名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

児玉教仁の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

児玉教仁のプロフィール

児玉教仁、こじま・のりひと。日本のコンサルタント。グローバルアストロラインズ代表。高校卒業後、渡米しウィリアム・アンド・メアリー大学を卒業。三菱商事に入社。ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得。その後三菱商事を退社し、国際人材育成のグローバルアストロラインズを設立。著書に『パンツを脱ぐ勇気』『ハーバード流宴会術』ほか。

児玉教仁の名言 一覧

一番大事なのは、人は誰しも、どこかで他人に「自分のことを知ってほしい」と思っているということです。


何だか自分のストーリーでみんな感嘆してた、自分のショーだった、というのが一番気持ちいい。そういう状況をつくり出せれば、「○○さんは話しやすい」と思ってもらえます。


会話ではやはり相手に喋ってもらうのが一番。ただこれをはき違えている人が多い。喋らせようとするあまり、面接官かインタビュアーになってしまう。ただの聞き役ではなく、相手の話にどれだけ興味を持てるか、どれだけ話を引き出せるかの二点が大事。「あなたのもの凄く面白いストーリーを聞きたいんですよ。面白く話してくださとと、その手助けをしてあげるんです。


取引先との関係は、「仲のいい先輩」くらいが一番いい。「なーに言ってるんですか」程度の冗談も言えるが、礼儀はきちんと一線を画し、言われたら「はい」と返事してやることはやる。そういう関係を目指していくことが大事ではないでしょうか。


人と接するときは、相対するのではなく「隣に座る」感覚で接すること。物理的に向き合うのは仕方ないですが、少なくとも心理的には一緒に隣に座って、同じものを眺めるような状態を、どれだけ早くつくれるかが大事です。


最後は互いの価値観のぶつかり合いというか、価値観を披露し合い、その違いを楽しむところまでいけば、本当に仲良くなれると思います。


会話中は、つねに笑顔を心がけましょう。日本人相手でも笑顔は大切ですが、相手が外国人の場合はとくに重要です。こちらがよかれと思ってやったことが、違う文化から見たらじつは失礼にあたるケースがあります。万が一失礼なことをした場合でも、笑顔でいれば悪気がなかったということが伝わりやすい。笑顔は、異文化コミュニケーションのセーフティネットなのです。


外国人と盛り上がる話題とは何か。まずは、日本の観光情報です。来日中の旅程を聞き出して、どこで何を食べるといいのか一緒に探してあげると、それだけで軽く1時間は盛り上がれます。相手が新幹線で京都に移動するなら、「右の窓側の席を取ると富士山がよく見えるよ」と教えてあげればいい。箸の使い方指南も鉄板のネタです。身振り手振りを交えながら教えることになるので、英会話が苦手でも間違いなく盛り上がります。


テーブルかカウンターかを選べるなら、おすすめはカウンター。対面すると緊張しますが、隣なら相手の目を見ずに済むのでお互いに気楽に話せます。かの吉田茂も、外国高官の接待には銀座の天ぷら屋を使ったといいます。おそらく吉田茂もカウンターのリラックス効果を知っていたのでしょう。


外国人を接待するとき、相手の好き嫌いも聞いておきたいところです。「外国人は自己主張が強いから、食べたいものがあれば向こうから言ってくるはず」という先入観は捨ててください。普段ははっきりモノを言うアメリカ人でも、招かれたときは遠慮する場合も多々あります。


外国人接待で何より重要なのは事前の情報収集です。学生の頃、海外の客人を食事に連れていくことになったときの話です。先方はベジタリアンだと聞いていたので、私は肉を出すお店を避けて、寿司店へ連れていきました。ところが彼は魚もダメだった。ベジタリアンといっても、完全菜食の人もいれば、魚は問題ない人もいます。その確認を怠ったため、相手を喜ばせることができませんでした。


TOEICが900点でも、英語を話す場面になると腰が引けてしまい、相手から目をそらしたり、小声で話したりする人は多い。それは「完璧に話さなければいけない」といった呪縛にとらわれているから。短期間で英語で話す力を引き上げるには新しく英語の知識を詰め込むより、不完全でも実践の場に立つことが有効。


児玉教仁の経歴・略歴

児玉教仁、こじま・のりひと。日本のコンサルタント。グローバルアストロラインズ代表。高校卒業後、渡米しウィリアム・アンド・メアリー大学を卒業。三菱商事に入社。ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得。その後三菱商事を退社し、国際人材育成のグローバルアストロラインズを設立。著書に『パンツを脱ぐ勇気』『ハーバード流宴会術』ほか。

他の記事も読んでみる

澤田秀雄

その時代の最先端の技術を導入して効率化し、生産性を高めていく。その結果、経費が1~2割下がれば、利益はその分上向く。大抵の不振企業は経費面にムダな部分が多く、生産性が悪い。だから、競争に負けていく。いくら働いても使う方が多ければ、赤字になるのは当たり前。


喜多あおい

リサーチの効率を求めて、ストライクの情報をいきなりピンポイントで探そうとしてはいけません。そういう方法を取ると、調査対象外の重要な情報を取りこぼすリスクが高まります。


太田彩子

私自身の体験、そして多くの営業パーソンを見てきた結果から、電話営業でアポが取れる人の共通点をひとつだけ挙げるなら、「営業電話とは思えないほどお客様と楽しそうに会話をしている」ということです。


蒲島郁夫

語学は手段。目的がないとなかなか身につかない。目的が明確になったうえで勉強すれば、身につくようになる。


中村貞裕

上場すると収益を上げ続けなければならなくなる。儲けることより、話題になることや面白いと思えることをやっていきたい。


キング牧師(マーティン・ルーサー・キング・ジュニア)

最後には、我々は敵の言葉など思い出すことはない。思い出すのは友人の沈黙である。


大北春男

わが身を立てんとせば、まず人を立てよ。


アレックス・ラミレス

一流の選手はみんな強いメンタリティを持っています。メンタルが強いとは、成績が良いときも悪いときも、自分に自信を持ちポジティブな気持ちでいられることです。若い選手には、「いつも同じでいなさい」とよくアドバイスしています。


長谷川閑史

海外の大きな会社を買い取って、そことの調整に日常的に取り組まざるを得ない状況になれば、会社は変わらざるを得ない。我々が一番苦労している、グローバルマネジメントができる人材も獲得できます。


大坪清

物流に限らず、「サービスしておきます」は無料にしておくという意味で使われてきたが、サービスには労働が伴い、その価値に見合う対価が必要であるという当たり前のことを考えるべき時期にきている。


山崎奈保子

シアタークリエのオープン初日、お客様が楽しそうにお帰りになる姿をみて、「ああ終わったんだ。よかった」と思いましたが、これからが本当の始まりなんだと、感じました。お客様のご要望にお応えできるように、劇場をどんどんよいものにしなくてはならない。なおかつ、事業所を預かる者としては、きちんと営業戦略を立て、1年先の公演までチケットを売る算段を立てなければなりません。一方で戦術レベルとしては、小さな問題点を見つけたら、その都度改善していく作業を、地道に進めていく必要性を痛感しています。


金井壽宏

いくら経験を積んでも、そこから教訓を導き出さなければ、意味がありません。研修は自分の経験を内省する絶好の機会です。内省することで経験が整理され、言語化され、教訓となる。さらに研修では、異なる経験を積んできたほかの人と議論することにより、自分の経験が相対化され、新たな気づきが生まれることもあります。研修はこのように、経験に豊かな意味を与える機会を提供する場でもあるのです。