名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

児玉和之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

児玉和之のプロフィール

児玉和之、こだま・かずゆき。日本の経営者。「天真堂」社長。富山県出身。美容機器訪問販売営業、大手出版会社通販事業などを経て天真堂代表。著書に『通販革命』。

児玉和之の名言 一覧

ネットに限らず通販全てに言えることですが、いくら商品が良くても「売れるしくみ」がなければ新規顧客の獲得は難しく、「売れるしくみ」があっても商品が良くなければリピートされず長続きしません。「売れるモノ」と「売れるしくみ」が揃ってこそ、顧客が購入しリピートされる商品になるのです。


通常、広告は代理店、ウェブサイトは制作会社、物流は倉庫会社など業務ごとに外注先に発注しますが、当社のTTSP(天真堂・トータル・サポート・パッケージ)は、通販に必要な機能を一元的に提供しています。その結果、トータルコストが削減でき、その分をプロモーションや顧客サービス向上、新商品の開発などに充てることができるのです。


既に販売実績があるストック処方を商品化できるのが、当社の強み。実績のある処方だけに「悪くて売れない」という心配がありません。通常、部外品の認可には1年以上かかりますが、ストック処方であれば容器などの資材納入から最短1週間で商品を販売できます。開発期間を大幅に短縮できるのもストック処方のメリットです。


現在の通販業界には、保管在庫の無駄・不在再訪の無駄・過当競争の無駄など、「悪しき慣例」とも言える無駄が数多くあります。当社は既にIoTやAIも活用し、これらを是正する取り組みを始めています。この取り組みが業界内に広まれば、昨今社会問題となっている物流や流通の問題を解決に導くことができると考えています。


児玉和之の経歴・略歴

児玉和之、こだま・かずゆき。日本の経営者。「天真堂」社長。富山県出身。美容機器訪問販売営業、大手出版会社通販事業などを経て天真堂代表。著書に『通販革命』。

他の記事も読んでみる

山上徹

おもてなしの心に基づく営業は、これまでホスピタリティがあまり重要視されてこなかった業界でも効果を上げている。あるガス会社では、家庭用LPガスを設置する男性スタッフにマナー教育を実施。結果、家庭の台所で応対する主婦層に「礼儀正しい」と好感をもって迎えられるようになり、ガス器具など付随する商品の販売額を大幅に伸ばした。同様のマナー教育は大手宅配事業者でも行われており、ドライバーの応対の好感度が、ライバル企業に差をつけるポイントになっている。


岡本真一郎(心理学者)

自己評価と、他人からの評価をきちんと冷静に分析できない。言い換えれば、他者からのフィードバックを活かせない人。内省的になれない人、他者の考えを受け取れない人はリーダー向きではなく、上司にもなってはいけません。


吉越浩一郎

通常の仕事なら、6~7割くらいいけると思うなら、やってみることです。巧遅であるよりは、拙速であった方がずっといい。間違えたと思ったら、途中で修正して、精度を高めていけばいいんです。


ウォルト・ディズニー

若者の多くは、自分たちに未来はない、やることなど残っていないと思っている。しかし、探検すべき道はまだたくさん残っている。


近藤太香巳

常に社長がどのように考えているのかを社員に言い続けることで、はじめて社員が同じ考えを抱くようになる。


ジョン・キム(法学者)

いまいるところから飛び出す選択が正しいかどうか、そこに気を取られて踏み出せずにいるのはもったいないことです。未来に対する選択には、不確実性が必ず伴います。ならば不確実なものを予測することに頭を悩ませるより、選択したあとの軌道修正に自分のリソースを集中させた方がいいでしょう。


柳井正

海外で店を作ることは苦労も多いけれど、リスクを取って取り組むからこそ、得られるものも大きい。


岡田武史

命がけでやって、うまくいかなければそのときだと開き直った。


次原悦子

PRの切り口は様々です。「そんな宣伝はうちのイメージに合わない!」と硬く考えず、商品やサービスのイメージを膨らませると、効率のいいPRにつながります。


寺尾玄

自分を偽らず、貫く。それで世の中が認めてくれないなら仕方ないと思うしかない。


山本真司

目標に向けて努力する熱意と成功体験は不可欠です。しかし、限界まで頑張っても思うような結果が出るとは限りません。ゆえに現実をあるがままに受け入れる受容力も不可欠です。一見矛盾する心理ですが、この両方を身につけることで成長できるのです。


白井一幸

二軍監督として、コーチの役割について考えたことは、私自身にとっても貴重な経験でした。チームの勝利に貢献できるコーチとは、一体どんなコーチなのかを常に考えるようになったからです。それは、一軍コーチである今も同じで、もしも自分が監督だったらどんなコーチが一番必要かと考えた時に、「それは自分だ」と言えるようなコーチでいることを常に意識しています。