名言DB

9419 人 / 110788 名言

児島絹子の名言

twitter Facebook はてブ

児島絹子のプロフィール

児島絹子、こじま・きぬこ。日本の経営者。女性向けフォーマルウェアの「東京ソワール」社長。兵庫県出身。伊東衣服研究所で学んだのち、ソワール洋品店(のちの東京ソワール)を開業。黒の洋服を女性の礼服として定着させた。同社大きく成長させ、経済同友会初の女性会員の一人となった。

児島絹子の名言 一覧

仕事が好きだから打ち込むのです。


児島絹子の経歴・略歴

児島絹子、こじま・きぬこ。日本の経営者。女性向けフォーマルウェアの「東京ソワール」社長。兵庫県出身。伊東衣服研究所で学んだのち、ソワール洋品店(のちの東京ソワール)を開業。黒の洋服を女性の礼服として定着させた。同社大きく成長させ、経済同友会初の女性会員の一人となった。

他の記事も読んでみる

前田晃伸

高校時代をひと言でいえば、異質の若者がごちゃ混ぜになった感じというか、それぞれがお互いの価値観を尊重しながら、日々過ごしていたんですね。いろんな価値観を持つ仲間たちに出会えたことは、本当に貴重な人生体験だったと思います。


青羽悠

高校生の今だからこそ書ける話がきっとあるはずなので、それを書き留めておきたい。


槍田松瑩

会社の中でミドルは、現場の最前線を統率しつつ次代を支えていく若い人たちを指導・育成する非常に重い役割を担っています。それだけに、次世代を支えていく人たちをよく指導・育成しているかどうか、会社として強い関心を持って目配りしています。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

自分の行動を振り返ってみる。それによってムダな出費に気づくことができ、翌月から改善していくことで、貯蓄が徐々に増えていく。


河合薫

人間には脅威的な状況にもどうにかうまく適応しようとする、レジリアンスという能力がある。人間にも植物や動物と同じように、生きようとする本能がある。しかし、レジリアンスは「どうにかしよう」とか、「このままじゃ駄目だ」と、困難を乗り越えようとする意志が当人に芽生えない限り機能しない。植物のレジリアンスを引っ張り出すのが太陽の光であるように、人間も困難を乗り越えたいと将来に光を求めない限り、生への力は発揮されない。


梶村尚史

最近では夜10~深夜2時の間に睡眠をとらないと成長ホルモンが分泌されず身体が回復しないとも言われていますが、これも正確ではありません。たしかに夜10時~深夜二時の睡眠は、生理リズムからすると理想的な時間帯ではあります。しかし、成長ホルモンは深い眠り(ノンレム睡眠)さえ確保できていれば、どの時間帯でも分泌されるもの。時間帯より、眠りの深さが大切なのです。


福田國幹

長崎屋に来て一番びっくりしたのは、社内改革に動いたときです。何か制度を変えようとすると、経営幹部が「労働組合に聞いてみないと」「根回ししないと」と言い出す。事の是非を客観的に考える前にまず組合の鼻息をうかがうわけです。世間の常識から乖離し、内向き志向になっていました。


トレイ・ヒルマン

人それぞれに考え方はあるかもしれないが、チームとして決定したことに全員が同じようにエネルギーを注がないと「和」は生まれない。


堀之内九一郎

どんな状況においても全力投球で実力を出し切る。そうすれば、周囲の評価が上がり、自分の可能性を伸ばしていけます。結局はそれが自分の成功のためだと自覚して、絶えず力を出し切る人と、給料とのバランスを考えながら適度に頑張ろうとする人。両者の差は短期間に激しく広がります。


梅田望夫

僕はシリコンバレーに住むようになってから、大きく変わったと思っています。シリコンバレーは、アメリカの中でも非常に特異な土地です。何が特異かというと、大人の態度なんです。おっちょこちょいで、若い人が出したアイデアに対し、面白い、やってみろって言うわけです。