名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

兒玉圭司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

兒玉圭司のプロフィール

兒玉圭司、こだま・けいじ。日本の経営者、スポーツ指導者(卓球)。ウィッグ・ヘアケア製品会社「スヴェンソン」社長。東京出身。明治大学経営学部在学中、世界卓球選手権大会に日本代表として出場。明治大学体育会卓球部監督、日本学生卓球連盟会長、日本代表選手団監督などを務めた。経営者としても活躍。スヴェンソン社長を務めた。著書に『強い自分をつくる法』。

兒玉圭司の名言 一覧

短時間でできるリラックス法を見つけておくことも、仕事の効率を上げる秘訣。


決断したことを実行に移すのは非常に難しい。「実行力」まで備えているかどうかが、普通の選手と一流選手の差です。


集中したときとリラックスしたときの差が大きいほど、集中力は高まります。


リラックスの方法は、自分に合ったものを見つければいいと思います。私のお勧めは、深呼吸やストレッチ。顔の筋肉を百面相みたいに動かすのもいいですよ。顔の筋肉がほぐれると、体の筋肉もほぐれますから。よく卓球選手が試合の合間にタオルで顔を拭いていますが、あの下で実は百面相をしているんです。私がそう教えましたから(笑)。


卓球の試合中も、ラリーの間は極限まで集中しますが、いったんラリーが終わってボールを拾いに行く間は、体の力を抜いてリラックスさせます。仕事も同様で、前の仕事の緊張を引きずったまま次の仕事に移っても、なかなか集中できません。でも、いったんリラックスする時間を挟み、それから次の仕事に取りかかれば、ものすごい集中力を発揮できます。


弊社の監査役である高橋浩氏も元卓球選手ですが、彼は3度も世界チャンピオンになった中国の荘則棟(ツァンヅートン)という伝説的な選手に対し、世界でただ一人、3勝1敗と勝ち越した人物です。あるとき、高橋氏は中国のテレビ局から「荘則棟に2勝も勝ち越した感想は?」と聞かれて、「私は頭の中で荘選手と500回試合をして、すべて勝った。だから私の戦績は、3勝1敗ではなく、503勝1敗です」と言ったのです。これは誇張ではなく、彼は本当に500回、イメージを描いたのです。だから、あれだけの強豪に勝つことができた。イメージの力はそれほど絶大なのです。


決断したのに、すぐやることができないのは、「失敗したらどうしよう」という不安があるから。それを払拭するには、どうすれば成功するかというイメージを描けばいい。


私は監督として多くの選手を見てきましたが、「世界一になるだけの才能がある」と思っても、努力が足りずに消えていった選手はたくさんいました。一方で、才能はいまひとつでも、必死に努力を積んで、日本チャンピオンになった選手もいる。日頃から努力をしている人だけが、いざというときに実行力を発揮できる。


決断したことを思い切って実行するには、その試合までに、自分の限界に挑戦するくらいのハードな練習を重ね、「自分はできる」という自信を養わなくてはいけません。これは、ビジネスの世界でも同じ。


仕事をすぐやるために必要なのは決断力。この仕事をやるか、やらないかを即座に判断し、決断しないと、どんどん時間が経ってしまい、仕事を溜め込むことになる。瞬時に判断し、決断しなくてはいけない。


兒玉圭司の経歴・略歴

兒玉圭司、こだま・けいじ。日本の経営者、スポーツ指導者(卓球)。ウィッグ・ヘアケア製品会社「スヴェンソン」社長。東京出身。明治大学経営学部在学中、世界卓球選手権大会に日本代表として出場。明治大学体育会卓球部監督、日本学生卓球連盟会長、日本代表選手団監督などを務めた。経営者としても活躍。スヴェンソン社長を務めた。著書に『強い自分をつくる法』。

他の記事も読んでみる

北条早雲

夕刻には、台所や茶の間その他の火の置いてある場所を自分で見回って、火の用心を家人に対してかたく申し付けておかなくてはならぬ。また、よそから火が出た場合、類火にならぬようにつねに注意して警戒することを毎夜のように申し付けて、習慣にさせなくてはならぬ。女房というものは、いかように育ってきたものであっても、そのような注意は少しもなくて、家財道具や衣裳などを取り散らかして油断しがちなものである。


