名言DB

9412 人 / 110637 名言

児玉源太郎の名言

twitter Facebook はてブ

児玉源太郎のプロフィール

児玉源太郎、こだま・げんたろう。日本の軍人。大日本帝国陸軍軍人。満州軍参謀総長。

児玉源太郎の名言 一覧

もうそろそろ戦争をやめる時である。何をぐずぐずしているのか!
【覚書き|日露戦争の奉天会戦勝利直後、参謀本部次長の長岡外史に面会しての発言。局地戦で勝ったが日本の国力はまだ弱く、このまま続けたら必ず負けるという見通しがあった。さっさと日露戦争を終結させ有利な状況で終わらせろという趣旨の発言】


児玉源太郎の経歴・略歴

児玉源太郎、こだま・げんたろう。日本の軍人。大日本帝国陸軍軍人。満州軍参謀総長。

他の記事も読んでみる

ジョン・グランバー

世界経済がこれまでになく急速に悪化する中、これまでの手法に甘んじる従来型のリーダーに対する信頼が失われています。まさに、パラダイムの転換が起こっています。


ロベルト佃

イタリアでもドイツでもスペインでも必ず通訳を入れずに自分で交渉します。通訳を介すと交渉相手の些細な言葉のニュアンスや表情がつかめませんから。


小林弘幸

いったん席を離れ、階段を1~2階分、ゆっくりとリズミカルに上り下りしてください。血流がよくなり、副交感神経の働きが高まり落ち着きます。ミスの後処理をどうするかなどの事後対策は、こうして体を動かしてから考えたほうが、いい方法が見つかります。


畑中好彦

(後継社長選びのときは)効率的に目標を達成するにはどんな「変化」が必要かを考えただけ。私情など挟む余地はない。アステラスの安定は、変わることでしか得られないのだから。


和田秀樹

みんなが共感する悪口は、職場の人間がどんなモノの見方や考え方をしているのか知るヒントになる。同調者の多い悪口が芸の域に達している人に対しては、自分もあまり道徳的になりすぎないほうがいい。


岡田武史

どんな分野でもいい、何かひとつ、踏み出すことが大切なのです。人はちょっとしたきっかけで変わることができます。これこそが私が見つけつつある最大の秘密の鍵かもしれません。


関山和秀

米軍や大手メーカーが失敗した人工クモの糸で成功できたのはタイミングですかね。バイオと情報科学の融合が進んで、1990年代ならできなかったことが当時はできるようになっていました。一度頓挫したプロジェクトを企業が復活させるのは大変ですが、私たちはそうした組織的なしがらみもないし、やるならいまだろうと。


加賀見俊夫

当社は顧客満足度を高めるために、綿密な定量分析と経験に基づく定性評価の2本柱でとらえています。定量分析の代表例として、東京ディズニーランドでは年10万件にも及ぶゲスト(お客様)との対面調査を行っています。ゲートで調査員がゲスト一人一人にヒアリングしたり、インターネットで受け付けたり、調査結果は経営戦略を練るための源泉になります。たかが調査と侮ってはいけません。調査を続けているうちに、戦略の根幹をなす興味深い傾向が読み取れるようになってきました。一例として、顧客満足度がゲストの体験したアトラクションの数に必ずしも比例しないという事実です。


和田秀樹

トラブルに強くなることは、儲かる人の必須条件。トラブルや苦難、予想外の出来事に何度も出会い、その経験を血肉にしている人は、逆に信頼感を増し、評価を高め、次の成果に繋がっていく。


佐藤達郎

案を練って説明・提案するだけでなく、実施する時にどんなリスクがあるか調べたり、その企画が通った時、相手にどんなメリットがあるか予想することも含めて、提案だと考えてください。


リアム・ケイシー

いまは顧客体験のマネジメントが極めて重要。にもかかわらず、その対極にあるのがソニーやパナソニックのような日本の大手ブランドだ。パッケージを開けるとやたらに多くの書類が入っていて、何を伝えたいのかわからない。


長谷川穂積

いままですごい勝ち方をした選手でも、相性次第でコロッと負けます。ボクシングの勝敗はほんまに紙一重。どっちに転ぶかわからないですから。


樋口武男

派閥をつくってしまうと、社員はお客様を向いて仕事しなければいけないのに、社内で神経を使わなければいけなくなる。そんな会社は伸びるわけがない。派閥なんてろくなものではないですし、部下が迷惑する。


ゲーテ

内的生活は、外的生活によってのみ刺激されます。生活の髄を干からびさせるような冷ややかな思索によってではありません。


原田マハ

宝塚には昔も今もあこがれを抱いているんです。ロマンチックな言い方をするなら、積み残してきた夢の欠片を小説というパッケージにした、という感じでしょうか。読者のみなさんにも、登場人物と一緒に街を歩いているかのような気持ちになってもらえたらうれしいです。

【覚え書き|小説『スイート・ホーム』について】