名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

光岡進の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

光岡進のプロフィール

光岡進、みつおか・すすむ。日本の経営者。自動車メーカー「光岡自動車」創業者。富山県出身。富山工業高校機械科卒業後、自動車ディーラー勤務などを経て光岡自動車工業を設立。

光岡進の名言 一覧

自分は夢と目標、計画、実行というふうに分けて考えているんです。夢というのはけっこう遠いところにあるものですが、目標というのは何とか頑張れば達成できるものです。目標を設定して、そして計画を立てて実行する。失敗すれば反省する。そうしてどんどん作り替えながら、夢に一歩づつ近づいていくんですね。技術とはまさしく、挑戦しながら身につけていくものだと思います。


光岡進の経歴・略歴

光岡進、みつおか・すすむ。日本の経営者。自動車メーカー「光岡自動車」創業者。富山県出身。富山工業高校機械科卒業後、自動車ディーラー勤務などを経て光岡自動車工業を設立。

他の記事も読んでみる

内田勝規

北海道物産展で、1万2600円のステーキ弁当を売りました。周囲からは「高すぎて誰も買わない」と反対されましたが、いまや定番商品になりました。普段ステーキを食べ慣れた人にとっては普通の額。様々なお客様の視点を持つことが大切。


南部靖之

今後は、国の価値はGDPではなく文化で決まります。企業の価値も、売上高や利益や株価ではなく、文化や哲学で評価されるようになります。その文化や哲学を生み出すのは「人」だけです。


佐藤卓(グラフィックデザイナー)

若い頃は、よく、もっと強引にやりたいことをやればと言われて悩んだこともありました。でも、僕にはそれは向いてない。性格的に強引に「これだ」と正解を導けないのです。
【覚書き|クライアントとじっくり話をする仕事スタイルについて聞かれたときの発言】


鮎川義介

難儀せん人は思いやりが足らん。しかしそれはまた世の習わしかもしれん。よし、立身して金持ちになり、俺の思い通りやってやろう。物をもらう身より、やる身の方が幸福というのは真理だ。願わくは、自分は将来、金持ちになって、困っている人を助けてやろう。
【覚書き|少年時代の誓い】


渡文明

入院生活で私が得たものは、人間は限界状況にならないと前身・進歩しないという結論でした。人間は本来怠惰なので、ギリギリのところで外から背中を押されないと、新たな一歩に踏み出したり変わったりできないもの。そこで私は、「自ら限界に追い込む」ことが大切だと考えて、この言葉を座右の銘のひとつとしたのです。


藤野英人

基本として、過去5年間でしっかり成長している会社を選ぶことです。ただ、たまたま時流に乗って一時的に伸びた会社もあります。ですから、成長の理由を確認して、しばらく同じ背景の中で成長を続けられるという裏付けをとるべきでしょう。


林野宏

必要なのは、強い闘争心を持つこと。現代ビジネスは、まさに格闘技。倒すか倒されるかの熾烈な競争を繰り広げるのがビジネス。


笹嶋敏之

過去、日本は公害に直面して環境技術を手に入れ、石油危機を経て省エネ技術を積み上げてきました。これから高齢化は様々な国で訪れます。日本そしてナカ工業が積み上げてきた技術が、世界の高齢化対策を牽引していく夢を見たいと思っています。


永守重信

日本の若者の現状を、政府のせいだ、大学のせいだと言っても始まりません。研究費の不足など、いろいろな要因があるでしょう。京都大学にモーターなどを研究する講座を寄付させていただいたのは、微力ながら大学教育を応援したかったからです。京都大学だけでなく、京都学園大学にも寄付をしていますが、私はここで新しい大学教育の試みを行なうつもりです。いっぺん自分で教育をやってみようと考えたのです。やってみれば「やっぱり人材を育てるのは難しい」となるのか、「いや、こんなふうにすれば企業が欲しがる人材を育てられる」となるのか、はっきりしますからね。


桐山一憲

やってはいけないのが、私の意見を受け入れてくれないのはおかしいという思いを言葉や態度に少しでも表すことです。トップがブレていることを幹部は見抜きます。さらに社員全員が幹部を見ています。決定を真摯に受け止めて、組織の中に落とし込んでしっかりとコミットメントを示すのがリーダーの役割です。


元榮太一郎

訴訟で情報漏洩の損害賠償請求が認められるか否かは、その情報が秘密として適切に管理されていたかどうかが重要なポイント。実際、営業秘密に関する民事訴訟の64%が棄却判決を受けており、棄却理由として最も多いのが、「秘密管理の不徹底」です。


伊藤美恵

罵詈雑言やクレームを防ぐには、PRだけではなく、店頭における顧客対応からクレーム対応まで一貫した姿勢を持つことが重要です。そのためには、企業のトップから販売員、電話対応のスタッフまでが顧客に対して同じ熱量で接すること。これはPRの成功のために何より必要な要素です。