名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

兒玉義則の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

兒玉義則のプロフィール

兒玉義則、こだま・よしのり。日本の経営者。「スヴェンソン」社長。東京出身。明治大学卒業後、日産自動車を経てスヴェンソンに入社。取締役、専務取締役、取締役副社長などを経て社長に就任。

兒玉義則の名言 一覧

店舗には事業のあらゆる面が集約されているんです。創業10年目、まだ会社が小規模で仕組みが十分に整っていなかった時代に、ひと通りのことを体験できたのは、自分の大きな糧になったと思います。


売上高は結果にすぎません。いかに社会に貢献したか。すなわち、いかにお客様にご満足いただけたか。そこへの揺るぎない想いを忘れることはありません。


お客様のニーズの変化に対して、シンプルにお応えし続けることが、売上げにつながる。


企業規模によって、戦いやすい市場というものは必ずあります。ですから、常に当社の強みが活かせる最適な市場へ的確に参入していきたい。


商品を購入したとき、不具合があってうまく使えなかったらどうでしょうか。おいしそうだなと思って買った食品が、実は不衛生な工場でつくられていたと後からわかったとしたら、どう思うでしょうか。たとえいくら素晴らしい理念を会社が掲げていたとしても、お客様を落胆させてしまう。あるいはお客様に迷惑をかけてしまえば、それは社会貢献どころか、世の中に迷惑をかける存在になる。


お店ではいろいろなことが起こります。お客様から感謝されることもあれば、クレームをいただくこともある。クレームというものがどれだけ深刻な事態なのか、逆に感謝されることがどれほど嬉しいのか、(店頭に立つことで)身をもって感じることができました。


入社後、アドバイザーとして店舗に配属されました。本当に貴重な経験でした。お客様とお話をすることで、お客様がどんな点を気にされ、何に不安を抱かれるのかを直接知ることができます。どんな説明がわかりやすいのか、何を明確にすればご納得いただけるのかも学びました。


「我々はなんのために社会に存在するのか?」「我々が社会に貢献できることは何であるか?」を常に考えて、経営をしています。


毎年1月と7月に全社員がボランティア活動を行う日を設けています。病院で患者さんの洗髪をしたり、店舗の近くの公園を掃除したり、それぞれの店舗ごとに考えてやっています。こうしたボランティア活動を通じて得られるのは、人に対する優しさや感謝されることの喜び。その経験が、日々の仕事の中で自然とお客様へのホスピタリティとなって表われるのだと考えています。


全国の店舗に勤務するスタッフも含め、約500人と会話します。1人と話す時間はどうしても短くなりますが、やはり直接顔を見て話すことで伝わることもあると感じますね。


店舗に配属になって、最初に心がけたことは、誰よりも早く出社して店のカギを開け、閉店後は最後にカギを閉めて帰ること。企業で働いた経験はあっても、スヴェンソンの店で働くのは初めて。はじめはわからないことばかりです。何をするにも全部人に教えてもらわなくてはならず、何の役にも立てていないという思いがありました。何かできることはないかと考えた時、カギの開け閉めなら自分でもできると思ったんです。


新聞に全面広告を出して企業理念を喧伝するだけでは、お客様の心にそのメッセージは届きません。お客様の心に残るのは、お店に入った瞬間から出ていくまでに起こった出来事であり、電話やメールから感じられる言葉や雰囲気です。私たちとお客様との関係はそこにしかない。私たちが伝えたいメッセージは、お客様との接点でしか伝えることはできません。だからこそ、私たちはお客様との接点に全力投球し、決して妥協をしてはいけないのです。


今我が社の源流であるドイツを知っておかなければ、二度とその機会は生まれないと思い、ドイツに赴任しました。あれだけ密度の濃い時間を過ごしたのは初めてでした。ドイツ語なんてほとんど知らないところからスタートし、恥ずかしい思いもしましたけど、なんとか日常会話程度はできるようになり、家族ぐるみでつきあえる同僚や友人もできました。諦めずに、逃げずにやってきてよかったと思える経験でした。


