名言DB

9419 人 / 110788 名言

児玉和之の名言

twitter Facebook はてブ

児玉和之のプロフィール

児玉和之、こだま・かずゆき。日本の経営者。「天真堂」社長。富山県出身。美容機器訪問販売営業、大手出版会社通販事業などを経て天真堂代表。著書に『通販革命』。

児玉和之の名言 一覧

ネットに限らず通販全てに言えることですが、いくら商品が良くても「売れるしくみ」がなければ新規顧客の獲得は難しく、「売れるしくみ」があっても商品が良くなければリピートされず長続きしません。「売れるモノ」と「売れるしくみ」が揃ってこそ、顧客が購入しリピートされる商品になるのです。


通常、広告は代理店、ウェブサイトは制作会社、物流は倉庫会社など業務ごとに外注先に発注しますが、当社のTTSP(天真堂・トータル・サポート・パッケージ)は、通販に必要な機能を一元的に提供しています。その結果、トータルコストが削減でき、その分をプロモーションや顧客サービス向上、新商品の開発などに充てることができるのです。


既に販売実績があるストック処方を商品化できるのが、当社の強み。実績のある処方だけに「悪くて売れない」という心配がありません。通常、部外品の認可には1年以上かかりますが、ストック処方であれば容器などの資材納入から最短1週間で商品を販売できます。開発期間を大幅に短縮できるのもストック処方のメリットです。


現在の通販業界には、保管在庫の無駄・不在再訪の無駄・過当競争の無駄など、「悪しき慣例」とも言える無駄が数多くあります。当社は既にIoTやAIも活用し、これらを是正する取り組みを始めています。この取り組みが業界内に広まれば、昨今社会問題となっている物流や流通の問題を解決に導くことができると考えています。


児玉和之の経歴・略歴

児玉和之、こだま・かずゆき。日本の経営者。「天真堂」社長。富山県出身。美容機器訪問販売営業、大手出版会社通販事業などを経て天真堂代表。著書に『通販革命』。

他の記事も読んでみる

池田欣生

レストランやお寿司屋さんだってそうですよね。高いよりは安い方がいいに決まっているけど、安いのも、高いのもそれだけの意味がある。ただ、間違えてほしくないのは、うちは決して値段を高くしようと考えているわけではありません。料金はホームページできちんと公開していますし、最高の医療やサービスを提供していく中で、最適な価格設定だと思っています。


豊田圭一

仕事でも勉強でも、完璧な計画を立ててから取り組もうとする人がいますが、それは、はっきりいって無理です。完璧な計画などは存在しません。


馬場正尊

東京R不動産は、従来の価値軸とは異なる視点から不動産物件を発見・紹介するウェブサイトです。たとえば、老朽化したビルは、不動産屋や一般の人から見れば、魅力のない物件です。しかし、そうした物件を「自由に改装できて、天井が高いのがいい」「味があってカッコイイ」と魅力的に感じる若者やクリエイターもいるわけです。実際、サイトを立ち上げると、予想以上に反響がありました。


鈴木敏文

新しい価値を生み出すため、発案したのが「こだわりおむすび」でした。これはヒット商品になりました。200円近い常識破りの価格のおにぎりをコンビニで買うかと事前に調査したら、誰もがノーと答えたでしょう。それが現物が登場し、従来のおにぎりと一緒に並んでいると価値を感じて手を伸ばす。矛盾していますが、これが消費の飽和時代の価格に対する顧客心理です。


永守重信

5年や10年、人の倍働けば絶対に成功できるはずです。今の世の中はそういう環境になってきています。しかし、今の人たちは本当に働かないですね。一部の若い人たちは「あの人はあんなに働いていったい何が楽しいんだ」といいますからね。一生とは言いませんが、最低でも5年間は死に物狂いで働くべきです。それだけやって成功しないなんてことはない。


出井伸之

日本になぜ、スティーブ・ジョブズのような天才が生まれないか。彼ら天才と崇められる人物は時代の変革の時期に生まれる。過去、日本にはジョブズをはるかに上回る経営者が何人もいたと思う。「次のジョブズ」を期待する気持ちはわかるが、「次の変革期」について考えずに、彼目身を研究しても意味がない。


高橋和志(造船技師)

我々は何代も船大工として生きてきたから、そもそも、我々の海から逃げるつもりもないんだ。ここから見える海をはじまりにしなければ。家業がただ続けばいいってのではなく、ここで続けるから意味があるってことです。そんなことも、息子たちには伝えたくてね。親父はあの時はこうしたんだよな、みたいな話ですけど。私自身、祖父や親父の、言わず語らずという姿勢から、生き方みたいなものを教わったような気がしているのでね。


青井忠雄

バリバリやる企業という丸井のイメージと、中庸を保てという私の「ほどほど哲学」は一見矛盾しているように見えるかもしれない。だが、物販からキャッシングまで幅広く積極展開している丸井のビジネスは、あくまで私の「ほどほど哲学」の具現化なのです。もし、私が足元を見ずに突っ走る人間であったなら、今日の丸井はなかったかもしれない。


北野武(ビートたけし)

人間の知恵や創造力は、壁や障害があってこそ豊かに発揮される。分厚い壁が目の前にあれば、子供は放っておいても、なんとかしてそこから自由になろうともがく。壁をぶち壊そうとする奴もいれば、壁の下に穴を掘ろうとする奴もいるだろう。壁の内側に、誰も気づかなかった自由を見つける子供もいるだろう。知恵や創造力で壁を乗り越えるところに、自由の喜びがある。何でも自由にやっていいよという世界では、知恵も想像力も働かせる必要がない。最近の子供にはやる気がないというけれど、それはそういうことの当然な帰結なのだろう。


黒田武志

我々の商品センターはトヨタ生産方式を採用しています。私が元々トヨタの社員だったということもあり、トヨタのものづくりに鍛えられた方々にも知恵をお借りしながら、14年かけてこの管理体制を作り上げてきました。