名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

児玉和の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

児玉和のプロフィール

児玉和、こだま・のどか。日本の経営者。グンゼ社長。鹿児島県出身。大阪府立大学経済学部卒業後、グンゼに入社。取締役兼執行役員経営戦略部長、人財開発部長、経営戦略部長、常務執行役員、経営戦略部長、東京支社長、コーポレートコミュニケーション部長、などを経て社長に就任。

児玉和の名言 一覧

新規事業の育成は現業が好調なうちに実施することが大切。


創業者精神は歴代の経営者がバトンを引き継ぐ中で、一貫して守らなければならない基盤。


事業開拓する際に常に念頭に置いているのが、創業者精神である社会貢献です。これがなければ、会社が社会の一員として生き残ることはできないでしょう。


新規参入する分野はどこでもいいというわけではありません。ポイントは、「飛び地に出ず、少しだけ知見のある領域に参入する」こと。


新たな事業目標に向けて皆をまとめるのは、そう簡単ではありませんでした。全国の事業所を回り、各地の社員に会って直接ビジョンを伝えました。


私のモットーは、「明るく、楽しく、元気よく」です。


社長の仕事は社員のモチベーションを上げること。それだけと言ってもいいでしょう。


当社の事業はすべて製糸という原点から発展した事業です。飛び地ではなく、足もとから着実に広げてきました。


「グンゼを子や孫を入社させたい会社にする」という目標を掲げています。グンゼには親子3代にわたって勤めている社員が大勢います。この連鎖をもっと先までつなげていく。これが、郡是という会社を引き継いだ私の使命です。


新事業の育成は一朝一夕にはできません。失敗を繰り返し、事業の柱と言えるものに育つのは「千に三つ」といったところでしょう。0.3%の可能性に懸けるのですから、会社に体力がないとできません。


新規事業の参入先は少しだけ知見のある領域を狙う。そして、その領域に参入する際は「自社の強みを掛け合わせる」のがコツ。手術用縫合糸がその好例です。この抜糸しなくていい溶ける糸の事業化に国内メーカーで初めて成功しました。これは、創業当時から積み上げてきた既存技術なしには製造できないものでした。


創業者の波多野鶴吉は3つの経営理念を掲げました。「人間尊重」「優良品の生産」「共存共栄」。社員を大切にし、消費者が喜ぶ優良品を作ることで、顧客はもちろん、社員や株主、取引先、地域社会など、すべてのステークホルダー(利害関係者)に貢献する。これが会社の役割だと考えたのです。


グンゼという社名の由来をご存じでしょうか。グンゼとは「郡の是」。地域社会の方針という意味があります。今でいうCSR(企業の社会的責任)のことです。


私が大切にしている経営理念の一つに「会社は反物(たんもの)のように紡ぐ」というものがあります。反物には経糸(たていと)と緯糸(よこいと)がありますが、経糸が途中で切れても、織り込む緯糸が途中でなくなっても、反物を織り続けることはできません。私が考える会社にとっての経糸は「創業者精神」、緯糸は「時代に合った新規事業への参入」です。


グンゼは来年、設立120周年を迎えます。肌着メーカーとして知られていますが、ペットボトル向けの収縮フィルム、タッチパネルなどの電子部品、手術用縫合糸などの医療用品も手掛け、経営の多角化を実践しています。もし肌着だけに事業を絞っていたら、これほど長く会社を続けられなかったかもしれません。


児玉和の経歴・略歴

児玉和、こだま・のどか。日本の経営者。グンゼ社長。鹿児島県出身。大阪府立大学経済学部卒業後、グンゼに入社。取締役兼執行役員経営戦略部長、人財開発部長、経営戦略部長、常務執行役員、経営戦略部長、東京支社長、コーポレートコミュニケーション部長、などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

