名言DB

9412 人 / 110637 名言

兒玉圭司の名言

twitter Facebook はてブ

兒玉圭司のプロフィール

兒玉圭司、こだま・けいじ。日本の経営者、スポーツ指導者(卓球)。ウィッグ・ヘアケア製品会社「スヴェンソン」社長。東京出身。明治大学経営学部在学中、世界卓球選手権大会に日本代表として出場。明治大学体育会卓球部監督、日本学生卓球連盟会長、日本代表選手団監督などを務めた。経営者としても活躍。スヴェンソン社長を務めた。著書に『強い自分をつくる法』。

兒玉圭司の名言 一覧

短時間でできるリラックス法を見つけておくことも、仕事の効率を上げる秘訣。


決断したことを実行に移すのは非常に難しい。「実行力」まで備えているかどうかが、普通の選手と一流選手の差です。


集中したときとリラックスしたときの差が大きいほど、集中力は高まります。


リラックスの方法は、自分に合ったものを見つければいいと思います。私のお勧めは、深呼吸やストレッチ。顔の筋肉を百面相みたいに動かすのもいいですよ。顔の筋肉がほぐれると、体の筋肉もほぐれますから。よく卓球選手が試合の合間にタオルで顔を拭いていますが、あの下で実は百面相をしているんです。私がそう教えましたから(笑)。


卓球の試合中も、ラリーの間は極限まで集中しますが、いったんラリーが終わってボールを拾いに行く間は、体の力を抜いてリラックスさせます。仕事も同様で、前の仕事の緊張を引きずったまま次の仕事に移っても、なかなか集中できません。でも、いったんリラックスする時間を挟み、それから次の仕事に取りかかれば、ものすごい集中力を発揮できます。


弊社の監査役である高橋浩氏も元卓球選手ですが、彼は3度も世界チャンピオンになった中国の荘則棟(ツァンヅートン)という伝説的な選手に対し、世界でただ一人、3勝1敗と勝ち越した人物です。あるとき、高橋氏は中国のテレビ局から「荘則棟に2勝も勝ち越した感想は?」と聞かれて、「私は頭の中で荘選手と500回試合をして、すべて勝った。だから私の戦績は、3勝1敗ではなく、503勝1敗です」と言ったのです。これは誇張ではなく、彼は本当に500回、イメージを描いたのです。だから、あれだけの強豪に勝つことができた。イメージの力はそれほど絶大なのです。


決断したのに、すぐやることができないのは、「失敗したらどうしよう」という不安があるから。それを払拭するには、どうすれば成功するかというイメージを描けばいい。


私は監督として多くの選手を見てきましたが、「世界一になるだけの才能がある」と思っても、努力が足りずに消えていった選手はたくさんいました。一方で、才能はいまひとつでも、必死に努力を積んで、日本チャンピオンになった選手もいる。日頃から努力をしている人だけが、いざというときに実行力を発揮できる。


決断したことを思い切って実行するには、その試合までに、自分の限界に挑戦するくらいのハードな練習を重ね、「自分はできる」という自信を養わなくてはいけません。これは、ビジネスの世界でも同じ。


仕事をすぐやるために必要なのは決断力。この仕事をやるか、やらないかを即座に判断し、決断しないと、どんどん時間が経ってしまい、仕事を溜め込むことになる。瞬時に判断し、決断しなくてはいけない。


兒玉圭司の経歴・略歴

兒玉圭司、こだま・けいじ。日本の経営者、スポーツ指導者(卓球)。ウィッグ・ヘアケア製品会社「スヴェンソン」社長。東京出身。明治大学経営学部在学中、世界卓球選手権大会に日本代表として出場。明治大学体育会卓球部監督、日本学生卓球連盟会長、日本代表選手団監督などを務めた。経営者としても活躍。スヴェンソン社長を務めた。著書に『強い自分をつくる法』。

他の記事も読んでみる

大竹のり子

失敗すること自体は悪いことではありません。重要なのは、どうリスクを抑えた失敗が出来るかです。


佐藤光男(薬学博士)

当初は与えられたテーマの「既定路線内」で仕事をする研究者でした。目標値より上の結果は出しました。研究所の幹部に「会社は僕に何をやらせたいんですか?」と聞いたんです。「甘えるな!それを探すのがお前の仕事だ。でなきゃ会社にいる必要はない」という言葉が返ってきて、そこまで言われると、さすがに考えますよね。


チャールズ・ブコウスキー

小さな種火を残し、その火を絶やさないで。種火さえあればまた燃え上がるから。


中山幸市

いまから考えると、参議院選挙で落選して良かったと思っている。過去、政治と経営の二兎を追った人が、どういうことになっているか……、そこにはあまり芳しくない例が残されている。私は経営者としての道を歩くべく、はっきりと見極めをつけた。
【覚書き|あと少しのところで落選しただけなのに1度の落選で政治家になることをスパッと諦めたことについて語った言葉】


小杉俊哉

「できる上司」が習慣化すべきマネジメントとは、「イノベーションが生まれやすい場や環境を作ること」。ことあるごとに「君はどう思う?」などと意見を求める。どんなに忙しくても、部下から声をかけられたら、「ちょうどよかった、君の意見を聞きたいと思っていたところなんだよ」と笑顔で答える。出社したら、自分から大きな声で部下たちに挨拶する。上司がこうした行動を習慣化することで、職場の空気はガラリと変わる。


美月あきこ

初対面は相手のことがわからないので、私のように図々しい人間でもやはり緊張します(笑)。といっても、緊張しているのは相手も同じです。だから正直に「緊張しますよね」と言ってしまうのがいいと思います。すると相手も「そうですねえ」と打ち解けてくれて、互いの緊張が解けますから。


マキャベリ(マキャヴェッリ)

変化は変化することなく起こる。


片岡鶴太郎

これまで「これをやろう」と思って、途中で投げ出したことはないですね。だって自分の喜び、「魂の歓喜」を味わうためにやってることですから。やるなら、納得がいくまでやらないと、もったいないじゃないですか。


ブルース・ヘンダーソン

どんな組織でも、十分なプレッシャーがかかれば変化する。


新井豪一郎

転機とは、辛い体験と一緒にやってくるもの。


吉田典生(経営者)

こつこつ土台を踏み固め、地道に続けてきたことがいまの当社を形作っています。だからこそ、その土台をもとに世界でも活躍できる企業として発展していきたい。


鉢嶺登

成功された方、事業を大きくされた方など、自分より先を行く先輩経営者にお会いすると、自分が持つ目標の小ささを認識できる。高い目標を設定するために、私は極力、いろんな社長に会っています。


淡輪敏

構造改革が前倒しで進み、業績は好転しました。結果が出れば、雰囲気は明るくなります。会社が逆回転から正回転に戻り始めた手応えを感じています。


佐々木かをり

いまから考えれば、もっと無駄を省き、効率よく会社を成長させることができたとは思います。でも、あまり勉強して準備に時間をかけるのも、私はどうかと思うんです。会社をうまく楽しく成長させていくポイントは、経営者が誰よりも強く情熱的にやり遂げたいことに取り組めるかどうか。これに尽きると思うんです。


鈴木与平(8代目)

やっぱりどんなに努力しても、どんなに詰めて勉強しても、うまくいかない時ってありますからね。ツキも大事。この年になると本当にそう思います。