名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

入戸野宏の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

入戸野宏のプロフィール

入戸野宏、にっとの・ひろし。日本の心理学者。「大阪大学大学院人間科学研究科」教授、「技術心理学研究会」代表。神奈川県出身。大阪大学人間科学部人間科学科卒業、大阪大学大学院で人間科学博士号を取得。広島大学助手・准教授、国際心理生理学機構理事などを経て大阪大学大学院人間科学研究科教授。

入戸野宏の名言 一覧

人間は何かを見る時、通常は細部より全体に注意を向けます。ところが、かわいいものを見ると細部に注意を払うようになる。それが集中力につながり、その後、ルーティンのデスクワークに戻っても効果が持続するんです。動物や幼い子供、赤ちゃんがいいですね。それらの携帯画面を数十秒眺めるだけで、作業をスムーズにこなせる集中力を回復させてくれます。


手軽に集中力を取りもどす方法があります。それは「かわいい」ものを眺めることです。「かわいい」には、人を穏やかに覚醒させ、集中しやすい状態を作る力があります。実際、大学生96人を対象に、2つの実験(1つはピンセットを使って箱から小さな玩具をつまみ出す作業、もう1つは不規則な数列から指定された数字を目視で数え出す作業)をした結果でも明らかでした。作業の間に子犬や子猫等、「かわいい動物写真」を眺めたグループと「大人の動物写真」等を見たグループにわけたところ、子犬や子猫の写真を見たグループは、作業成績が15%ほどあがりました。


入戸野宏の経歴・略歴

入戸野宏、にっとの・ひろし。日本の心理学者。「大阪大学大学院人間科学研究科」教授、「技術心理学研究会」代表。神奈川県出身。大阪大学人間科学部人間科学科卒業、大阪大学大学院で人間科学博士号を取得。広島大学助手・准教授、国際心理生理学機構理事などを経て大阪大学大学院人間科学研究科教授。

他の記事も読んでみる

鈴木喬(経営者)

世の中の購買者のうち、好奇心で買う人は5%はいるそうです。消費者の5%が買ってくれたら、その商品は大成功です。まず買ってもらって、使っていいとなれば、それがクチコミで広がります。


井上雄彦

「何らかの価値がある絵を描かなきゃいけない」とか、「誰かに期待されてそれに応える」絵ということじゃなく、誰も待っていない絵を、誰にも頼まれずにただ描く、そういう人になりたい。


石塚しのぶ

人は誰しも、己の潜在能力を最大限発揮したいと願っているものです。また、「自分」というものを超えた大きな目標に向かい、世の中の役に立つ生き方をしたいと望んでいるものです。そしてそれを、志を同じくする仲間たちと力を合わせて成し遂げたいと思っています。ならば、そういった、人間が持っている究極的な願望を支え、その達成を助ける企業をつくることによって、個人の幸せと組織の繁栄を両立させ、豊かな社会をつくることができるというのが、コア・バリュー経営の考え方です。


大貫卓也

『TSUBAKI』の広告については、新しい自分流の広告ではなく、資生堂のやり方で突破すべきだと思っていました。それも、自分が若いころから憧れていたような、圧倒的なスケール感があって、世の中を揺さぶるような「資生堂の広告」をつくりたかった。かつての資生堂がやっていたキャンペーン広告のようなイメージです。資生堂の手法で成功することが重要だったんです。


岩瀬大輔

仕事がまさにそうですが、ネットに頼り切ってしまうと、上手くいくことも、上手くいかなくなります。対面して話をするのがコミュニケーションの原点なのです。


和田洋一(スクウェア・エニックス)

人と話ができる、決められたことや約束の時間をきちんと守る。これ以上、どんな協調性が必要なのでしょう。チームでやる仕事を阻害しないくらいの協調性のなさは、その人の個性として大目に見るべきです。誰とも仲良くでき、いつも笑顔を絶やさないのも一種の才能ですから、誰もが身につけられるものでもありませんし、その必要もありません。


辻慎吾

交渉では、まず相手に信用してもらうことが重要。会社の信用よりも、交渉に行っている人間の信用が先にないと話もしてもらえません。


木川眞

セグメントを絞り込めば、ある意味ではニッチ市場になります。ニッチではあるけれど、その分独自性を出せます。すなわちオンリーワン商品になるんです。「これなら絶対に負けない」という差別化要素を埋め込みやすくなるでしょう。


宮永俊一

退路を断つことによって、日立さんも、より一層頑張ってくれるのではないかという思いがありました。
【覚書き|三菱重工業と日立の合弁会社「三菱日立製鉄機械」社長になったとき、三菱重工業を退社したことについて語った言葉】


篠原菊紀

認知機能は歳を重ねるにつれ低下しますが、逆に、伸びる機能もあります。それが、「結晶性知能」です。認知機能には、「流動性知能」と「結晶性知能」の2つがあります。「流動性知能」は、短期的な記憶力、新しいルールの理解力、空間認知力、発想力など、新しいことに対処する力で、ワーキングメモリもこれに当たります。一方、「結晶性知能」は経験に基づく知恵や知識や経験のことで、これは経験を重ねることで伸びていきます。


浦沢直樹

誰かが描いたものは、もう自分が描く意味がないので、せっかくこの白い紙に何かを描くんだったら、まだ誰も描いたことがないものを描きたいという願望はある。


佐々木常夫

私が「出世したほうがいい」とよく主張するのは、40歳前後で管理職になると、明らかに周りの景色が違って見えるからです。部長になればまた違った見え方をするでしょう。社長は孤独だなどといいますが、会社で一番やりがいを感じているのは社長です。そこを勘違いしてはいけません。