本田宗一郎

技能というものは、その人一人の性格にこだわるから不安定である。アイデアで解決したものは安定している


菊間ひろみ

英字新聞でもウェブサイトでも、英語ができればインターネットを通じて、世界中の情報が手に入る時代です。あなたが興味を持って毎日読めるジャンルを見つけ出し、ひたすら読みましょう。このとき、「音読」もセットで行なうとより効果的です。


河合薫

私は頑張るのが大嫌い(苦笑)。根性とか我慢も、あまり得意ではありません。ただし、一つだけ大切にしていることがあります。それは「踏ん張ること」。自分の期待どおりの結果が得られなくても、逃げ出したくなったり、諦めそうになったりしても、大きく足を広げて地面を踏みしめて踏ん張ることだけは大切にしてきました。


遠藤弘満

今後は電池交換を無料にしたいと考えています。Knotの時計はハードなので、「電池が切れたから」という理由で別のブランドに買い替えられると一番困るからです。とにかく長く使ってほしいし、そのためのサポートやケアには徹底してこだわります。「まず与えよ」の精神です。


鈴木陽介(写真家)

いい写真を撮るには、「人間力」を上げなくてはいけません。それには自分がやったことのない体験、自分の生活とかけ離れたものに触れることが大事。そのためにお金を使っている感じです。


伊藤高明

いま、年間に何千万セットも売れ、たくさんの命を救っている商品になっているマラリア感染予防蚊帳オリセットネットは「まぐれ」の商品だけど、私はそもそも「まぐれ」になるような製品ばかりを自由に開発してきました。自由に開発できるものって、新開拓というか「なかったもの」なんです。ラワン材の防虫剤(ヒラタキクイムシの駆除)も、カプセル型のシロアリ用殺虫剤も、それまで会社が手がけていなかったものでした。


津田秀樹

「家族だから理解し合っている」という思い込みも禁物です。こんな心理実験があります。ある特定の場面を想定し、「このとき、家族はどのように行動し発言すると思いますか?」という問いかけをすると、ほとんどの人が的確に相手の行動を予想できました。しかし、それに続く「なぜそのような行動を取るのでしょうか?」という問いには、半分以上の人が正解できなかったのです。多くの人は、家族の言動が予想できるから「わかったつもり」になっているのですが、実はこれはつきあいが長く、一緒にいる時間が長いために予測しやすいだけのこと。本当に相手の内面までわかっているわけではないのです。


藤本秀朗

我々は円高を追いかけるために働いているのではない。長い年月の間には、十分な利益を出すことができないこともあるし、時にはこれまで積み立ててきた利益を取り崩す必要も出てくるだろう。今はそういう時期だ。【覚書き:日経新聞の円高対策に関するインタビューに答えての言葉。ユニデンは早くから開発は日本、生産は人件費の低い海外でという体制をとっていた】


築山節

アイデアや発想が浮かばないときの脳は、思考が固定されて堂々巡りをしている状態です。別の言い方をするなら、脳の同じ部分だけを繰り返し使っている状態ともいえます。発想を変えるには脳の別の部分を使えばいいのですが、「いつもと違う部分を働かせよう」と意識しても、脳は反応しません。脳を変化させるには、周りの環境を変えるしかありません。


村上賢太

まず大事なのはビジョンの共有。これが重要課題だと思っています。今のウチのスタッフは漫画家をはじめプランナーもまだまだ進行形。漫画表現やディレクションなどももっと力をつけて、もっと実績をつくることが大事だと思っています。


佐々木眞一

大規模リコールの際には、トヨタのものづくりに関わる多くの社員が自信を失ってしまわないか、本当に心配しました。外から責められても、様々な問題に真摯に対応すれば評判は取り戻せますが、内部が崩壊したら立て直すのに長い時間がかかります。


小山昇

社員を教育するにはコツがいります。私は、社内だけではなく、プライベートでも、社員とコミュニケーションをとるように努めました。その結果、当初はトップダウンの経営でしたが、今は社員から意見が上がるボトムアップの体制を築けています。このしくみができたことにより、複雑な時代の変化にも対応し、企業として成長できたのだと思います。