名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

兒玉圭司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

兒玉圭司のプロフィール

兒玉圭司、こだま・けいじ。日本の経営者、スポーツ指導者(卓球)。ウィッグ・ヘアケア製品会社「スヴェンソン」社長。東京出身。明治大学経営学部在学中、世界卓球選手権大会に日本代表として出場。明治大学体育会卓球部監督、日本学生卓球連盟会長、日本代表選手団監督などを務めた。経営者としても活躍。スヴェンソン社長を務めた。著書に『強い自分をつくる法』。

兒玉圭司の名言 一覧

短時間でできるリラックス法を見つけておくことも、仕事の効率を上げる秘訣。


決断したことを実行に移すのは非常に難しい。「実行力」まで備えているかどうかが、普通の選手と一流選手の差です。


集中したときとリラックスしたときの差が大きいほど、集中力は高まります。


リラックスの方法は、自分に合ったものを見つければいいと思います。私のお勧めは、深呼吸やストレッチ。顔の筋肉を百面相みたいに動かすのもいいですよ。顔の筋肉がほぐれると、体の筋肉もほぐれますから。よく卓球選手が試合の合間にタオルで顔を拭いていますが、あの下で実は百面相をしているんです。私がそう教えましたから(笑)。


卓球の試合中も、ラリーの間は極限まで集中しますが、いったんラリーが終わってボールを拾いに行く間は、体の力を抜いてリラックスさせます。仕事も同様で、前の仕事の緊張を引きずったまま次の仕事に移っても、なかなか集中できません。でも、いったんリラックスする時間を挟み、それから次の仕事に取りかかれば、ものすごい集中力を発揮できます。


弊社の監査役である高橋浩氏も元卓球選手ですが、彼は3度も世界チャンピオンになった中国の荘則棟(ツァンヅートン)という伝説的な選手に対し、世界でただ一人、3勝1敗と勝ち越した人物です。あるとき、高橋氏は中国のテレビ局から「荘則棟に2勝も勝ち越した感想は?」と聞かれて、「私は頭の中で荘選手と500回試合をして、すべて勝った。だから私の戦績は、3勝1敗ではなく、503勝1敗です」と言ったのです。これは誇張ではなく、彼は本当に500回、イメージを描いたのです。だから、あれだけの強豪に勝つことができた。イメージの力はそれほど絶大なのです。


決断したのに、すぐやることができないのは、「失敗したらどうしよう」という不安があるから。それを払拭するには、どうすれば成功するかというイメージを描けばいい。


私は監督として多くの選手を見てきましたが、「世界一になるだけの才能がある」と思っても、努力が足りずに消えていった選手はたくさんいました。一方で、才能はいまひとつでも、必死に努力を積んで、日本チャンピオンになった選手もいる。日頃から努力をしている人だけが、いざというときに実行力を発揮できる。


決断したことを思い切って実行するには、その試合までに、自分の限界に挑戦するくらいのハードな練習を重ね、「自分はできる」という自信を養わなくてはいけません。これは、ビジネスの世界でも同じ。


仕事をすぐやるために必要なのは決断力。この仕事をやるか、やらないかを即座に判断し、決断しないと、どんどん時間が経ってしまい、仕事を溜め込むことになる。瞬時に判断し、決断しなくてはいけない。


兒玉圭司の経歴・略歴

兒玉圭司、こだま・けいじ。日本の経営者、スポーツ指導者(卓球)。ウィッグ・ヘアケア製品会社「スヴェンソン」社長。東京出身。明治大学経営学部在学中、世界卓球選手権大会に日本代表として出場。明治大学体育会卓球部監督、日本学生卓球連盟会長、日本代表選手団監督などを務めた。経営者としても活躍。スヴェンソン社長を務めた。著書に『強い自分をつくる法』。

他の記事も読んでみる

松本大

絶対にわかってもらおうと思って話しても、わかってもらえないものなのに、ダメモトで話してわかってもらえるわけがないじゃないか。わかってもらえないから諦めるのではなく、わかってもらえないからこそ、わかってもらうための努力をもっとしなければならないのです。


高野登

経験を重ねていくことで、頭のなかにお客様のパターンが十数種類できてきて、見ただけである程度は対応の仕方がわかるようになります。しかし、それに頼ってはいけないのです。たとえば、挙式の相談でこられたお客様がいたとしましょう。「挙式の場合は、こういうふうに対応すればいい」と、これまでの経験やノウハウにとらわれて行動してしまうと、目の前のお客様に特有の家庭の事情などに気がつかないかもしれません。相手の気持ちをイメージし、受け入れてこそ、期待を超えるサービスをすることもできるのです。


清水玲子

諦めないで描いていたら、何か形にはなると思います。


唐池恒二

鉄道ファンだけをターゲットにしていても限界がある。ファン以外を取り込めば、市場は一気に広がる。


経沢香保子

よくありがちなのは、「なんとなくやってみたら失敗した」というケースです。事前に仮説設定に基づくシミュレーションを行っていないので、失敗の要因がどこにあるのか、戦略ミスなのか、手法が悪かったのかといったことを検証することができません。しかも、失敗の原因を分析しないまま、またいちからやり直そうとするから、同じ失敗を繰り返してしまうのです。


長谷川和廣

私は、50億円の赤字を抱えていたニコンとフランスのメガネレンズメーカーの合弁会社ニコン・エシロールを1年目で黒字へ、2年目で無借金経営に転換させました。その際、私は「3か月後に黒字にする」と宣言しました。周囲は冗談かと思ったようですが、これは「3か月で黒字化の準備体制を全部整える」という意味を込めていたのです。何年もかけて赤字を解消するより、短期間で一気に改革したほうが、ずっと楽に建て直しができます。


内田雅章

社外人脈を広げるには「出会いにお金をかける」感覚が大切です。出会いや紹介はダダだと思ってはいけません。会費3千円の異業種交流会より、会費3万円の食事会に参加するほうがはるかに人脈になりそうな人との出会いは多いはずです。


松本洋(コンサルタント)

過去の成功体験や失敗体験の呪縛が行動を起こすことを阻んでいることがあります。リスクを負うよりも現状維持をしたがります。変化への恐れ、不安、抵抗の感情のために慣れ親しんだ方法に固執します。しかし、新しい挑戦をしなければ生き残れません。行動の欠如は乗り越えなければならない課題です。そのために必要なのは動機づけです。


小川賢太郎

最近、子育てにおける父親の役割が語られることが多いが、私は父親と母親の役割は違うと考えている。父親は、子供が転んだら「もたもたするな!」と叱るのが役目だ。いずれ子供は社会と対峙し、生き抜いていかなければならないのだから、どうすれば転ばないのか、生きるための闘いの術や知恵を耐えるのが父親である。


山田雅裕

「やらされている」という感覚で仕事をしている人は、責任感があまりなく、ミスをしても他人事として捉えるので、反省しにくい。常に自分の頭で考えて、自主的に行動する。それだけで、仕事のミスは減る。


西多昌規

お酒に頼ったり、愚痴を言ったりするのは、精神的疲労に良くありません。アルコールは質の良い眠りを阻害します。また愚痴ばかり口に出すのは、一種の洗脳に当たります。ネガティブな思考のクセがつき、疲れを助長させるでしょう。


守屋淳

戦略とは、対象となるライバルの数によってとるべき方針を変えていかないと、うまく機能してくれない面があるのだ。とくに、ライバルが多数いるのに、一対一の決闘だと思って戦ってしまえば、第三者に漁夫の利を提供するだけになりかねない。勝負事を制したければ、まずライバルの数に注意深くなる必要がある。