名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

児玉源太郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

児玉源太郎のプロフィール

児玉源太郎、こだま・げんたろう。日本の軍人。大日本帝国陸軍軍人。満州軍参謀総長。

児玉源太郎の名言 一覧

もうそろそろ戦争をやめる時である。何をぐずぐずしているのか!
【覚書き|日露戦争の奉天会戦勝利直後、参謀本部次長の長岡外史に面会しての発言。局地戦で勝ったが日本の国力はまだ弱く、このまま続けたら必ず負けるという見通しがあった。さっさと日露戦争を終結させ有利な状況で終わらせろという趣旨の発言】


児玉源太郎の経歴・略歴

児玉源太郎、こだま・げんたろう。日本の軍人。大日本帝国陸軍軍人。満州軍参謀総長。

他の記事も読んでみる

大山健太郎

アイリスは年に2回の賞与とは別に年に1度、決算賞与が支給されます。営業利益の4%を原資として、リーダー以上の社員で分配します。これはリーダー以上の社員だけで、一般社員はもらえません。一般社員のモチベーションが下がるのではないかと思う方もいるかもしれませんが、むしろ逆です。必死になってリーダーを目指します。リーダーという職階は、大卒で5~10年で昇進する職階です。絶対になれない階級ではないという点がポイントです。対象者が極端に限られると士気が下がる。その一方で全員に支給すると、目指すべき目標が薄まってしまう。ゆえに、対象を絞りつつも、みんなが目指せる地位にまで裾野を広げています。


斉藤定一

技術を力に事業の多角化を推し進めて、グループとして様々な変化に柔軟に対応できる体制を築いています。今後はグループ企業間の連携をより積極的に図ることでシナジー効果も生み出していきたいと考えています。


鈴木博毅

人付き合いが下手だから出世できないのではなく、あなたの持っている能力が伝わっていないのです。人と話すのが苦手ならば、わかりやすい資料を準備することを心がけるのもいいでしょう。あなたがやれることはたくさんあるはずです。


三瓶芳

みなさんは一人一人、寿司職人になってください。寿司職人の仕事は、お客様に美味しい寿司を喜んで召し上がっていただき、また来ていただくこと。そのためには自分の目で見極めたネタを市場で買い、仕込みをし、お客様の注文に応えて目の前で握る。召し上がるお客様の反応を見て、改善点を把握し、次の日に活かす。そして、最後にはお客様からお金をいただくのです。


中村慶郎

ネット広告で先を走っているサイバーエージェントさんやオプトホールディングスさんに比べると、当社はかなり後発でした。ただ、日本ロレアルのように巨額な広告費を使っている会社でも、予算の中でネット広告に割いている割合はまだ少なかったので、チャンスがあると。


バートランド・ラッセル

成功も失敗も、結局、あまり大したことではない。大きな悲しみだって乗り越えることができる。この世の終わりにつながるような悩みなどなく、ほとんどは時が経てば消えていくものだ。


田宮俊作

経営環境が変わる中、信念を持って常識をはるかに超えるような目標を立てていくことです。それに向かって挑戦するんです。それから、世界の模型業界を背負っていくんだという自負でしょう。経営環境が激変する時代だからこそ、企業の実力が出る時代じゃないかなと感じています。試練を与えられるということは、勉強にもなりますから。


佐藤等

時間の使い方に関して、記憶は全く当てにならない。リアルタイムで細かく書き留めて、初めて現実が見える。私が初めて記録をとったとき、メールを書くのに業務時間の1割を費やしていると知り、ショックを受けた。


北村晴男

高校時代に「甲子園に行く」とあれだけ頑張ったのにダメだった。世間の人は、どう思うかわからないけれど、自分の中では「負け犬」なんですよ。あそこで負けたという……。甲子園って、もともと高いハードルですよ。でも、「行ける」と思って、必死に頑張ったけど、ダメだった。それで司法試験も、いけると思って必死に努力して「ダメだった」となると、「自分は高い目標を立てるけど、なに一つ成し遂げられない」となる。それが自分には許せなかった。やっぱり負け犬にはなりたくないと。

【覚え書き|諦めずに司法試験に何度も挑戦したことについて】


生田正治

固辞し続けたのだが、さまざまな経緯があって結局は(日本郵政公社)総裁の責務を負い、以後4年間、やるからには真摯に全力で真っ向から取り組むことになった。


喜久川政樹

学生が当社の説明会にきた際には、必ず話しています。会社を好きになるのではなく、事業、つまり仕事そのものを好きになってほしいと。


茂木友三郎

コーポレートガバナンスで最も大事なことは2つ。ひとつは、能力のある強力な社長を選ぶこと。もうひとつは、社長の仕事ぶりや取締役会の機能チェックをすること。