児玉康孝の名言

児玉康孝のプロフィール

児玉康孝、こだま・やすたか。日本の経営者。コインランドリーチェーン「WASHハウス」社長。宮崎県出身。国士舘大学法学部法律学科卒業後、証券会社勤務、不動産会社取締役などを経てケーディーエム(のちのWASHハウス)を設立。

児玉康孝の名言 一覧

コインランドリーの利用率が3%ということは伸ばす余地が97%あるのと同義です。利用客を増やせば増やした分だけ売り上げも伸びるので、広告費をたくさん使えるように事業モデルを組み立てました。


同業他社はテレビCMを行っていません。それはなぜか。通常のFCには最初から広告費を予算として計上していないからです。一方、当社では、通常年商の3%以内と言われる広告費を最初から年商の10%程度使える予算組みをし、店舗運営支援をしています。洗濯機や乾燥機という機械の性能(洗濯品質)は、極論を言えばどのメーカーでも変わりがない。最も重要な品質に差がないとすれば、次は認知度と価格の競争なので、広告予算が重要なのです。


コンビニのような従来のFCは本部と加盟店が対立するという構造的な欠陥を持っていると考えています。消費期限切れのコンビニ弁当をめぐり、破棄を指示するFC本部と値引き販売で売り切りたい加盟店の利益相反などが、その事例として挙げられます。そうした本部と加盟店が対立するのではなく、共存する全く新しいFC事業モデルを当社は構築してきました。その結果、当社のFC事業の加盟店から脱退した方はほとんどいません。


他社のコインランドリーは健康器具を置いてみたり、カフェやネイルサービスを併設してみたり、色々なことをしていますね。しかし私に言わせれば、お店作りが全く分かっていません。コインランドリーはそもそも無人のビジネスモデルで、ここが一番大切なのです。例えば座り心地の良い豪華な椅子を置くと、男性客が本を読んでくつろいだりします。これだと衣類を洗濯しに来た女性客は男性の目が気になって利用できません。椅子を置くにしても横になれないように仕切りを付けるなどして、長居できないようにしなければなりません。


コインランドリーの販売は長らく、それを作ったメーカーではなく、企業規模の大きくない地域のボイラー屋や設備業者などが担ってきました。この業界のコンプライアンスに対する意識が非常に低いのはこのためです。例えば平成14年に大きな法律改正が行われ、コインランドリー事業にかかわる様々な規定ができましたが、これを厳密に守っている事業者はほとんどいないと思います。私は証券会社出身のため、特にコンプライアンスなどにはこだわっています。


他者のコインランドリーチェーンは遊休地の活用法やサイドビジネスとして提案するケースもありますが、そもそもこれらのモデルでは必ず立ち行かなくなるオーナーが出てきます。そこに市場性があるかどうかは二の次で、遊休地ありきで事業を始めてしまうからです。儲かるわけがありませんよね。そこで私はまず、この事業モデルを完全否定することから始めました。そして、綿密なマーケティングをもとに、収益が上がる場所で事業を行うようにしたのです。他の事業では当たり前のことですが、それすらできていなかったのが、我々が参入する以前のコインランドリー業界でした。


みなさんよく勘違いされるのですが、我々のビジネスモデルは他のコインランドリー事業者とは根本的に異なります。将来性のあるこの事業を何とかして広めたい。そこで私は「投資」という観点で新しいビジネスモデルを構築しました。当社は1か月で100万円以上の売り上げを見込める場所を探し、地主と土地を借りる交渉をします。その上で投資家を募ります。運営はすべて当社が行うので、オーナーに実務的な負担は一切ありません。


コインランドリービジネスに目をつけた理由は、単に言ってしまえば、これから需要が伸びる産業だと考えたからです。例えば住宅は、少子化に伴い確実に需要が減っていく産業です。実際、すでに空き家が大きな社会問題になっているくらいですから、これから需要が伸びると考える人はまずいないでしょう。ではコインランドリーはどうかと言えば、15年前まで利用率はわずか3%程度しかありませんでした。たったそれだけかと思われるかもしれませんが、それでも事業が成り立ってきました。そして花粉症やアレルギーなどに悩む人が増えるにつれ、少しずつはありますが利用率は全国的に上昇しています。他の業界と比べると、よほど将来性のビジネスだと感じました。