倉本聰

ガッツ石松さんを見ろ。北の国からに出演した時、セリフが棒読みでどうしようかなと思ったよ。だけど、本人はすごく一生懸命に取り組んだ。すると、いつしかぶっきらぼうな、棒読みだったセリフに味が出てきたんだよ。あまりにもまっすぐにコツコツ積み上げていくと、その不器用が武器になるんだなぁ。だから、おまえも「俺は不器用だから」と諦めたらダメだよ。


藤原弘治

「年功序列」や「年次主義」の打破を進めています。人事はメッセージですから「変わるんだ」、「変えるんだ」ということを役職員にしっかり共有して欲しいということで、そこまで踏み込みました。


久夛良木健

いま、人々が求めているのは消費ではなく、それによって得られるエクスペリエンス(体験)なのです。ハード機能の凄さや、どんなソフトがあらかじめ組み込まれているかということさえ、いまやあまり重要ではなくなってきています。それより、それを使ってどんな体験ができるかに興味が移っているのです。


西田厚聰

生活のレベルが上がり、ライフスタイルもワークスタイルも大きく変わった現代において、日本人やアメリカ人に、以前のようなハングリー精神を持てと言っても、もはや通用しない。三か月程度の短期間ならばガムシャラにできるかもしれない。でも何年にもわたってやってくれといっても無理なんです。


中村信仁

初対面の会話では、自分だけでなく相手も緊張しているものです。そのままでは緊張と緊張のぶつかり合いが起きて、心を開けないまま時間が過ぎてしまう。ですから、自分の方からその緊張を解くことが必要なのです。そうして自分から、第一声を切り出したほうが、その後の会話もイニシアチブをとることができます。


高島宏平(髙島宏平)

米国で成功したネットスーパー「フレッシュ・ダイレクト」を視察したことがあります。創業は当社の方が先ですが、CEO(最高経営責任者)に会ったり、配送センターを見学したりいろいろと勉強をさせてもらいました。


長島昭久

(希望の党の選挙の敗因は)小池(百合子)さんの「排除」発言が問題だと世間では言われていますが、私は、むしろ政策を譲ってまで人数を膨らませることは邪道だと思っていました。そういう意味では仕方がなかったと思っています。本当の敗因はむしろ逆で、小池さんの人気をあてにしてワーっと入って来たことによって、希望の党が本来立てていた政策の旗が非常に曖昧になってしまって、どんな政党かというのが有権者に伝わりにくくなってしまった。結局、小池頼みで選挙に臨んだというある種の下心が有権者に見透かされ、大きな得票につながらなかったのではないか。


伊藤邦雄

結局のところ経営は、いかに社員に危機感を持たせるかということであって、経営者の役割は社員の危機意識をどう醸成するかという点に尽きる。経営といっても、現場で実行するのは社員なんです。


枡野俊明

物事を二極で捉えるのではなく、その次元を超えた領域で俯瞰することが禅の考え方でもあります。「処処全真(しょしょぜんしん)」という教えは、見るもの、聞くものはすべて真実であり、個人の思惑を超えたところによる因縁から成るものと説く。そう感じられれば、心は柔らかくなります。


岩田松雄

社会や企業など、自分以外のものにやりがいを求めるのではなく、物事を「自分起点」で考えてほしい。自分のやりたいことを実現するにはどうすればいいか、常に頭を動かすことが大切です。


中谷巌

資本主義の本質をいろいろ分析していくうちに、気が付いたことがあります。西洋が引っ張ってきた資本主義社会というのは、市場によって価値を「交換」させることによって成り立っています。逆に言えば、市場で交換できないものは価値がない、とするわけです。しかし、家族同士の愛情とか、地域社会の助け合いとか、人と人との絆とか、市場で交換できないものはたくさんあります。そうしたものがないがしろにされてきた結果、コミュニティが崩壊し、社会が荒れてきました。このあたりで一度立ち止まって、このままでいいのだろうか、と議論を始めないといけないと思います。