名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

児島仁の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

児島仁のプロフィール

児島仁、こじま・まさし。日本の経営者。NTT社長。北海道出身。北海道大学法経学部卒業後、日本電電公社(のちのNTT)に入社。業務管理局次長、総務理事などを経て社長に就任。著書に『怒りを発するものは愚か』など。

児島仁の名言 一覧

自信という言葉はよくつかわれるが、若者にとっては間違った自信でも、まず自信を持つことが大切だと思う。若者の欠点を責めず、長所を引き出して、一つでも得意のものを持たせてやる。先輩、上司にとって、それは一つの義務でさえあるかもしれない。


児島仁の経歴・略歴

児島仁、こじま・まさし。日本の経営者。NTT社長。北海道出身。北海道大学法経学部卒業後、日本電電公社(のちのNTT)に入社。業務管理局次長、総務理事などを経て社長に就任。著書に『怒りを発するものは愚か』など。

他の記事も読んでみる

中野孝次

生きている間に生を楽しまないでいて、いざ死に際して死を恐れるのは道理にも合わぬことではないか。人が皆このように本当に生きているいまを楽しまないのは、死を恐れないからである。いや、死を恐れないのではない。死の近いことを忘れているからに他ならない。


高島宏平(髙島宏平)

「やればいいこと」「できたらいいこと」の選択肢は常に無数にあります。しかし経営資源や時間は限られており、そのすべてを実践することはできません。経営者は、10万ある選択肢のうちいくつかを残して、残りの9万9000以上の可能性を切り捨てるような判断をしなければなりません。


伊藤瞭介

これからは再び、専業メーカーが脚光を浴びる時代になると確信しています。モノが溢れるいまの時代、特徴のない商品では消費者の心をとらえられません。


杉本和行

競争手相手を排除するようなやり方には厳しい対応を取るということで、イノベーションを促進する産業政策の基本は、今や競争政策にあると考えています。


山崎奈保子

シアタークリエのオープン初日、お客様が楽しそうにお帰りになる姿をみて、「ああ終わったんだ。よかった」と思いましたが、これからが本当の始まりなんだと、感じました。お客様のご要望にお応えできるように、劇場をどんどんよいものにしなくてはならない。なおかつ、事業所を預かる者としては、きちんと営業戦略を立て、1年先の公演までチケットを売る算段を立てなければなりません。一方で戦術レベルとしては、小さな問題点を見つけたら、その都度改善していく作業を、地道に進めていく必要性を痛感しています。


中原淳

リーダーシップは誰にでも他人事ではない。


近藤淳也

ユーザーが主役である、という点はずっと一貫してます。


仲代達矢

20代の終わりまでは、それこそ寝る間もないくらい仕事をしました。そのせいか、30代に入って一息つくと、なんとも言いようのない疲れを感じました。それまでは夢中でやっていたのが、ふと気がつくと自分の進むべき方向が見えない。役者として行き詰まったという感覚がありました。そんなこともあってか、30代前半のおよそ2年間、仕事はほどほどにして、ゴルフに興じていた時期があります。ほぼ毎日、ゴルフバッグを担いでゴルフ場に出掛けていきました。いま思い返せば、30代に息抜きをしたおかげで、40代、50代は、役者として一番面白い時代を過ごすことができました。ですから、結果として、あの時期に休むことも必要だったのでしょう。


中山哲也

「当社がお客様のお役に立てることとは何か?」。それだけを考えてここまでやって来た。お金儲けや効率のことだけを考えていたら、ここまで成長することはなかった。


ロバート・ノディン

AIGの新しい戦略を策定する上で、全国の約6000名に及ぶ一般生活者・事業者に対し、さまざまな調査を実施してきました。その中で保険のイメージとして多く挙がってきたのが「複雑で分かりにくい」「万が一のことが起こるまで、その価値を実感しにくい」という不満の声でした。つまり、リスクに備え、安心を提供するはずの保険が、逆にお客様の不信感、ストレスの材料となっている。これは、長年、日本の保険業界が抱えてきた大きな課題といってもいいでしょう。


鈴木真理子(人材コンサルタント)

メールの書き方研修などでいつも気になるのは、ほとんどの方が準備なしに、いきなり本文を書き始めることです。用件をあらかじめメモなどで整理せず、記憶に頼って書くことが習慣になっている。その結果、用件もれや添付ファイルの付け忘れが発生し、お詫びメールを送るはめになります。


仲代達矢

役者に引退はありません。なぜ引退がないかというと、その年なりの役があるからです。だからみんな長生きしようと思うけれど、大体、引退しようと思っている手前で亡くなってしまうんです。