企業理念は世の中とお客様に対する約束です。グループの中核企業スヴェンソンは「美と健康と環境の分野で社会に貢献する」と宣言しています。宣言している以上、その通りの行動をすることは義務です。美と健康を求めてご来店くださったお客様に喜んでいただくことが、当社の使命なんです。だからマニュアル通りに仕事をこなせばいいのではない。マニュアルには必要最低限のことが書いてあるだけで、根底には理念がある。一番大切なのは理念なんです。


兒玉義則の経歴・略歴

兒玉義則、こだま・よしのり。日本の経営者。「スヴェンソン」社長。東京出身。明治大学卒業後、日産自動車を経てスヴェンソンに入社。取締役、専務取締役、取締役副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

猪瀬直樹

マニュアルは、シチュエーションが変わると通用しなくなりますが、思考の型は一度身につければ、どんな場面でも応用がきくのです。思考の型を身につけることは、「答え」の丸暗記ではなく「方法論」の暗記なのです。思考の型を持っていると、いままで漠然と受け入れていた常識についても、自分の頭で考えて判断することができます。


ファンキー加藤

「夢は叶わない」ではなく、夢を叶える人はちゃんと頑張った人なんだ。


永守重信

最近私は、役員や子会社幹部らに経営に対する取り組み方として、3つのことを言い続けている。「ハンズオン」「マイクロマネジメント」「任せて任さず」だ。ハンズオンは、様々な課題を経営者が現場と一緒に解決していくということ。「やっておけ」と投げっぱなしにすることなどは論外だ。マイクロマネジメントは、現場のあらゆる課題を経営者が判断するということ。任せて任さずも同じ。権限委譲はする。しかし、放任はだめだ。任せるけれども、常に注意深く見ておけということだ。


バートランド・ラッセル

愛を恐れることは人生を恐れること。そして、人生を恐れる人たちは、ほとんど死んでいるも同然なのだ。


大東隆行

無料券や割引券をもらった人が、みんな食べに来るわけではありません。うちの券をもらった人が食べにくる率はだいたい3%です。だって、タダとか安いとかいう理由だけで、人は餃子を食べに来ることはありません。美味しいからとか、雰囲気がいいからやってくるのです。


柿木隆介

悩みは先延ばしするのではなく、逃げるのでもなく、進んで解決のために動く。これが悩みを「いいストレス」として成長の糧に変える唯一の方法。


ロバート・キヨサキ

「それを買うお金はない」と言ってしまうと、私たちの頭脳は電源がオフになり眠ってしまう。「どうすれば買うことが出来るだろう」と問うと、頭脳にスイッチが入り働き始める。


孫泰蔵

今は、大金持ちになりたいから起業する、という時代ではありません。ホンダの創業者である本田宗一郎さんにしても、ソニーの創業者である盛田昭夫さんにしても、お金持ちになりたいという思いではなく、世界一速いオートバイを作りたい、誰でも聞けるトランジスタラジオを使いたい、という純粋な思いから始まりました。


上野啓樹

不調が起こること自体が、ビジネスマンとして失格。


西岡務

全ての研究開発テーマが成功してキャッシュを生む事業になるとは思っていない。でも真面目に向き合えば、失敗しても必ず何かが残る。


井口尊仁

スライドは最終形。それに至るまでは日常のちょっとした思いつきや雑談の積み重ねが大事。プレゼンは日々決戦。常にアンテナを張り、ヒントを求めて、人と対話して、仮説をぶつける。その繰り返し。スライドのことばかりを考えても意味がない。スライドなしで臨むぐらいの方が上達する。


吉野真由美

営業をしているとき、相手に「高いよね」と言われたら、「この業界のことをよくご存知ですね」と相手を認めてしまいましょう。さらに「私も高いと思っていたんですよ」と共感まで示します。こう言われると、相手もそれ以上言うことがなくなってしまいます。そこで、「どうしてこんなに高いのかなと思って調べてみたら、ちゃんとした理由があったんです。それは……」とプレゼンに持ち込んでしまえば、もうこちらのペースです。