児玉和の名言

児玉和のプロフィール

児玉和、こだま・のどか。日本の経営者。グンゼ社長。鹿児島県出身。大阪府立大学経済学部卒業後、グンゼに入社。取締役兼執行役員経営戦略部長、人財開発部長、経営戦略部長、常務執行役員、経営戦略部長、東京支社長、コーポレートコミュニケーション部長、などを経て社長に就任。

児玉和の名言 一覧

新規事業の育成は現業が好調なうちに実施することが大切。


創業者精神は歴代の経営者がバトンを引き継ぐ中で、一貫して守らなければならない基盤。


事業開拓する際に常に念頭に置いているのが、創業者精神である社会貢献です。これがなければ、会社が社会の一員として生き残ることはできないでしょう。


新規参入する分野はどこでもいいというわけではありません。ポイントは、「飛び地に出ず、少しだけ知見のある領域に参入する」こと。


新たな事業目標に向けて皆をまとめるのは、そう簡単ではありませんでした。全国の事業所を回り、各地の社員に会って直接ビジョンを伝えました。


私のモットーは、「明るく、楽しく、元気よく」です。


社長の仕事は社員のモチベーションを上げること。それだけと言ってもいいでしょう。


当社の事業はすべて製糸という原点から発展した事業です。飛び地ではなく、足もとから着実に広げてきました。


「グンゼを子や孫を入社させたい会社にする」という目標を掲げています。グンゼには親子3代にわたって勤めている社員が大勢います。この連鎖をもっと先までつなげていく。これが、郡是という会社を引き継いだ私の使命です。


新事業の育成は一朝一夕にはできません。失敗を繰り返し、事業の柱と言えるものに育つのは「千に三つ」といったところでしょう。0.3%の可能性に懸けるのですから、会社に体力がないとできません。


新規事業の参入先は少しだけ知見のある領域を狙う。そして、その領域に参入する際は「自社の強みを掛け合わせる」のがコツ。手術用縫合糸がその好例です。この抜糸しなくていい溶ける糸の事業化に国内メーカーで初めて成功しました。これは、創業当時から積み上げてきた既存技術なしには製造できないものでした。


創業者の波多野鶴吉は3つの経営理念を掲げました。「人間尊重」「優良品の生産」「共存共栄」。社員を大切にし、消費者が喜ぶ優良品を作ることで、顧客はもちろん、社員や株主、取引先、地域社会など、すべてのステークホルダー(利害関係者)に貢献する。これが会社の役割だと考えたのです。


グンゼという社名の由来をご存じでしょうか。グンゼとは「郡の是」。地域社会の方針という意味があります。今でいうCSR(企業の社会的責任)のことです。


私が大切にしている経営理念の一つに「会社は反物(たんもの)のように紡ぐ」というものがあります。反物には経糸(たていと)と緯糸(よこいと)がありますが、経糸が途中で切れても、織り込む緯糸が途中でなくなっても、反物を織り続けることはできません。私が考える会社にとっての経糸は「創業者精神」、緯糸は「時代に合った新規事業への参入」です。


グンゼは来年、設立120周年を迎えます。肌着メーカーとして知られていますが、ペットボトル向けの収縮フィルム、タッチパネルなどの電子部品、手術用縫合糸などの医療用品も手掛け、経営の多角化を実践しています。もし肌着だけに事業を絞っていたら、これほど長く会社を続けられなかったかもしれません。


児玉和の経歴・略歴

児玉和、こだま・のどか。日本の経営者。グンゼ社長。鹿児島県出身。大阪府立大学経済学部卒業後、グンゼに入社。取締役兼執行役員経営戦略部長、人財開発部長、経営戦略部長、常務執行役員、経営戦略部長、東京支社長、コーポレートコミュニケーション部長、などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

國分文也(国分文也)

ニューヨークで設立した石油取引会社の失敗から、逆境かでも絶対逃げず、先頭に立って部下に背中を見せることを学んだ。会社を清算するときも、30人弱の従業員の雇用を守るため、再就職先を探して回った。当時の仲間とはその後もつきあいが続き、前回再び海外赴任したときは、新規ビジネスの開拓を手伝ってくれた。


山岡鉄舟

善きところはどしどし取って、これを食い、かつこれを消化して、わが物とせよ。もしわが日本国体には、食中毒と見たなら、我が国の領海に着かない中に、航海中に海に斬り捨てよ。
【覚書き|外国の文化や技術への接し方について語った言葉】