児玉康孝の経歴・略歴

児玉康孝、こだま・やすたか。日本の経営者。コインランドリーチェーン「WASHハウス」社長。宮崎県出身。国士舘大学法学部法律学科卒業後、証券会社勤務、不動産会社取締役などを経てケーディーエム(のちのWASHハウス)を設立。

他の記事も読んでみる

ビル・エモット

顧客の信頼を回復するには「すべてをオープンにする」ということに尽きる。どのような体制で、どのように調査を進めているのか。その結果、何が明らかになったのか。その過程をすべて公開していくべきだろう。


小幡績

なかなか会社を去れない場合は、「複線的な人生」を送ることもいいでしょう。会社のキャリアパスを築きつつ、週末に新しい人生の行路を広げるのです。たとえば、週末に趣味に打ち込み、それを副業にして、ゆくゆくは生業にするといった具合です。


原孝(組織戦略コンサルタント)

人は決断する際に納得を得たいと思います。その納得は論理と感情とが混ざり合って成り立っています。そして、リーダーは論理を研ぎ澄ますことも大切ですが、論理よりも0.1ミリでも感情を上回らせることはもっと重要です。


二宮雅也

大事にしている言葉は「義」です。例えば、合併は共通の「大義」のもと、トップ同士の「信義」に基づき物事を決めていき、その後も「正義」に基づき進めていくものと考えています。さまざまな局面で「義」が大事であり、非常に気になる言葉であり続けています。


高橋智隆

京都大学の工学部に進学し、専門科目が始まる前から独り自宅の六畳間でロボット開発を始めました。そして気づいたのですが、大学の工学部はロボットの作り方を教えてくれる場所ではありませんでした。そもそも新しい分野であるロボットには、教科書もありません。だから断片的な知識や技術を教わりながら、それを自ら試行錯誤しつつ統合するしかないのです。


松下幸之助

自分の仕事においては責任ある経営者という意識で取り組もう。そうすれば創意工夫が生まれ、個人にとっても会社にとっても好ましい成果に結びつく。


川村元気

映画も小説も、必要以上に海外を意識してつくっても、いいものになりにくい。自分たちが素直に面白いと思えたものや、日本人にしか見えない景色や感覚に向き合ってつくれば、自然と海外につながっていきます。


籠屋邦夫

「自分がコントロール可能な経営資源を使って、次にどんなアクションを取るか」を、やる気や覚悟を持って決意することが「意思決定」。自分で何かを決めた気になっても、経営資源の配分が具体的に行なわれないなら、意思決定とは言えません。


田中角栄

バカになってでも、周りへの目配り、気配りを忘れるな。他人の意見に耳を傾けてやれ。我を通すだけが能じゃない。


野村克也

俺がなんで失敗してもお前を使っているか、自分で考えろ。
【覚え書き|ルーキーへの言葉】


鈴木喬(経営者)

私は水泳やスキーもしますが、趣味を一つ挙げるとすればお店めぐりです。うちの商品が置いてあるような店に限らず、カーディーラーにも行きますし、とにかくあらゆるジャンルを見て、「今はこんな色が流行っているのか」とチェックするのが楽しみなのです。髪を切るときは美容院に行って、「最近どんなモノを買った?」と若い美容師さんとおしゃべりします。


嶋基裕(経営者)

自分とつきあうとどんなメリットがあるのか、相手に明確にイメージさせることができれば成功。


柳井正

不安や失敗ばかり考えているから、失敗する。


森川亮

ソニーの通信のカンパニーに入って、トヨタさん、東急さんとブロードバンドサービスのジョイントベンチャーをやったのですが、その会社がうまくいき始めると、本社から退職間際のおじさんが入ってきました。大企業の関連会社は、やっぱりそういうものから逃れられないんですよね。それで、何のしがらみもない真つさらな会社で働きたいと思いまして。
【覚書き|ソニーを退職した理由について語った言葉】


猪瀬直樹

上司から叱られるとすぐに落ち込んだり、不機嫌な顔をする人がいますが、叱られたら「あ、そうか」と気づくことが大事。叱られるには叱られるだけの理由があり、部下のことを考えている上司なら「お前のこういうところがよくない。こうしてみたらどうだ?」といった助言があるはずです。なぜ叱られたのかを考えて、自分の間違った考え方や行動を改善する方向に目を向けられる人が、平常心を保てる人ですね。


ページの先頭へ