児嶋一哉の名言

児嶋一哉のプロフィール

児嶋一哉、こじま・かずや。日本のお笑い芸人、俳優。東京都出身。お笑いコンビ「アンジャッシュ」を結成。俳優としてテレビドラマ、映画などでも活躍。

児嶋一哉の名言 一覧

売れなかった頃の自分を思い出すと、いまがどんなに幸せかと思います。


オレは最近、「イジられキャラが定着しましたね」と言われるけど、感情のままに言い返してるだけだから。元々、ダウンタウンの松本さんみたいな芸人さんになりたかったんですよ。キレの利いたボケをかましてね。でも、20年やってくると、自分は違うなとわかってくる。周りが「児嶋はこうだよね」というイメージに逆らっても仕方ないなと思い始めた。葛藤はしたけど、そこをイジッて面白がってくれるならそれもアリかなとね。


児嶋一哉の経歴・略歴

児嶋一哉、こじま・かずや。日本のお笑い芸人、俳優。東京都出身。お笑いコンビ「アンジャッシュ」を結成。俳優としてテレビドラマ、映画などでも活躍。

他の記事も読んでみる

長谷川和廣

少なくとも自分の強みは持ってほしい。私の場合は20代のときに身につけた英語力と当時はアメリカにしかなかったマーケティング手法でした。それらをいつもひけらかしているのは嫌味ですが、ギャングが背広の内ポケットに潜ませた拳銃のように、たまにチラリと見せる。そういうアピールも仲間を増やすためには必要でしょう。いま、人を判断する基準は好き嫌いではなく、仕事の戦闘能力の有無で決まる時代なのです。


浅田次郎

僕にとって戦争を書くのはたぶんそれはライフワークなんです。それは別に思想的な話ではなく、戦争、もしくは戦場はドラマの宝庫だからなんですよ。ミステリー小説はやたらと人が亡くなりますが、改めて考えると平時だと人はそんなやたらめったらには殺されません。でも、戦場では残念ながら戦って亡くなる人も多い。その中でのミステリーだと、物語に多くの変化が付けられると感じています。これはいくらでも書けるな、と。


芳井敬一

事業を進めると、認知度や期待度が変わり、情報ソースが変わっていきます。創業者の石橋信夫が、樋口(武男)会長に創業50周年に1兆5000億円の実現、さらに創業100周年で10兆円という目標を託したわけですが、おそらく当時は10兆円は見えていなかったと思います。しかし、樋口会長の下、村上(健治)社長、大野(直竹)社長と進み、第5次中計で売上高3兆9500億円まで来ました。ここまで来ると5兆円の風景が見えてくる。同時に10兆円を覗けるところまで来ているのかなと。


柳井正

最初からそこそこでいいなんて甘い考えでいたら、箸にも棒にもかからない程度の水準でしか生きていけない。それだと将来的に食えなくなる。


宮沢次郎

一般に日本人は肩書を尊びますが、実はこれほど有害なものはありません。自分自身を見つめることを妨げるからです。肩書がついたためにこれまでとまるで別人のようになってしまう人がいるでしょう。自分を見失っちゃうんです。


ウォーレン・バフェット

投資による十分な利回りを得るためには投資のエキスパートである必要はない。エキスパートでない場合は、自分の限界を認識して、道理にかなった収益を確実に拳げられるコースを選ばなければならない。


天野篤

自分がすがすがしく、この場を打破するには勝つしかない。だから、現在は手術という試合において勝利を目指す。患者さんがよくなるということを勝利という価値観に結びつける。これが大学時代のテニスで得られた教訓ですね。


川村隆

マニュアルを守っても、機体が墜落してしまってはどうしようもない。緊急事態では、自分の頭で考え、判断し、自分の責任で行動しないといけない。


重光武雄(辛格浩)

社会勉強が必要だったんです。外で苦労をさせなくちゃ。
【覚書き|長男次男を大学卒業後すぐに自分の会社に入れなかった理由について語った言葉。】 5


エラン・カッツ

大切なのは、いろいろな勉強に興味を抱くために、日頃から熱意や情熱を持ち続けることです。熱意や情熱が物事への興味を呼び起こし、記憶力の向上に貢献するのです。


菊池健彦

問題集を一回解いた後、流すように解説を読んで、すべて頭に入るのは天才だけです。英語を勉強するとは「進歩すること」です。そのためには、問題集は何冊もやるのではなく、同じ一冊を勉強し尽くすべきです。その一冊の中に知らない単語や、聞き取れない文章が内容に取り組み、いま手元にある問題集を徹底的にやってみて欲しいのです。


樋口武男

講演や読書などで心を打つ言葉に出合ったら、手帳に書き留めておくことをお勧めします。こうすると、予定をみるときなどに目に入るので、自然と頭にも刻み込まれますから。


サルトル

人間は自由であり、常に自分自身の選択によって行動すべきものである。


内田和成

じつのところ、消費者は自分の欲しい商品をよくわかっていない場合が多いのです。仮に消費者に「テレビとラジオが一緒になった製品は便利だと思いますか」と質問したとします。リサーチの結果は、便利と答える人が多いはずです。ところが実際にテレビ付きラジオを開発しても、まず売れないでしょう。機能を複合した商品は事前の調査結果ではいい結果が出ることが多いのですが、これまで複合機でよく売れた唯一の例はラジカセくらいのものでほとんどが失敗しています。


水野学

たとえば、企画を決めるなら90分で50の案を出す。3人で考えれば150案が出ますね。それを会議室の壁一面に貼って、これとこれを掛けたら面白そうだと考えていく、一人で悩むよりも早く企画が固まるんです。


ページの先頭へ