏、にっとの・ひろし。日本の心理学者。「大阪大学大学院人間科学研究科」教授、「技術心理学研究会」代表。神奈川県出身。大阪大学人間科学部人間科学科卒業、大阪大学大学院で人間科学博士号を取得。広島大学助手・准教授、国際心理生理学機構理事などを経て大阪大学大学院人間科学研究科教授。

他の記事も読んでみる

嶋浩一郎

世界に誇る日本独自のクールな飲食スタイル「回転寿司」も、ひょんなきっかけから生まれました。「元祖廻る元禄寿司」の創業者が発明したのですが、きっかけは飲食店組合の行事で行ったビール工場見学でした。ベルトコンベヤーで流れているビール瓶を見て、「こんな感じで寿司が客のところまで運べたら手間がかからないのに」と思ったそうです。試作機で難航した回転台のカーブ部の機構も、名刺を扇形に開いた時に「この形にすればいいのでは?」とひらめいたそう。だから回転寿司は、会社員が最もなじみのある「ビール」と「名刺」から生まれたと言ってもいいかもしれません。


嶋浩一郎

分からないことだらけで恥ずかしい経験をするかもしれません。でも、その恥ずかしさに慣れてしまえば最強です。人って成功体験に頼って、つい「型」を作っちゃいますが、型に頼るのはやめましょう! 今年1年、未知なる世界に飛び込んでみましょう。


豊田喜一郎

誰もあまりやらないこと、やり難いことをものにしてみせることに人生の面白みがある。


宋文洲

日本人は勉強しすぎ。僕は本を読まない人も嫌いだけど、1週間に4冊読むと自慢する人も嫌い。知識だけでは学びにならない。新たな環境に飛び込んで体験するしかない。


池谷裕二

ルーティン化には、無意識の記憶を司る線条体や小脳が関与していると考えられます。毎日の習慣にすれば、朝のこまごまとした身支度が苦にならなくなるのも、無意識が勝手にやってくれるからです。ルーティン化は、面倒なことをやるのに非常に強力な方法なのです。


吉田忠裕

私や社長などの役員が世界中の拠点に出張するときには、アジアでもアメリカでもヨーロッパでも、現地の社員を20人ぐらい集めて語り合う場を設けるようにしているんです。社内ではこれを「車座集会」と呼んでいるんですけれど、ここで私は経営理念を語るというよりは、むしろ彼らの話を聞くようにしているんですね。すると、いきなり質問攻めにあうんです。


鳥越俊太郎

強烈な好奇心。僕はその固まりなんですよ。だから、人から見たら逆境や遠回りでも、眉間にシワをよせて過ごさず、むしろ楽しんでのめり込むことで、乗り越えてきたのかな。


浦沢直樹

つまんなくなっちゃうのよ、思い通りになっちゃうと。思い通りにならないというか、ドラマが勝手にアメーバのように動き出す方が、描いていて面白い。


スティーブン・コヴィー

人生で唯一最大の結果を生み出す投資は、自分自身に投資することだ。つまるところ、人生に立ち向かうため、そして貢献するために仕える道具は、自分自身しかないのであり、自らの業績はすべて、その道具を活用してつくり出すものである。


永谷研一

内省は積み重ねるほど深まる。


本庄正則

人間は弱いものです。悪い情報を聞けば面白くないし、難しい判断は先延ばしにしたい。しかし、経営者が蛮勇を振って自らの弱さと戦わなければ、会社にことなかれ主義が蔓延するばかりです。


須田健太郎(経営者)

インバウンドの人数はいまも増え続けています。ただ、円高で消費額が抑えられることはたしかなので、爆買いを当て込んでいた小売業界は打撃を受けています。宿泊日数が減るのは悪くない傾向です。最近はLCC(格安航空会社)でちょろっと来て、ちょろっと泊まって帰る外国人が増えてきました。昔より気軽に訪日できるようになったということだから、何度も来てもらえばいい。