児島絹子の名言

児島絹子のプロフィール

児島絹子、こじま・きぬこ。日本の経営者。女性向けフォーマルウェアの「東京ソワール」社長。兵庫県出身。伊東衣服研究所で学んだのち、ソワール洋品店(のちの東京ソワール)を開業。黒の洋服を女性の礼服として定着させた。同社大きく成長させ、経済同友会初の女性会員の一人となった。

児島絹子の名言 一覧

仕事が好きだから打ち込むのです。


児島絹子の経歴・略歴

児島絹子、こじま・きぬこ。日本の経営者。女性向けフォーマルウェアの「東京ソワール」社長。兵庫県出身。伊東衣服研究所で学んだのち、ソワール洋品店(のちの東京ソワール)を開業。黒の洋服を女性の礼服として定着させた。同社大きく成長させ、経済同友会初の女性会員の一人となった。

他の記事も読んでみる

水尾順一

「仏つくって魂入れず」という言葉がありますが、自社のコンプライアンス活動が、単なる義理や建前で行なわれている状態になっていないか、今一度よく考えてみることが大事。


岡崎富夢

うちの社長(親会社・東邦レオの社長)は、「年寄りが若い人間の可能性を潰したらいかん。おまえらがやることをバックアップするのが俺の仕事だ」とよく言います。だからチャレンジは積極的にさせてくれる。


日色保

チームスポーツは楽しいですね。それぞれの役割を全うして、勝敗を仲間と一緒に分かち合う。チームプレイという意味で、仕事にも共通する醍醐味を感じています。
【覚書き|休日にバスケットボールをしていることについて語った言葉】


大久保尚武(積水化学工業)

東大では自己研鎖のためにボート部に入ろうと決めてはいたものの、五輪出場など考えたこともありませんでした。入部してからもレースでは負けてばかり。自信を失いかけていた2年生のある時、コーチが「来年のオリンピックを狙うぞ」と言い出し、その気になったのです。人間というのは目標があると、やるべきことが見えてきます。朝から晩まで猛練習をこなしただけでなく、当時の日本では前例がなかった最先端の運動生理学を練習メニューに取り入れました。その効果もあり、3年生と2年生が中心の若いクルーが実業団に勝ち、五輪出場権を得たのです。


陰山英男

自分自身がお金を通じて先を見通す視点・視野を持っていれば、家計はもちろん、本人が精神的にも安定します。そうした状態を作っておかないと、いつかやってくる人生の荒波に対処することもできません。


喜多あおい

リサーチを始める前に、まず情報の海を見渡します。全体の状況を把握したうえで、どこをどのように調べるのかリサーチ戦略を立て、情報の取捨選択の基準を決めるのです。


キェルケゴール(キルケゴール)

信念は理屈をも超越する。


大橋徹二

ITやIoTのビジネスを進めるには、他社との提携が不可欠です。しかし、欲しい欲しいと言っているだけではダメ。自らがオープンにならない限り、相手は来てくれません。


楠本憲吉

会話のセンスは、要はその人、その人に合った言葉を選び、この場合はこんな言葉づかいがいいのかなという、できるだけ新鮮な、手あかのつかない言葉で話すことだ。


森田勉(経営者)

営業で相手の社長に会ったら、まずは懐に飛び込むことからだね。社長の趣味を徹底的に調べておいて、その話題から入ることが多かったかな。さらに「受付でどうのこうの言われて、大変でした。やっと社長にたどり着けましたよ」なんて言えば、かわいい奴だと思ってくれる。社長は苦労してますから、そういう人間を受け止めてくれますね。


山名昌衛

だいぶ前から複合機事業の先行きには危機感を持っていました。トナーのケミカル技術や、紙送り機構など複雑な技術のすり合わせなので参入障壁はある程度守れましたが、ハードウエアの性能競争はいずれ行き着く。新たな付加価値の競争に早く入らなければと思っていました。


セバスチャン=ロッシュ・シャンフォール

中傷はうるさい蜂のようなものである。これを確実に殺すことができるという確信がないならば、手を出してはいけない。さもないと、前よりもいっそう激しく突進を繰り返してくるだろう。


安倍晋三

米国の場合は1回失敗した人の方がむしろ投資家からお金がつきやすいと言われます。その意味では、日本は大切な資源をムダにしているのではないでしょうか。ウォルト・ディズニーは挑戦と失敗を繰り返しました。日本人だったら、ミッキーマウスは誕生していなかったでしょう。


小池百合子

リーダーの側から常に積極的な声掛けをして、コミュニケーションをとるべき。


真田信幸

一番首は自分一人が手柄を立てようという行為だ。だが一番乗りは自分の属する軍全体に勝ちをもたらそうとする行為だ。だから身構えが違う。一番首は敵一人の戦い方に目を向けるが、一番乗りはどこから城壁に取りついて攻めれば味方を引き入れることができるかと全体を見わたす。つまり、一番首は自分のことしか考えない。そこへいくと、一番乗りは組織全体のことを考えている。


ページの先頭へ