名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

児嶋一哉の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

児嶋一哉のプロフィール

児嶋一哉、こじま・かずや。日本のお笑い芸人、俳優。東京都出身。お笑いコンビ「アンジャッシュ」を結成。俳優としてテレビドラマ、映画などでも活躍。

児嶋一哉の名言 一覧

売れなかった頃の自分を思い出すと、いまがどんなに幸せかと思います。


オレは最近、「イジられキャラが定着しましたね」と言われるけど、感情のままに言い返してるだけだから。元々、ダウンタウンの松本さんみたいな芸人さんになりたかったんですよ。キレの利いたボケをかましてね。でも、20年やってくると、自分は違うなとわかってくる。周りが「児嶋はこうだよね」というイメージに逆らっても仕方ないなと思い始めた。葛藤はしたけど、そこをイジッて面白がってくれるならそれもアリかなとね。


児嶋一哉の経歴・略歴

児嶋一哉、こじま・かずや。日本のお笑い芸人、俳優。東京都出身。お笑いコンビ「アンジャッシュ」を結成。俳優としてテレビドラマ、映画などでも活躍。

他の記事も読んでみる

大竹のり子

気をつけてほしいのが「奨学金」です。社会人になれば簡単に返せると思いがちですが、家計診断をしていると、奨学金の返済が苦しくて転職がうまくいかない、婚期が遅れる、マイホームが買えないという人が結構多いのです。中学高校時代にお金をかけすぎて大学進学のために奨学金を借りるということは避けたいところです。


松田公太

人は成長するための努力をやめてはならない。成長するのをやめたとき、つまり現状に甘んじた瞬間から、衰退がはじまってしまうからだ。どんなに物事が思い通りに進んでいようとも、その状況が永遠に続くことなどありえない。常に次を見据えて、備え、行動を起こしておく必要がある。


マルクス・アウレリウス・アントニヌス

死は感覚の休息、衝動の糸の切断、心の満足、または非常招集中の休止、肉への奉仕の解放にすぎない。我々が死によって失うものは時間のわずかな一部、現在の一瞬のみ。


水越康介

ソーシャルメディアに限らず、マーケティング・リサーチには思いがけない発見がある。男性が買っていると思っていた商材が、意外に女性に売れていた。想定していたのとは別の使用方法が広まっていた。と、いろいろな発見が、次の一手に繋がる。


齋藤孝(教育学者)

イライラしたときは、その場で10回程度ジャンプしてみる。これだけで心がだいぶ軽くなりますよ。


養老孟司

ゴマスリは、独裁者がいる組織ほど現れます。独裁者は孤独です。なぜなら自分の決断一つで多くの人の運命を左右することになるから。だから、ゴマスリは状況が切迫しているほど効果があります。ゴマをする側の意図とは別に、結果的に独裁者を支え、良い効果をもたらすこともありうるので、一概に否定もしきれないと私は思っています。


堤智章

トップアスリートのようにハイエンドのスキルを持っている人は、自分で引退するときを決められるのです。銀行では誰もが人事を人に決めてもらっているなか、自分の人生を自分で決められる、それは人として最も幸せなことであると思います。銀行に残っていれば、もしかしたら出世を続けることになったかもしれませんが(笑)。


瀬戸内寂聴

お釈迦様は「この世は苦である」とおっしゃいました。生きることは苦しいと。しかし、この世は苦であると最初から思っていれば、どんな苦しみにも耐えられます。苦だと決まっているのだから、じたばたしたって仕方がないのです。


植木義晴

社員が一丸となるためには、明確な目標が必要です。企業理念が最終到達地ではありますが、もう少しわかりやすく会社の進む道を示したものが、中期経営計画です。この中期経営計画を会社のトップが勝手につくった目標と捉えるのではなく、社員全員が自分の目標に落とし込むことが大切です。


野村忠宏

アテネ五輪を目指して乗り越えた地獄のような日々が、自分の心を最高にたくましく、強くしてくれた。


奥村綱雄

京都の支店長は京都野村証券の社長のつもりでやれというのだから、虎を野に放ったようなものだ。混乱のヤミ時代には、まず社員に満腹の充実感を与えねばならぬ。満腹の充実感には何よりも新円を十分に手に入れなければならぬ。新円を手に入れるためには何かいい仕事を発見しよう、という三段論法からふと映画館の経営を思い立った。
【覚書き|その後奥村氏は、得意先の金持とともに映画館を建て、野村証券京都支店社員たちの生活物資を得るための資金を手に入れることに成功した】


佐藤博樹(社会学者)

現状では、30代前半の社員を海外に出す企業が多い。これは人材育成を目的とし、国内で複数の部署を経験してから海外に転勤させようと考えるからだ。しかし、30代前半は結婚したり、子育てをはじめたりと転勤が難しい家庭も多い。優秀な人材の流出を招きかねない。人材育成を考えるなら、もっと若いときに海外に行ってもらうのはどうか。