佐々木常夫

通常の仕事は拙速を尊ぶ。


野田一夫

企業経営で営利だけを追求する経営者は、程度の差こそあれ大衆社会である先進国では反社会的といったイメージを負わされることにより、自社を成長の軌道に乗せることが無理なのです。単に顧客である大衆から見放されるだけでなく、経営者自身が自社の社員からノーを突きつけられるケースは、成熟した民主国家ならどこでも起こりますから、企業の長期的繁栄など、到底できっこありません。


渡部優衣

「声優にとって大切だと思う3つのこと」を私が挙げるとすれば、「根性」「感謝」、そして「声優であることを認識すること」。


梅森浩一

他人のマネばかりしていると、二番煎じばかりで自分らしさを失うのではないか。マネというと、そうしたネガティブなイメージを抱く人もいるかもしれません。しかし、どんなに振る舞いや働き方を真似したところで、自分の性格やアイデンティティーまで変わることはありません。大切なのは、そうした根本的な「自分らしさ」と、周囲から評価される仕事ぶりを組み合わせて、仕事の成果へとつなげていくかです。


猪子寿之

アジアはみんな若い。20世紀ではないんです。アジアに20世紀はなかったから、21世紀を全面的に肯定している。日本は20世紀が、つまり情報社会前の社会で成功しすぎたから、それが大好きで離れられない。法律も産業も、ぜんぶです。


小澤竹俊

「死」という逃げられない壁を突きつけられたとしても、人は穏やかに過ごせる可能性がある。痛みがないこと、希望の場所で過ごせること、自分の生きてきた意味を見いだせること、穏やかになれる理由は人によって異なり、私たちはそれを探ります。


苅谷道郎

私が仕事の中で最も大事にしているのは、「考える時間」です。それは一週間のスケジュールを見ればわかります。定例会議の類はすべて月曜日と金曜日に集中させ、水曜日は強制的に何も予定は入れない。とことん考えることに集中するためです。


小椋佳

新商品開発のために「国際財務サービス室」が新設され、その初代室長に任命されました。実は私は、以前から行内で「総合金融業化」を訴えてきました。25~26歳のころ、銀座支店で資生堂グループの担当になったのですが、同社は関連会社が多く、グループ内で大変な額のお金が動いていました。これらのお金をすべて取り扱えれば、大きな利益になります。そのためには、銀行業の枠を超えて総合金融業化する必要がある。その考えを「資生堂論」という論文に書いて提出したのです。そして論文を出した後も、ことあるごとに私は総合金融業化を主張してきました。上層部は、それを知っていたのでしょう。国際財務サービス室が新設されるときに、「あいつにやらせてみよう」という話になったようです。


藤田田

30歳までに金を貯めて、海外へ出て40歳で起業しろ。
財産ができたらそれを3分の1ずつ使って三回商売にチャレンジしてみろ。


安原弘展

ワコールの商品づくりでは、生地の裁断から縫製、包装、検査までほとんどが手仕事となるため、細やかな作業が求められます。そのひとつひとつを丁寧に想いを込めて行なってこそ、お客様から信頼をいただけるのだと思います。


猪股浩行

創業した時は、軽トラ1台と四畳半一室からのスタートでした。年収10億円を超えて、こうした支持(ネットのクチコミサイトで満足度1位)を受けるのはとても光栄です。これからも僕たちは値段勝負だけじゃなくサービス勝負を続けていく。それが僕らのアイデンティティですから。


古森重隆

マネジメントは大学時代に所属したアメリカンフットボール部で学んだ気がします。アメフトで大事なのは、戦略とチームワーク、スピード、闘魂です。これは企業経営と同じです。両者とも局面ごとに細かく戦略が変わります。チームワークは仲の良さではなく、明確な役割分担を指します。そしてスピード。これも重要ですが、日本人に一番欠けているものかもしれません。最後に闘魂こそ、企業も個人ももっと養わないといけません。


西川浩司

もし研究開発投資を継続しなければ見た目の財務状況は一時的に良くなり、我が社は創業以来初の赤字にならないで済む。しかし、未曾有の世界同時不況といわれる辛い時期だからこそ、次に世界経済が上向いてきた時に先んずる為にも、研究開発投資は止めない。止めたら終わり。人財と共に研究開発は当社の命。


ページの先頭へ