名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

児玉和の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

児玉和のプロフィール

児玉和、こだま・のどか。日本の経営者。グンゼ社長。鹿児島県出身。大阪府立大学経済学部卒業後、グンゼに入社。取締役兼執行役員経営戦略部長、人財開発部長、経営戦略部長、常務執行役員、経営戦略部長、東京支社長、コーポレートコミュニケーション部長、などを経て社長に就任。

児玉和の名言 一覧

新規事業の育成は現業が好調なうちに実施することが大切。


創業者精神は歴代の経営者がバトンを引き継ぐ中で、一貫して守らなければならない基盤。


事業開拓する際に常に念頭に置いているのが、創業者精神である社会貢献です。これがなければ、会社が社会の一員として生き残ることはできないでしょう。


新規参入する分野はどこでもいいというわけではありません。ポイントは、「飛び地に出ず、少しだけ知見のある領域に参入する」こと。


新たな事業目標に向けて皆をまとめるのは、そう簡単ではありませんでした。全国の事業所を回り、各地の社員に会って直接ビジョンを伝えました。


私のモットーは、「明るく、楽しく、元気よく」です。


社長の仕事は社員のモチベーションを上げること。それだけと言ってもいいでしょう。


当社の事業はすべて製糸という原点から発展した事業です。飛び地ではなく、足もとから着実に広げてきました。


「グンゼを子や孫を入社させたい会社にする」という目標を掲げています。グンゼには親子3代にわたって勤めている社員が大勢います。この連鎖をもっと先までつなげていく。これが、郡是という会社を引き継いだ私の使命です。


新事業の育成は一朝一夕にはできません。失敗を繰り返し、事業の柱と言えるものに育つのは「千に三つ」といったところでしょう。0.3%の可能性に懸けるのですから、会社に体力がないとできません。


新規事業の参入先は少しだけ知見のある領域を狙う。そして、その領域に参入する際は「自社の強みを掛け合わせる」のがコツ。手術用縫合糸がその好例です。この抜糸しなくていい溶ける糸の事業化に国内メーカーで初めて成功しました。これは、創業当時から積み上げてきた既存技術なしには製造できないものでした。


創業者の波多野鶴吉は3つの経営理念を掲げました。「人間尊重」「優良品の生産」「共存共栄」。社員を大切にし、消費者が喜ぶ優良品を作ることで、顧客はもちろん、社員や株主、取引先、地域社会など、すべてのステークホルダー(利害関係者)に貢献する。これが会社の役割だと考えたのです。


グンゼという社名の由来をご存じでしょうか。グンゼとは「郡の是」。地域社会の方針という意味があります。今でいうCSR(企業の社会的責任)のことです。


私が大切にしている経営理念の一つに「会社は反物(たんもの)のように紡ぐ」というものがあります。反物には経糸(たていと)と緯糸(よこいと)がありますが、経糸が途中で切れても、織り込む緯糸が途中でなくなっても、反物を織り続けることはできません。私が考える会社にとっての経糸は「創業者精神」、緯糸は「時代に合った新規事業への参入」です。


グンゼは来年、設立120周年を迎えます。肌着メーカーとして知られていますが、ペットボトル向けの収縮フィルム、タッチパネルなどの電子部品、手術用縫合糸などの医療用品も手掛け、経営の多角化を実践しています。もし肌着だけに事業を絞っていたら、これほど長く会社を続けられなかったかもしれません。


児玉和の経歴・略歴

児玉和、こだま・のどか。日本の経営者。グンゼ社長。鹿児島県出身。大阪府立大学経済学部卒業後、グンゼに入社。取締役兼執行役員経営戦略部長、人財開発部長、経営戦略部長、常務執行役員、経営戦略部長、東京支社長、コーポレートコミュニケーション部長、などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

村木厚子

「一生懸命やっても、なかなか結果が出ない」。そんな時ってあると思うんです。もっと頑張らないといけないのかと辛く感じられるかもしれませんが、そんな時は無理せず、ゆっくり歩けばいい。


丹羽宇一郎

最後は心の強さと平常心。頂点を目指すような戦いにおいて技術はさほど変わらない、心の持ち方によって勝敗が決する。


ガリレオ・ガリレイ

書物よりも見たり聞いたりすること、地位よりも経験が第一の教育者だ。


岩田松雄

明確なミッションを持つ必要があるのは、新人を受け入れる先輩社員や経営陣も同じです。自分たちは何のためにこの業務、この事業をしているのか明確に説明できなければ、人はなかなかついてきません。例えば簡単な表計算の仕事を新人に頼むとしましょう。その際に「これは役員会で使う資料だから、間違いがないようにして」とか、「現状を大まかにつかみたいだけだから、できるだけ早めに仕上げて」などといった言葉をつけ加えるだけで、依頼される方の印象は随分と異なります。


アントニオ猪木

失敗が怖い? いいじゃないですか。私なんか失敗、誤解、つまずきといった負の部分をエネルギーに変えてきたからこそ、こうやって60歳を過ぎたいまでも元気でいられるんですから。


澤田秀雄

夢が共有でき、将来ここで何かを成し遂げられると思い込ませることができれば、人は自然と集まる。


谷まさる

モード学園コクーンタワーは、特徴あるデザインだから「何、あのビル」と思う人もいる。でも「ココならオレの何かを引き出してくれそうだ!」と興味を持つ人もいる。それはすでに「好き」の第一歩でしょ。設立当初からの学生募集のCMにも同じ狙いがある。「豚に真珠は似合うのだ」「昨日の私と思うなよ!」と感性に訴えるものばかり。こうしたとがった環境にピンときた、やる気のある人だけが集まる。CMや校舎は入試代わりなんです。


角田秋生

保護者の方々が一番分からないのは、「公文をやることが、子供の将来にどう生きるのか」です。そこで、第一線で活躍する公文式経験者の声を通じて、その疑問を払拭できればと考えています。


松本晃(経営者)

重要なのは目標に最短で届く方法を探し続け、実行することなのです。私はデータが不要だと言っているわけではありません。科学的な経営は当然、必要だと思っています。大事なのは数字も使い方次第ということ。データの収集や分析が業績向上という企業にとって最大の目標に近づく方法になっているかを常にチェックしないといけません。


北島忠治

固定的な技術だけ身につけてしまうと、今度は柔軟性のある臨機応変のプレーができなくなってしまう。むやみに教えるよりは、基本プレーだけしっかり叩き込んでやりさえすれば、あとは高度な技術も実践で覚えられる。


齋藤勇(齊藤勇)

早口すぎると落ち着きがない印象を受けます。参考になるのはTVのアナウンサーが話すスピード。真似てみると、遅いぐらいに感じるかもしれませんが、その分、説得力を感じることができます。


佐久間一(経営者)

売り上げベースではマンション事業が5割、ビル事業が4割、その他で1割です。ところが利益ベースで見ると、ビル事業が6割、マンション事業が3割に逆転します。特にマンション事業は年度によって大きく数字が変動しますが、ビル事業は安定しています。変動は大きいが大きな利益も生むマンション事業と、安定した収入を生むビル事業の2つがあるからこそ、当社の事業が成り立っているのです。